« April 2005 | Main | June 2005 »

May 29, 2005

ビーチサイドグランプリ:モトカップ9時間耐久 R2参加

 今日はビーチサイドグランプリで行われる「モトカップ9時間耐久 R2」というレースに、「HollowPoint」として参加しました。個人的にははじめてはありませんが、当チームでは、結成以来初のレース参加ということになります。そして、設立当初の目標は何かしらレースにでる、としていたので、とりあえず目標達成です。
 本当はここで今日の出来事をちまちま記載したいところなのですが、あまりの疲労にそれどころではありません・・・ということで、報告は後日に。
今日はごめんさい、ばたんキュ~です(^^;;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2005

ビーチサイドグランプリ走行

 ボクの予定では、サーキット走行は通常土曜日のみとし、日曜日は翌日のお仕事に備えてまったりと家で過ごすことにしています。日曜日まで走ると、とても疲れが取れないからです。
 しかし、昨日は休日出勤で走ることができず、さらに来週29日はビーチサイドグランプリで開催される「モトカップ9時間耐久 R2」にチーム「HollowPoint」で出場が決定しているため、家でまったり、とは言っていられません。
 今日は出場するマシンへの慣熟練習ということで、ビーチサイドグランプリに出かけました。
 参戦するマシンは、ユースケさんのマシンです(提供ありがとうございます!)。そのマシンで、レースに備えて練習です。
 ってことで、ボクのマシンは今日はお休みです。
 さて、ユースケさんの気配りで、参加メンバーになるべく合う仕様を、というころであれこれ調整をいただいてます。昨日も、練習に参加できたメンバーから情報を収集し、フロント足回りのセッティングに苦慮しているような話しでした。
 ボクは違いのわからない男なので、何に乗っても同じなのですが、朝一で慣熟練習兼試乗となりました。
 驚くべきことにユースケさんのマシンはよく曲がります。ボクのNSR-miniとほとんど同じはずなのに、マシンがパタッと寝るのです。同じマシンでここまで違うとは・・・。
 ただ、足回りがどうも落ち着かない不安定な感じなので、10周してからピットインし、その点を訴えてみました。
 ボクにはよくわかりませんが、ユースケさんはなにやらスプリングカラーを変更しているようでした。
 サクッと交換が終わり、再度コースイン。驚くほど曲がる、そしてよく寝るマシンは、ボクがイメージしていたコーナリングを実現させてくれるかのようです。すっかり調子に乗ったボクは、いい感じでエロ本コーナーに進入しました。パタ!っと自分のマシンではできない寝かし込みを行い、「おぉ!すげぇ!曲がる!」と思ったのもつかの間、ボクはそのまま路面に寝ていたのでした(^^;;よく寝るマシンは、寝過ぎるため、そのまま路面に転がってしまったようです(^^;;簡単なスリップダウンでマシンにも身体にもダメージがないため、そのまま走行しようとしたところ、一回目の走行時間が終了となりました。
 2回目の走行は軽く12周ほどして、参加メンバーのたかこさんにマシンをバトンタッチしてしまいましたが、ボクのタイムは32秒102と、慣れない他人のマシンにしては、まぁまぁと思えるタイムでした。
 他に特に問題点はありませんでしたが、シフトペダルとステップとの間隔が狭く、シフトができないため、ステップポジションを後ろに変更してもらい、間隔を広げてもらいました。ユースケさんは、待ち時間の間に今度はフォークスプリングを変えたとのことで、ボクは3度目の走行に望みました。
他のメンバーも練習しなくてはならないので、ボクばかりがマシンを占有することができません。変更されたフォークのセッティングを試すために9周ほど走っただけなのですが、タイムは31秒202が出ました。ボクの自分自身のベストタイムを上回った結果です。さすが、チャンバー付きマシン!チャウチャウのチャンバーが入っているのですが(ボクのマシンはノーマルマフラーです(^^;;)、その加速、音はとてもミニバイクとは思えないフィーリングです。
ボクも自分自身のマシンにチャンバーを付ければまだまだベストタイム更新が可能であることを示すいいデータが取れました。ユースケさんのマシンにもっと慣れれば、もしかしたらもっと速く走れるカモ?
 残念ながら単独である程度のタイムが出せても、ボクには前にいる他バイクを抜く技術がありません。
 さて、来週の耐久レース、いったいどうなることでしょう。

