« March 2005 | Main | May 2005 »

April 30, 2005

白糸スピードランド初走行

エンジン実働総時間約22:45(本日実働時間約1:07)
エンジン最高回転数---rpm
本日のベストタイム ----
自己ベストタイム ----
白糸スピードランド 走行1回目
本日の体重 65.2kg

 去年、ミニバイクをはじめて、ずっとビーチサイドグランプリで練習をしてきました。
 けーいちさんのミニバイクを借りて、中井インターサーキットも2度ほど走ったことがありますが、正味30分ほどですし、左指の解放骨折という悲惨な結末を迎えたため、実質上ビーチサイドグランプリしか走ったことがない、といえると思います。
 ビーチサイドGPでもまだまだの実力ですが、今日は白糸スピードランドに遠征してみました。
 噂では、本気な人たちのサーキット、ということで、ドキドキしていきました。
 やはり、というか、ほのぼのしたビーチサイドGPに比較して、雰囲気からして違いました。そこにいるレーサーな人たちは、ボクと違って本物の人たちでした。
 かなり臆してしまいましたが、せっかくなので、走らないわけには行きません。
 よろよろ走行してみましたが、他の人たちの鬼のような速さにびっくり。はじめは緊張のあまり走行するのがイヤになってしましたが、それでも走ってみると、速さの違いはどうにもなりませんが、なんとなくイヤがらずに走ることができました。うまい人たちは、遅いボクをあたかもパイロンのように、自由自在なラインで抜いていくのです。
 タイヤは、使い古したTT91GPにしましたが、いままでこんなに融かしたことないよぉ、というくらいタイヤ表面が融けていました。実際は速くもなんともない、いや、むしろ遅いのですが、タイヤだけを見ると、すごく速そうな雰囲気でした(^^;;
 マイポンダーを持ち込みましたが、どうやら白糸スピードランドの設定上、マイポンダーでの計測はできませんでした。そのため、急遽LAP SHOTの磁気センサーをセットしてみましたが、計測がうまく行かず、結局自分がどの程度のタイムで周回したのかは、わかりませんでした。・・・ところで、なぜLAP SHOTの計測がうまく行かなかったのでしょう? この様子では、新しい磁気センサーの購入も検討しなくてはならないようです。
 白糸スピードランドは、ビーチサイドGPに比較して高速セクションが多い、まったくタイプのことなるサーキットでした。いろんな意味で緊張すことが多いサーキットですが、これから定期的に走りに行き、なんとか上達できるようにがんばって行きたいと思います。


セッティングデータ
      キャブレータ:PF70M
             MJ       :#105
             SJ       :#40
             AS       :1-1/2
             JN       :J65C
             NC       :1段目

      オイル   :WAKO'S 2CR(GPR5%添加)
             混合比     :50:1

      ガソリン  :JOMO
             種別      :シエットGP1+
             添加剤     :GRP-TE 4%

      プラグ   :NGK BR9EIX

    フロントサス:ノーマル
             スプリングレート:0.5
             スプリングの識別:1段バネ
             オイル     :SHOWA SS8N
             オイルレベル  :107(122)
             突き出し    :5mm
             プリロード   :16.25mm→13.25mm

      リアサス  :トガシエンジニアリング
             ショック長   :215.0mm
             スプリング   :自由長90L
             バネレート   :17.0kg/mm
             セット長    :81.5mm
             イニシャル   :8.5mm
             コンプレッション:-16ノッチ
             リバウンド   :-20ノッチ

      ポジション :NSRmini用可変ポジションプレート
             ステップ位置  :22mm UP/15mm BACK

      吸気系   :NSR50純正エアクリーナー
             ターボフィルター

      排気系   :ノーマル

      点火系   :ノーマル

      二次減速比 :サンスター
             Drive      :13→14
             Driven      :42→41

      タイヤ   :ブリジストン BT-601SS Fr.YCX Rr.YCY→ダンロップ TT91GP
             空気圧     :Fr 1.7→1.5
                       Rr 1.8→1.6

      チェーン  :RKエキセル GP520MS
              リンク     :108

     ブレーキパッド         :Fr ノーマル
                       Rr ノーマル
      その他
            CR80用クラッチスプリング2本
            ミッションオイル WAKO'S 4CR 5w-40
            ブレーキフリュード WAKO'S SP-R

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2005

コブラ(GSX250S)整備

 スポーツランドやまなしで行われる耐久レースに出場すべく、コブラ(GSX250S)の整備をコツコツやっています。
 後は、チェーン交換、フォークのシール交換とブレーキのOHです。GW中になんとかしたかったのですが、予算の関係で無理そうです。
 今日行った作業は、フロントフォークの取り外しです。
 シールの交換は、恥ずかしながら自分ではできないので、バイク屋さん任せなのですが、工賃節減を狙い、自分で外そうというわけです。外すだけなら、ミニバイクよりも重いだけなので、あっという間でした。
 このバイク用のフロントスタンドは持っていないので、油圧ジャッキで持ち上げたまま、しばらく放置しなくてはなりません・・・ちょっと心配です。

 チェーンは、EKチェーンで、自分でも取り付けができるスクリュージョイントを注文しました。一体どんなジョイントなのか、後日報告させていただきます。

 明日はNSR-miniではじめての白糸スピードランド走行予定です。
 先ほど、けーいちさんのNSRもレジアスエースに積み込みしました。
 いや~、緊張しちゃうなぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2005

トランポ紹介 新型レジアスエース

 ボクのトランスポーターを紹介します。
 新型(新型と呼べるのは今のうちだけですので、200系と表記するべきでしょうが)レジアスエース、スーパーGL(ガソリン)です。
 今年1月、ビーチサイドグランプリでユースケさんのハイエースを見て、スポーツカー好きのこのボクでさえ不覚にもググッと惚れてしまいました。そのときは、サンバーディアスⅡスーパーチャージャーがボクのトランスポーターでしたが、一ヶ月もしないうちに注文してました(^^;;もう一台あるMR-Sとの借金で死にそうですが、それだけの決意をさせる格好いい面構えです。
 納車以来、すっかりMR-Sには乗らなくなってしまいました。乗るのは、車高制限のある地元のヤマダ電機に行くときだけという現状です(^^;;
 それはさておき、現在の仕様を。
 外装は、通称?ガッツミラーを取り外し、オグショーの「アンダービューミラーカバー」をつけました。このガッツミラー、あれば便利なのでしょうが、アームがミラーに映り、実はとても見えづらいので取り外すことにはそれほど抵抗感はありませんでした。このミラーがないと、格好良さがさらに引き立ちます(^^;;(今回の画像は、ミラー取り外し前です、ごめんなさい)。
 トランポ仕様、ということで、内装はほんの少し手を加えてみました。
 スーパーGLの内装は、商用貨物とは思えないほどゴージャスなので、汚したくはありません。ですので、荷室にはまず純正オプションのラバーシートを敷いてあります。そして、その上からオグショーの「BASE床貼りパネル200系ハイエース用ステップオーバータイプ」を装着?しています。これは、文字通り床のパネルで、ボルト4本で取り付け可能なタイプです。
 しかし、この床張りパネル、フルサイズのバイクを搭載するには若干短いのが事実です。そこで、オグショーに特注で床張り延長パネルの製作を依頼、快く応じてくださり、セカンドシート下にはその延長パネルを装着しました。また、フルサイズのバイクを搭載時、セカンドシートの位置が問題になりそうだったので、これまたオグショーの「スライドシートレール」を取り付けてあります。・・・しばらくはミニバイクしか積む予定ないんですけどね。
 タイダウンフックは、純正の4箇所しかないため、スライドシートレール取り付けボルトに、L字アングル材を加工し取り付け、タイダウンフックの増設を計ると同時に、オグショーの「ピラーフック」で、上部からの固定も可能なようにしました(ピラーフックの写真は用意してありません(^^;;ごめんなさい。
 仕様はこんな感じでしょうか。関係ないところでは、DVDナビ、ETC、インバーターなどのオプションを装備しています。なかなか快適です。
 本当はリップスポイラーやリアスポイラーも欲しいのですが、予算の関係で残念ながら実現できそうにありません(T_T)うぅ

 当チーム「HollowPoint」のホームページにもトランポのコーナーは作る予定ですので、興味のある方は気長にお待ち下さい(^^;;

それでは画像コーナー。

☆レジアスエース外見
1080353

☆オグショー床貼りパネル
1080398

☆オグショー床貼りパネル+特注延長パネル
1080399

☆自作増設タイダウンフック
1080546

☆オグショースライドレール+特注延長パネル
1080401


| | Comments (0) | TrackBack (0)

NSR-mini整備

 GWのシフト勤務の関係で、一足早く今日から休日です。
 ビーチサイドグランプリに走りに行こうかな、と悩んでみましたが、一人で行ってケガでもしたらイヤなので、走りに行くのはヤメにして、マシンを整備することにしました。
 ちょうど30日には白糸スピードランド初体験の予定もありますし、まずはファイナルを変更です。
 セッティングは、フロント14T、リア41Tにしました。このファイナルは、けーいちさんが教えてくれたセッティングのうち、一番ショートな組み合わせです。ビーチサイドグランプリを走行するときでさえ、同じノーマルマフラー+エアクリーナーのけーいちさんのマシンと同じファイナルにすると、ボクのマシンにはロング過ぎて加速できないのでした。なぜなんだろう?
 チェーンも取り外すので、チェーンはガソリンで洗浄、グリスアップしました。
 ついでに、LLCをワコーズのヒートブロックにしてみました。前々から、ウォーターポンプカバーから若干LLC漏れを確認していたので、Oリングも交換しました。いままで気になっていた部分をようやく手直しできてホッとしました。これで、多少でも冷却効果が上がればいいのですが・・・
 ここまでやると、もう少しってことで、右手にパーツクリーナー、左手にエアブローを持って、シリンダヘッド付近、キャブ付近、スイングアーム付け根付近、と普段なかなか手がどかないところの汚れを落としてみました。今までやろうやろうと思いつつ、なかなかめんどくさくてできませんでしたが、一気にやってしまいました。さすがに新車の輝き、とまではいきませんが、パーツクリーナーを1本使っただけあって、まぁまぁきれいになったと思います。
 ドレンボルトなどのワイヤリングまでやろうと思ったのですが、そろそろ飽きてしまいそうな予感・・・(^^;;
 作業途中で飽きてしまうと、組み立てるのがイヤになるので、本格的に飽きてしまう前に、パパッと片づけなければなりません(^^;;
 続きは気が向いたらまた明日、ってことで、今日はおしまいです(^^;;
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2005

BT-601SS注文

 先週タイヤ交換をしたばかりですが、早速次のタイヤを注文しました。
 その理由は、先日履き替えたBT-601SSが、ミニバイク三昧を予定しているこのGW中持つかどうかわからないからです。必要になったときに手に入らないのでは意味がないので、GWを目前に発注した次第です。
 正直、TT91GPとどちらにするか悩みました。601SSでは、まだ一度しか走行したことがないのですが、TT91GPに慣れてしまっているせいか、違和感を感じます。しかし、強力なグリップ力でボクのビーチサイドグランプリ(BSGP)での自己ベストラップを大幅に更新したことは事実であり、魅力がないわけではありません。
 結局選んだのは、601SSです。タイヤをダンロップにした瞬間タイムが遅くなる、というのは、悪夢以外のなにものでもありません。そんな事実には直面したくないので、無難なブリジストンを選択したというわけです。
 コンパウンドの選択ですが、現在はフロントがソフト、リアがミディアムですが、今日発注したタイヤについては、リアはそのままミディアムですが、フロントはソフトなのかミディアムなのかはバイク屋さんに任せたので未定です。一昨日の路面温度を考えるとソフトの必要はなさそうな気もしますが、ソフトでなければタイムが落ちる、でも困ります。ということで、バイク屋さんにこの時期のコンパウンド選択をブリジストンに確認して貰うことにしたのです。・・・自分で選択しない、というのも、ボクが違いのわからない男、だからこそといえるでしょう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 24, 2005

コブラの整備

 ゴールデンウィークまであと少し。何とかコブラでどこかに走りに行きたいと思い、焦るように整備をした。
 毎度の事ながら、すぐに飽きるのだが(^^;;
 まず、バッテリー交換。シングルシートカバーを外し、シートを外し、シートカウルを外し、タンクを外し、さらにエアフィルターを取らないと、バッテリーの交換が出来ない。もうこれだけで重整備をした気分である。
 先日、エンジン始動までは確認にているので、安心してセルを回すと、スムーズにエンジンは始動した。
 マフラーからの煙が気になるが、先日はバッテリーが無かったので、走行まではできなかった。
 そこで、今日は試運転もしてみた。
 久々に跨ったコブラ・・・こんなポジションだったかな?と、違和感ありあり。ビーチサイドグランプリをこんなポジションで走るイメージが出来ない。ま、慣れればなんとかなるだろう(^^;;
 走ったのは100m弱だが、煙もでなくなり、ホッと一安心。アイドリングも安定しはじめた。
 バッテリー交換だけでも飽きてしまったが、天気もいいし、ついでにキャリパーの具合も見てみることにした。
 やはり、ピストンに錆が・・・。真鍮ブラシでこするぐらいでは落ちないし、アストロプロダクツで購入したピストン外しは、キャリパー内側のスペースが狭く、入らないため使用ができない。1000番のペーパーやすりでがんばってみるが、陰になった部分の錆は到底落とせそうもない。これでピストン交換決定(T_T)
 交換すると決めたので、気軽にピストンを押し戻した見た。そして、ブレーキレバーを握ってみる。動くピストンはダメージの少なかった2つのみ(T_T)6ポットキャリパーのはずが、2ポットに。エンジンが元気だったので、気をよくしていたが、これでちょっと憂鬱になった。予算が・・・(T_T)
 今日はどうしたことか、とても元気なので、RG200ΓのCDIの交換をしてみた。ヤフオクで買った不動車なのだが、前オーナーはキャブのOH、腰上OHをしてもエンジンが掛けられなかったとのこと。なら原因はCDIと、ヤフオクで中古のCDIを購入したのだが・・・結果はエンジン掛からず。腐ったガソリンのにおいも漂ってくるので、タンク内をチェックするが、ガソリンが腐った様子はない。が、においはする。バッテリージャンピングだけでエンジンが掛かることを期待したが、さすがにそんなに甘くは無かった(T_T)時間もないし、冬のメニューになりそうだ。
 と、ここで作業を終え、いつものバイク屋さんに遊びにいったところ、ウルフ125を貰った(^^;;
 RG200Γにウルフ125、我が家前のブルーシートがまた拡大してしまった。。。誰かボクのかわりに整備してちょーだい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2005

ビーチサイドグランプリ走行

エンジン実働総時間約22:45(本日実働時間約1:07)
エンジン最高回転数11880rpm
本日のベストタイム 31秒567
自己ベストタイム 31秒567
ビーチサイドグランプリ 走行14回目
本日の体重 66.2kg

 月曜日から木曜日まで、会社の研修で某所に缶詰状態だった。
 普段は一日1食という食生活なのだが、三食毎回食事をしたため、体重は増量。
 さらに、近所に何もないというところだったため、研修から帰ってきて久しぶり(^^;;のコーラ、ポテチ、チョコレートを満喫してしまった結果、体重は先週に比べ1.4kg増量。・・・これで、0.14秒のロスか・・・(T_T)
 今回のポイントはなんと言ってもタイヤ!
 ダンロップからブリジストンに変更したことと新品タイヤのグリップ力がどこまでタイムに影響するか、ということだ。
 はじめは、違和感ありあり。どうもアンダー傾向を感じ、しっくりこなかった。が、ボクは違いのわからない男。しばらく走るとそんなことはすっかり気にならなくなり、あっという間に自己ベストタイム更新。1ヘアとエロ本コーナーのラインを意識的にインにとるよう心がけてはいたが、まさかベストラップを更新しているとは。。。
 気をよくした次の走行では、1週目のエロ本コーナーでスリップダウンし転倒(T_T)グリップ力を過信した結果だ。大いに反省。それにして、肋骨の痛みたるや・・・。やっぱりヒビくらい入っていそうな感じだ。
 普段ならこの転倒で即ピットイン・ご休憩、となるところだが、ちょっともったいないので痛みをこらえ、周回を重ねてみた。
 どのくらいのタイムが出たかな?とライブラップにアクセスするも、情報が更新されていない。
 まさか転倒で故障か?と心配になったが、マイポンダーを使用するけーいちさんもユースケさんも同様の様子。
 藤井さんに聞きに行ったところ、ライブラップ側のサーバートラブルらしく、昨日も同様の不具合が生じたとのこと。何秒で走ったのかわからないのか、と不安になったが、幸い、ビーチサイドグランプリのPC上ではちゃんと計測出来ているとのことで、一安心。
 タイムは、自己ベストタイムをさらに更新し、31秒567。
 タイヤ効果は絶大のようだ。
 ただ、本日の走行はここで終了することにした。
 マイポンダーでの計測が手元で確認できないため、走りの善し悪しの判断が出来ないためだ。身体も痛いし、ダラダラ走りたくないので、きっぱり終了とした。
 その後は、転倒後は必ずフロント周りを組み直すことにしているので、その作業をし、ついでにダンロップタイヤに換装し直した。
 来週土曜日は、白糸スピードランドでの初走行を控えている。どうせタイムは出せないし、右回りのビーチサイドグランプリと違って左回りという噂の白糸用に、タイヤを戻した次第だ。
 さて、白糸スピードランドはどんなところだろう? いまから楽しみだ。

 エンジンの最高回転数は11880rpm。シフトミスをしなければ、このくらいの数値が妥当なんだろう。ただ、以前よりもエンジンの最高回転数が高まっているのが嬉しい。4速→5速のミッションの入りづらさはあいかわらず。どこをどうすれば直るのだろう?

 ダイエット、こいつが一番大きな課題だ(T_T)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本日のセッティングデータ

セッティングデータ
      キャブレータ:PF70M
             MJ       :#105
             SJ       :#40
             AS       :1-1/2
             JN       :J65C
             NC       :1段目

      オイル   :WAKO'S 2CRGPR5%添加)
             混合比     :50:1

      ガソリン  :JOMO
             種別      :シエットGP1+
             添加剤     :GRP-TE 4%

      プラグ   :NGK BR9EIX

    フロントサス:ノーマル
             スプリングレート:0.5
             スプリングの識別:1段バネ
             オイル     :SHOWA SS8N
             オイルレベル  :107(122)
             突き出し    :5mm
             プリロード   :14.75mm→16.25mm

      リアサス  :トガシエンジニアリング
             ショック長   :215.0mm
             スプリング   :自由長90L
             バネレート   :17.0kg/mm
             セット長    :81.5mm
             イニシャル   :8.5mm
             コンプレッション:-16ノッチ
             リバウンド   :-20ノッチ

      ポジション :NSRmini用可変ポジションプレート
             ステップ位置  :22mm UP/15mm BACK

      吸気系   :NSR50純正エアクリーナー
             ターボフィルター

      排気系   :ノーマル

      点火系   :ノーマル

      二次減速比 :サンスター
             Drive      :13
             Driven      :42

      タイヤ   :ダンロップ TT91GP→ブリジストン BT-601SS Fr.YCX Rr.YCY
             空気圧     :Fr 1.5→1.7
                       Rr 1.6→1.8

      チェーン  :RKエキセル GP520MS
              リンク     :108

     ブレーキパッド         :Fr ノーマル
                       Rr ノーマル
      その他
            CR80用クラッチスプリング2本
            ミッションオイル WAKO'S 4CR 5w-40
            ブレーキフリュード WAKO'S SP-R

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2005

タイヤ交換

 休日出勤の代休として休暇のため、タイヤ交換をすることにした。
 現在のタイヤは、02NSR-miniのOEMタイヤで、ダンロップのTT91GPを履いている。もちろんサイズも標準だ。
 ミニバイクをはじめたのが去年で、このタイヤしか経験がないので、他のタイヤと比較することはできないが、何ら問題を感じることがないので、いいタイヤなのだと思う。しかし、走行時間20時間を超え見た目にもすり減ってきているし、体感的にも滑ったと感じる機会が増えてきたような気がするので、新タイヤを導入することにした。
 今度のタイヤにはブリジストンのBT-601SSを選択した。特に理由はなく、ダンロップはすでに経験済みだからに過ぎない。コンパウンドは、フロントにはYCX(ソフト)、リアにはYCYとした。これはけーいちさんのアドバイスによる。
 ホイールは予備のものを使用した。TT91GP付きのホイールは、タイヤソフナー購入後に、タイヤソフナーの効果を試すために温存だ!(^^;;セコ~
 予備ホイールは、数年間雨ざらしにされていたマシンからの部品取りのため、ベアリングチェックをすると、すでに終わっているという判断。よって、前後ホイールのベアリング交換も行った。
 ベアリングの取り外しは、ホンダ純正のSSTを使用した。はじめて使用した工具だが、問題なく簡単にベアリングを取り外すことが出来た。取り付けもホンダ純正のSSTを使用。専用工具だけあって、悩むことはないが、ディスタンスカラーとの兼ね合いになかなか熟練を要する雰囲気だ。道具だけではダメ、経験も必要する、そんないい例だと思う。それでも、なんとかベアリングを交換し、いざタイヤ交換!
 ・・・ここで普通はタイヤレバーを使って四苦八苦、というパターンなのだろうが、ボクの場合は行きつけのバイク屋さんのタイヤチェンジャーを借りて作業することにした。頭の中では、テキパキ簡単に済ませることを考えていたのだが、見るのとやるのとでは大違い。やはりここにも熟練された技というものが存在した。いままで何度もタイヤ交換の作業を見学しているが、実際に自分でやらなければわからないことが多いのだと、改めて思い知らされた感じだ。
 タイヤの取り外しは問題なく、取り付けも1本目のタイヤはバイク屋さんのヘルプもあり、難なく終えたが、すべて一人で作業した2本目に問題発生。詳しくは割愛するが、考えればわかる簡単な事柄に思い至らず、取り付け時にタイヤのビート部に亀裂が・・・(T_T)
 空気漏れの発生が懸念されるが、応急処置としてビートシーラーなるものを塗布してもらい取り付け完了。一応、現時点で空気は漏れてないようだが、実際の走行で問題ないか、ちょっと心配だ(T_T)

 さて、明日も走行予定。このタイヤでベストラップが更新できるといいのだが・・・。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2005

ビーチサイドグランプリ

エンジン実働総時間約21:37(本日実働時間約1:48)
エンジン最高回転数12540rpm
本日のベストタイム 32秒058
自己ベストタイム31秒965
ビーチサイドグランプリ 走行13回目
本日の体重 64.8kg

 先週のダメージが身体に残っているが、走行を決意。
 走行前にRider'sStationLIBERTYのWiringMagic TYPE2の取り付けを行った。この商品は俗に言うアーシングを行う配線セットであるが、その眉唾くさい謳い文句に反し、確かな効果はあるようだ。タイムにこそ影響はしなかったが、レーシングしたときのツキや、振動などは、明らかに変化している。これには驚いた。

 ラップタイムのアベレージは徐々に上がってきているが、ベストラップは更新できなかった。
 2週間前のベストラップに近いタイムは普通に出るようになってきているが、それ以上の進歩はなかった。
 最終コーナーでの速度を高めるためにファイナルをほんの少しだけショートにしてみたが、ほとんど影響なし。ただ、これ以上ショートするのは問題があるように思え、当分はこのファイナルで様子を見ていくことにする。
 他、本日の最高回転数もシフトダウンミスによるもの。1コーナー進入時のシフトダウンも今後の課題だ。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本日の仕様およびセッティングデータ

車体     HRC NSR-mini' 04モデル秋ロット

セッティングデータ
      キャブレータ:PF70M
             MJ       :#105
             SJ       :#40
             AS       :1-1/2
             JN       :J65C
             NC       :1段目

      オイル   :WAKO'S 2CR(GPR5%添加
             混合比     :50:1

      ガソリン  :JOMO
             種別      :シエットGP1+
             添加剤     :GRP-TE 4%

      プラグ   NGK BR9EIX
    フロントサス:ノーマル
             スプリングレート:0.5
             スプリングの識別:1段バネ
             オイル     :SHOWA SS8N
             オイルレベル  :107(122)
             突き出し    :5mm
             プリロード   :17.00mm

      リアサス  :トガシエンジニアリング
             ショック長   :215.0mm
             スプリング   :自由長90L
             バネレート   :17.0kg/mm
             セット長    :81.5mm
             イニシャル   :8.5mm
             コンプレッション:-16ノッチ
             リバウンド   :-20ノッチ

      ポジション :NSRmini用可変ポジションプレート
             ステップ位置  :22mm UP/15mm BACK

      吸気系   :NSR50純正
             ターボフィルター

      排気系   :ノーマル

      点火系   :ノーマル

      二次減速比 :サンスター
             Drive      :14→13
             Driven      :45→42

      タイヤ   :ダンロップ TT91GP
             空気圧     :Fr 1.5
                       Rr 1.6

      チェーン  :RKエキセル GP520MS
              リンク     :110→108

     ブレーキパッド         :Fr ノーマル
                       Rr ノーマル
      その他
            CR80用クラッチスプリング2本
            ミッションオイル WAKO'S 4CR 5w-40
            ブレーキフリュード WAKO'S SP-R


外装
      Jha RCVタイプカウルセットfor NSR mini
      Y2S タンクカバー
      モトガーデン リアフェンダーショートタイプ
      G☆WORKS アッパーカウルクイックリリース
      G☆WORKS アンダーカウルクイックリリース
      NSR50用軽量スクリーン ノーマルタイプ

塗装  
      カーライフ レッドパール/グレーパール

足回り
      RH松島 硬質ブラックアルマイト加工トップブリッヂ
      RH松島 フロントプリロードアジャスター
      ケン・テック NSR50・80・Mini用シールレスカラー
      G☆WORKS アクスルシャフトプロテクター
      トガシエンジニアリング リアサスペンション

ステップ
      POSH アジャスタブルシフトペダル
      NSRmini用可変ポジションプレート
      G☆WORKS アルミ削りだしショートステップ(固定式)
      G☆WORKS カーボンスイングアームガード

ブレーキ
      グッドリッジ ビルドアライン ステンタイプ
      グッドリッジ エアフリーバンジョー
      NPF キャリパーガード

エアクリーナー
      ホンダ NSR50純正
      デイトナ ターボフィルター

スロットル
      ホンダ CR80用純正
      デイトナ ハイスロキット用スロットルケーブル

電装
      エフ・アンド・オー・システムズ LAP SHOT
      OPPAMA パルス・エンジン・タコメーター PET-2000DX
       スペシャルパーツ武川 コンパクトLCDサーモメーター
      Rider'sStationLIBERTY WiringMagic TYPE2
      AMB マイポンダーTranX260

その他パーツ
      GARAGEaZ NSR50 MINI専用 メーターパネル
      G☆WORKS カーボンサイレンサーガード
      ルナチタニウム・カッティング工房ステッカー

他加工
      サイドスタンドフレームカット
      シートレール後端部カット
      :充電コイル取り外し

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2005

バッテリー購入!

 タイトルつけて語るほどのことではないが・・・
 コブラ復活計画の一部、バッテリーをヤフオクでゲット。
 もうヤフオクなしでは生活は出来そうにない(^^;;
 国産新品は驚くほど高いバッテリーだが、そこは妥協して・・・しかし、中国産までは妥協せず・・・ACデルコ製に決定!・・・な~んて思って、本日先ほど届いた現物を確認すると、GMのバッテリーっていうからてっきりアメリカ製可と思っていたが、これも中国製なのね(T_T)
 ま、いっか。
 これでコブラも自走可能状態に!
 久々のコブラ、楽しみだぁ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CDI発見!

 CDIがイッているだろうと予想されるRG200Γだが、引き取り後時間がなく、実はなにも確認していない。
 前のオーナーも腰上のOHが出来る腕前のようなので、それを信頼すると、CDIがダメな確率は高かろうと、早速ゲットすべく、ヤフオクを確認してみた。
 「RG125」で検索すると、そこそこパーツが見つかり、その中にはCDIもいくつか散見されるが、「RG200」で検索すると、ほとんど何も出てこない(T_T)
 200ccという半端な排気量が影響しているのは確実だ。
 これは長く待つか、新品を投入するしかないのかなぁ~と思いつつ、それでもあきらめずに探していたところ、思わぬ盲点が!RG200Γ=WOLF200ということをすっかり失念いていた。
 そして、WOLF200でCDI発見!
 これはもう買うしか!!
 落札出来るといいなぁ~。余計なハーネスまでついてくるけど、これは我慢だなぁ~(T_T)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2005

ビーチサイドグランプリ

エンジン実働総時間約19:49(本日実働時間約1.21)
エンジン最高回転数12720rpm
本日のベストタイム 31秒965
自己ベストタイム 31秒965
ビーチサイドグランプリ 走行12回目
本日の体重 65.0kg

 予定として、走行する日は土曜日とほぼ決まっている。
 何故かというと、翌日日曜日は、走行後の疲労のため、家でマッタリ身体を休めたいからだ。
 そのため、日曜日に整備もなかなかできないので、ボクは土曜日の走行前に整備をすることにしている。
 本日のパドック(駐車場(^^;;)入りは、7時45分。当然、ボクが一番乗りだ。
 まず、フロントブレーキの整備を行う。通常はワコーズのBC-9を吹きかけて完了としているが、本日はパッドピンをはずし、パッドを取った後、キャリパーピストンの洗浄をし、シリコングリスでグリスアップ。ついでに、パッド裏面に鳴き止め用のカッパーグリスを塗布した。特に動きが悪いわけではないが、1コーナー侵入時、要するにビーチサイドグランプリでもっともハード・ブレーキングを行うここで、違和感無くブレーキング出来るようにするためだ。
 ついで、マイポンダー取り付けステーの取り付けを行った。前々々回は、メーターステーに取り付けを行ったが、ビーチサイドグランプリの藤井さんからその位置は転倒で壊れやすいとのアドバイスをもらい、前々回、前回はシートカウル内側のシートレールに取り付けを行ったが、シートカウルアンダーカバーに干渉するのがどうにも気に入らず、先週土曜日ビーチサイド帰りに立ち寄ったユニディで、1.0mm厚のアルミ板を買い、若干の穴開け加工を行い自作のステーを用意していたのだ。
 取り付け位置はタンク手前下、エアクリーナー(NSR-miniだが、後付けしている)の後部とし、1080586
エアクリ固定用のボルトを利用し、車体に固定している。タンクの下がえぐれるような形状のため、どこにも干渉せずに取り付けできる位置なのだ。転倒時にもダメージはないと思われる。強いて欠点をあげるとするなら、簡単に脱着ができない、ということになるが、タンクの取り外しはほぼ毎回につき、さほど問題はない。我ながらグッドアイディア!

 本日の走行ではアクシデントが生じた。ユースケさんが先導してくれたため一生懸命そのあとをついて行こうとしていたときのことである。とあるバイクが道を譲ってくれてユースケさんが難なくパス。ちょうどエロ本コーナーだったのだが、ボクもパスしようとインから入ったところ、なぜかラインがクロスしそうになり右側に握りゴケ(T_T)
 悲劇が起こったのがその次の瞬間だ。
 転倒したボクに、後続車が・・・(T_T)
 人生はじめてバイクに轢かれた瞬間だ。背中あたりに衝撃を感じたと思った瞬間、息が出来なくなり、「あ、あ、あ、あ、」と千と千尋の神隠しにでてきた「カオナシ」状態でコース外側の土手にドテっと倒れ込んで、「ボクはもうダメなのかも・・・」と中井で指を解放骨折したことが強烈に蘇り、ついでボクの人生ダイジェストが走馬燈のように・・・。
 依然「あ、あ、あ、あ、」とカオナシをやっているところに、れいさんが助けに現れてくれました(T_T)
 みっともないところをお見せしました(T_T)しかし、ヘルメットを脱がしていただいて、ようやくまともに息ができるようになりました。本当にありがとうございましたm<_ _>m命の恩人です

 さて、いままでのボクだったら、ここで本日の走行終了となるはずだ。間違いない。
 しかし、皆様から、ココでやめたら嫌なイメージ残るよ、とアドバイスされ、再びコースインの覚悟を決める。
 ただ、上半身が猛烈に痛いのは事実なので、とりあえず、マシンのダメージをチェックしながら様子を見ることにした。マシンのダメージは、スクリーンが割れた程度。よく見ると、シートカウルに割れもあるし、フロントフェンダーも取り付け部が2箇所破損していたが、幸い大したことはなさそうだ。フロントフェンダーの位置を直すために、ついでにフロント回りを組み直ししてみた。アクスルシャフトの抜けが若干悪かったことから、多少ねじれていたのかも知れない。インナーチューブ大丈夫そうだが・・・ま、曲がっていないことにしよう。組み付けの際に、突き出しを1mm変更。そして、河辺さんのアドバイスから、フロントのイニシャルを最弱に変更してみた。
 突き出しとイニシャルを変えたので、突き出し変更の効果は不明だが、イニシャルの変更は体感できた。コーナー進入時にススッとマシンが寝る印象だ。しかし、L字コーナーの立ち上がりではややハラむようにもなった。コースアウトするほどでもないので、しばらくそのまま走ってみることにした。
 ユースケさんがボクの後ろを走ったので、アドバイスを求めたところ、L字→最終コーナーはマシン自体が遅いことを別にすると、まぁまぁとのこと。逆に指摘されたのが、1コーナー侵入時のブレーキが早すぎること、そして、1ヘアがいまいちなことだった。
 ボクの脳みそはシングルタスクなので、あれこれ同時に処理することはできない。故に、次の走行では1コーナー進入にフォーカスすることにした。ここではシフトを2段落とすのだが、これが失敗しやすく、難しい。うまく行ったと思える周回はないに等しい。それでも、ユースケさんが、また先導してくれたので、がんばってあとを追ったところ、ベストタイム更新!けーいちさんのタイムを抜いて、しかも31秒台突入!
 転倒し、バイクに轢かれるという悲惨な一日だったが、最後はベストタイム更新で充実した一日だった。

 自己ベスト更新とはいえ、周囲の人と比べるとまだまだなのは明らかであり、今後も走り込みを要するが、少し気がついたことがある。
 L字コーナー手前で5速までシフトアップすべきか、L字コーナーは4速で抜け最終前で5速にシフトアップすべきか。5速までシフトアップした場合は、パワーバンドに入るのがやや遅れるようだ。4速で抜ける場合は、L字コーナー手前で吹けきってしまうが、最終コーナー手前で早く5速のパワーバンドに入る感じだ。どちらがより速いのか、それがどうもわからない。しかし、いずれにしても最終コーナーから1コーナーまでに5速全開になるわけではない。そこで、2次減速比をさらにショート化し、L字コーナーを5速で抜けていく方がパワーを活かせるのではないか、そう考えているのだが、本日の感触をものにする前にセッティングを変えて、自分の感覚が狂ってしまうのではないかと悩んでいる。もし、想像通りうまく行けば、さらなるタイムアップにも繋がるかも知れない・・・う~ん、どうだろう。

 本日の最高回転数は、いままでの数値からすると異常だ。これはおそらく、1コーナー進入でシフトミスをしてしまい、シフトダウンでレブさせたことが原因だと思われる。実際の最高は、11760rpmくらいだと思われるが、上記したようにL字コーナーを4速でクリアしようとすると吹けきってしまうので、それで前回よりも回転数が高まっているものと思われる。当然、ボク自身のアベレージが上がっていることにもよるが、いずれにしても、今回の数値は参考にならないことを明記しておく。

 他、おまけ。1080589
 今日のダメージは軽微だが、マシンがいつ大破するとも限らない。
 マシンが無くなってしまう前に、現在のRCV50モビル・アーマー仕様の画像を公開しておきたい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

本日のセッティングデータ

セッティングデータ
      キャブレータ:PF70M
             MJ       :#105
             SJ       :#40
             AS       :1-1/2
             JN       :J65C
             NC       :1段目

      オイル   :WAKO'S 2CR
             混合比     :50:1

      ガソリン  :JOMO
             種別      :シエットGP1+
             添加剤     :GRP-TE 4%

      プラグ   :NGK BR9EIX

    フロントサス:ノーマル
             スプリングレート:0.5
             スプリングの識別:1段バネ
             オイル     :SHOWA SS8N
             オイルレベル  :107(122)
             突き出し    :4mm→5mm
             プリロード   :14.75mm→17.00mm

      リアサス  :トガシエンジニアリング
             ショック長   :215.0mm
             スプリング   :自由長90L
             バネレート   :17.0kg/mm
             セット長    :81.5mm
             イニシャル   :8.5mm
             コンプレッション:-16ノッチ
             リバウンド   :-20ノッチ

      ポジション :NSRmini用可変ポジションプレート
             ステップ位置  :22mm UP/15mm BACK

      吸気系   :NSR50純正
             ターボフィルター

      排気系   :ノーマル

      点火系   :ノーマル

      二次減速比 :サンスター
             Drive      :14
             Driven      :45

      タイヤ   :ダンロップ TT91GP
             空気圧     :Fr 1.5
                       Rr 1.6

      チェーン  :RKエキセル GP520MS
              リンク     :110

     ブレーキパッド         :Fr ノーマル
                       Rr ノーマル
      その他
            CR80用クラッチスプリング2本
            ミッションオイル WAKO'S 4CR 5w-40
            ブレーキフリュード WAKO'S SP-R

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビーチサイドグランプリ非公式コーナー名称

 今やボクたちのホームコースとなったビーチサイドグランプリ。そのビーチサイドグランプリのホームページには、コースレイアウト図の記載はあるが、そこにコーナー名称の記載は確認できない。
 お互いのレベルアップを図る、あるいは体験を語る際、コーナー名称は必須であると思われるが、常連の人たちの間ではすでにコーナーに命名されており、それぞれ共通の認識をもってその名称が用いられているようだ。
 そこで、ボクのような新参者でも会話についていけるよう、コーナー名称について整理をしてみた。
 ただ、あってないようなものなので、ムム?と思われる方もいるかも知れない。「ムム?」ときた方は、別途ご連絡いただけると、幸いである。
bsgp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2005

RG200Γ購入!

 表題の通り、SUZUKI RG200Γをヤフオクにてゲット!
 実は、不動車なのだが、そのおかげでお値段は格安だ。
 簡単な整備で動けばいいなぁ~と期待していたのだが、オーナーに話を聞くと、エンジンを開けて、キャブまでOHして、それでもなおエンジンが掛からない、とのことだ。
 う~ん・・・
 引き取りに行ったのは夜遅かったが、帰り道にそのままいつものバイク屋さんに寄ってみた。
 ちょうど店じまいの最中で、話を聞くことはできた。
 ボクの中では、イグニッションコイル交換程度で済めば・・・と思っていたが、バイク屋さんの話では、SUZUKI車はDIがよくダメになるとのこと。
 チィ(T_T)CDIか。新品部品を買うと、車体の値段よりも高くなりそうだ。
 こりゃぁ、また、ヤフオクで探すしかないな。RG125ならありそうだけど、200はあるかな?
 ボクの中ではコブラ復活の方がプライオリティが高いため、しばらく放置プレイになりそう。
 ところで、オーナー曰く、シリンダーをハズしたときに、ガスケットは液体ガスケットと併用して再利用したとのこと。排気デバイスの様子見とあわせて、早めに腰上OHをしたくなる状況だ。

 だれかやって~(T_T)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2005

アーシング

 実はここ数日、ボクは凹んでいる。
 そう、土曜日、けーいち氏にボクのベストタイムを更新され、0.2秒差をつけられたままだからだ (目くそ鼻くそレベルと笑うなら笑えばいい。例えそんなレベルであっても、ボクは鼻くそよりも目くそでいたいのだ)。
 そして、新品タイヤ導入以外に、ハード面でタイムを縮める要素はなさそうだ、と、そう思っていた。
 新品タイヤでもタイムが伸びなかったら・・・そう思うと、夜もおちおち寝ていられない。
 そういえば、最近眼鏡のレンズのキズが目立つようになり、目の前が白濁して見える。これが、集中力低下の原因かも、と思い、眼鏡を衝動買いしたのは昨日のことだ。あまりの衝動買いに、自分の顔にあうのかどうかすら、試さなかったくらいだ。
 いけない、かなり追い込まれている・・・。
 苦しいときの神頼み、溺れる者は藁をも掴む・・・こうなったらとことんいくしかない。
 そんなわけで、半信半疑で購入を予定しているのが、RS・LIBERTYのWiringMagic、いわゆる一つのアーシングだ。
 HPの記載をみると、まずは「実用新案登録出願済み」だ。これはお約束。そして、いかにも効果があるんです!という説明が、嫌が負うにもその気にさせる。怪しい物理学者がその効果を保証していればいうことないのだが、残念ながらそれはないようだ。気になるお値段は、価格は1台分で、2940円。今ならおまけにもう一つ・・・とテレビショッピングみないなことはさすがにないが、宣伝文句は同じノリだ。
 はたしてタイムアップが望めるものなのか・・・早速注文したいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2005

ダイエット

 徒然なるままにインターネットをしていたところ、とあるHPに体重とタイムの関係を述べた記載を見つけた。
 そこには、体重1kgに対して、0.1秒のタイム短縮が可能、と書いてある。もちろん、コースによってその短縮タイムは前後するのだろうが、なかなか説得力のある内容だった(というか、ボクが単純なだけとも言う)。単にパワーウェイトレシオの問題なのかも知れないが、こう具体的に書いてあると、なんか違う。その気になってしまえるのだ。
 とはいうものの、今シーズンのミニバイク活動を開始するにあたり、ダイエットをしていたつもりだったが、実は体重は増えてしまっている(T_T)なんてことだ。
 タイムアップには、集中力が必要だと思う。その集中力は、精神の鍛錬で養われ、精神が強固で有れば己をコントロールでき、食欲にうち勝つことも可能なわけで、逆を言えば、太る→軟弱精神→集中力なし、ということを意味してしまうわけだが(T_T)
 現在の体重が66.4kg。安全にダイエットしても、5kgは痩せられるはずだ。すなわち、0.5秒のタイムアップ!
 がんばらねば。
 あぁ、カルビーは何故「堅あげポテト」なる商品を開発したのか・・・これぞまさしく悪魔の発明だ・・・。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2005

コブラの復活

 雨・曇りの天気予報に反し、晴れの予感がする朝。
 となると、やるしかない。
 朝7時から、もう5~6年?冬眠しているSUZUKI GSX250S(COBRA)を整備することにした。
 なぜ今更コブラ復活?と思う人もいるかもしれない。
 本日、4/3は、スポーツランドやまなしでは、4スト250cc以下のカテゴリーで3時間耐久レースが催されているのである。今回は間に合わなかったが、次回の3時間耐久レースにコブラでエントリーするべく、復活することとなった次第である。
 4/13には、ブリジストンの走行会がつくばサーキットで行われる。すでにエントリーも済ませたので、走りたいのは山々だが、今からの準備では間に合いそうもない。あきらめるしかないのか・・・ただいま検討中。

 まず車体を水洗い。バイク・カバーを掛けて雨ざらしだったが、それほど汚れてはいなかった。が、フロント・フォークのオイルシールがダメになっており、左右ともお漏らしをしていることから、そのオイルがキャリパーにまで付着し、その上から砂埃が固着してしまっていた。ここは家庭用台所洗剤で軽く掃除をする。
 バイクを冬眠させる際に、フォーク・インナーパイプにはシリコングリスをべったり塗っていたため、錆などは発生していない。リアサスはなにもしていないのでちょっと心配だが、錆の有無に関係なく、シールが硬化していることはありえるので、ネチネチ眺めて心配の種は増やさないことにした。・・・ところが、キャリパーのピストンに錆が・・・(T_T)
 6POTキャリパーになんかするんじゃなかった。費用が1.5倍じゃん(T_T)引きずったり、オイルシールがダメにならなきゃいいことにしよう(^^;;
 一年前にエンジンを掛けようとジャンピングして試した時には、エンジンがかかる様子は全くなかったのだが、ガソリンはハイオクを使用しているため、キャブの汚れはあまり気にしなくてもいいという話。ただ、古いガソリンではエンジンが掛からないらしいので、ドレンからフロート・チャンバーのガソリンを抜いてみることにした。
 が、ドレン・ボルトを緩めてもガソリンが流れ出る様子無し。できれば、これだけでエンジンを掛けたかったが、断念し、さらに作業を続けることにした。
 シートカウルをハズし、タンクをハズし、エアクリも外す。
 ただ、キャブはハズしたくない。っていうか、ボクにはできないし、したくない。
 ってことで、再度ドレン・ボルトを緩めてみる・・・でてこない・・・。
 え~い、ままよ!
 と思い直し、ドレン・ボルトをハズしてみると、ガソリンが錆といっしょにドバドバ流れ出てきた。
 ドレン・ボルトも錆で詰まっている。しかし、錆がでたのははじめだけで、あとからはきれいなガソリンが流れてでてくる。4つとも同様だ。ドレンからガソリンを抜いたことがずいぶんないこと、そして、ガソリンフィルターには錆が溜まっていないことから、経年で溜まり続けたものだろうと判断し、錆を見たことは忘れることにした(^^;;
 さて、ココまで来たらついでにプラグ交換もしなくては、と、さらに作業続行。
 一番右のプラグは雨が入りやすいのか、パーツクリーナーとエアブローで何度もきれいにしてからプラグをハズしたのだが、プラグの根本は錆々。これではプラグを入れるときに、シリンダー内に巨大なゴミが入ってしまいそうだが、プラグをハズした以上、前に進むしかない。プラグそのものもとても点火できそうにない有様だし、やらざるを得ないことなんだ、と自分に言い聞かせつつ、これまた記憶から削除して作業続行。4気筒とも完了させる。
やはり、右側がそんな傾向で、左側はまったく問題なかった。
 念のため、タンク内のガソリンも抜いて、入れ直し。タンク内からは錆はでてこなかったし、見えるところにもわずかに錆があるかどうかといったところ。きっとたいしたことないに違いない。これ以上キャブの錆のことは心配しないことにした・・・と、確認しているのが心配している証拠なんだけど。
 これでエンジンがかからなければ、ボクに打つ手なし。バイク屋さんに入院決定となる。
 ドキドキしながらジャンピング、セルを回して見たところ、あっけなくエンジン始動。
 ほっとした。
 白煙がやや気になるが、バイク屋さんに電話して聞いた見たところ、しばらく乗るか長時間のアイドリングをしなければ判断できないとのことで、これは後日の判断にすることにした。

 本日は以上。

 すでに注文済みのパーツは、
   タイヤ前後
   シールチェーン
   フォークOH用部品

 フロント・ブレーキに頭を悩ませるが、今すぐ修理するだけの予算はないので、つくばサーキットの走行会はあきらめるしかなさそうだ。
 4/13はすでに有給休暇の申請はしているので、ビーチサイドグランプリでミニバイクの練習でもしようかな。しかし、それでけーいち氏のタイムを上回れないと、それはそれできついな・・・悩む(T_T)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 02, 2005

ビーチサイドグランプリ

エンジン実働総時間約18:28(本日実働時間約1.25)
エンジン最高回転数11640rpm
本日のベストタイム 32秒266
自己ベストタイム 32秒266
ビーチサイドグランプリ 走行11回目

 本日より、文章の書き方を変えることにする(自分ではそうしたつもり)(^^;;
 理由、なんか自分らしくないため。

 ミニバイクにヘボいボクの思考は、乗り方を変えて速くなる、という思考よりも、ハードを何とかすればタイムも上がるだろう、という安直な方向に向きやすい。マシンの仕様を見ていただけるとわかるように、まさにそんな感じを具現化したマシンと言える。
 今回の走行にあたっては、先日セッティングを変えた車高に加え、プラグをNGKのBR9EIX(いわゆるひとつのイリジウムプラグ)に交換しているし、朝、充電コイルもハズした。これでタイムが伸びないわけがない・・・と思いこめる単純さがボクらしさ。
 車高を変えて、乗りやすくなった気がした・・・あくまで気がしただけだが、精神的にはとてもよい。
 ギアの渋さも緩和され、アクセル全開のままクラッチ操作によるシフト・アップもうまく行くようになってきた。L字コーナー手前でシフト・アップがいいのか、L字コーナー後にシフト・アップがいいのか、ここはまだわかっていない。
 充電コイルをハズした効果か、プラグの効果か、エンジンの最高回転数もわずかながら伸びている。
 とてもよい傾向だ。

 ただ、思った以上にタイムは伸びなかった。
 本日のクラス分けは、大きなバイク・小さなバイクだったのだが、なかなかクリア・ラップに恵まれず、ダラダラ走り続けた感じだ。かろうじてベストタイムは更新できたが、反復することもままならず、練習になっていないような気がする。
 ついに、ライバルのけーいち氏にベストタイムで負かされてしまったし、平日の特訓を検討せざるをえない。
 タイヤを新品に変えて、それでもタイムアップを果たせない場合は、壁にぶち当たる可能性が高そうだ。
 今から・・・怖い(T_T)遅くてもいいーの!けーいち氏に負けるのがヤなの~(T_T)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本日の仕様およびセッティングデータ

車体     HRC NSR-mini' 04モデル秋ロット

セッティングデータ
      キャブレータ:PF70M
             MJ       :#105
             SJ       :#40
             AS       :1-1/2
             JN       :J65C
             NC       :1段目

      オイル   :WAKO'S 2CR
             混合比     :50:1

      ガソリン  :JOMO
             種別      :シエットGP1+
             添加剤     :GRP-TE 4%

      プラグ   ::NGK BR9EIX

    フロントサス:ノーマル
             スプリングレート:0.5
             スプリングの識別:1段バネ
             オイル     :SHOWA SS8N
             オイルレベル  :107(122)
             突き出し    :4mm
             プリロード   :14.75mm

      リアサス  :トガシエンジニアリング
             ショック長   ::215.0mm
             スプリング   :自由長90L
             バネレート   :17.0kg/mm
             セット長    :81.5mm
             イニシャル   :8.5mm
             コンプレッション:-16ノッチ
             リバウンド   :-20ノッチ

      ポジション :NSRmini用可変ポジションプレート
             ステップ位置  :22mm UP/15mm BACK

      吸気系   :NSR50純正
             ターボフィルター

      排気系   :ノーマル

      点火系   :ノーマル

      二次減速比 :サンスター
             Drive      :14
             Driven      :45

      タイヤ   :ダンロップ TT91GP
             空気圧     :Fr 1.5
                       Rr 1.6

      チェーン  :RKエキセル GP520MS
              リンク     :110

     ブレーキパッド         :Fr ノーマル
                       Rr ノーマル
      その他
            CR80用クラッチスプリング2本
            ミッションオイル WAKO'S 4CR 5w-40
            ブレーキフリュード WAKO'S SP-R


外装
      Jha RCVタイプカウルセットfor NSR mini
      Y2S タンクカバー
      モトガーデン リアフェンダーショートタイプ
      G☆WORKS アッパーカウルクイックリリース
      G☆WORKS アンダーカウルクイックリリース
      NSR50用軽量スクリーン ノーマルタイプ

塗装  
      カーライフ レッドパール/グレーパール

足回り
      RH松島 硬質ブラックアルマイト加工トップブリッヂ
      RH松島 フロントプリロードアジャスター
      ケン・テック NSR50・80・Mini用シールレスカラー
      G☆WORKS アクスルシャフトプロテクター
      トガシエンジニアリング リアサスペンション

ステップ
      POSH アジャスタブルシフトペダル
      NSRmini用可変ポジションプレート
      G☆WORKS アルミ削りだしショートステップ(固定式)
      G☆WORKS カーボンスイングアームガード

ブレーキ
      グッドリッジ ビルドアライン ステンタイプ
      グッドリッジ エアフリーバンジョー
      NPF キャリパーガード

エアクリーナー
      ホンダ NSR50純正
      デイトナ ターボフィルター

スロットル
      ホンダ CR80用純正
      デイトナ ハイスロキット用スロットルケーブル

電装
      エフ・アンド・オー・システムズ LAP SHOT
      OPPAMA パルス・エンジン・タコメーター PET-2000DX
       スペシャルパーツ武川 コンパクトLCDサーモメーター
      AMB マイポンダーTranX260

その他パーツ
      GARAGEaZ NSR50 MINI専用 メーターパネル
      G☆WORKS カーボンサイレンサーガード
      ルナチタニウム・カッティング工房ステッカー

他加工
      サイドスタンドフレームカット
      シートレール後端部カット
      :充電コイル取り外し

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »