« スポーツランドやまなし走行 | Main | トランポ・レジアスエースいじり »

October 26, 2005

GSX250Sコブラの復活

 今日は会社が休みなので、朝一でバイク屋さん=ライディングサービスBONさんに向かいました。
 実は、コブラの調子が気になってしかたのないボクは、昨日BONさんに電話を入れて進捗を確認していたのでした。そこでは、不調の原因はキャブではない、とのこと、いよいよ圧縮の限界か?、はたまた電装か?ってことで、予備で持っているコブラのイグナイターを手に、お店に行ったのでした。
  ところが、昨日ボクが電話したあとに、動きがあった様子。圧縮でも、電装でもなく、原因は別のところにあったのでした。
 それはなにかとたずねたら、ベンベン。
 以前、ボクがコブラをレーサー化したときの配管ミスでした。
 でもでもでも~、7月の耐久レースにはちゃんと出ることができたし、ちゃんと走っていたのに~!
 はい、ボクの配管ミスに加え、ボクの取付ミスが生じ、配管ミスを補っていたのでした(^^;;
 ところが、先日のタンク浸水で、バイク屋さんがボクの取付ミスを正しく組み直してしまった(さすがプロ!)ために、配管ミスのトラブルが顕現したということなのでした。
 はぁ(T_T)みなさん、ごめんなさい。特にユースケさん、ごめんなさい。
 説明しよう!←富山敬の声で(^^;;
 レーサー化の際、大気開放になっているキャブレターのエアーベントホースを2本、キャッチタンクに配管しました。そのとき、エアクリーナー下から伸びているドレンチューブをT字ジョイントを使ってエアベントホースに接続し、キャッチタンクに行くようにしたのでした。が、ボクの取り付け方が悪く、ドレンチューブが途中で折れ曲がり、配管されていたのです。
 ところが、バイク屋さんがキャブ清掃後、折れ曲がっていたドレンチューブをちゃんと元に戻してくれたのですが、そのため、エンジンを掛けるとエアクリから伸びたドレンチューブを介しエアベントホースから空気を吸おう負圧がかかったため、キャブレータの油面が狂ってエンジンが回らなくなるという不調となって現れたのでした。
 う~ん、奥深いっす。
 って、ボクのバカぁ(T_T)
 やっぱレーサーにエアクリは必要ないってことですね?(^^;;ぉぃぉぃ
 ホント反省しています。
 でも、無知なボクは、きっとこのような過ちを何度も繰り返し、その度学習できないって人生を送るのだと思います(T_T)はぁ~

 11月6日、スポーツランドやまなしで開催されるSLyチャレンジバイクレースQ4LL、6時間耐久レースにエントリーしました!
 チーム名は、「HollowPoint」。
 ライダーは、前回も参加下さったゆきたさん、レイさん、そして、前回残念ながら出場できなかったユースケさん、そして、今回は強力な助っ人として新たにfuzyさん、loonyさんで参戦予定です。
 あぁ、ボクはもう今から走らなくても皆さんのサポートだけでも十分ってくらい満足です(^^;;

 

|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference GSX250Sコブラの復活:

Comments

Post a comment