« February 2005 | Main | April 2005 »

March 27, 2005

セッティング変更

 旋回を向上させるべく、車高の調整を行った。
 使用する工具は、リアサスを外すための14mmソケット+ラチェット。取り付け時にトルクレンチ。車高の調整には20mmと22mmのスパナを使用する。
 しかし、20mm、22mm両サイズとも所有しておらず、急遽近所のDIYショップでKTCの20mm片口めがねを購入。22mmはモンキーで代用とした。
 車高は、210.5mm→215mmと変更。
 違いがわかればいいのだが・・・。

セッティングデータ
      キャブレータ:PF70M
             MJ       :#105
             SJ       :#40
             AS       :1-1/2
             JN       :J65C
             NC       :1段目

      オイル   :WAKO'S 2CR
             混合比     :50:1

      ガソリン  :JOMO
             種別      :シエットGP1+
             添加剤    :GRP-TE 4%

      プラグ   :NGK BR9ES

      フロントサス:ノーマル
             スプリングレート:0.5
             スプリングの識別:1段バネ
             オイル     :SHOWA SS8N
             オイルレベル  :107(122)
             突き出し    :4mm
             プリロード   :14.75mm

      リアサス  :トガシエンジニアリング
             ショック長   :215mm
             スプリング   :自由長90L
             バネレート   :17.0kg/mm
             セット長    :81.5mm
             イニシャル   :8.5mm
             コンプレッション:-16ノッチ
             リバウンド   :-20ノッチ

      ポジション :NSRmini用可変ポジションプレート
             ステップ位置  :22mm UP/15mm BACK

      吸気系   :NSR50純正
             ターボフィルター

      排気系   :ノーマル

      点火系   :ノーマル

      二次減速比 :サンスター
             Drive      :14
             Driven      :45

      タイヤ   :ダンロップ TT91GP
             空気圧     :Fr 1.5
                       Rr 1.6

      チェーン  :RKエキセル GP420MS
              リンク     :110

     ブレーキパッド         :Fr ノーマル
                       Rr ノーマル

      その他
            CR80用クラッチスプリング2本
            ミッションオイル WAKO'S 4CR
            ブレーキフリュード WAKO'S SP-R

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2005

ビーチサイドグランプリ

エンジン実働総時間約17:02(本日実働時間約1:10)
エンジン最高回転数11340rpm
本日のベストタイム 32秒473
自己ベストタイム 32秒473

 やや身体が慣れた感じ。
 やはり、4速→5速の入りが渋く、途中でミッションオイルを4CRに交換をした。
 先週課題とした、アクセル全開のままクラッチ操作しながらのシフトアップについては、出来たり出来なかったり。これは、慣れの問題だと思われる。しかし、ミッションオイル交換後もやや改善が見られるものの、4速→5速の入りが渋く、アクセルを戻さざるを得ないため、慣れようとするも中途半な感は否めない。
 mini純正のリアサスに比べ、トガシエンジニアリングのリアサスでコーナリング中の挙動が安定した感じ。
 タイヤが滑るシーンでも、あわてなくて済むようだ。
 1ヘア、エロ本コーナー、ともにいままでよりはマシなラインが取れるようになったが、2ヘア(左ヘアピン)が下手になった。なぜか不明。
 なんとか自己ベストタイムを更新しているが、コース改修前と改修後では、0.4秒アップが標準的という話だ。そうすると、去年レベルに戻っただけで、まだ何らか進歩したというレベルではない。
 ちなみに、今日がビーチサイドグランプリ走行10回目。まだまだ走り込みを要するということだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本日のセッティングデータ

セッティングデータ
      キャブレータ:PF70M
             MJ       :#105
             SJ       :#40
             AS       :1-1/2
             JN       :J65C
             NC       :1段目

      オイル   :WAKO'S 2CR
             混合比     :50:1

      ガソリン  :JOMO
             種別      :シエットGP1+
             添加剤    :GRP-TE 4%

      プラグ   :NGK BR9ES

      フロントサス:ノーマル
             スプリングレート:0.5
             スプリングの識別:1段バネ
             オイル     :SHOWA SS8N
             オイルレベル  :107(122)
             突き出し    :4mm
             プリロード   :14.75mm

      リアサス  :トガシエンジニアリング
             ショック長   :210.5mm
             スプリング   :自由長90L
             バネレート   :17.0kg/mm
             セット長    :81.5mm
             イニシャル   :8.5mm
             コンプレッション:-16ノッチ
             リバウンド   :-20ノッチ