 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 18, 2005

コブラ(GSX250S)整備

 5月21日が休日出勤になる関係で、今日は代休を取得しました。
 ビーチサイドグランプリにコソ練行こうかなぁ、と思いましたが、コブラの整備をすることにしました。7月に耐久レース出場を考えているのですが、ここでのんびりしていたのでは、あとでなにが起こるかわかりません。なんと言っても、4年も放置したバイクなのですから。
 行きつけのお店(寒川のライディングサービスBON)は、10時からの営業ですが、9時から開店準備をしているので、ちょっと早めの10時前にお店に到着しました。
 さて整備!と思ったところで、BONさんから請求書のフォーマットをエクセルで作るように依頼があったので、約45分、お店のパソコンと格闘し、無事完成。
 早速取りかかります。
 本日のメニューはいくつか用意してありますが、自分の手でどこまでできるか不明のため、とりあえず16時までを目安に作業を開始しました。
 まずはタイヤ交換です。先の土曜日、タイヤソフナーで柔らかくした4年前のBT-96を試しましたが、とても走行できる状態ではありませんでしたので、BT-090に交換です。お店のタイヤチェンジャーを利用したタイヤ交換はすでNSR-miniで2セット経験済みです。いくらか自信を持って作業に望みましたが、早速失敗。エア圧を利用したビード落としがホイールに接触。ガリガリガリ(T_T)なんてこったい、オリーブ! 自慢の3コートパール塗装がぁぁぁ。
 失敗した理由。miniのタイヤはリムの幅があるのでそれほどシビアではありませんでしたが、コブラのタイヤのリム幅は狭く、ビード落とし作動時に手元が若干狂っただけでガリガリ・・・。道具はあるから使える、ってものじゃないんですね。経験が伴わなければならないんですね。しかも、ボクの学習能力の無さから、前後2本ともガリガリガリ・・・。いい勉強させてもらいましたわ、そりゃホンマ実際の話がぁ(T_T)
 しかし、コブラでよかったです。これがアプリリアRS250やNSR250R/SPだったりしたら、今頃旅に出てしまっていたでしょう。RS250やNSR250Rのタイヤ交換は、絶対自分でやるのはやめておこうと思ったのでした(^^;;
 失敗もありましたが、なんとか交換終了。バランス取りは手動なので、これまた経験を要する作業なのですが、いっぱい時間を掛けてなんとか完了。最後にリアのレーシングスタンドを外すときに、コブラを右に転かしてしまうというオマケ付きでした(T_T)言い訳→お店のレーシングスタンドに慣れていなかったことにくわえ、外すときローラーがお店の入り口に敷いてある足元マットにひっかかりバランスを崩しました。幸いマシンへのダメージはありませんでしたが、また一つ失敗をしたことで、大きく落ち込んだのでした。
 文章で書くとあっという間の作業のように感じられるかもしれませんが、おぼつかない手つきなものですので、タイヤ交換が終わったのは昼食をとってさらに1時間も経過したころでした。
 タイヤ交換だけで終わってしまうわけには行かないので、さらに作業続行。
 デイトナニッシンの6POTキャリパーのオーバーホールに掛かります。
 時間は掛かりましたが、これは失敗もなく、簡単でした。キャリパーを分割、ピストン、シールを取り外し、洗浄。思ったほど汚れていなかったので、新品のシールとピストンを組み付け完了!エアフリーバンジョーを付けているので、マスター側のエア抜きにもさほど苦戦することなく、無事終わりました。
 他には、燃料ホースの交換、キャブのドレンボルトの交換、エアクリーナー交換などを考えていましたが、16時をまわってしまったので、本日はここまで。
 疲れました(^^;;バイク屋さんにやってもらえばあっという間なんでしょうけど。
 耐久レースのレギュレーションに必要なパーツとしてチェーンガードを注文し、帰宅しました。

 コブラのリアサス、これがちょっと不安要素です。抜けなければいいのですが。
 そういえば、アプリリアRS250用にウィルバースのリアサスペンション欲しいなぁ。
 誰か入れている人、いないかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2005

トランポ紹介 新型レジアスエース その2

 先に紹介したとおり、ボクのトランスポーター、通称トランポは、新型ハイエース(200系ハイエース)と同車種(販売チャンネル違い)のレジアスエースです。グレードはスーパーGL(S-GL)。
 今回は前回とは違った写真を用意してみましたので紹介します。

☆オグショーアンダービューミラーカバー
通称ガッツミラーをハズし、その跡をカバーで覆ってしまおうというパーツです。
ガッツミラーが無くなることで、より精悍さが増すような気がしてお気に入りです。
オグショーのこのパーツは、ボディ同色で供給されます。多少の色違いは、現車あわせをしているわけではないので致し方ないところ。しかし、よほど神経質な人でなければ、気にならないでしょう。また、相模ゴムも真っ青というくらい(^^;;薄く成形されていますので、段差などが気になると言うこともありません。取り付けは、両面テープでお手軽ですし、強力に接着されます。ただ、仮止めをしてちゃんとリハーサルをして慎重に取り付けしないと、ミスすと剥がせません。注意して取り付けしましょう!
1090013

