« August 2004 | Main | November 2004 »

October 23, 2004

たびたび動画公開

 毎回ベストタイム更新もちょっと鈍ってきてしまった。
 まぁ、ベストが出ないよりはマシなのだが。
 今日は朝一からトップブリッジを交換した。NSR-mini純正から、RH松島の硬質ブラックアルトマイト加工トップブリッジに変更だ。昨今のハイグリップタイヤに剛性不足となっている純正足回りの剛性アップが可能というアイテムだが、正直言って必要に迫られて交換したわけではなく、見た目を重視した結果だ。足回りのセッティングは、NSR-mini購入後なんと一度もいじったことがない。これにも実は理由があって、自分の走りが定まっていないうちに足回りをあれこれいじりはじめて、わけがわからなくなってしまう、という状況を回避するためだ。とはいえ、もうそろそろいいかな?ってことで、フロントのイニシャルを半回転強くしてみたところ、コーナリングに安定感が増したようだ。同時に、タイヤのグリップにも不安を覚えるようになったが、摩耗のせいなのか、イニシャル変更のせいなのか、正直わからない。

 さて、今日の動画も、例のCCDカメラ、AV35で撮影したものだ。
 評判が上々であるため、調子に乗ってまたまた公開!(^^;;
 被写体は、椿のお知り合い、もりもりさん。マシンはストマジ。最近ビーチサイドでよくお会いする(^^;;
 今回は、カメラの設置場所をヘルメットの上にしてみた。
 動画を見ていただければおわかりになるかと思うが、アッパーカウルやフェンダーに固定したものと違い、コーナリング視線での撮影のため、先行するバイクのコーナリングを追従した撮影になっている。当然、固定したものよりは面白い映像になっていると思う。
 次回の注意点として気になったことは、風切り音のうるさいことだ。
 フェンダーやアッパーカウルに固定した映像ではさほど気にならなかったため、そういうマイクなのかと思っていたのだが、単に風の流れの問題のようだ。・・・レーサーにもかかわらず、LLCを入れているため水温の上昇が気になっていたが、実は風が思うようにラジエータに流れ込んでいないのか?とも思われる。思わぬところで、思わぬ問題点が浮上した。見た目も重視したいボクにとって、フロントフェンダーをはずして走るという選択肢はあり得ない。いずれ、改善策を考えなければならないようだ。

動画のダウンロード

 6.7MB
 動画編集ソフトで明るさ、コントラストを若干いじってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2004

ベストタイム毎回更新中

 昨日とは違い、これぞ秋晴れ!というような天気で、気温も高い絶好のバイク日和となった。
 いつもよりも30分早くビーチサイドGP(サーキット)入りし、まずはボディにワックス掛け・・・昨日割れてしまったんだけど(T_T)
 ついでに、デイトナミニのラジエータ・シュラウドを装着してみようと思うものの、合わない・・・。しまった、NSR50とNSR-miniでは、ラジエータのサイズが違うのを失念していた。部品代1050円の無駄遣い(T_T)

 本日は、HollowPointと命名後はじめてフルメンバーが集結した。といってもたったの二人。。。
 二人のアグレッシブな走りを皆に印象つけて、メンバーを増やさなければ!といった白昼夢を見ながら、10時の走行開始。
 寒くもなく、かといって暑くもない過ごしやすい気候に、バイクの調子もいいようだ。
 昨日に続いて2連チャンなので、身体が筋肉痛で動きづらさもあったが、走り出すとそんな些細なことは忘れ去る。
 結果、昨日のベストラップをさらに0.7秒ほど更新することができた。確実にベストラップを更新し、アベレージも上がっていること、そして、何よりも転倒せず走れていることに、我ながら満足している。
 ただ・・・。今日は、はじめてビーチサイドGPを走るという知り合いの面々が来ていた。中にはST600の現役選手もおり、おなじノーマルマフラーの車体で、彼らがどの程度でラップするのか、興味津々であったわけだが、やはりというか、当然というか、ボクとはレベルが違った・・・違いすぎた。はじめてのコースで、さらにノーマルマフラーの車体(しかもどう見てもボロっちい(^^;;)ですでに31秒台・・・いままでのボク常識では絶対無理だと思っていたタイムだ。
 まぁ、だからミニバイクは奥が深く、面白いわけだが。
 いまのタイムに満足することなく、彼らの出したタイムを目指すこと、それが当面の目標となりそうだ。

 さて、昨日に続き車載カメラによる動画を用意した。
 昨日の動画はアッパーカウルに固定したため、振れが少なかったのが、毎回アッパーカウルに装着するのは面倒なので、今日はフトントフェンダーに装着してみた。そのため、振れがかなり激しい映像になっているので、酔う人は注意していただきたい。
 ちなみに、画面に映っているのが我がHollowPointの昨日までのエースライダー(^^;;けーいちさんだ。

動画のダウンロード

 13MBあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2004

CCD車載カメラ導入

 HollowPoint、それは、湘南を中心に活動するミニバイクレーサーのチーム名だ。
 現在ライダー2名で活動中。毎週土曜日にビーチサイドGPで一緒に走る仲間を募集中!
 また、その活動を支えてくれるバイク好き、アウトドア好きなヘルパーさんも同時に募集している。
 詳細を知りたい方は、ボク宛にメールして欲しい・・・

 ・・・晴れた。いや、実際には曇りだが、雨が降っていないということで、ボクの気持ちは晴れも同然だ。
 3週間ぶりのサーキット走行に、心がはしゃぐ。
 最後の走行からの変更点は、CR80のクラッチスプリングを2本装着した点だ。その後、エンジンを掛けていないので、オイル漏れの点検を忘れないように、と自分に言い聞かせる。
 いつものように、サーキットの営業開始1時間前に到着。・・・誰もいない。長らく続いた雨に、皆走りたくてウズウズしていて、どぉっと押し寄せてくるのではないかと想像していただけに、やや拍子抜けした気分だ。
 降水確率0%とはいえ、すでにTシャツ一枚では寒い気候に出控えたとでもいうのだうか?

 さて、今日はもう一つ、とっておきの秘密兵器がある。今週衝動買いしたその秘密兵器とは・・・(こんなに早く公表したのでは秘密でもなんでもないが(^^;;)、パナソニックのSV-AV35「D-snap」だ。早い話がCCDカメラだ。
 峠での走行をビデオに収めるための装置として、ボクはソニーのMC-100、通称豆カムを持っている。よく、芸能人がバンジージャンプをするときにヘルメットに装着しているアレだ。放送に使われるぐらいきれいな画質で撮れるので、用途としてはあれこれ多様だが、欠点が無くもない。CCDカメラと記録装置が一体型ではないため、CCDカメラ本体の他にレコーダーを用意しなくてはならないのだ。もちろん映像を電波で飛ばして高画質で受信するような装置は持ち合わせがない。峠では、DVカメラをレコーダーとしてウエストバッグに入れ、撮影する方法を撮っているが、ミニバイクには転倒がつきもので、腰にレコーダーをぶら下げて走る気にはとてもならない。
 そこで、白羽の矢が立ったのが、このD-snapだ。1GのSDカードで2時間8分の録画が可能で、しかも小型ときている。某インターネットショップで安売りをしているのを見かけ、まさに衝動買いしてしまったのだ。
 そして、早速試して見ることにした。
 画質という点ではいまいちだが、気分はmotoGPレーサーって感じの雰囲気は出ていると思う。
 この衝動買いは、正解だった!
 まだ勉強不足のため、録画したMPEG4動画をどのように編集すればいいのか、いまいち理解できていないが、皆様にはサンプル動画を公開しよう。
 ファイル形式はmpg、オーバースピードでコーナーを曲がり切れず、スポンジバリアーに接触した動画だ。
 ・・・大事にしていたjha製オールペイント外装の内、アッパーカウルが割れてしまった(T_T)ショックでかいっす

動画のダウンロード

 オーバースピードで、やばい!と思った瞬間、視線がスポンジバリアに固定されてしまい、吸い込まれました。
 目線さえ放せていれば、あるいは回避も可能だったはず・・・。
 あのスポンジバリアには、悪魔が潜んでいるに違いない。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2004

台風一過

 先週の土曜日は快晴だったが、残念ながら休日出勤のため、サーキットに行くことができなかった。
 翌日曜日は雨で、走行できず。そのため、今週末にかける気合いたるや・・・
 しかし、土曜日は台風直撃。お話にならない。蛇足・・・そんな台風の中を、愛車MR-Sで出かけたのだが、途中、ちょっと深い水たまりがあって、「スプラッシュまうんて~ん」と勢いつけて突っ込んで行ったところ、あわやスピンをしかけ、あまつさえ、車体底部のカバーがその水の影響でちぎれしまった。なさけないことこの上ない。
 普通、台風一過というと、天気は期待していいものだが、本日、気合いを入れて5時半に起きたにもかかわらず、時々小雨のまじる曇り空。ショックすぎ(T_T)まして、今日は10月10日、毎年この日だけは晴れるという日だけあって、引くに引き下がれない。だめでもともと、とりあえずサーキットに出かけていった。
 コースは案の定、ウェット。営業開始時間になると、そのウェットな路面の中をモタードが2台走りはじめた。タイヤはどう見てもドライタイヤなのだが、モタードなバイクは滑らないのだろうか?
 このまま快晴にでもなれば、ドライになることも期待できるのだが、天気は相変わらず小雨まじりの曇り空。
 寒いこともあり、結局しばらく眺めた後、帰宅することにした。
 また一日、貴重な週末を無駄にしてしまった。はたして、明日は晴れるのだろうか?

 椿仲間のけーいちさんが言い出しっぺではじめたミニバイク。
 目指せ!耐久レース出場という目標を達成するのに、まず必要なのがチーム名だ。しかし、これがなかなか決まらない。まじめ路線、ウケ狙いなどなどいろんな方向性をたびたび議論しながら、決められずにいた。チーム名の命名がこれほど頭を悩ませるとは。。。
 しかし、本日めでたくチーム名決定!
 その名も「Hollow Point」(ホローポイント)。
 名の由来は、文字通り、銃の弾の名前から取ったものだ。
 我々のミニバイクを弾丸に見たてた、というのでは、大げさすぎるだろうか。
 さらに、ホローポイント弾の特性は「弾頭の先端に孔があり目標に衝突後変形し強力なストッピング
パワーを発揮する」ということから、こじつけ的にブレーキングもがんばりましょう、って感じみたいな(^^;;
 ま、何でも形から入っていくのは重要なことだと思う(^^;;ホントか?
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2004

日頃の反省をこめて

 このスペース「ブログ」はWebサイトの更新や管理を簡単にするために生まれたものらしい。
 いままでのバイク日記の煩雑な更新に疲れたボクも、その謳い文句につられ、導入するに至った。だがしかし、実際はどうかというと、不本意ながらそれほど更新しているわけではない。
 アップロードのための手続きが如何に簡素化されようと、文章を書く、と言うことに負担があるということ、そして、文章だけでは寂しいカモと思うと写真のアップロードを考え、写真撮影、写真選択、トリミングなどのことを考えると考えることそのものが負担となり、結果ネタがあるにもかかわらず、時間だけが過ぎていくのである。
 そして、そんなことじゃいけない、と思うとふとこうして何かを書こうと思うわけだが、最終更新からの空白を埋めることは到底できるはずのなく、ネタはどんどん埋もれ、次回更新も空白期間との整合性に悩み、悪循環にさらになにも書けなくなってしまうのである。
 こんなことならタイトルに「日記」なんて付けるんじゃなかったとさらに後悔。

 この日記の更新を楽しみに待ってくれている人など、いるのだろうか?・・・いるわけ無いか(T_T)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | November 2004 »