      ポジション :NSRmini用可変ポジションプレート
             ステップ位置  :22mm UP/15mm BACK

      吸気系   :NSR50純正
             ターボフィルター

      排気系   :ノーマル

      点火系   :ノーマル

      二次減速比 :サンスター
             Drive      :14
             Driven      :45

      タイヤ   :ダンロップ TT91GP
             空気圧     :Fr 1.5
                       Rr 1.6

      チェーン  :RKエキセル GP420MS
              リンク     :110

     ブレーキパッド         :Fr ノーマル
                       Rr ノーマル

      その他
            CR80用クラッチスプリング2本
            ミッションオイル WAKO'S 4CR
            ブレーキフリュード WAKO'S SP-R

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2005

燃費

 レジアスエース購入後、2度目の給油を行った。
 1度目は、納車時に満タンではなかったためで、今回の給油でレジアスエースの燃費が明らかになる。もちろん、まだ慣らし運転中で3000rpm以上は回しておらず、あくまで参考数値にしか過ぎない。が、とても気になっていた。
 もったいぶらずに結果を報告しよう。1リッターあたり6.54km。
 ・・・なんてこったい、オリーブ。
 MR-Sで、アクセルをパカパカ開けて乗っていても、こんなに燃費は悪くない。
 早く慣らしを終わらせたいこともあって、どこに行くにもレジアスエースで、購入以来、MR-Sには一度も乗っていないが、燃費を考慮すると、荷物を積まない移動のみの場合は、MR-Sに乗る方がよさそうだ・・・。


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2005

トランポいじり

 ビーチサイドGPはイベント日で持ち込み走行不可のため、今日はトランポいじりをした。
 昨日、平塚のユニディで部材は用意済みだ。
 用意したのは、フェンス用の柱(アングル材)で、昨日のうちにユニディで穴を4つほど開けてもらっている。
 何に使うというと、レジアスエースの標準のタイダウンフックは左右に4箇所しかなく、セカンドシートの後ろにはないことから、タイダウンフックの増設がねらいだ。
 アングル材をスライドレール基部のボルトを利用し固定。穴を開けたところ(元々空いている穴も有る)にアイボルトを利用し、フックを増設するというものだ。穴あけの精度の問題で、若干手間を要したが、無事取り付け完了。
 セカンドシートのスライドは出来なくなってしまうが、そもそもスライドさせるために購入したものではなく、セカンドシートを前にズラすために購入した物につき、ここは割り切り!
 トランポの仕様はほぼこれで確定。以後は、不具合が生じたときのみの手直しの予定だ。
10805461080547

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2005

中井インターサーキット

 昨年の骨折以来、はじめて中井インターサーキットに足を運んでみた。
 走行する為ではない。ビーチサイドGPがイベント日にて持ち込み走行不可のため、レジアスエースの慣らしのためにブラブラし、その途中でついでに立ち寄って見ただけだ。
 カート1台、バイク4台と、なんだか閑散とした雰囲気。
 見ているだけで古傷が痛み出す気がして、早々に退散。
 まだ、心のリハビリは終わっていないようだ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 19, 2005

初走行

 毎週のことながら、4時起床。
 もう週末が楽しみで楽しみで、いてもたってもいられない。
 4時からなにをしているからと言うと、特にコレといったことは何もしていないのだが、寝ていられないので仕方がない。
 いつもなら8時半~9時目安でサーキット入りするのだが、時間もあるし、整備もしなくてはならない。そのため、8時くらいにサーキットに到着した。当然誰もしない・・・。しばらくサンドイッチを食しながらのんびりした後、整備開始。
 ところが、マシンをトランポから降ろす際に、フロントタイヤがラダーから脱輪し、ラダーにカウルを打ち付けたらくし、アッパーカウルのジュラコンカラー欠損、そして、アッパーカウルのサイドのボルト部FRPが欠損(T_T)なんてこったい。
 ジュラコンのカラーは、通常のボルトに替え問題なし。アッパーカウルサイドの欠損は、ワッシャーをかますことによって支障なし。しかし、ボクの心には非常に大きなキズが・・・(T_T)
 冷却水を点検し、補充。低回転からのツキが悪いと複数の人から指摘されたため、ニードルの段を変えてみた。
 多少マシになった感じ。MJも絞ってみたかったが本日は様子見ということで、ニードルのみにとどめる。
 8時近くから準備を行ったため、10時の走行開始にも十分間に合った。
 3~4ヶ月ぶりに乗るため、多少緊張しつつ、まずは身体の慣らし運転からはじめる。
 昨年と違う最終コーナーも、見た感じより走りにくさを感じなくてホッとした。
 さて、ペースをあげてみようかな・・・と思いつつ、身体はすでに悲鳴を上げている。お尻の筋肉はツリそうだし、両腕親指付け根も猛烈に痛く、足の裏も同様に痛い。ペースをあげるまもなく、ピットイン。今日は慣らしだから、と自分に言い訳しつつ、今更ながらストレッチをする。
 と、今年初のサーキット走行は、こんな感じで走行よりも休憩を多く取りつつ、のんびりと行ってみた。
 多少風は強かったが、天気はよく、寒くない。

 いや、楽しい。
 なんと言っても楽しい。
 今年はなんとか31秒台走れるよう、がんばだ!

