« November 2004 | Main | March 2005 »

February 28, 2005

通勤バトル・・・敗北

 HPの更新を微妙にサボっているので、現在ボクが所有するバイクが何なのか、わからなくなっている人も多いのではないだろうか?
 今後書くかもしれないし、書かないかもしれないし、日記といいつつ過去にさかのぼり書いたりすることもあるので、さらに混乱する人もいるかもしれない。
 数台あるバイクの中で、通勤に使用しているのが台湾のメーカー「キムコ」のスーパー9Sだ。
 国産にはない装備、たとえば水冷、たとえばリアディスクブレーキなどに加え、とてもリーズナブルな価格ゆえ、通勤バトルを制すための最終兵器として投入した鳴り物入りスクーターだ。・・・だったが・・・。
 水冷とはいえ、所詮50cc。それがノーマルのままメーター読み80km/hまで出せるにはやはりわけがある。
 低中速、スカスカ。かなりのハイギアードな設定なのだ。2ストらしいパワーの盛り上がり感もなく、トップスピードに至るまで、ひたすら半クラ状態というマシンだ。
 社外品には、さらにハイギアーにするパーツはあるが、ローギアの設定はない。
 通勤バイクにつき、チャンバー装着は音量的にためらわれるし、ボアアップは予算的に困難だ。
 というような諸事情から、マロッシのマルチバリーターキットを導入した次第だったが、たしかに低中速の加速が若干速くなり、最高速もわずかに伸びたが、焼け石に水的な効果しかなく、60km/h以下の速度域では、ノーマルのスクーター程度だ。いや、ノーマルのスクーター程度だと思っていた。
 ところが今日の帰り道、信号スタートで、おねーちゃんの乗るスクーターに先行を許してしまった(T_T)
 おねーちゃんのスクーターが最高速に達した後、ようやく前に出ることが出来たが、なんとも情けない出来事だった。おねーちゃん号の車種は不覚にも不明。しかし、特別改造してあるようなスクーターではなかった。
 乾燥重量98kgのスーパー9S、そして、ボクの体重65kg。おねーちゃんは見るからに軽そうなボディ(に軽そうな脳みそ)。
 う~ん、やはり、最高速を殺しても、60km/h以下の加速で負けない仕様にできないものだろうか?
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2005

BSGPへ

 いろいろ予定があり、今日はビーチサイドグランプリには顔を出さない予定でいたのだが、ついつい立ち寄ってしまった。
 バイクの日と題し、文字通りバイクだけの一日だ。・・・とはいっても、カートがいないだけなので、特別どうという気はしていたなかったのだが、行ってみてびっくしりた。
 な、なんなんだ、このモタードの台数は!
 ミニバイクは数台しかいない有様。今度バイクの日が設定されたら、その日はパスってことにしようと心に誓ったくらいだ。

 それにしても、寒かった。雪も降る寒さだ。
 こんな寒さでは、とてもボクには走れない。みんな、タフだな、と尊敬のまなざしで思わず見てしまう。

 ビーチサイドに立ち寄ったため、予定の半分もこなせなかったが、その帰り、カーライフにだけは寄ってみた。
 NSR-mini(今度RCV50と呼称する(^^;;)の、シートカウル補修の見積もりを取るためだ。
 1万円以内なら迷わず修理、と思っていたが、結果1万5千円。パールの2トーンで、FRPがバキバキ、しかも自家補修あり、ともなると、むしろ良心的な価格には間違いないのだが・・・としばらく悩み、修理発注。
 2~3週間後に設定しているシーズンインを気持ちよく迎えるための化粧直し、やむを得ないか(T_T)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2005

さらば、サンバーディアスⅡ

 いよいよ次期トランスポーターの納車日程が具体化し始めた。
 日程が決まれば、その日程にあわせて現トランスポーター「サンバーディアスⅡ」を売却しなくてはならない。
 売却には当然ヤフオクが有効だ。早速出品したのは言うまでもない。
 出品価格も相場よりははるかに安い・・・。
 ところが、だ。絶対売れると信じて疑わないにもかかわらず、売れなかったらどうしよう、という不安な気持ちに苛まれるのはなぜだろうか。
 そんなわけで、出品しつつ、知り合いにも声を掛けて回ることにした(^^;;

 偶然、以前に売却しようと思ったときに興味を示してくれた方がビーチサイドにいらっしゃったので、早速声をお
掛けしたところ、無事商談成立。
 本日、サンバーディアスⅡ、ドナドナ~。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | March 2005 »