Main | May 2004 »

April 24, 2004

 今日は、バイク屋さんで顔見知りとなった高校生が椿ラインに走りに行くというので、ボクも行くことにしました・・・というか、誘われなくてもいずれ行くつもり気ではあったのですが(^^;;
 起きてからまず空模様を確認。椿に行くときの日課です。シャワーを浴びて、外にでたら雨だった、というパターンでは、2度寝すら出来なくなってしまうので、念には念を入れるのでした。
 天気はあいにく曇り模様。しかし、箱根の方角をみると、厚い雲はなく、空は明るい感じです。
 これは予定通り行くしか!ということで、早速出かける準備をします。
 もちろん、トランスポーターでの出撃です。
 まずトランポにガソリンを入れるのに、若干遠回りをしました。アプリリアにも、NSRにも、そして、サンバーにも、入れるガソリンはJOMOというのがボクのこだわりです。
 途中、小雨が何度かパラつきました。しかし、あいかわらず箱根方面の雲は薄く、空も明るく晴れを予感させる雰囲気です。
 バイクで自走だったら、途中で引き返したかもしれません。自走の場合は、バイクを濡らしたくない、というよりは、革ツナギを濡らしたくないのです。走れるかどうかわからないわずかな可能性に賭けるよりも、ツナギを濡らしたくないという想いの方が勝ります。トランポはその点便利です。サンバーという車種のため、快適というわけにはいきませんが、それでも雨に濡れるというとはありません。真鶴旧道で若干雨が酷くなりましたが、そのまま椿に向かいました(あ、箱根新道ルートはもう二度と走りません!(^^;;)。
 椿に付いてみると、さすがに空は曇っているものの、路面はドライです。
 ラッキーと思いつつ、トランポからNSRを降ろしたところで・・・雨(T_T)
 少し様子を見ていましたが、路面はどんどん濡れていきます。とても乾きそうにありません。
 ってことで、今日の椿は雨で走れずじまいでした。

 山から降りてくると、晴れていたりして(T_T)
 途中、箱根方面に走っていくバイクを見ると、「箱根は雨なのにな~」と思いつつ、西湘バイパス橘PAで、日課のソフトクリームを食べてから、帰路につくボクなのでした。

| | Comments (0)

April 11, 2004

NSR出撃

 今日は、昨日整備したNSRで椿ラインに行って来ました。このNSRを手に入れてから約4ヶ月半、はじめの椿です。
 はじめてといえば、NSR同様、トランスポーターも手に入れてから約4ヶ月半、NSRを積んで走ることは度々ありましたが、NSRを積んで椿入りするのは今日がはじめてです。
 いつもなら、西湘バイパスから真鶴旧道、オレンジライン、そして椿というルートが多いのですが、ボクのトランスポーターはスーパーチャージャー装備とはいえど、所詮軽自動車です。椿ラインをトコトコ登っていくと皆様の迷惑になってしまうかな?、と思い、箱根新道ルートを使用しましたが、これが失敗でした。考えてみれば、真鶴旧道ルートよりも勾配は急です。まぁ坂道を登らないことといったらありません。登った分だけ下りがあるのは当然で、エンジンブレーキ使用を心がけつつも、ブレーキからイヤな臭いがだだよいはじめ、キィキィとブレーキが鳴きはじめてしまいました。年式の古い中古だけに、いつ壊れるかと、気がかりでなりませんでした。これからは、箱根新道はやめておくことにしましょう(^^;;ちなみに、車種はスバルのサンバーです。いつか、詳しく紹介します(^^;;

 天気もよく、今日は絶好の椿日和でした。昨日履いたばかりのBT-090PROも文句のないグリップ性能です。軽く流して走っただけですが、やっぱりバイクはいい!と思える瞬間でした。去年は右膝がうまく擦れないスランプでしたが、今日は右膝も問題なく擦れましたし。ただ、左コーナーよりも、右コーナーの方が、ビビリミッターの作動が早いのは自覚出来ました(T_T)
 NSRも以外に調子がよかったのが幸いでした。チェンジペダルの微調整の必要を感じましたが、工具を忘れたため、これは後日調整ということで。
 ヘッドパイプのベアリングもなんとか我慢出来る範囲でした。もちろん、交換予定ですけど。それより気になったのが、フロントブレーキの効き具合です。ディスクローターの摩耗は、予備があるので気になりませんが、やや引きずっている感じがあり、キャリパーのオーバーホールは必須に感じました。5月の走行会までには、なんとかしなくてはならないようです。

 ってころで、いよいよシーズンイン!
 なるべく通って、HPも更新するよう心がける次第です。

| | Comments (1)

April 10, 2004

NSR出撃準備

 今日は、先週バラしたNSRの部品を、もう一台のNSRに移植しました。
 なぜそんなことをしているかといいますと・・・実は今年はじめに'93NSR250R SEをヤフオクで購入したのですが、このNSRの状態が酷かったのでした。売り主に悪意はなさそうでしたが、フロントフォークには錆がありましたし、試乗した瞬間、前ホイールのベアリングに問題があることもわかりました(あとで、交換しましたが、ベアリングが砕けて砂鉄になっていました)。クラッチからも異音が・・・。では、買わなければよかっただろうに、といわれるかもしれません。実際に自分でもそう思うのですが、まぁ買ってしまったものは仕方がありません。そのNSR購入2週間後には、もう一台部品取りとして同じく'93NSR250R SEを購入していました。
 あとから購入したNSRは、エンジンが焼き付いていましたが、先週報告したように、足回りがしっかりしている、ということの他に、無鉛ハイオクPGM、ドッグファイトチャンバー装備、といったところに魅力を感じ、同じくヤフオクで購入です。
 素体として程度は、はじめに購入したNSRの方がキレイなので、当然部品を移植していく訳です。そして、今日はフロントフォークとリアショックの移植を行いました。
 素人なので、時間が掛かりました。
 フロントフォークの移植は、作業の難易度そのものは高くないように思いましたが、それでも不慣れなので、時間が掛かりましたし、ハンドルの締め付けトルクを読み誤り、トルクレンチを使用しながらネジを締めすぎ、ボルトが破断してしましました(T_T)ま、いっか。
 リアショックは大変でした。エアクリーナーを外したら、リザーブタンクが取れるという話でしたが、どうしても取れません。ノーマルショックはもう使用しないので、リザーブタンクへのホースを途中で切断しようかと思いましたが、力業ではいけないと思い、結局フューエルホースを外し、作業完了。サービスマニュアルには具体的に書いてありませんが、リヤタイヤとシートレールの間にジャッキを入れて作業しないと、リヤショックの脱着は困難なようです。
 と、まぁ自分で作業を行った後、いつものバイク屋さんへ。
 リヤホイールのベアリング交換と、前後のタイヤ交換です。タイヤは、ブリジストンのBT-090PROを選択しました。このマシンの購入理由は、そもそもサーキット走行をするためのマシン、であり、5月に行われるブリジストンの走行会へ参加するためです。
 いつものようにタイヤはアセトンでワックスを拭いて落として装着。
 軽く試乗したところ、もともと履いていたウンコタイヤではわからなかったヘッドヘッドパイプのベアリングに問題があることが発覚。
 このマシンをまともに動かすには、まだまだ時間と費用が必要なようです(T_T)

 ちなみに、クラッチの移植はボクの作業ミスにより失敗に終わりました。
 チャンバーの移植は、サンドブラストで錆びを落とした後に、耐熱シルバーで塗装してすでに移植済み。本当は、シルバーで塗装した上から、チャンバーの溶接跡をエアブラシを使って焼け色に塗装しようと思い、実際にやってみたのですが、色がうまく出せずに、断念しました。今は、再度芸のないシルバー単色で塗装しています。移植途中にわかったことですが、前のオーナーは形式MC21のNSRに形式MC28のチャンバーを無理矢理つけていることが発覚。MC28はプロアームで、MC21はガルアーム。その自由度の違いから右のチャンバーがスイングアームに干渉します。ですので、ゴムハンマーでチャンバーを板金(?)して付けています(実は叩きすぎて無意味に凹んでしまいましたが、ノーマルよりはパワーは向上している様子です(^^;;)。

| | Comments (1)

April 03, 2004

NSR解体

 今日も朝から'93NSR250R SEの解体です。先週ほとんどの作業を終えており、今の状態はフレームにエンジンと前後足回りのみという状態です。
 エンジンは何とか降ろせる状態ですが、スイングアームのロックナットを外すのに特殊工具が必要になるため、いつものバイク屋さんに行って道具を借りてナットを外し、その後の作業は家でしました。
 どういう順番で外そうか思案したもの、やはり一番重たいエンジンから、と思い、実行しました。エンジンは難なく降ろすことができましたが、足回りだけのフレームは安定性が悪く、すばやくリヤショックを抜き取り、さらにスイングアームを外しにかかります。安定性が悪いとはいっても、重量としては対したことがないので、不慣れな作業に戸惑いつつも、無事スイングアームを外すことができ、フロント・フォークも無事に抜き取りました。このNSRのフロントフォークはスクーデリア・オクムラのMEチューンが施されており、リアショックはオーリンズです。本来は91SP(ペンタックスカラー)通称ペンタくんにこの部品を装着したいところですが、美観がそれほどよろしくありません。OHは共に去年とのことですが・・・。ということで、このパーツは、もう一台の93SEに装着予定です。いつになるかわかりませんけど。
 明日は雨との予報で、バイクはいじれませんが、晴れ次第、先日手に入れた後期型アプリリアRS250の解体をはじめなくてはなりません。エンジンのみ、嫁ぎ先が決まりました。後のパーツも、取り外し、洗浄が終わり次第、ヤフオク出品予定です。

| | Comments (1)

Main | May 2004 »