P.S.
 本日より導入したマイポンダーTranX260もなかなかいい感じだ。手押しでタイムを計測しなくても自動計測。それが、インターネットサイトでも確認可能だ。
 恥ずかしながら、ボクのタイムはココ↓でチェック!
http://www.mylaps.com/live/showLaptimes.jsp?tid=89&transponder=96351
 ちなみに、32秒台で走っているのはチーム405だろう?のえいさんで、ボクのベストは33秒196・・・(T_T)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビーチサイドグランプリ

エンジン実働総時間約15:52(本日実働時間約1:17)
エンジン最高回転数11220rpm
本日のベストタイム 33秒196
自己ベストタイム 32秒.91

変更点
ドライブスプロケ 13→14
ドリブンスプロケ 41→45(二次減速比0.317073→0.311111)
リアサスペンション mini純正→トガシエンジニアリング
ニードルクリップ 中段→上段
ガソリン GRP-TE約4%添加
LLC補充。
リアホイールのシール除去。シールレス用カラーに変更。
チェーン新品。ダブルリンクにて106~110コマ選択可。今回110コマ。


新コースにあわせ、ショート化。
立ち上がり加速を得ると同時に最終コーナーへ5速でアプローチを行うため。
しかし、全体的に遅くなっているため、効果無し。走り込み要す。
低回転からのツキが悪く、クリップ位置変更、改善みられる。
リアサス、効果不明(T_T)
課題、アクセル全開のクラッチ操作のみのシフトアップの練習。意識していても、アクセルを戻している。
4速→5速が渋い。4CR投入予定。効果なしの場合はGRP添加。
マイポンダー設置位置変更要す。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2005

マシン仕様

 当整備記録を示すにあたり、まずマシンの仕様を公開しておくこととする。

 以下の通りである。

車体     HRC NSR-mini' 04モデル秋ロット

セッティングデータ
      キャブレータ:PF70M
             MJ       :#105
             SJ       :#40
             AS       :1-1/2
             JN       :J65C
             NC       :2段目

      オイル   :WAKO'S 2CR
             混合比     :50:1

      ガソリン  :JOMO
             種別      :シエットGP1+

      プラグ   :NGK BR9ES

    フロントサス:ノーマル
             スプリングレート:0.5
             スプリングの識別:1段バネ
             オイル     :SHOWA SS8N
             オイルレベル  :107(122)
             突き出し    :4mm
             プリロード   :14.75mm

      リアサス  :トガシエンジニアリング
             ショック長   :210.5mm
             スプリング   :自由長90L
             バネレート   :17.0kg/mm
             セット長    :81.5mm
             イニシャル   :8.5mm
             コンプレッション:-16ノッチ
             リバウンド   :-20ノッチ

      ポジション :NSRmini用可変ポジションプレート
             ステップ位置  :30mm UP/30mm BACK

      吸気系   :NSR50純正
             ターボフィルター

      排気系   :ノーマル

      点火系   :ノーマル

      二次減速比 :サンスター
             Drive      :13
             Driven      :41

      タイヤ   :ダンロップ TT91GP
             空気圧     :Fr 1.7
                       Rr 1.8

      チェーン  :RKエキセル ノーマル
              リンク     :108

     ブレーキパッド         :Fr ノーマル
                       Rr ノーマル
      その他
            CR80用クラッチスプリング2本
            ミッションオイル ホンダ ウルトラG
            ブレーキフリュード WAKO'S SP-R


外装
      Jha RCVタイプカウルセットfor NSR mini
      Y2S タンクカバー
      モトガーデン リアフェンダーショートタイプ
      G☆WORKS アッパーカウルクイックリリース
      G☆WORKS アンダーカウルクイックリリース
      NSR50用軽量スクリーン ノーマルタイプ

