« トランポいじり | Main | エンブレム »

March 11, 2005

トガシエンジニアリング製リアショック

 いよいよ盛り上がってきた。もちろん、シーズンインを前にした高揚感だ。
 しかし、この盛り上がりも実際に走りはじめると、なくなるのはわかっている。なぜなら、そこにはいつまで経っても速く走れるようにならない自分がいるからだ。だから、もしかすると今が一番楽しい時期なのかもしれない、とまじめに思ったりする。

 会社から帰ると、速攻でバイク屋さんに行った。
 本日購入のパーツ類は・・・

☆和光ケミカル ワコーズ ヒートブロック2L
 ご存じレース用冷却液だ。現在はLLCを入れている。よく走るビーチサイドGPが、LLCを特に規制していないからだ。さもあらん、テーピングのみの街乗りバイクも走れるコースだ。だからといって、いつも同じ場所を走るとは限らないし、水も、ウォーターラインの錆が気になる。そんな理由から、購入したのがこのヒートブロックだ。SQクールにしようか悩まなくもなかったが、なんとなくサメのエキスに抵抗感があること、そしてなによりボク自身がワコーズ派(地場産業を大事にしよう!)であるが故の選択だ。指定ではレース毎に交換とあるが、一ヶ月に一度くらいの交換でも大丈夫とのことで、購入決定。でも、入れ替えるの、面倒かも。

☆和光ケミカル ワコーズ 4CR 5W-40 1000ml
 RCV50(こだわり!)のミッションオイル用に注文していたオイルだ。はじめは0W-30を入れようとバイク屋さんに聞いてみたところ、柔らかすぎてダメでは、とのアドバイスを受け、5W-40に決定。なにしろ高級オイルだ。費用対効果が望めるか、ちょっと不安だ。

☆トガシエンジニアリアリング製リアサスペンション
 実は水曜日にバイク屋さんに引き取りに行ったのだが、予想を大きく上回る質感の低さに、引き取らず、しばらく悩んでしまったのだ。アルミ鋳造部品には、信じられないような削り込みの跡があり、素穴も多く、アルマイト加工の上からついたキズも複数、スイフト製のスプリングも、誰が色を塗ったの?といわんばかりの塗装の酷さ。これがあのオーリンズよりも値段が高いとは。性能は未知数としても、見た目だけでも相応の価値があるとは思えない出来映えだ。
 が、結局購入を決定。理由、ボクの性格が天の邪鬼な為(T_T)しかし、やはり価格相応の価値はないと思う(くどい?)。
 スプリングは、スイフト製には間違いないが、生産数が少ないため手塗りとのこと。アンビリバボー!
 複数のキズは、組み立て後、動作確認を行っているからとのことだった。それにしても・・・とは思うが、ピギーバックのスタイルに惚れた(結局それだけなんだけど)ボクとしては、もう引き返せない。カウルもこのサス用に加工してあとだし、と、自分をだましだまし購入するも、すっきりしない。後悔している・・・が、結局買ってしまう自分が悔しい。
 簡単にデータの紹介をしておこう。
  ☆ショック長:210.5mm(ノーマル+0.5mm -2mm~+6mm可変)
  ☆スプリング:自由長90L バネレート17.0kg/mm セット長81.5mm イニシャル8.5mm
  ☆ダンパー調整 コンプレッション28ノッチ リバウンド40ノッチ

以上、上記3点。

 取り付けは本日は出来ないのでまた後日。
 あ、インプレはしないので、あらかじめご了承願いたい。
 なぜなら、ボクは「違いのわかない男」なのだから(^^;;

|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference トガシエンジニアリング製リアショック:

Comments

Post a comment