« ビーチサイドグランプリ | Main | 本日のセッティングデータ »

April 22, 2005

タイヤ交換

 休日出勤の代休として休暇のため、タイヤ交換をすることにした。
 現在のタイヤは、02NSR-miniのOEMタイヤで、ダンロップのTT91GPを履いている。もちろんサイズも標準だ。
 ミニバイクをはじめたのが去年で、このタイヤしか経験がないので、他のタイヤと比較することはできないが、何ら問題を感じることがないので、いいタイヤなのだと思う。しかし、走行時間20時間を超え見た目にもすり減ってきているし、体感的にも滑ったと感じる機会が増えてきたような気がするので、新タイヤを導入することにした。
 今度のタイヤにはブリジストンのBT-601SSを選択した。特に理由はなく、ダンロップはすでに経験済みだからに過ぎない。コンパウンドは、フロントにはYCX(ソフト)、リアにはYCYとした。これはけーいちさんのアドバイスによる。
 ホイールは予備のものを使用した。TT91GP付きのホイールは、タイヤソフナー購入後に、タイヤソフナーの効果を試すために温存だ!(^^;;セコ~
 予備ホイールは、数年間雨ざらしにされていたマシンからの部品取りのため、ベアリングチェックをすると、すでに終わっているという判断。よって、前後ホイールのベアリング交換も行った。
 ベアリングの取り外しは、ホンダ純正のSSTを使用した。はじめて使用した工具だが、問題なく簡単にベアリングを取り外すことが出来た。取り付けもホンダ純正のSSTを使用。専用工具だけあって、悩むことはないが、ディスタンスカラーとの兼ね合いになかなか熟練を要する雰囲気だ。道具だけではダメ、経験も必要する、そんないい例だと思う。それでも、なんとかベアリングを交換し、いざタイヤ交換!
 ・・・ここで普通はタイヤレバーを使って四苦八苦、というパターンなのだろうが、ボクの場合は行きつけのバイク屋さんのタイヤチェンジャーを借りて作業することにした。頭の中では、テキパキ簡単に済ませることを考えていたのだが、見るのとやるのとでは大違い。やはりここにも熟練された技というものが存在した。いままで何度もタイヤ交換の作業を見学しているが、実際に自分でやらなければわからないことが多いのだと、改めて思い知らされた感じだ。
 タイヤの取り外しは問題なく、取り付けも1本目のタイヤはバイク屋さんのヘルプもあり、難なく終えたが、すべて一人で作業した2本目に問題発生。詳しくは割愛するが、考えればわかる簡単な事柄に思い至らず、取り付け時にタイヤのビート部に亀裂が・・・(T_T)
 空気漏れの発生が懸念されるが、応急処置としてビートシーラーなるものを塗布してもらい取り付け完了。一応、現時点で空気は漏れてないようだが、実際の走行で問題ないか、ちょっと心配だ(T_T)

 さて、明日も走行予定。このタイヤでベストラップが更新できるといいのだが・・・。
 

|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference タイヤ交換:

Comments

Post a comment