塗装  
      カーライフ レッドパール/グレーパール

足回り
      RH松島 硬質ブラックアルマイト加工トップブリッヂ
      RH松島 フロントプリロードアジャスター
      ケン・テック NSR50・80・Mini用シールレスカラー
      G☆WORKS アクスルシャフトプロテクター
      トガシエンジニアリング リアサスペンション

ステップ
      POSH アジャスタブルシフトペダル
      NSRmini用可変ポジションプレート
      G☆WORKS アルミ削りだしショートステップ(固定式)
      G☆WORKS カーボンスイングアームガード

ブレーキ
      グッドリッジ ビルドアライン ステンタイプ
      グッドリッジ エアフリーバンジョー
      NPF キャリパーガード

エアクリーナー
      ホンダ NSR50純正
      デイトナ ターボフィルター

スロットル
      ホンダ CR80用純正
      デイトナ ハイスロキット用スロットルケーブル

電装
      エフ・アンド・オー・システムズ LAP SHOT
      OPPAMA パルス・エンジン・タコメーター PET-2000DX
       スペシャルパーツ武川 コンパクトLCDサーモメーター
      AMB マイポンダーTranX260

その他パーツ
      GARAGEaZ NSR50 MINI専用 メーターパネル
      G☆WORKS カーボンサイレンサーガード
      ルナチタニウム・カッティング工房ステッカー

他加工
      サイドスタンドフレームカット
      シートレール後端部カット

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2005

トガシエンジニアリング製リアショック取り付け

 4時起床・・・。
 毎日、通勤のため5時半起きのボクだが、週末の起床はさらに早い。せっかくの休みがもったいなくて、寝るに寝ていられないのた。実は3時くらいから何度も目をさまし、そのたびに寝よう寝ようと努力していたのだが、4時になってるいに我慢しきれず、起きあがった。
 することは、ある。
 レジアスエースに、荷物の積み込みを行うのだ。
 単純作業だが、今日のレイアウトが、今後のレジアスエース標準仕様のレイアウトになるような気がして、それなりに頭を使ってみる。
 今回絶対譲れないのが、押し入れ用のクローゼット・ボックスにケミカル用品を入れることだ。それなりにスペースを取るが、やりたくしかたがない、というか、これがやりたくてレジアスエースを購入したといったら過言でもない・・・ウソ。
 クローゼット・ボックスをセカンドシートの後ろに設置。左スライドドアを開けると、クローゼットボックスの引き出しが開けられるようにしてみる。そうするには、スライドシートレールを一番前に出さなくてはならない。オグショーのHPを見ると、スライドレールが一番前の状態では、セカンドシート着座不可とのこと。そのためその1段手前にして起きたかったが、セカンドシートのシートバックが斜めになっているため、クローゼット・ボックスが1つなら問題ないのだが、2つ積み重ねるとシートバックが斜めになっている分、クローゼット・ボックスも後退させなくてはならず、そうするとクローゼット・ボックスの引き出しが引き出せなくなるため、不本意ながらスライドシートレールは一番前で固定となる。
 そして、セカンドシート、クローゼット・ボックス、ときて、タイヤストッパーを置いてみる。
 タイヤストッパーの形状から、クローゼット・ボックスとタイヤとの間に必要以上の空間が出来てしまうため、ミニバイクがぎりぎり一台しか積載できないことが判明。車内で後輪にレーシングスタンドを掛けることは出来ない。
 とはいえ、これはレジアスの左側の話だ。クローゼットボックスも奥行きが短いタイプを購入しているので、右側にはフルサイズのマシンが搭載可能(なはず)だ。
 問題は、ミニバイクをどうやって固定するか、だ。タイダウンフックは、純正の4箇所と先日設置したピラーフックしかない。ミニバイク1台ならそれでもなんとかなるが、2台同時積載を考えると考えものだ。他の人たちがどうやってマシンを固定しているのか、今後、研究を要すると思った次第だ。

 そんなこんなで、陽が昇り、バイク屋さんに行こうと出かける。
 ところが、足はなぜかビーチサイドGPに向かっているのであった。
 寒いな~寒いな~と思っていたら、13時過ぎになって雪が・・・。積もりそうな勢いのため、ビビってビーチサイドGPを退散。そのまま帰宅しようと思ったが、雪の勢いが弱まったように見えたため、そのままバイク屋さんに直行。

 本日のメニューは2つ。
 トガシエンジニアリング製のリアサス装着と、シートカウル装着部の、クイックファスナー受け部の交換だ。
 サスの交換は、ボルト2本をハズすだけなので、とっても簡単。しかし、車体が下がることを失念していたため、バイク屋さんのヘルプでなんとか完了(^^;;1080408
 このサス、ガチガチ。詳しくは知らないが、初期で沈み込んで踏ん張る、というサスではなくて、初期での沈み込みはなく、いきなりガチガチ。NSR-miniの純正HRCサスは、押すと柔らかすぎ?というくらい動いたが、こいつは力を掛けてやらないと動かない。そもそもサスの種類が違うらしいのだが、へなちょこなボクがさらにへなちょこになるのではないかと、その動きだけでも不安いっぱいだ。

 クイックファスナー受け部は、シートカウル装着時に、欠損したものを交換する作業だ。
 パーツリストをみても、クイックファスナー受け部だけの部品供給はなく、アンダーカウルステーを購入し、そのステーから受け部の部品を取り外そうと思っていたのだが、ちょうどNSR250Rのバキバキに割れたリッドカウルがあることを思い出し、そのカウルから部品取りしたものを装着した。
 まずベルトサンダーで、リベットの頭を飛ばし、受け部を付けかえ、再度リベット止め。
 作業は簡単だが、ベルトサンダーもリベッターも持っていないと出来ない作業だ。当然、持っていないし。
 ほ、欲しいなぁ(^^;;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2005

エンブレム

 カッティングシートで作ったモノアイがどうしても気に入らない。ちょっと変えたデザインのデータも用意してみたが、貼り替えとなると、それはまたそれで面倒くさい。
 どう気に入らないかというと、モノアイに見えないのだ。これは致命的とも言える。カッティングシートの限界か?
 モノアイにエアブラシでシャドウ吹きをしようかとも思ったが、頭の中の完成予想では、どうもしっくり来ない。
 さて、どうしたものか・・・。
 そこで、モノアイのサイズを小さくしてみることにした。全部貼り替えるよりは楽だからだ。
 出来上がってみると・・・う~ん、少しはマシになった気がする。
 さて、その次に、ジオン公国軍のエンブレムを作ってみた。たま~に製作の依頼も受け、評判も上々のステッカーだ。あまりベタベタ貼りすぎても節操がないし、かといって1~2枚では寂しい気もする。
 まだ、どこにどう貼るかは決めていないが、とりあえずモノアイの上、アッパーカウル正面に貼ってみた。
 うん、なんかいい感じ。
 ビーチサイドGPで見かけた人は、是非笑ってやって欲しい(^^;;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2005

トガシエンジニアリング製リアショック

 いよいよ盛り上がってきた。もちろん、シーズンインを前にした高揚感だ。
 しかし、この盛り上がりも実際に走りはじめると、なくなるのはわかっている。なぜなら、そこにはいつまで経っても速く走れるようにならない自分がいるからだ。だから、もしかすると今が一番楽しい時期なのかもしれない、とまじめに思ったりする。

 会社から帰ると、速攻でバイク屋さんに行った。
 本日購入のパーツ類は・・・

☆和光ケミカル ワコーズ ヒートブロック2L
 ご存じレース用冷却液だ。現在はLLCを入れている。よく走るビーチサイドGPが、LLCを特に規制していないからだ。さもあらん、テーピングのみの街乗りバイクも走れるコースだ。だからといって、いつも同じ場所を走るとは限らないし、水も、ウォーターラインの錆が気になる。そんな理由から、購入したのがこのヒートブロックだ。SQクールにしようか悩まなくもなかったが、なんとなくサメのエキスに抵抗感があること、そしてなによりボク自身がワコーズ派(地場産業を大事にしよう!)であるが故の選択だ。指定ではレース毎に交換とあるが、一ヶ月に一度くらいの交換でも大丈夫とのことで、購入決定。でも、入れ替えるの、面倒かも。

☆和光ケミカル ワコーズ 4CR 5W-40 1000ml
 RCV50(こだわり!)のミッションオイル用に注文していたオイルだ。はじめは0W-30を入れようとバイク屋さんに聞いてみたところ、柔らかすぎてダメでは、とのアドバイスを受け、5W-40に決定。なにしろ高級オイルだ。費用対効果が望めるか、ちょっと不安だ。

☆トガシエンジニアリアリング製リアサスペンション
 実は水曜日にバイク屋さんに引き取りに行ったのだが、予想を大きく上回る質感の低さに、引き取らず、しばらく悩んでしまったのだ。アルミ鋳造部品には、信じられないような削り込みの跡があり、素穴も多く、アルマイト加工の上からついたキズも複数、スイフト製のスプリングも、誰が色を塗ったの?といわんばかりの塗装の酷さ。これがあのオーリンズよりも値段が高いとは。性能は未知数としても、見た目だけでも相応の価値があるとは思えない出来映えだ。
 が、結局購入を決定。理由、ボクの性格が天の邪鬼な為(T_T)しかし、やはり価格相応の価値はないと思う(くどい?)。
 スプリングは、スイフト製には間違いないが、生産数が少ないため手塗りとのこと。アンビリバボー!
 複数のキズは、組み立て後、動作確認を行っているからとのことだった。それにしても・・・とは思うが、ピギーバックのスタイルに惚れた(結局それだけなんだけど)ボクとしては、もう引き返せない。カウルもこのサス用に加工してあとだし、と、自分をだましだまし購入するも、すっきりしない。後悔している・・・が、結局買ってしまう自分が悔しい。
 簡単にデータの紹介をしておこう。
  ☆ショック長:210.5mm(ノーマル+0.5mm -2mm~+6mm可変)
  ☆スプリング:自由長90L バネレート17.0kg/mm セット長81.5mm イニシャル8.5mm
  ☆ダンパー調整 コンプレッション28ノッチ リバウンド40ノッチ

以上、上記3点。

 取り付けは本日は出来ないのでまた後日。
 あ、インプレはしないので、あらかじめご了承願いたい。
 なぜなら、ボクは「違いのわかない男」なのだから(^^;;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2005

トランポいじり

 休日出勤の代休ということで、今日は休日だ。
 そして、今日すること!オグショーから届く、レジアスエースのパーツ取り付けだ。
 朝からそわそわしてしまい、8時には家の前に出てみる。
 お!寒くない!ってことで、購入以来一度も洗車をしたことがないキムコ・スーパー9Sの洗車をすることにした。
 いくら暖かくても、水までは暖かくないので、お風呂からお湯を引いての洗車だ。
 途中、何度も飽きそうになるが、部品が来るまでの時間潰しのため、がんばって継続。
 WAXまで掛けるが、所詮は原付の洗車。余り時間潰しにはならなかった。
 ついで、レジアスエースの洗車をしようと思うが・・・でかい!前後側面の洗車は出来ても、とてもルーフまで洗車出来るとは思えないサイズだ。皆はどうやって洗車してるんだろう?なんてことを考えつつ、水だけ掛けてみた。新車だけあって、まだWAX効果が残っているのを目にし、ちょっと安心。洗車は今度にしよう(^^;;キャラ、スマート、ロードスター、MR-S、サンバー・・・いままでかつて一台としてガソリンスタンドなどの洗車に出したことはないが、レジアスエースだけは人任せにしてしまいそうだ(T_T)
 さて、何をするか。
 先日購入しておいた、ダンプレート?(プラスチックの柔らかい板)を切り出し、セカンドシート背面のカバーを作ることにした。バイク積載時に、バイクのフロントタイヤでセカンドシート背面を汚さない配慮だ。長方形に切り出すだけなのであっという間に完了。さて次は・・・と思っていたところに、オグショーからの部品到着だ。

☆BASE 床貼りパネル 200系ハイエース用 ステップオーバータイプ
 これは、ボルトオンでレジアスエースの荷室に床張りが出来るキットだ。
 純正フックのボルトを4本外し、そのボルト穴を利用し固定する。前後2分割のパーツなのだが、そのパーツ分割部に重量がかかるとパーツの段差が生じやすいことから、分割部下に5mm厚の鉄板を敷いてみた。うん、いい感じだ。
そもそも余り気になるようなところではないが、ボクのレジアエスエースは、純正カーペットの上にオプションにゴムカバーを敷いているため、この段差が生じやすかったのかもしれない。
 時間的にもあっという間に完了!

☆特注 床張り延長パネル 200系ハイエース用
 オグショーのHPをみていて、気になったことがあった。上記床張りパネルを敷いた場合でも、セカンドシートまで床張りが行われるわけではない。そうすると、バイクの前輪はどうするんだろう?と。
 早速メールで確認すると、迅速・丁寧な対応で、100系に乗るオフ乗りのご担当自身のトランポの画像が届いた。自作で板を加工し、セカンドシート下と床張りパネルの合間を埋め、かつ、その自作板にタイヤストッパーが固定されていつという具合だ。
 しかし、ボクは不器用だ。自分で加工できるくらいなら、そもそも床張りキットすら必要がない。
 そこで、特注を覚悟で申し入れしてみた。
 メールで何度も意見交換をし、結果、製品化も視野に入れるとのことで、オーダー料金無しで製作してもらったのが、このパネルだ。今後、製品化されたときには、ボクのパネルが1号ということになる。
 オグショーのご担当には、次回製品の際はこんな風にどうでしょうか? なんて提案もしてみたりして。
 このパネルは、セカンドシートで固定するため、大変だった。何が大変かというと、セカンドシートが死ぬほど重いのだ。独りではなかなかきつかった。
 ちょっとしたトラブルがあって、何度かシートの脱着を行う内に、すっかり慣れてしまった(^^;;次回取り付け機会がないのが残念だ(^^;;

☆スライドレール17 200系ハイエース用
 いまのところ、ミニバイクしか積載する予定がないが、いつ91NSR250R/SPやapriliaRS250を積載しないとは限らない。実際には試していないが、どうやら純正のままでは、フルサイズのマシンの積載は厳しいらしいという話を聞き付け、購入したパーツだ(2st250なら関係ないって噂もあるのだが、ビッグバイクに転向するかもしれないし(^^;;)。
 作業は前述の延長パネルと同時進行となる。延長パネルは、このパーツで固定することになるからだ。
 取り付けた結果、セカンドシートが4段階でスライド可能。とりあえず、後ろに人を乗せることはあまりないので、セカンドシートは一番前に出した状態とした。バイク積載にこのパーツは欠かせない。

☆ピラーフック 200系ハイエース用
 オプションのセカンドシート3点式シートベルトの取り付け部位に、その取り付け用ナットを利用して、フックを設けるためのパーツだ。幸い、ボクのレジアスエースは、そのオプションは装備していないので、そのフックを使う使わざるとに関係なく購入。ピラーの内装を外さなくてはならないため、ちょっと作業がイヤだったが、やってみると思いの外簡単だった。左右に1個ずつの作業だが、一方でコツを掴んだため、もう一つの方は躊躇なくあっという間に完了。
 ピラーのトリムに穴開け加工が必要なため、20φのホールソーを用意しなくてはならないが、意外にお値段が高いため、ボクはドリル用の座ぐりカッターを購入し、対応。まったく問題なし。ただ、ドリル、あるいはそれに変わる(たとえば電動ドライバ)工具がないと、辛いかも。1080398

 と、文章にしてしまうとあっという間だが、実は延長パネル+スライドレールの取り付けをミスし、また外してやり直して、そして、またやり直して、と、ここで随分時間を費やしてしまった。おかげで作業には慣れたが、この慣れを活かす経験はもうあるまい(T_T)
 まさか、自分で全部やってしまうとは・・・。

 ただ、明日はたぶん、筋肉痛(T_T)

有限会社オグショー
http://www.ogushow.co.jp/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2005

モビル・アーマー?

 そろそろ自分の中のシーズンインが近づいている。
 フォークのオイル交換や、エンジンのピストン交換などなど、やっておきたいメニューはたくさんあるが、とても面倒くさがりなボクには、そんなことちゃきちゃき出来るはずがない。
 しかし、バイクをいじりたい!気持ちだけは人一倍だ。
 こんな時は、ステッカーチューンに走る。
 そもそも、現在のカラーは「シャア専用」をイメージしたはずだったが、できあがりは「シャア専用」というよりは「リック・ディアス」だった。いや、クワトロ・バジーナ・カラーとでもいうのだろうか?
 とまれ、そんなわけで、GPレーサーよろしくスポンサーロゴをベタベタ貼っても、格好悪くはならないだろうが、ちょっとイメージが違う。
 カウルはRC211Vをスケールダウンしたような形状だが、ある意味ガンダムチックと言えなくもない。
 ということで、モチーフを「モビル・アーマー」にしてみることにした。
 まず正面からデジカメで写真を撮り、パソコンで画像加工。その加工した画像データから、カウルの形状にモノアイのカメラレール?をデザインし、カッティングプロッタで切り出して、貼る。モノアイはピンクのカッティングシートで再現し、モビル・アーマーってことで、サイドカウルには「RCX-50-R-S」と適当なことを貼ってみる。
 ・・・格好悪い・・・
 ってことで、写真は非公開とする(^^;;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2005

シートカウル補修

 さて、レジアスエースの慣らしをしなくては、と、向かった先がビーチサイドGP(^^;;
 行くところで思い浮かぶ場所は、ここしかない。
 ガソリンエンジンのレジアスエースは、トルクが不足しているという評判のようだが、空荷であるためか、まったく気にならない。エンジンを回さないようにスタートしても、特に遅いとは感じない。この辺は、軽から乗り換えた為だろうか?サンバーディアスⅡは、ミッションがかなりショートになっているらしく、発進時は気を遣わないとギクシャクした感じだったが、レジアスエースにはATのせいか、ギクシャク感もないし、モッタリ感もない。ただ、ディーゼルと比較するとたぶんダメなんだろう、きっと。
 内装はバンにもかかわらず、バンを思わせない作り。高級感があるわけではないが、「貨物車です!」という雰囲気はない。さすがスーパーGLといったところか。
 気になる点は、2点。MR-Sよりも約80cm長い全長。怖い(T_T)
 もう1点はエンジン音。アクセルオフだと静かだが、アクセル音の時に、「ジュルジュル(と聞こえる(^^;;)」という音が気になる。ま、仕方がないか、所詮バンなんだし。ディーゼルだともっとうるさかったはずだ、と、ディーゼルを買わなかったことを後悔しないように自分を慰めてみたりして。それにしても、MR-Sはもっとうるさいんだけど、気にならないのはなぜなんだろか?(^^;;

 ビーチサイドGPに到着すると、バイクが1台にカートが1台。閑散としている。
 で、バイクの方に話しかけてあれこれお話。MC28型のNSRの方だったので、共通点ありあり。
 でも、ボクはその方ほど速くは走れないと思う。っていうか、無理。93SEとドナドナしてしまったことをひたすら後悔してしまった。
 午後を回ってしばらくすると、グースのykt夫妻到着。毎回すごい出席率で驚かされる。見習わなければ(T_T)

 長居をするつもりはなかったのだが、結局、半日いた感じ。
 実は、ビーチサイドGPの駐車場で、車庫入れの練習をしたのは内緒だ(^^;;
 今日はサングラスしか持ってきていなかったので、暗くなると鳥目で前が見えなくなることを危惧し、15時に退散する。

 その帰り、伊勢原のカーライフに立ち寄る。先日の日記にも記載したここは、ボクのRCV50のペイントをお願いしたショップだ。
 格安なので、是非利用して欲しいと思う(希望の方はひとこと声を掛けてくだされば紹介します(^^;;)。
 補修に出していたRCV50のシートカウルを受け取った。自家補修がなければもっと安く出来たのに、とショップの人に言われてしまった。こんなことなら、はじめから修理に出しておくのだったと、ちょっと後悔。
 今年は、もう1セットカウルを購入し、またペイントに出したいと思っている。
 ・・・そのためにも、速く走れるようにならなくては・・・いまのままじゃ、恥ずかしい(T_T)
 恥ずかしさで自分を追い込んでるつもり・・・

 コレが補修したシートカウル。1080380

 でもってコレが補修した裏カバー。リアサスのリザーバータンク用に半円状にカット加工してもらいました。
 現物が来てから合わせればきれいに出来たのでしょうけど、ここは、えい、やぁっと行った感じです(^^;;1080385


 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レジアスエース納車

本来、「内需拡大計画」に書くべき内容かも知れないが、バイクとの関わりが非常に強いため、こちらに書くことにした。
 タイトル通り、今日は、レジアスエースの納車日だった。
 なにそれ?という方に説明すると、ボクの新型トランスポーターである。
 一昨年12月に購入したサンバーディアスⅡとはドナドナし、昨年8月に発売された200系ハイエース・販売チャンネルの違いから、同型レジアスエースに乗り替えたのだ。
 グレードはスーパーGL、塗色はスーパーGL専用色のグレーM。

 サンバーディアスⅡを購入した目的は、これからの目標として峠も走りつつ、サーキット走行も定期的に行おうという趣旨であった。サーキットに行くには、自走よりもトランポの方がいいし、峠に行くにしても、エンジンそのものが消耗品と言える2ストマシンの保護を考えた結果だ。実際、過去2回、峠に向かう途中の西湘バイパスで焼き付きの経験がある。
 そんな理由から手にしたトランポだったが、トランポがあるという環境が、さらにボクのバイクライフに影響を及ぼした。自走しない→登録必要なし→レーサー購入。単純な話だ。そして手にしたマシンがHRC「NSR-mini」だ。
 そして、さらに変化が加速される。
 年間数回のサーキット走行であれば、サンバーで十分だったのだが、毎週のようにコースに走りに行くようになると、工具・ケミカルなどなど、より多くの積載が必要になってきたのだ。
 も~行くしかないでしょう。しかもしかも、200系レジアスエースの格好いいことといったら・・・・不覚にもこのボクが4ナンバー車を格好いいと思ったばかりか、購入までしてしまった・・・。
1080353 
 現在は、まだまだノーマルの状態だが、バイク積載のため、若干のパーツ取り付けも計画している。
 その子細はまた後日報告することにしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »