« 本日のセッティングデータ | Main | CDI発見! »

April 09, 2005

ビーチサイドグランプリ

エンジン実働総時間約19:49(本日実働時間約1.21)
エンジン最高回転数12720rpm
本日のベストタイム 31秒965
自己ベストタイム 31秒965
ビーチサイドグランプリ 走行12回目
本日の体重 65.0kg

 予定として、走行する日は土曜日とほぼ決まっている。
 何故かというと、翌日日曜日は、走行後の疲労のため、家でマッタリ身体を休めたいからだ。
 そのため、日曜日に整備もなかなかできないので、ボクは土曜日の走行前に整備をすることにしている。
 本日のパドック(駐車場(^^;;)入りは、7時45分。当然、ボクが一番乗りだ。
 まず、フロントブレーキの整備を行う。通常はワコーズのBC-9を吹きかけて完了としているが、本日はパッドピンをはずし、パッドを取った後、キャリパーピストンの洗浄をし、シリコングリスでグリスアップ。ついでに、パッド裏面に鳴き止め用のカッパーグリスを塗布した。特に動きが悪いわけではないが、1コーナー侵入時、要するにビーチサイドグランプリでもっともハード・ブレーキングを行うここで、違和感無くブレーキング出来るようにするためだ。
 ついで、マイポンダー取り付けステーの取り付けを行った。前々々回は、メーターステーに取り付けを行ったが、ビーチサイドグランプリの藤井さんからその位置は転倒で壊れやすいとのアドバイスをもらい、前々回、前回はシートカウル内側のシートレールに取り付けを行ったが、シートカウルアンダーカバーに干渉するのがどうにも気に入らず、先週土曜日ビーチサイド帰りに立ち寄ったユニディで、1.0mm厚のアルミ板を買い、若干の穴開け加工を行い自作のステーを用意していたのだ。
 取り付け位置はタンク手前下、エアクリーナー(NSR-miniだが、後付けしている)の後部とし、1080586
エアクリ固定用のボルトを利用し、車体に固定している。タンクの下がえぐれるような形状のため、どこにも干渉せずに取り付けできる位置なのだ。転倒時にもダメージはないと思われる。強いて欠点をあげるとするなら、簡単に脱着ができない、ということになるが、タンクの取り外しはほぼ毎回につき、さほど問題はない。我ながらグッドアイディア!

 本日の走行ではアクシデントが生じた。ユースケさんが先導してくれたため一生懸命そのあとをついて行こうとしていたときのことである。とあるバイクが道を譲ってくれてユースケさんが難なくパス。ちょうどエロ本コーナーだったのだが、ボクもパスしようとインから入ったところ、なぜかラインがクロスしそうになり右側に握りゴケ(T_T)
 悲劇が起こったのがその次の瞬間だ。
 転倒したボクに、後続車が・・・(T_T)
 人生はじめてバイクに轢かれた瞬間だ。背中あたりに衝撃を感じたと思った瞬間、息が出来なくなり、「あ、あ、あ、あ、」と千と千尋の神隠しにでてきた「カオナシ」状態でコース外側の土手にドテっと倒れ込んで、「ボクはもうダメなのかも・・・」と中井で指を解放骨折したことが強烈に蘇り、ついでボクの人生ダイジェストが走馬燈のように・・・。
 依然「あ、あ、あ、あ、」とカオナシをやっているところに、れいさんが助けに現れてくれました(T_T)
 みっともないところをお見せしました(T_T)しかし、ヘルメットを脱がしていただいて、ようやくまともに息ができるようになりました。本当にありがとうございましたm<_ _>m命の恩人です

 さて、いままでのボクだったら、ここで本日の走行終了となるはずだ。間違いない。
 しかし、皆様から、ココでやめたら嫌なイメージ残るよ、とアドバイスされ、再びコースインの覚悟を決める。
 ただ、上半身が猛烈に痛いのは事実なので、とりあえず、マシンのダメージをチェックしながら様子を見ることにした。マシンのダメージは、スクリーンが割れた程度。よく見ると、シートカウルに割れもあるし、フロントフェンダーも取り付け部が2箇所破損していたが、幸い大したことはなさそうだ。フロントフェンダーの位置を直すために、ついでにフロント回りを組み直ししてみた。アクスルシャフトの抜けが若干悪かったことから、多少ねじれていたのかも知れない。インナーチューブ大丈夫そうだが・・・ま、曲がっていないことにしよう。組み付けの際に、突き出しを1mm変更。そして、河辺さんのアドバイスから、フロントのイニシャルを最弱に変更してみた。
 突き出しとイニシャルを変えたので、突き出し変更の効果は不明だが、イニシャルの変更は体感できた。コーナー進入時にススッとマシンが寝る印象だ。しかし、L字コーナーの立ち上がりではややハラむようにもなった。コースアウトするほどでもないので、しばらくそのまま走ってみることにした。
 ユースケさんがボクの後ろを走ったので、アドバイスを求めたところ、L字→最終コーナーはマシン自体が遅いことを別にすると、まぁまぁとのこと。逆に指摘されたのが、1コーナー侵入時のブレーキが早すぎること、そして、1ヘアがいまいちなことだった。
 ボクの脳みそはシングルタスクなので、あれこれ同時に処理することはできない。故に、次の走行では1コーナー進入にフォーカスすることにした。ここではシフトを2段落とすのだが、これが失敗しやすく、難しい。うまく行ったと思える周回はないに等しい。それでも、ユースケさんが、また先導してくれたので、がんばってあとを追ったところ、ベストタイム更新!けーいちさんのタイムを抜いて、しかも31秒台突入!
 転倒し、バイクに轢かれるという悲惨な一日だったが、最後はベストタイム更新で充実した一日だった。

 自己ベスト更新とはいえ、周囲の人と比べるとまだまだなのは明らかであり、今後も走り込みを要するが、少し気がついたことがある。
 L字コーナー手前で5速までシフトアップすべきか、L字コーナーは4速で抜け最終前で5速にシフトアップすべきか。5速までシフトアップした場合は、パワーバンドに入るのがやや遅れるようだ。4速で抜ける場合は、L字コーナー手前で吹けきってしまうが、最終コーナー手前で早く5速のパワーバンドに入る感じだ。どちらがより速いのか、それがどうもわからない。しかし、いずれにしても最終コーナーから1コーナーまでに5速全開になるわけではない。そこで、2次減速比をさらにショート化し、L字コーナーを5速で抜けていく方がパワーを活かせるのではないか、そう考えているのだが、本日の感触をものにする前にセッティングを変えて、自分の感覚が狂ってしまうのではないかと悩んでいる。もし、想像通りうまく行けば、さらなるタイムアップにも繋がるかも知れない・・・う~ん、どうだろう。

 本日の最高回転数は、いままでの数値からすると異常だ。これはおそらく、1コーナー進入でシフトミスをしてしまい、シフトダウンでレブさせたことが原因だと思われる。実際の最高は、11760rpmくらいだと思われるが、上記したようにL字コーナーを4速でクリアしようとすると吹けきってしまうので、それで前回よりも回転数が高まっているものと思われる。当然、ボク自身のアベレージが上がっていることにもよるが、いずれにしても、今回の数値は参考にならないことを明記しておく。

 他、おまけ。1080589
 今日のダメージは軽微だが、マシンがいつ大破するとも限らない。
 マシンが無くなってしまう前に、現在のRCV50モビル・アーマー仕様の画像を公開しておきたい。


|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ビーチサイドグランプリ:

Comments

Post a comment