« ビーチサイドグランプリ走行 | Main | BT-601SS注文 »

April 24, 2005

コブラの整備

 ゴールデンウィークまであと少し。何とかコブラでどこかに走りに行きたいと思い、焦るように整備をした。
 毎度の事ながら、すぐに飽きるのだが(^^;;
 まず、バッテリー交換。シングルシートカバーを外し、シートを外し、シートカウルを外し、タンクを外し、さらにエアフィルターを取らないと、バッテリーの交換が出来ない。もうこれだけで重整備をした気分である。
 先日、エンジン始動までは確認にているので、安心してセルを回すと、スムーズにエンジンは始動した。
 マフラーからの煙が気になるが、先日はバッテリーが無かったので、走行まではできなかった。
 そこで、今日は試運転もしてみた。
 久々に跨ったコブラ・・・こんなポジションだったかな?と、違和感ありあり。ビーチサイドグランプリをこんなポジションで走るイメージが出来ない。ま、慣れればなんとかなるだろう(^^;;
 走ったのは100m弱だが、煙もでなくなり、ホッと一安心。アイドリングも安定しはじめた。
 バッテリー交換だけでも飽きてしまったが、天気もいいし、ついでにキャリパーの具合も見てみることにした。
 やはり、ピストンに錆が・・・。真鍮ブラシでこするぐらいでは落ちないし、アストロプロダクツで購入したピストン外しは、キャリパー内側のスペースが狭く、入らないため使用ができない。1000番のペーパーやすりでがんばってみるが、陰になった部分の錆は到底落とせそうもない。これでピストン交換決定(T_T)
 交換すると決めたので、気軽にピストンを押し戻した見た。そして、ブレーキレバーを握ってみる。動くピストンはダメージの少なかった2つのみ(T_T)6ポットキャリパーのはずが、2ポットに。エンジンが元気だったので、気をよくしていたが、これでちょっと憂鬱になった。予算が・・・(T_T)
 今日はどうしたことか、とても元気なので、RG200ΓのCDIの交換をしてみた。ヤフオクで買った不動車なのだが、前オーナーはキャブのOH、腰上OHをしてもエンジンが掛けられなかったとのこと。なら原因はCDIと、ヤフオクで中古のCDIを購入したのだが・・・結果はエンジン掛からず。腐ったガソリンのにおいも漂ってくるので、タンク内をチェックするが、ガソリンが腐った様子はない。が、においはする。バッテリージャンピングだけでエンジンが掛かることを期待したが、さすがにそんなに甘くは無かった(T_T)時間もないし、冬のメニューになりそうだ。
 と、ここで作業を終え、いつものバイク屋さんに遊びにいったところ、ウルフ125を貰った(^^;;
 RG200Γにウルフ125、我が家前のブルーシートがまた拡大してしまった。。。誰かボクのかわりに整備してちょーだい。

|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コブラの整備:

Comments

Post a comment