☆二台積み
NSR-miniと、コブラ(GSX250S)を積載したときの写真です。
ボクはセカンドシートを活かしたまま積載することにこだわりをもっていますので、セカンドシートはオグショーのスライドシートレールで前に移動させていますが折りたたみは考慮の外です。左側は、天馬のFitsケースにケミカルなどを入れて車内に常備していますが、その後ろにNSR-miniが問題なく入ります。また、右側にはコブラを積載。この前も書きましたが、車体は前輪をオグショーのタイヤストッパーで位置決めし、J-TRIPのローラーショートスタンドでリフトしています。これでも、バックドアは問題なく閉まります(ちょっとギリギリかな)。オグショーのタイヤストッパーは便利ですが、ボクの環境ではおよそ5cmほどスペースを無駄にしてしまいます。マシンの車体が大きくなると、この約5cmが致命的になる可能性があり、セカンドシートを折り畳まないことを前提にしている人などは、事前に検討を要すると思います。これは、今度個別にパーツ・インプレをお届けしようと思っています。マシンは2台ともオグショーのピラーフックを利用し、上から引っ張るように固定しています。そのため、サスペンションに優しく、かつ安定した固定が可能となっています。画像からはNSR-miniが斜めになっていますが、転倒するようなことはありません。ボクの積載技術?では、250ccクラスのマシンであっても1本のラダーレールで積載するのは不安なので、2本のラダーレールを使用し(自分の足場用(^^;;)、マシンの駆動を利用しゆっくりとマシンを積載します。もちろん、その場合はラダーレールが後方にずれないようタイダウンベルトなどを利用しラダーレールを固定していますが、そのため、2本のラダーレールを積載しています。画像では中央に立てて2本おいてありますこれもベルトで固定しているため、走行時に問題が生じることはありません。でも、NSR-miniと接触しそうなクリアランスがちょっと不安だったので、写真を撮ったあと、コブラの左下に2本並べておくように変更しました(^^;;これで安心。ラダーレールは、ファイブスター製湾曲ラダー(折りたたみタイプ)を使用しています。蛇足ですが、アプリリアRS250を我が家の台所に仕舞うときに、240cmのラダーでもチャンバーが干渉してしまうので、湾曲ラダーを使用することにより干渉を無くしています。ただ、湾曲ラダーと通常のラダーでは高さが違うため、通常ラダーを足場として利用することができません。故に、湾曲ラダーを2本利用しているわけです。ちょっと恥ずかしいですが、積載時の転倒がどうしても不安なので、やむを得ずの策です。
1090015

☆右スライドドア方向
NSR-miniを1台積みの時は工具箱は荷室に置いていますが、2台積みのときはセカンドシートに置かざるをえません。セカンドシートを折り畳まないこだわりは、セカンドシートに人を乗せることを想定しているためですが、工具箱を置くのでは意味がありません。わかってはいるのですが、事実上置く場所が他にありません(T_T)セカンドシートに3人乗せなければ大丈夫、というところで、自分の気持ちに折り合いをつけています。とはいえ、今は後ろに乗る人もいないのでNSR-miniの新品タイヤ付き予備ホイールが足元に転がっています(^^;;
1090016

☆左スライドドア方向
セカンドシート後ろに見えるのが天馬のFitsケースです。いろいろ種類がありますが、これは横幅が短めのタイプで、横幅35cm奥行き55cmです。高さはいくつか種類がありますので、何を入れたいのかを考慮しつつ選択肢しました。ここまで積み上げると、後方視界の妨げになりますが、それほど気になりません、というか、慣れました。引き出しが横Gで開かないように走行時は荷締めベルトで固定しています。整理・区別して小物が積載できるのでかなり便利です。レジアスエースを購入したら絶対にやりたかったことの一つになります。なお、天馬のFitsケースには横幅39cmの物もありますが、それは引き出しを開けた際スライドドアに干渉しますので横幅に注意したほうがいいと思います。ボクもはじめは行ったお店に横幅39cmのケースしかなく、普通に購入してしまいましたが、他のお店で横幅35cmのタイプを発見。すかさず購入しました。あぁ無駄遣い(T_T)くどいようですが、セカンドシートの位置はオグショーのスライドシートレールで移動させています。ノーマルでこのような積載はできないかもしれませんので、現車でご確認下さいね!
1090014

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お願い

 最近このブログもアクセス件数が増えてきたようです。
 敢えて書いていませんでしたが・・・ボクは、ミニバイク歴がまだ一年もない単なるド素人です。勝手なことをいろいろ書いていますが、暇つぶし程度に読んでいただき、あまり真剣になって読まないようにお願いします・・・ってそんな人はいないとは思うのですが(^^;;あ、もちろん意図的なウソを書いているというわけではありません。ド素人にありがちな誤解、思いこみが大いにあり得るだろう、ということです。そんなところも合わせて楽しんでいただけると幸いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2005

ビーチサイドグランプリ走行 NSR-mini & COBRA

 いよいよCOBRAのビーチサイドGPデビューです。
 天気予報では曇りの予想で、明け方から肌寒い温度でしたが、10時頃にはポカポカ陽気となり、絶好のコンディションとなりました。
 走行開始30分前にアクシデントが発生しました。暖気の為にエンジンを掛けようとしたところ、始動に失敗。1気筒カブらせてしまったのです。幸い、けーいちさんに手伝ってもらい、押しがけで始動、走行してカブりをとることができましたが、これだからコブラは油断なりません。4ストエンジンのくせに、かなりピーキーな性格で2ストのようにトルクに谷はあるは、プラグがカブるは、大変なバイクです。でも、その分おもしろいのですけど。
 さて、走行時間になり、コブラをコースに入れました。前述の通り、1気筒カブっているので、アクセルを開けすぎないよう、しかし、エンジン回転数が高回転域に入るよう、慎重にアクセル操作をします。と同時に、タイヤを暖めます。数周し、無事カブりが取れました。タイヤもそろそろ暖まる頃なので、バンク角を深く、速度も若干上げていきます。
 ん?
 エロ本コーナー立ち上がりとL字コーナー立ち上がりで後輪に違和感を感じました。
 す、すべってる?
 タイヤソフナーは効かないのか!いや、そんなことは考えたくありません。もう一回様子見です。先ほどより若干速度を上げてみたところ・・・ドドドドドドっと後輪がスライドするではありませんか!
 はい、さすがのタイヤソフナーも4年放置したタイヤには効果がないようです。
 改めてタイヤを確認してみたところ、間違いなく柔らかくなっています。しかし、グリップはしないのです。
 残念な結果に終わりました。打倒ユースケさんタイム、と思っていましたが結局36秒台止まり。
 とてもではありませんが、走れそうにありませんので、本日のコブラ(GSX250S/GJ73A)の走行はこれにて終了です。
 現在の走行距離 12296km
 本日の走行距離   20km
 本日のコブラ(写真のあと、NSR-mini編へと続く)
1090020


エンジン実働総時間約27:56(本日実働時間約0:49)
エンジン最高回転数11700rpm
本日のベストタイム 31秒583
自己ベストタイム 31秒404
ビーチサイドグランプリ 走行16回目
本日の体重 65.2kg

 コブラのタイヤがダメなことがわかった段階で、本日の走行はNSR-miniで行うことにしました。
 もちろん、そんな時の為に備えて、準備は万全です。
 ところが、どうも乗り気になりません。
 京葉スピードランドを走った感触のせいでしょうか、あるいは、久々に乗ったコブラの影響でしょうか。とにかく乗り気にならないのです。
 けーいちさんの走りを見ていて、ファイナルを変更してみては?とアドバイスしてみたところ、ファイナルを変更したけーいちさんはグングンと自己ベストを更新(転倒していましたけどププ)、それに引き替えボクは。。。
 ちょっと気合いを入れて走ってみましたが、今度はタイヤがズルズルすべり、やはり気分は乗らず、調子が出ませんでした。もしかしてもしかすると、朝食べたフライドチキン2本とサンドイッチとおむすび一つがボクの身体に微妙に作用したのかもしれません。っておもいっきり食べ過ぎですね(T_T)
 もうすぐボクのベストタイムをけーいちさんに更新されてしまう、ってところでしたが、けーいちさんも転倒の影響か、その後はタイムが伸びなかったようです。
 いろいろ課題はあるのですが、その課題もこなせませんでした。
 しばらく腕ではタイムがあげられそうにないので、エンジンのOHでもしてみようかなぁ~

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 13, 2005

EKチェーン EK 520SR-X(GP/GP)

 会社を17:00ジャストに出て、速攻で帰宅しました。
 そして、大急ぎでトランポ=新型レジアスエースにコブラ(GSX250S)を積み込みます。といっても、レジアスエースにコブラを積載するのははじめてです。NSR-miniを積載したままコブラを積載する自信はなかったので、一旦NSR-miniを降ろしてから積載しました。
 オグショータイヤストッパー+コブラ+J-TRIPのローラーショートスタンドで、荷室ぎりぎりって感じです。
 で、なにをするかというと、バイク屋さんでオイル・チェーン交換です。そのため、NSR-miniは積まずにバイク屋さんにゴー!
 コブラは登録してるのですが、自賠責が切れているので、公道走行は不可なのです。
 バイク屋さん(ライディングサービスBONっていいます)に着いたら、早速オイル交換をしてもらいます。もちろん、フィルターも交換します。コブラを積むのに夢中になり、オイル添加剤GRPを持ってくるのを忘れてしまったので、オイル添加剤は後日自分で入れるということで、オイルの量はその分減らして入れてもらいました。オイルの銘柄は、WAKO'Sの4CTです。4CRは経済的にとてもじゃありませんが、入れられません。
 ・・・ボクの家計簿で検索すると、コブラを最後に乗ったのが2001年6月ということが、給油記録からわかりました。ちょうど4年近く放置していたバイクなんですね。さすがにオイル交換は必須に思えました。
 さて、オイル交換に次いでチェーン交換です。
 チェーンはEKチェーンこと江沼チェーンのEK520SR-X(GP/GP)を選択しました。
 その理由、シールチェーンでゴールドでしかも安いから(^^;;
 いま所有しているアプリリアRS250もNSR250R/SPも、RKのTRUチェーンを選択していますが、耐久レース出場を前提にしているコブラにスプリントレース用のチェーンは選べません。TRUチェーンはフリクションロスが抑えられるので、お気に入りなのですが、ちょっと残念です。
 江沼チェーンは、世界ではじめてシールチェーンを開発したそうで、さらにチェーンプレートに穴が空いていて軽量化されていたり、自分でもチェーンのカシメ?ができるスクリュージョイントがあるなど、いろいろ面白そうです。それでいて定価が安いので購入してみたのですが、バイク屋さん曰く仕入れが高いそうで、RKを値引きした方がよかったんじゃないの?なんてことを言われ、ちょっと愕然。さらにさらに、チェーン本体をみて愕然。ご、ごつい。穴あきプレートで軽量化されているチェーンを想像していたのですが、ぶ厚いプレートに穴が空いている感じで、どうにも軽量化されているようには見えません。ある意味スクリュージョイントは面白みがありましたが、なんだかスキッとしない買い物になりました(^^;;・・・っていうか、値段を重視した結果、同じEKチェーンでも選らぶチェーン間違っちゃったって感じ~みたいな~(T_T)
 バイク屋さんの好意で、必要以上にスチーム洗車をしてもらい(あ、チェーン以外(^^;;)、4年の垢を落としてもらいました。そして、自宅に着いてから、NSR-miniを積載してみました。明日晴れれば、コブラとNSR-miniの2台を持ってビーチサイドグランプリに行く予定だからです。
 家に着いたのが21時をまわていたので、トランポに2台積んだ写真は明るい時間に撮って、後日アップしま~す。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2005

おしらせ

 今日はタイヤソフナー塗布3日目です・・・が、同じ事しか書けそうにないので、一言書いて他は割愛とさせていただきます。

「臭い!」

 (^^;;

 さて、おしらせです。
 当ブログは、ミニバイクチーム「HollowPonit」のHPのいちコンテンツです。
 当ブログの他に「けーいちの整備記録」「ユースケの整備記録」とがあります。
 まだまだ作りかけの域をでませんが、お暇な方は、ぜひ読んでいただけると幸いです。
 他、姉妹サイトとして「NORI'S HP」なんてものもあります。更新をサボってますが、ついでに宜しくお願いします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2005

Gripタイヤソフナー塗布2日目

 Gripタイヤソフナーの使用説明を読むと、数日にわけて5~9回塗布するように書いてあります。まじめなボクは、絶対なるグリップ力回復を祈願し、平日、会社帰りにも関わらず、作業の続きをするのでした。
 まだ走行したわけではありませんから、効果は不明ですが、コレ、効きそうです。埴輪が信楽焼になっちゃった、ってCMじゃありませんが、カチコチのプラスチックと貸していたタイヤがゴムらしさを取り戻しつつあります。ちょっとすごいかもしれません。
 ただ、2日続けて使用すると、こいつの欠点も明らかになります・・・っていうか、昨日から明らかです(^^;;
 その欠点とは、臭いです。
 めちゃめちゃくっちゃいです。いや、パッと臭っただけではそれほどの刺激臭とは思いませんが、臭いが残ります。家の前で作業していますが、周囲にタイヤソフナーの臭いが漂っています。昨日の作業を終え、使用したステンレスの小型バケツや刷毛は洗面所で洗ってそのままおいておいたのですが、我が家がタイヤソフナーの臭いで充満してます。あまりの臭さに、隣近所に「オ○ム真○教」と間違われて通報されるのではないかと、ビビってしまうほどです。そう、我が家は第?サティアン状態、まさにそんな感じです。
 タイヤソフナーの注意書きには、作業時はゴム手袋をするように薦める旨記載があります。ゴム手袋のグリップ力あげてどないするんかいな?なんて軽視して、まさか指紋が消える液体ではあるまいと、素手で作業すると、あとあと猛烈に後悔することになります。優秀なWAKO'Sのエリートで手を洗っても、臭いが取れません。
 いや、困りました。この臭いがやみつきになりそうです(ウソ

 本日2度目の塗布完了。
 あ、そうだ、ビーチサイドグランプリは右コーナーが多いから、右側にたっぷり塗っておこうかな?(^^;;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2005

コブラ(GSX250S)紹介

 いい天気です。ちょっとオヤジくさいですが、清々しい朝、まさにそんな感じです。
 そんな朝6時から、ボクは一体なにをやっているのでしょう?
 バイク整備です(^^;;老人なみの早起きで、することもなくついついバイクいじりをはじめてしまうのでした。
 今日のメニューはコブラ(GSX250S)に「Grip(グリップ)タイヤソフナー」を塗布することです。
 思えばコブラのタイヤは5~6年前に履いていたタイヤです。当時は、箱根は聖地・椿ラインを攻めていたものですが、愛車アプリリアRS250の復活に伴い、すっかり乗らなくなっていたのでした。すでに、新タイヤ・ブリジストンBT-090は前後届いていますが、先日ユースケさんが2年前のタイヤ(タイヤソフナー使用)+ホーネット250でビーチサイドグランプリを33秒376で走っているので、これに対抗するのに新品タイヤでは卑怯だと考え、敢えてまさに化石と化したタイヤでボクもビーチサイドGPでユースケさんに挑戦です。
 タイヤソフナーは、一日2~3回の塗布を数日に分けて行うような指示がありますので、今日やってもまたやらなくてはならないようです。ちょっと面倒ですね。
 まずホンダ純正レーシングスタンドでマシンを立てます。この状態でリアタイヤの塗布は可能です。
 コブラに合うフロントスタンドは持っていないので、フロントにはJ-TRIPのローラー付きレーシングスタンドを使用しました。さすがレーサーレプリカベースのマシンです。フロントアクスルにもちゃんと貫通穴があるのです。
 ローラー付きのレーシングスタンドは、マシンを移動させずにスタンド掛けができるので、リアに普通のレーシングスタンドを使っていても、難なくリフトアップ可能です。
 蛇足ですが、J-TRIPのレーシングスタンドを購入したときに、J-TRIP純正の貫通シャフトを購入してはいけません。この貫通シャフト、なにを考えたかマシンをリフトさせるとあっという間に曲がります。ボクの使用上の問題とは思えません。NSR250Rに使用してもぐんにゃり曲がりました。そこでオススメなのが、バトルファクトリー製の貫通シャフトです。値段も変わらず、こちらの方が曲がりません。みなさんには、バトルファクトリーをオススメします。
 あ、そもそもJ-TRIPのスタンドそのものの購入をオススメしません。購入時、フックを使ってNSR250Rをリフトしていたのですが、そのフックがどうもスイングアームに干渉するのです。おかしいなぁおかしいなぁと思っていたら、やはり製品に問題がありました。アタッチメント取り付け部の穴が斜めに開けられていたのです。ちょっとうまく説明できませんけど・・・当時スバル・サンバーにNSR250Rを積載するのに、荷室でもリフトできるレーシングスタンドの条件として、ショートタイプであること、ローラー付きであること、この2点を重視した結果、J-TRIPのローラー付きショートタイプに行き着いたわけですが、あれこれ疑問点が多く、個人的にはちょっとオススメできない次第です。
 あ、話題がそれてしまいました。
 タイヤソフナーですが、ユースケさんに小分けしていただいたものを使用してます。
 いろんなHPにかかれていますが、やや臭いの気になる緑の液体です。予想に反して、ドロドロとはしておらず、非常にさらさらとしています。100円ショップで購入したステンレス製の小型バケツにタイヤソフナーを準備し、普通の刷毛で塗布しました。これで十分塗布できます。液体の伸びもよく、塗りやすいといえます。
 ・・・このブログを書きながら現在2度目の塗布完了。
 結果の報告は後日となります。あ、タイヤソフナーは新品タイヤにも効果があるという話です。
 興味のある方は是非試してみてください。ビーチなお知り合い・ゆきたさんも「効果あり」とお認めです(^^)

 さて、GSX250Sで検索をして、このブログにたどり着いた方もいらっしゃるかも知れません。
 当然「刀」が出来るだろう事を期待しての事だと思います。
 しかし、このコブラもGSX250Sなのです。
 当時、2スト250レプリカのVガンマのノンカウルヴァージョンとして「WOLF」があったように、このバイクは4スト250レプリカGSX-R250Rのノンカウルヴァージョンとなります。
 発売は1989年9月21日、定価は53万9千円でした。
 ボクのコブラには、若干の改良が加えてあります。ボクのもう一つのHPにも紹介してありますが・・・。
 まずハンドルはハリケーンです。ノーマルのトップブリッジ上の取り付け位置をトップブリッジ下に変更してあります。やっぱセパハンはトップブリッジ下でしょう!!
 GSX-R250RRの純正シングルシートカバーをプロにボディ同色にペイントしてもらい装着、前後ホイールもレッドの3コートパールで塗ってもらっています。さらに、リアは純正の18インチから17インチに変更、ボクの所有する当時のメインバイク(いまもありますけど(^^;;)アプリリアRS250のタイヤを流用できるようにしてあります。ちなみにホイールはVJ22A(Vガンマ)のものを使用しています。
 イグナイターはGSX-R250RRのものに変更し、フロントのブレーキホースは定番のメッシュホースに変更、キャリパーもデイトナニッシンの6ポットキャリパーをワンオフのブルーアルマイト加工(人呼んでなんちゃってレーシングキャリパー)して取り付けています。また、キャリパーマウントボルトはVJ23A(Vガンマ)の純正ボルトを使用。このボルト、なにげに貫通穴加工されてます(^^;;
 あと、メインフレームを少々バフ掛け。こんなところでしょうか。一時期はレスポンスを重視し、ジェネレーターを外しバッテリーのみで駆動する人型決戦兵器風仕様、とか、GSX-R250RRのキャブを搭載したこともありました。。。
 GSX-R250RRのクロスミッションなんかも持っていますが、エンジンを降ろしてクランクケースを割らなければ交換できないとのことで、費用面でクロスミッションは採用できませんでした。
 こんな感じでしょうか。
 現車がイメージできない人もいるかもなので、画像を添付します。

☆コブラ!
1090011

☆J-TRIPレーシングスタンドでフロントリフトアップ!
1090012


| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 07, 2005

タイヤ交換(BT-601SS)

 天気予報が当たり、雨が降っていましたので、今日の走行は断念です。
 空いた時間に、と思い、バイク屋さんに行ってタイヤ交換をしました。
 先日交換したばかりのタイヤは現在使用中ですので、スペアとなったホイールに、先日注文したBT-601SSを組み付ける作業です。
 白糸や京葉では、現地でタイヤ交換をしている風景が当たり前のようでしたが、ボクにはとても真似ができそうにありません。そこで、事前に新品タイヤをホイールに組み付け、用意しておこうという次第です。
 バイク屋さんのタイヤチェンジャーを使用するのも2度目ということで、トラブルもなく、サクサクっと作業完了。
 TT91GPはタイヤソフナーで再生?利用と思っていましたが、新品タイヤ投入でかりりタイムが伸びたので、再生タイヤでタイムが出ないと寂しいと思い、再生使用は中止することにしました。はい、ヤフオク送り!
 タイヤチェンジャーを使用すればホイールにキズをつけずにすむと思っていたのですが、やはりテクニックを要するようで、ほんの少しキズになってしまいました。早く、丁寧に、が今後の課題です。
 午前には雨が上がり、路面も乾いてきましたので、タイヤ交換を終えてから、なんとなくビーチサイドグランプリに行ってみました(^^;;暇なんです。
 いました、こんな天気でも。
 路面には所々水たまりがあるものの、徐々に乾きつつありました。しかも、どんどん晴れ間が広がってきて、ラインだけはドライといった十分走れそうな感じになってきました。でも、ボクはなんとなく乗り気にならず、走行はしませんでしたが、けーいちさんが現れ、ゆきた夫妻が現れ、みなさん走ってました。ボクはいつもの?見学モードです。
 午前中の天気が影響してか、午後になり晴れ間になってもバイクの台数は増えず、今日走行した人たちは、少数のバイクでいつもよりも短時間であるにもかかわらず、充実した走行をしていたようでした。
 けーいちさんのタイムは思うように伸びなかったようで、結果を確認して思わず、ほっとしたボクなのでした(^^;;

 いや~、走行しなくても、見学だけでも楽しいです。
 ボクは、あまりの心地よさに駐車場(パドック?)で横になってお昼寝までしてしまいました。
 はい、顔だけ焼けました(T_T)
 まじめなはなし、積極的に走らなかった大きな理由は、太りすぎたからです。
 ミニバイクの前傾姿勢がつらい今日この頃・・・いろいろダイエットを考えなくてはならないようです(T_T)
 5kg痩せて、0.5秒タイムアップ! がんばらねば!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビーチサイドグランプリ走行申込書エクセル

 雨ですね。
 雨だと、当然走りに行けません。
 最近は週末に生きていると言っても過言ではないくらいミニバイクに夢中になっています。
 ですので、週末、それも土曜日に雨が降ってしまうと、その一週間は生きていた意味がなくなってしまうのと同義といえます。人生の無駄遣い・・・嗚呼(T_T)
 ・・・いけません。空気と同様、精神も湿ってしまいました。
 さて、気を取り直して、今日はビーチサイドグランプリの「走行申込書」の印刷用エクセルを作ったので、公開しようと思います。ボクのつたないエクセルの知識を総動員していますが、変なところがあっても許してください。
 これが何かというと、ビーチサイドグランプリに限らず、コースに行くと、いわゆる誓約書みないなものを書いてから走行となるわけですが、行くたびに手書きするのは意外に面倒なわけです。そこで、あらかじめ自宅のプリンターで記載欄を埋めてから、当日は署名・捺印だけですませよう、というコンセプトです(署名・捺印も事前に記入しておいてもいいでしょうけど(^^;;)。
 当ブログでも述べているように、他のコースはあまり行ったことがありませんし、走行申込書みたいな用紙があらかじめ用意されているとは必ずしも限らないので、今回はビーチサイドグランプリ専用となります。ビーチサイドグランプリでは、あらかじめ用意されているので、必要枚数を事前にもらっておくことが可能です。

 使用方法は、エクセルファイルをみればわかると思います。
 どこの項目になにを入れるかを記載してありますので、ご自身の情報を上書きして使ってください。
 もし使って、「お!便利じゃん」と思ってくださった方は、BSGPでお会いしたときに、セノビーおごってください(^^;;

☆「ビーチサイドGP走行申込書入力フォーム」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 06, 2005

jha RCVminiカウルです。

 先日5月4日にビーチサイドグランプリを走行した際、その走行風景をゆきたさんがデジカメで撮ってくださり、送って下さったので恥ずかしながらここに公開します。
 自分の走行はなかなか自分自身では見る機会がなく、こういう画像の提供はたまらなくうれしいことだったりします。これからは、ゆきたさんちに足を向けて寝られません・・・って寝てませんけど(^^;;
 実はボクも、コースに行く際にはかならず記録用の機材を持ち込んでいます。
 デジカメは、パナソニックのDMC-FZ10、デジビデは、ソニーのDCP-PC100、車載用ビデオは、パナソニックのSV-V35、と、こんな具合です。
 そもそも、自分の走る姿を撮ってもらいたくて、機材を自分で購入するわけなのですが、人にお願いしてもなかなかうまく撮っていただけず、結局ボクが他の人を撮って喜ばれる、というパターンが多く、満足に撮れた自分の走る姿は皆無に近かったりします。
 ってことで、画像公開!
 あ、5月4日は、知り合いにボクのデジビデを使いってもらい、ボクを撮ってもらったのでした。
 公開できそうかどうか、今度確認しておきます、はい。

 去年撮った動画でもよければ再公開しますけど、興味のある方いますか?
 いたらコメントつけて下さいです。

☆ゆきたさんの撮ってくれた画像その1
0233


☆ゆきたさんの撮ってくれた画像その2
0235


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2005

京葉スピードランド初走行

エンジン実働総時間約27:07(本日実働時間約1:01)
エンジン最高回転数11760rpm
本日のベストタイム 36秒65
自己ベストタイム 36秒65
京葉スピードランド 走行1回目
本日の体重 65.8kg

 師曰く「おせちもいいけどカレーもね」という格言があるように、毎度ビーチサイドグランプリばかりでは、ということで、今日は千葉県は「京葉スピードランド」に行って来ました。
 もちろん、初になります。
 我が家からの道のりは片道2時間くらいという話で、少し早めに行こうと思っていましたが、実際家を出たのは4時40分、ちょっと早すぎました(^^;;カーナビを頼りに、アクアラインを経由するというスーパーリッチ・コースを選択したところ、迷うことなく到着したのは6時10分、なにやってんでしょ。
 なにせ他に比べるコースと言えば、ビーチサイドグランプリと、白糸スピードランドしかありませんので、貧弱な感想しか思い浮かびませんでしたが、そのなかで一番サーキットっぽい、と感じました。
 事前の情報で、二次減速比はフロント14丁、リア39~42丁とのことでしたので、ボクは迷わず14-42を選択しました。同じノーマルチャンバーのけーいちさんのNSRよりもパワーがないので、一番ショートにしようと思ったわけです。が、走行してみると、14-42ではショート過ぎることが判明。14-41にしたところ、少しはマシに走ることができました。
 結果、自己ベストタイムは「LAP SHOT」手動計測で、36秒65でした。
 昨日の疲れと、お腹の具合が悪いことから、あまり走れなかったのは残念でしたが、全開で走るところもあればタイトなコーナーもあって(ってそれが当たり前なのかも知れませんが)、とても楽しいコースという印象を大きく持ちました。
 ボクの好みは、白糸よりも京葉かも。でも、距離はほぼ同じでも、京葉の方が高速代がきついかも、ってことで、ビーチサイドグランプリ活動しつつ、定期的に腕を磨きに訪れたいと思ったサーキットでした。

☆本日の画像(へなちょこっす(T_T))
1090009

 


| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 04, 2005

ビーチサイドグランプリ走行

エンジン実働総時間約26:06(本日実働時間約1:54)
エンジン最高回転数12120rpm
本日のベストタイム 31秒404
自己ベストタイム 31秒404
ビーチサイドグランプリ 走行15回目
本日の体重 64.6kg

 なんとなく久しぶりのビーチサイドグランプリ走行。前回の走行の時は、マイポンダーのサーバーが落ちたらしく、ライブラップでタイムが確認できなくなり、走行をやめました。そのため、自分の感触としての31秒5が掴めなかったので、もしかすると、まぐれだったのでは?と不安がいっぱいでした。
 しかし、その不安も取り越し苦労でした。
 STレーサーな知り合いコッチーにアドバイスを貰い、引っ張ってもらったとはいえ、前回の自己ベストを更新することができました。
 ボクの欠点は、集中力が持続しないことです。そのため、周回を重ねれば重ねるほど速くなる、というわけでもありません。コッチーからもらった課題を反復練習するまえに、集中力が切れてしまい、いつものように走行を終了してしまいました。
 今日のいい点は、平均ラップタイムが速くなったことです。つい先日まで、31秒台に入れるのですら必死でしたが、今日は31秒台を連発することができました。一発の速さも当然欲しいと思っていますが、あまり平均とかけ離れた数値では、意味がありません。そういう意味で、平均ラップが付いてきたということは、まだ自己ベストを更新できる要素があるのではないか、と勝手に想像し、喜んでいる次第です。

 さて、明日は京葉スピードランド初走行の予定です。
 不覚にも、走行後は見学に夢中になり、ファイナルの変更をし忘れてしまいました。
 明日の朝、ゆとりを持って作業ができるといいのですが。

セッティングデータ
      キャブレータ:PF70M
             MJ       :#105
             SJ       :#40
             AS       :1-1/2
             JN       :J65C
             NC       :1段目

      オイル   :WAKO'S 2CR(GPR5%添加)
             混合比     :50:1

      ガソリン  :JOMO
             種別      :シエットGP1+
             添加剤     :GRP-TE 4%

      プラグ   :NGK BR9EIX

    フロントサス:ノーマル
             スプリングレート:0.5
             スプリングの識別:1段バネ
             オイル     :SHOWA SS8N
             オイルレベル  :107(122)
             突き出し    :5mm
             プリロード   :13.25mm→16.25mm

      リアサス  :トガシエンジニアリング
             ショック長   :215.0mm
             スプリング   :自由長90L
             バネレート   :17.0kg/mm
             セット長    :81.5mm
             イニシャル   :8.5mm
             コンプレッション:-16ノッチ
             リバウンド   :-20ノッチ

      ポジション :NSRmini用可変ポジションプレート
             ステップ位置  :22mm UP/15mm BACK

      吸気系   :NSR50純正エアクリーナー
             ターボフィルター

      排気系   :ノーマル

      点火系   :ノーマル

      二次減速比 :サンスター
             Drive      :14→13
             Driven      :41→42

      タイヤ   :ダンロップ TT91GP→ブリジストン BT-601SS Fr.YCX Rr.YCY
             空気圧     :Fr 1.5→1.7
                       Rr 1.6→1.8

      チェーン  :RKエキセル GP520MS
              リンク     :108

     ブレーキパッド         :Fr ノーマル
                       Rr ノーマル
      その他
            CR80用クラッチスプリング2本
            ミッションオイル WAKO'S 4CR 5w-40
            ブレーキフリュード WAKO'S SP-R

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2005

ビーチサイドグランプリ見学(^^;;

 昨日白糸スピードランドを走ったばかりなので、今日はどうしようか悩んでしまいました。
 とりあえず、ユースケさんが走りに行くということなので、ボクも行くだけ行ってみました。
 朝一は台数が少なく、走ろうかなぁ~と悩みつつ、結局走りませんでした。
 昨日「にぎりの徳兵衛」で食べたお寿司のおかげで体重が66kgを越え、お腹まわりが妙に重たいからって理由もあります(T_T)
 5月4日にビーチサイドグランプリを走ることはすでに決めているので、ファイナルを白糸用からビーチサイドGP用に変更しておきました。コースにきて、一見それらしく見えるのに整備しかしてないなんて・・・ばか?
 yktさん夫妻がいらっしゃいまして(っていうか、いない日の方が珍しい?(^^;;)、やや遅れてユースケさん登場。
 ボクは結局16時くらいまで、マイマシンを整備しつつ、みなさんの走りを眺めていただけなのでした。
 それにしても、ホーネットで走るユースケさんには刺激を受けました。
 コブラの復活は、予算の関係でブレーキは後回しにするしかありませんでしたが、予算は気にせず復活させることにしました。とりあえず、ユースケさんの今日のベストラップをボクの目標にすることにしましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »