« September 2005 | Main | November 2005 »

October 31, 2005

髭の悲劇

 2002年11月9日に購入し、以来愛用していた電気シェーバーが故障しました。
 ビーチサイドGPなどでボクを知る人が聞いたら「おぃおぃ、おまえ髭なんて剃るんかい?」と言われてしまいそうです。肌の弱いボクは、髭を剃ると絹ごし豆腐のようにきめ細やかな肌が荒れてしまうため、お肌の休息日として週末は髭を剃らないので、ボクを知る人は大抵髭ヅラのボクしか知らないと言うわけです。あ、髭ヅラって言っても、髭のカツラじゃありませんよぉ~。
 ボクの可愛らしい顔と柔肌に似合わないこの硬い髭は、ボクの人生の中でもある意味悲劇だと思います。
 髭が、ワイヤーのように硬いんです。無精髭ズラはワイヤーブラシに相当します。チャンバーの錆も、ほおずりで落とせてしまうくらいです。 
 カミソリで剃るには、髭を十分蒸らさなくてなりませんし、電気シェーバーでもきれいに剃れない上に、肌は荒れ荒れです。
 一時期、肌に優しいというのでフィリップスの3ローター(20Bエンジンではありません)の電気シェーバーを購入したことがありましたが、それでも剃りあとがヒリヒリして肌に汗がにじむ夏などはとても耐えられず、基本的にはシックのカミソリを愛用してきました。
 ところがある日、電気屋さんで出会ったのがこの電気シェーバーです。
p10403611
 松下電工の電気シェーバーES8092「ラムだっちゃ」!・・・もとい・・・「ラムダッシュ」!
 電気シェーバーなのですが、ウェット剃りといって、普通のカミソリ用のシェービングクリームを使って、カミソリのように剃れるんです。価格comなどを見ると、人それぞれに相性があるようで、評判がよかったり悪かったりするようですが、ボクには最高でした。以来、ずっと愛用しています。もう二度とカミソリには戻れない、そう思わせるくらいです。唯一の欠点は、やはり価格comなどに書かれていますが、構造的な欠陥を抱えているようで、水分が内部に進入し、充電が出来なくなったりするトラブルが多数報告されていることです。ボクも、かつて同じ症状で2度ほど修理に出しています。保証期間が切れたあとでも無償修理で戻ってくるところを見ると、やっぱ欠陥なのね?と思わざるを得ません。そして、今回3度目となる故障です。また無償で修理してもらえるかな?と期待しつつ、4年も使っていますし、今度が有償だったら悔しいので、修理を悩んでいるところです。
 毎日使うものですから、ないと非常に不便です。修理か、それとも代替えか、悩んでいたところで、ボクの目に飛び込んできたのがこれです。
p10403621
 その名も、「シック クアトロ4エナジー」。なんてナイスなネーミングなんでしょう!
 ヘッドに装備された高回転モーターが振動を発生させ、ひげそりをサポートするというアイディア商品です。
 その基本原理は、エヴァンゲリオン初号機に標準装備されている近接戦闘専用武装「プログレッシブ・ナイフ」からヒントを得たに違いありません!!いや、ブロースーペリアの高周波ソードでしょうか?(ここまで来たら誰も着いて来ないかな?(^^;;)。

 でも、ダメでした(T_T)
 この程度の振動では、ボクの髭には太刀打ちできません・・・。
 やっぱラムダッシュの新機種買うしかないかなぁ~。はぁ(T_T)お金ないし。。。

 すみません、ここまで書くのに1時間以上掛けてしまいました(T_T)
 疲れたので、中途半端ですがおしまいにします(^^;;

 最後に一言、ラムダッシュのウエット剃り愛好者の方々へ。
 シェービング剤は、シック・アクアムースが最高です!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 30, 2005

ブログのこと

 当ブログに訪問して下さる方の大半が、ハイエースで検索して来て下さると何度か書きましたが、その傾向はいまだに続いています。200系ハイエースのトランポ・・・なんてまた意味もなく書いてみても、それがアクセス数を増やすんですね(^^;;
 ちょっと前までは、このブログの更新をがんばると、一日のアクセス数が100~140件で、サボると100件ギリギリのアクセス、という状態が続いていたのですが、ここのところ、一日のアクセス件数がコンスタントに200件を越えるようになってきました。
 アフィリエイトでもやってみようかな?とよこしまなことを考えつつ、うれしいのがブックマークから訪問下さる人が増えていることです。
 今日も200件を越すアクセスの中で、その約5%の方が、ブックマークからの訪問です。つまり、リピーターってことですね。
 リピーターなみなさま、ブックマーク、ありがとうございます(^^)
 そこで、次なる希望は、アクセス件数の平均を増やしつつ、記事にコメントをもらえるようにがんばろう、ということです。・・・とは言ったものの、二日でカルビー堅あげポテトうすしお味70gを6袋買った食べたというような記事に、コメントなんて書けないかもしれませんけど。。。
 どうやったらコメントしてもらえるようになるんでしょう?
 そもそも知り合いが少ないからなぁ~。

 みなさま、気軽にいろいろ書いて下さいませ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バイクあれこれ、その他あれこれ

 さて、ここ数日の冷え込みで、ボクの身体は脂肪を蓄えることにしたようです。
 ムラムラムラ~っと湧き起こる食欲。あ~、きたきたきた~とわかりつつも、ボクの理性は食欲の奔流に抗うすべなく、その手はついついカルビー堅あげポテトうすしお味70gを手にしているのでした(T_T)
 当ブログ読者で、未だにカルビー堅あげポテトうすしお味70gを食したことのない人はいませんよね?
 まだ食べたことのない人は、今すぐコンビニにダッシュしてください!さもなれば、当ブログは出入り禁止です(^^;;ぉぃぉぃ
 うすしお味ですよ!ブラックペッパー味じゃありませんよ!
 コンビニでの販売価格は1袋145円。マツモトキヨシ価格では134円。たったの11円差です。先月のショッキングな食費を考えると、毎日1袋以上食べるわけですから、買いだめしておけばいいのですが、50袋食べるとしても、節約できるのはたったの550円。家の中にカルビー堅あげポテトうすしお味70gの袋があふれることを考えると、なかなか実行しようとは思えません。しかし、ここに思わぬダークホースが現れました。クリエイトSDです。ななな、なんと1袋118円! こいつぁスゴいぜ!
 ってことで、ここ最近、ボクはクリエイトSDでカルビー堅あげポテトうすしお味70gを買いだめしているのでした。
 いつもなら、「あぁ、カルビー堅あげポテトうすしお味70gが食べたいなぁ~」と思っても、家の中にはありませんから我慢できるわけですが、買いだめしてしまうと、そうは行きません。今日なんて休日ともなると、起きて1袋、お昼に1袋、夕食に1袋、といった感じで、ボクはまさに中毒です。名付けて、カルビー堅あげポテトうすしお味70g依存症・・・カッコ悪~(T_T)
 405さんが楽しみにしてくれているので、後日今月の食費データでもまた公表しようと思っていますが、現段階で先月よりもやや節約できているにもかかわらず、体重が増えていくボクって・・・(T_T)あ、でも、ダイエット前の方が食費は少なかったのでした(^^;;
 ちょっと時間があったので、プロ並みのライティング、背景で、カルビー堅あげポテトうすしお味70gを撮影してみました。袋のしわがイマイチだなぁ~と思うのですが、昨日の夜7袋買ってきたカルビー堅あげポテトうすしお味70gも、いま残っているのはこの1袋だけなので、許してください・・・2日で、2kg増えました(T_T)70g×6袋は、420gにも関わらず、なぜこんなに太るのでしょう? 質量保存の法則も別腹には及ばないのかな?(^^;;
 はい、写真です。クリックして、デスクトップの壁紙にして下さいね!
p10403601


 あと1週間で、SLyチャレンジバイクレースQ4LLです。
 参戦マシン、COBRAは(たぶん(^^;;)仕上がっている中で、スタンド・スイッチの加工を行ってみました。
 10月12日にCOBRAを整備した際、見送った項目です。
 スタンド・スイッチは、常時押しておかないと、ニュートラル以外でエンジンが始動できません。前回のレースのと時は、スタンドを外した際、スイッチはタイラップとガムテープで常時押した状態にした上で、車体の空いている場所にこれまたガムテープで括りつけていたのですが、これではスマートではありません。しかし、ただスイッチの配線を取り外しただけでも、エンジンが掛けられないので、ボクの持つすべての知識と技術を結集して作りました。
 コレです。
p10403081
 どうです、この芸術的な仕上がりは! 試作なので、中古部品を使っていますが、それがまたアバンギャルド!
 実用新案特許でも申請しておこうかな~。
 商品名も商標登録しておこう。
 名付けて、「ギボシ愛子~」←声はやっぱり大山のぶ代で!

 そういえば、えいさんがGSX250Sカタナを買ったんですよね~。どうせビーチサイド用に保安部品もあっという間に取っ払うはず。よし、是非この「ギボシ愛子」を使ってもらうことにしましょう!
 コブラもカタナも、どちらもGSX250Sってことで、きっとえいさんも喜んでくれるに違いないですね、うんうん。
 喜ぶえいさんの顔が目に浮かぶようです(^^)


| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 26, 2005

トランポ・レジアスエースいじり

 さて、予想以上に早くコブラ不調の原因が判明し、復活できたため、余った時間を急遽、トランスポーター・200系レジアスエース(ハイエース)にバイクを積載する際の問題点を見直すことにしました。
 いままで気になっていた点がいくつあるのです。もちろん、すべてを見直している時間はありませんが、コツコツやっていかなくては、いつまで経っても今のままです。今日はそのための絶好の機会だと思いました。
 まずはコレ。
 ご存知オグショーのタイヤストッパーです。
p10403131
 見ておわかり頂けるように、ボクのトランポは、タイダウン用フックを増設するのに、L字アングル材を用いています。このアングル材のため、タイヤストッパーはこれ以上前方に動かすことができないのですが、せっかくオグショーのスライドレール17でセカンドシートを先方に移動させておきながら、約7cmほど、損をしていることになります。
 横から見るとこんな感じです。
p10403141
 コブラ積載時は、コブラの後輪をJ-Tripのショートローラースタンドでリフト・アップしているのですが、バックドア
とショートローラースタンドの隙間はほとんどないと言っていいほどです。
 250ccクラスでこの有様ですから、もっと大きなバイク(持ってませんけど(^^;;)を積載することはとてもできそうにありません。
 L字アングル材は、なかなかどうして気に入っているので、見直すとすると、タイヤストッパーしかありません。
 ということで、ガツーンとタイヤストッパーを加工してみることにしました。
 ホレ、このとおり。
p10403161
 タイヤストッパーを短くしてみました。オグショーのタイヤストッパーが誇る?本来の重量バランスは崩れてしまうのかもしれませんが、やむをえません。
 バイク屋さんの高速カッターを借りて短く切り落とし、切り落とした部材を使い補強の溶接してもらい、ベルトサンダーでバリ取りして完了!
p10403191
 タイヤストッパーがセカンドシートに干渉するのもイヤなので、多少のクリアランスは残していますが、タイヤストッパーが短くなった分だけ、効果が出てます。アングル材に押し当てているので、バランス的にも問題なさそうです。
 真後ろから見ると、こんな感じ。
p10403211
 比較の画像がありませんから、おわかりいただきにくいとは思うのですが、ショートローラースタンドとバックドアまでの間隔に余裕ができました。我ながら満足のできあがりです。
 そして、次なる見直しは、上記画像にヒントがあります。
 よくご覧下さい。左奥の、天馬Fitsユニットケースが妙に中央に位置しているとは思いませんか?
 そうなんです、このユニットケースが、運転中よく動くのです。ケースの足をローラーにしているのは、左にミニバイクを積載する際、ケースを床においてしまうと、タイヤストッパーの位置が後ろになりすぎてミニが積載出来なくなるため、ローラーで浮かせて、ローラーでは滑るためゴム足でなるべく動かないようにしているわけです。
 今日、タイヤストッパーを短く加工したので、ケースを床においても大丈夫なのかも知れませんが、実はオグショーのタイヤストッパーをもう一つ持っています。2台積載を想定しているからですが、さすがに2つのタイヤストッパーを2つとも加工したくはありません。値の張るオグショーを敢えて選択した意味が失われてしまうからです。シーマリン製で十分じゃ!って声がどこからともなく聞こえてきそうです。
 それじゃーユニットケースなんか必要なの?と、素朴な疑問も聞こえてきそうですが、これは譲れません!
 けーいちさんのトランポ(ポンコツ・フレンディ)に積まれているケース(けーいちさんのは天馬Fitsクローゼットのようでしたが(^^;;)を見たとき、思いっきり影響されたボクは、大きな(当時はサンバーディアスでした)トランポを買ったら、絶対にケースを積むんだ!と心に決めたのです。
 オグショーのスライドレール17が必要だったのも、スライドドアを開けたときにユニットケースの引き出しを開けてアイテムを取り出せるようにするためなのです。これは前にも紹介済みですね。
 こんな感じ。
p10403221
 とても便利なんですよ!小物・ケミカル・衣類の整理もばっちり!
 でも、富士山スカイラインでドリフトすると、動くんですよね、これが(T_T)
 床にネジ止めすれば、簡単に固定できますが、ネジ止めはスマートではありません。野蛮です。
 それだけはしたくありません。プライドが許しません!
 そこで、ボクは知恵を絞ります。
 ぽん、ぽん、ぽん、チーン!わかりましたよ、新右衛門さん!
 まずは、図面を引きます。
 そして、近所のドイトに行って、ラワン合板を買い、図面通りにカットしてもらいます。
 DO IT YOUR SELF、の略でドイト。でもボクは人任せ~(^^;;
 できあがりは、こんな感じ。
p10403231
 左の切り欠きは、L字アングル材を固定するM10ボルトとワッシャーのためです。
 中央やや左の前後と、右端前後にある切り欠きは、ユニットケースのローラー足がはまるようになっています。
 写真のラワン合板は厚み15mmですが、同じものを2つ作ってもらい、それを張り合わせて30mmの厚さとしますので、ローラーの足はすっぽりはまり込み移動しないようになっています。右端中央の切り欠きは、タイヤストッパー用です。ユニットケース下までタイヤストッパー前端部がくるようにしてあるので、実際のタイヤ位置がちょうどケースの1cm隣になるという寸法です・・・寸法でした(^^;;
 実は、ローラー足用の4つの切り欠きの位置はどんぴりゃりでしたが、相対的な位置が2cmほど狂っていましたので、このあと再加工してあります。やっぱり、ボクのやることは、抜け作くんです(T_T)
 この板の裏面には、すべり止めマットを貼って、この板+ユニットケースが動かないようにしています。
 ちょっとこれだけでは動く不安が無きにしもあらずですが、床にネジ止めしないコンセプトですので、今日のところはこれで様子を見ることにしました。
 すべり止めマットで板は動かず、ケースは板にはまっているので動かない・・・と、うまく行けばいいのですが。
 もし、板が動いた際には、アングル材を固定しているボルトを長くし、別途長いステー用意、それをワッシャ替わりして、板を上からボルトで押さえ込むつもりです。ケースが動いた場合は、板にローラー足を固定する、という計画でいます。
 とりあえず、ご近所を試乗してみた感じでは大丈夫そうでしたが、富士山スカイラインでのドリフトに耐えられるか、それが問題です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

GSX250Sコブラの復活

 今日は会社が休みなので、朝一でバイク屋さん=ライディングサービスBONさんに向かいました。
 実は、コブラの調子が気になってしかたのないボクは、昨日BONさんに電話を入れて進捗を確認していたのでした。そこでは、不調の原因はキャブではない、とのこと、いよいよ圧縮の限界か?、はたまた電装か?ってことで、予備で持っているコブラのイグナイターを手に、お店に行ったのでした。
  ところが、昨日ボクが電話したあとに、動きがあった様子。圧縮でも、電装でもなく、原因は別のところにあったのでした。
 それはなにかとたずねたら、ベンベン。
 以前、ボクがコブラをレーサー化したときの配管ミスでした。
 でもでもでも~、7月の耐久レースにはちゃんと出ることができたし、ちゃんと走っていたのに~!
 はい、ボクの配管ミスに加え、ボクの取付ミスが生じ、配管ミスを補っていたのでした(^^;;
 ところが、先日のタンク浸水で、バイク屋さんがボクの取付ミスを正しく組み直してしまった(さすがプロ!)ために、配管ミスのトラブルが顕現したということなのでした。
 はぁ(T_T)みなさん、ごめんなさい。特にユースケさん、ごめんなさい。
 説明しよう!←富山敬の声で(^^;;
 レーサー化の際、大気開放になっているキャブレターのエアーベントホースを2本、キャッチタンクに配管しました。そのとき、エアクリーナー下から伸びているドレンチューブをT字ジョイントを使ってエアベントホースに接続し、キャッチタンクに行くようにしたのでした。が、ボクの取り付け方が悪く、ドレンチューブが途中で折れ曲がり、配管されていたのです。
 ところが、バイク屋さんがキャブ清掃後、折れ曲がっていたドレンチューブをちゃんと元に戻してくれたのですが、そのため、エンジンを掛けるとエアクリから伸びたドレンチューブを介しエアベントホースから空気を吸おう負圧がかかったため、キャブレータの油面が狂ってエンジンが回らなくなるという不調となって現れたのでした。
 う~ん、奥深いっす。
 って、ボクのバカぁ(T_T)
 やっぱレーサーにエアクリは必要ないってことですね?(^^;;ぉぃぉぃ
 ホント反省しています。
 でも、無知なボクは、きっとこのような過ちを何度も繰り返し、その度学習できないって人生を送るのだと思います(T_T)はぁ~

 11月6日、スポーツランドやまなしで開催されるSLyチャレンジバイクレースQ4LL、6時間耐久レースにエントリーしました!
 チーム名は、「HollowPoint」。
 ライダーは、前回も参加下さったゆきたさん、レイさん、そして、前回残念ながら出場できなかったユースケさん、そして、今回は強力な助っ人として新たにfuzyさん、loonyさんで参戦予定です。
 あぁ、ボクはもう今から走らなくても皆さんのサポートだけでも十分ってくらい満足です(^^;;

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2005

スポーツランドやまなし走行

 朝5時に起床。
 11月6日にスポーツランドやまなしで行われる「チャレンジバイクレース Q4 6時間耐久」の練習に行きました。
 まずは、御殿場までユースケさんを迎えに行きました。
 このレース、トップのレベルはめちゃくちゃ高いのですが、気軽に参加できるレースとして、今年から参戦しはじめました。参加資格は、過去にスポーツランドやまなしでの走行経験があること、です。ユースケさんは一度も走行経験がないとのことで、参加資格を得るために行くのが今日の大きな目的です。
 ユースケさん宅には時間通り到着しましたが、ユースケさんが起きたのはボクが到着して15分経ったころだったというのはみんなには内緒です。ボクは、ユースケさんを待つ間、御殿場の美味しい空気を吸いながら、レジアスエースのガラスを吹いたり、荷崩れ?したCOBRAを積み直したり、と、有意義な時間を過ごすのでした(^^;;
 ユースケさんと合流後は、高速道路を使って現地入りしました。茅ヶ崎から御殿場に向かうまで、路面が濡れるほどの小雨が降っていましたが、現地では路面が濡れるほどの雨は降っておらず、幸いでした。ただ、空気の冷たく、レース開催日の装備には注意を要すると思いましたです、ハイ。
 本日のスポーツランドやまなしは、午後から貸し切りでした。走れるのは、朝から3本のみ。しかし、到着時間の関係で、最後の1本をユースケさんとボクの二人で走ることにしました。
 いよいよ時間がきて、ユースケさんがコース・イン。しかし、すぐに戻ってきました(^^;;赤旗が出たようです。しばらく経って、再走行。そうしたところ、しばらくしてまたユースケさんがピット・インしてきました。どうやら、エンジンが吹けないとのこと。COBRAの癖のあるエンジンが、不調に思えたのかな?と思ったものの、話しを聞くとどうやらそんな様子でもありません。そこで、ボクが乗ってみることにしました。
 はい、エンジンがまったく吹けません。絶不調です。危険なほど不調でした。
 ユースケさん、整備不良車でごめんなさい(T_T)
 ってことで、撤収です。あ、ボクがコース・インするときも、その後も、赤旗中断ばかりで、いずれにしてもまともに走れるセッションではなかったようです(^^;;

 メカ音痴なボクには、COBRAの不調の原因は皆目検討もつきません。が、耐久レースエントリーの期日の問題もあり、のんびりしてもいられません。
 そこで、帰りがけに行きつけのバイク屋さん=ライディング・サービスBONに立ち寄り、COBRAを緊急入院させることにしました。
 なんとか参戦したいので、間に合うといいのですが・・・。

 COBRAの不調の原因は、たぶんユースケさんが聞いたら怒るようなバカげたトラブルのような気がしてなりません。なんとなく、そんな気がします・・・。
 と、自分に言い聞かせ、致命的なトラブルではないことを祈ってます。

☆今日のコブラ
p10908871
p10908881
1989年式GSX250S COBRA GJ73A
なんちゃってレーサー仕様。
☆保安部品は外してあります。
☆GSX-R250R用のシングルシートカバーをボディ同色にペイントしてあります。
☆ハンドルはハリケーンのセパレートハンドルをトップブリッジ下に取り付けてあります。
☆フロントブレーキキャリパーはデイトナニッシンの6POTで、ワンオフ・アルマイト加工でなんちゃってレーシングキャリパーになっています。
☆フロントブレーキラインは、アールズのメッシュホースです。
☆フロントブレーキマスターシリンダーは、CBR400RR用のニッシン製別体リザーブタンクです。
☆フロントブレーキパッドは、フェロードのCPカーボンです。
☆リアホイールはRGV250ガンマ(VJ22A)の17インチホイールです。
☆前後ホイールは、赤の3コートパール塗装になっています。
☆イグナイターは、GSX-R250R/SPのイグナイターです。
☆ゼッケンプレートは、RM125用で、エーモン・ステーマウントです。
☆クラッチケーブルはバンディット250用です。
☆フレームは、一部鏡面加工です。
☆ドリブンスプロケはアファム48Tです。
☆チェーンは、EK 520SR-Xです。
☆10万円で販売可能です(^^;;ぉぃぉぃ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2005

GSX250S(COBRA)、絶不調

 今日もいつものように会社を17時にジャストに終え、速攻で家に帰ってきました。
 明日は、スポーツランドやまなしで、スポーツ走行の予定です。バイクは、GSX250(COBRA)。そのための準備として、トランポに積み込む作業をしておかなければなりません。幸い、先日マシンのコンディションは確認してあるので、コンビニで購入したツナコーンサラダをのんびり食し、いざ準備!
 ところが、問題発生です。
 念のためCOBRAのエンジンを始動させたところ、はじめはいい感じでしたが、だんだん回転数が下がってきて、そのままエンジンが止まってしまいました。再始動を試みましたが、もうエンジンが掛かりません。
 なんてこったい(T_T)時間にして、20時ちょうどくらい。
 ボクは慌てて行きつけのバイク屋さん=寒川のライディング・サービスBONに電話をしました。もうそろそろ店じまいのとのことでしたが、何とか見てもらえるとのこと。大急ぎでバイクを積み込み、お店に急行しました。

 さすがプロのバイク屋さんは違います。
 先週末から今週半ばに掛けて降り続いた雨の影響で、右側2気筒のプラグホールが浸水していることを指摘してくれました。そのため、リークしてかからないのだろうと。早速水分をふき取ってもらい、エアブロー。水抜き穴も清掃し、プラグ交換をしました。ところが、エンジンは掛かりません。ついでに左側2気筒のプラグを交換するもダメ。そうすると、キャブか?ってことになり、フロート・チャンバーをはずしてところ、中から大量の水が・・・。4気筒とも水が入ってました(T_T)ってことは・・・タンクの中にも水が入ってました。そして、錆錆(T_T)なんてこったい。
 バイクの保存状況は、車体カバーにU字ロック1つ、ワイヤーロック2つという状態で、まさか雨が入るなんて・・・と思っていたのですが、実は小さなパーツをタンクキャップの蓋部分に挟んだままにしてあり、そこから浸水したと思われます。なんてバカなことを・・・。ウチの台所事情(文字通り台所事情(^^;;現在、ウチの台所に保管してあるバイクは当ブログバックナンバーを読んで卓袱台)から、コブラまで室内保管はできないのです。
 キャブの清掃はバイク屋さんがやってくださっているので、ボクはタンクからガソリンと水を抜きます。
 仕上げはバイク屋さんがやってくれたんですけど。ってことで、時間はもう22時を回っているにもかかわらず、明日のスポーツランドやまなし走行をした~いと泣きながら訴えるボクの泣き顔がバイク屋さんのハートをググッと掴んだのか、黙々と作業して下さいました。
 で、組み付けてエンジン始動!
 おぉ!アイドリングしている喜び!
 バイク屋さんの店じまいをちょっとばかりお手伝いし、明日を楽しみに帰宅したのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2005

Jha RCVタイプカウルセットforNSR mini

 当ブログの検索ワードによく登場するので、今更ながら今日はJhaの「RCVタイプカウルセットforNSR mini」の紹介です。
 その名の通り、motoGPのRC211Vをイメージとしたカウルで、ガンダムチックなデザインから、ボクのお気に入りのカウルです。
 ボクのマシンは何度も転倒しているので、それほど綺麗ではありませんが、画像を用意しました。 
p10908841
 製品は白ゲルですが、ボクのカウルは「カーライフ」という伊勢原にある格安ペイント屋さんで全塗装してあります。基本的には「シャア専用」にしたかったのですが、ボクの色の指定の仕方が悪く、「シャア専用」というよりは「クワトロ・バジーナ専用リック・ディアス」って感じになってしまいました(^^;;
 もう一丁!
p10908851
 赤パールとグレーパールの2トーンカラーで塗ってあります。もちウレタンです。
 ナックルガード部分の白は、カッティングシートで、他、ジオン軍のエンブレム、型式(^^;;、モノアイなどもカッティング・シートによる自作です。現在のイメージは、その型式(でたらめですが)からおわかり頂けるように、モビル・アーマーです。
 何故かというと、元々モビル・スーツをイメージした塗装したこと。しかし、モビル・スーツというよりモビル・アーマーの方がそれらしいため。
 そして、レーサーチックにスポンサー・ロゴでそれらしくしてしまうと、如何にも速そうな雰囲気を醸し出しまいそうで、でも、実際は超がつくほどの亀さんなので、色物路線に走った方が周囲の人の理解が得やすい?だろうことから、こんな風にしたのでした(^^;;
 カウルそのものは、Nチビで定番のRH松島なんかのカウルにくらべると、うすうすで、決勝用カウルといった感じです。
 レースに出ない(レベル的に出られない)ボクには、練習が決勝のようなものなので、気にせず使っていますが、ちょっとした転倒でもバキバキになりそうな雰囲気です。特にシートカウル横の出っ張りは、転倒したらあっという間に砕けるだろうとボク自身も含め誰もが予想していました。が、実際はそうでもありませんでした。
 ボクのマシンは、ハンドルストッパーにG☆WORKSの固定式ショートステップを使っているのですが、スリップダウン程度だと、ハンドルとステップが路面に接触し、カウルに直撃はほとんど無いみたいです。
 もちろん、まったく無傷とはいきませんが、思ったほどバキバキになることはありませんでした。
 アッパーカウルのナックルガード部分も意外に平気です。
 一度、変なコケ方をしてしまったときには、シートカウルが開口部のところから折れてしまいましたが、カーライフで補修して、現在はパッと見普通の外観を保っています。
 ただ、その薄さから、構造的はウィークポイントはいくつかあります。実際、何度か転倒してわかったことですが、お金がたまって、次回またこのカウルを購入したときは、塗装前にウィークポイントの補強をしたいと思っています。
p10908861
 シートカウルの裏蓋、こいつの存在も、ボクのハートを鷲掴みでした。
 この裏蓋をつけるには、フレームの後端部をカットしなくてはならないのですが、ボクはデザイン優先で、泣く泣くカットしました。その甲斐あって、この格好良さ!
 話しによると、シートカウル後端部中央の穴は、NSRフレームのエイプエンジン搭載車用のマフラー穴とのことですが、注文時指定すると、穴なしも購入出来るそうです。でも、横の開口部がデカいので、穴がないと、空気抵抗になりそうで、次回注文時も穴ありで頼むつもりです。
 今回画像は用意していませんが、アンダーカウルはオイル溜めになっています。ただ、車高を上げていないと、フルバンク時に路面と干渉し、あっという間に穴が空いてしまうのが残念です。

 希望がかなうとするならば、ウィークポイントの補強、アンダーカウルの形状変更(バンク時に擦らないように)といったところでしょうか?

 検索していた方の要望を満たす内容になっていればいいのですが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2005

ビーチサイドグランプリ走行

 曇りでしたが、天気がもちそうだったので、今日も海老名のビーチサイドGPに行って来ました。
 早速?、管理人さんに昨日見たフェラーリの件を聞いたみたところ、噂は本当で、管理人さんのフェラーリでした。びっくり!一ヶ月に一回くらい、乗ってくるそうです。コース内を走ったことがあるのかどうかきいてみたところ、あるとのこと(^^;;しかし、さすがにフェラーリでの走行は厳しいそうです(^^;;

 さて、いつもよりは遅れてビーチに到着しました。とはいっても、8時過ぎ。
 今日は小さな虫(羽蟻?)がブンブン飛んでいて、いつのまにか虫まみれになっていました(T_T)
 場所を変えても、すぐ虫に取り囲まれてしまう次第・・・これがギャル(死語?)だったらどんなによかったか・・・。 パーツクリーナー攻撃でも虫はビクともせず、不愉快この上なかったです。
 ライターを持っていれば、パーツクリーナー+ライターのファイアー攻撃でなんとかしたいところですが、残念ながらボクはたばこを吸わないので、ライターを持っていません。次回からは、工具箱に入れておこうと思いました。

 今日の主なお知り合いは、レイさんに、コッチーでした。
 事前の天気予報から出控えた人がいたのか、台数は少なく、天気はいいので、グッド・コンディションでした(たまーに小雨が降ったりしましたが、気になるほどではありませんでした)。
 コッチーの到着が遅れたため、ひとりウォーミングアップしてみましたが、どんなにがんばってもタイムがでません。今日はライブラップ(トランスポンダーでの計測結果をwebで確認できるサイト)のサーバーが停止していたため、どの程度のタイムが出たか、管理人さんに聞きに行かないと分からないという不便な状態でした。
 これでもか!と攻めて、タイムを確認しても、せいぜい31秒9。さすがにこれにはびっくり。
 実は、ビーチサイドグランプリのHPに掲載されているコースレコード表に、新たにチャンバー付き、ノーマルチャンバーの区別ができ、ノーマルチャンバーには今、誰の掲載も無いため、今だけのコースレコードを狙うためにがんばっていたのでした。が、さすがに31秒9では、不満です。
 原因は、ズバリ、タイヤだと思いました。
 そこで、用意していた新品タイヤを組み付けたホイールに換装、コッチーも到着したことから、いっしょに走ってもらいました。
 コッチーは、先週末富士スピードウェイで行われたST600の地方選手権で優勝したとのこと、なんだか教わる方としてもありがたみ倍増です(^^;;
 やはり、タイムが落ちていた原因はタイヤでした。新タイヤで走ったところ、アベレージが上がり、自己ベストタイムも若干更新できました。そのタイムは、31秒1。ものすごく速くはありませんが、31秒9よりはマシなので、管理人さんにHPへの掲載をお願いしておきました。現時点、まだ更新はされていないようですが、これ以上のタイムで走った人がいなければ、コースレコードで掲載されるはず?!そうだと、うれしいなぁ。どうせ今だけだし(^^;;
 ちなみに、コッチーは30秒台でラップしていますが、計測器なしなのでコースレコード表に載ることはありません(^^)うっしっしっ
 最近マシになったとはいえ、ボクの体力はあっという間に限界に達してしまうため、今日もコッチーとずっといっしょに走り続けることができませんでした。当然、お叱りを受けてしまうのですが(T_T)
 そのコッチーは、レイさんを引っ張ることにしたらしく、二人でグルグル回っていましたが、コッチーに引っ張られ、レイさんも自己ベスト更新とか。31秒7だそうです。コッチー曰く、ラインもなにかもでたらめなボクに比べ、ラインがしっかりしているため、まだまだ伸びる要素があるとのこと。レイさんに負けないようにがんばらねば!っていうか、レイさんの後ろを走ってラインを勉強するようにコッチーに言われてしまいました(T_T)

 ヘアピンがうまく走れないボクの課題はまだまだ多いです。
 何とか、30秒台に入れたいのですが、そのまえにちゃんとしたラインを走れるようになるのが先のようです。

   HollowPointのメインページ

   NSR-mini整備記録

・・・最近、こんなへたくそな文章を公開していてもいいものか悩んでます(T_T)


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2005

お知らせ

 当ブログに、峠用HPのブログに掲載した記事も読み込みました。
 ボクの峠用ブログをご存じない方は、お暇なときにでも過去に遡って読んでみて下さい。
 なお、Hollowpoint結成後でHPを準備していなかった期間の記載もございますです。

   HollowPointのメインページ
   NORI'S HPのメインページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トランポの積載方法見直し

 ボクのトランスポーター・200系ハイエース(←本当はレジアスエースなんですけど、こう書くだけでアクセス件数が増えるんです(^^;;ごめんなさい)の現在の積載状況はこんな感じです。
p10402861
 説明しますと、右から、エアコンプレッサー、テント、その向こうには発電機、水、予備ホイール、テントの左隣にラダー、ペール缶(バトル・ファクトリーのペール缶クッション装備で簡易椅子兼ゴミ箱になってます)、NSR-Mini、ヘルメットと、こんな感じでしょうか。
 ひどく雑然とした雰囲気ですが、なによりスペースに無駄が多いことがおわかり頂けると思います。
 床に、おいてあるだけなのですから。
 何故NSR-Miniを左に積んでいるかというと、2台積載、つまり右側にフルサイズのマシンを積載することを前提にしているのです。デカイバイクを右から押して積載するには慣れていないためリスクが高く、軽量なNSR-Miniを左に、フルサイズを右に、というわけです。
 しかし、いよいよ荷物が多くなるにつれ、これではいけないと思いはじめました。
 スペースの有効活用、そして、トランポに2台の積載は必要なし!、これからもう2台は積まない!、そういうことにしました(もちろん普段の場合で、遠征の時は別です)。
 不器用なボクは、サーキットに2台持ち込んでも、結局どっちもうまく乗れないだけですし、2台持っていって乗るケースは、ビーチサイドグランプリであるかないかなわけですから、割切ることにしました。
 そうなると、バイクの積載は右側、左側はラックを用いたスペースの有効活用、となります。
 ラックは、自作しかありませんが、普通に自作できるわけではありませんので、ホームセンターなどで見かけるメタルラックを使うことにしました。
 ところで、このメタルラック、いくつかの種類があることが判明しました。
 ☆メタルラック→アイリスオーヤマ
 ☆ルミナス→ドウシシャ
 ☆エレクター→エレクター工業
って感じで、似たようなものでも、実は違うらしいということに気が付きました。
 互換性も不明ですが、某DIY店では、エレクターには互換性がないと書かれてありましたので、裏を返せばメタルラックとルミナスには互換性があるのかも知れません。
 とりあえず、それほど重い物を載せるわけでもないので、性能にはこだわりません。
 そうすると、入手性、価格で選ぶことになるのですが、入手性(ボクのご近所前提))では、入手性の高い方から、メタルラック→エレクター→ルミナスとなります。
 また、価格は、高い方からエレクター→メタルラック→ルミナスとなります。
 値段の高いエレクターは選択から外し、メタルラックか、ルミナスか、ということになりましたが、結局ボクはメタルラックに決めました。
 決め手はこいつ!
p10402911
 転倒防止用のアジャスターです。トランポ内では当然横Gも考慮しなくてはなりませんので、こいつがラインナップされているメタルラックに決めました。もっとも、M10のネジなので、ルミナスにも使えそうではあるのですが・・・。
 さて、どんなイメージでラックを作るかは、それほど悩みませんでした。背を高くして棚板を複数設置すれば、積載量が増えるのは当然ですが、高くすればするほど転倒が気になるということ、コストも無視できないこと、そして、いざマシン2台を積載する際、ラックが重たいと作業が大変になる、ということから、足場台をイメージして作ってみました。本当は棚板を2枚使用するように指示がありますが、これは自己責任ってことで、パスします。
 完成したラックの画像は割愛させていただきまして(^^;;
 こんな感じになりました。
p10402871
 なんだ、変わらないじゃん、って思った人もいるかもしれませんが、実際は全然違います。
 足の踏み場が増えましたし、NSR-Miniの前側はスペースがまるごと空いています。
 いままで、セカンドシートに置いていた工具箱も荷室にもってくることが出来ました。
 ちょっとアップ!
p10402881
 棚板の上には、「止まるんです」というシートを敷いてありますので、工具箱の自重と「止まるんです」のグリップ力で、走行中にずれることはなさそうです。が、タイダウンで固定しようと思ってますが・・・。

 さて、今回のブログはいかがでしたか?
 ボクの使用しているラダーは、ファイブスター(キジマ取り扱い)の折り曲がるタイプの湾曲ラダーです。アプリリアRS250を台所にしまう際に、240cmのラダーでもチャンバーが干渉してしまうため、購入したものでしたが、ミニバイクにはこの湾曲ラダーは不必要に重く、デカいだけです。DRCのハイブリッドランプにすれば、もっと省スペース化が図れるのになぁ、と思いつつ、メタルラックに投じた費用だけでも破産寸前のボクなのでした(^^;;


   HollowPointのメインページ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

駐車場契約

 現在ボクが借りている月極駐車場は3台分です。
 MR-S用、レジアスエース用、そして来客(^^;;用です。
 マジ?って思う人もいるかもしれませんが、所詮茅ヶ崎です。3台分でも、都内で1台分借りるよりもはるかに安いのです。もちろん、無駄遣いには違いありませんが。
 自宅の駐車場は?と気になる人もいるかも知れませんが、我が家に来た人ならご存じのように、ゴミのようなバイクが止まってます。はい、なんとかしなきゃです。
 さて、現在借りている駐車場は、家の玄関から歩数にして125歩の距離(1歩70cmとすると約87.5m)離れていて、なおかつ、借りている駐車スペースは3台ともバラバラです。3台分まとめて借りることが出来なかったからです。まぁ仕方ないかな、と受け入れていたのですが、ふと、自宅目の前の月極駐車場に、「空きあり」の立て看板が出ているではありませんか。
 その駐車場までの距離は歩数にして55歩(約38.5m)と近く、とかく荷物の持ち運びが多いレジアスエースだけでも近い駐車場にしようかな~などと気軽に不動産屋さんに電話してみました。
 入り口近く(その方が当然家に近い)に空きありますか~と訊ねてみたところ、「あぁ、手前から3台は空いてますよ」との回答でした。
 あぁ~、余計なことまで知ってしまいました。入り口から、3台まとめて空いているとは・・・。

 はい、早速契約してきました(^^;;
 いままでの駐車場よりも、若干高くなりましたけど、、、経済的に非常に辛いですけど、、、70歩も近いから、お得ですよね?ね?だれかお得だと言って~(T_T)

 ってことで、お知らせです。
 我が家にお越しのお客様、駐車場は我が家の対面にある月極駐車場で、駐車場番号は1番、入って右側一番手前の駐車区画です。お越しの際は、是非ご利用下さい(11月からです~)。
 え?手土産ですか?コカ・コーラナショナルビバレッジダイエットコカ・コーラ500mlにカルビー堅あげポテトうすしお味70gを持ってきて欲しいなんてことはありませんから、お気遣いなく(^^;;


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビーチサイドグランプリ見学

 厚木のビーパートザンに買い物に行くついでに、平日のビーチサイドグランプリはどんなもんじゃろ?と思い、立ち寄ってみました。
 時間にして、10時49分・・・バイク0台。マジ?
 平日ってそんなもんなのでしょうか?
 バイクが一台もいないので見学にすらなりませんでした。

 駐車場に止まっていた車は1台。
 な、な、なんと赤いフェラーリが・・・!
 藤井さんのプレーリー?の姿が見えないところを見ると、あのフェラーリは藤井さんの車なんでしょうか?
 直接話しを訊きたいところでしたが、走りもしないのに・・・と思うと後ろめたくて、そのままビーチを後にしたボクなのでした(^^;;

 あのフェラーリで、5周させてもらえないかなぁ~?
 もち2000円で(^^;;


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2005

LAP SHOT動作確認報告 in 白糸スピードランド

 ボクが「LAP SHOT」を購入したのは、去年の4月くらいだったでしょうか。
 サーキットでのタイムを計測するのに、P-LAPⅡでは値段が高すぎる・・・と思って探していたところで、ヤフオクに出品されていた「LAP SHOT」を見つけ、飛びついたのでした。
 それから1年半。磁気センサーはすでに2回のマイナーチェンジを受けていますが、今度の奴はなかなかいけそうです。
 白糸スピードランドで試したところ、現行前の磁気センサーではコース内に3箇所設置された磁石をすべて読み取れるわけではありませんでした。本来LAP3に設定するところ、LAP1で不完全でも動作していたところを見ると、設置された磁石の磁力が均等ではないことが想像されます。
 ところが、現行のセンサーは、ほぼエラーなし、LAP3で、問題なく使用が可能でした。
 白糸スピードランドは、AMBタイム計測システムを導入していますが、マイポンダーを持ち込んでも、計測してくれないようです。どうやらそういう設定のようなのですが、マイポンダーTranX260を所有するボクとしては、トランスポンダーをレンタルする気にはなれません。そこで、「LAP SHOT」には大きな期待があったのですが、これからは悩む必要はなさそうです。みなさん、イケますよ!

 では、まず「LAP SHOT」の写真から。
p10301351
 株式会社エフ・アンド・オー・システムズさんがメーカーで、直販していますが、ボクは有限会社 プラス・エスさんで購入しました。値段は、後者の方が安いです。メーカーさんと販売店さんの連携は密で、サポートにも不安はありませんから、どちらで購入しても大丈夫です。ってことで、これから購入を考えている人は、有限会社 プラス・エスさんで購入するといいかもしれません。

 これがマイ・マシンのメーターパネルです。
p10907731
 このゴテゴテした雰囲気が、ボク好みです。表示されているタイムは、なんでもありません。気にしないように(^^;;

 センサーの取付はこんな感じです。
p10907771
p10907751
 JhaのRCV-miniカウルは、アンダーカウルがオイル受けになっていて、ちょうどオイル抜きの穴が用意されているので、その部分に磁気センサーを設置しています。取付は、布テープのみで行っていますが、特に問題は生じていません。もちろん、神経質な人は、ちゃんと固定することをオススメします。

 電源などの記載は、「HollowPoint」結成前の、ボクのブログに記載してありますので、お暇な方はチェックしてみて下さい。

   http://aprilia.air-nifty.com/2st/2004/07/post.html

   HollowPointのメインページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2005

GSX250S(COBRA)の整備

 さて、そろそろスポーツランドやまなしで開催されるQ4耐久レースの準備をしなくては!ということで、今日は朝からCOBRAの整備をすることにしました。
 今日のメニューは、
   ☆ドリブン・スプロケットの取付
   ☆チョークワイヤーの交換
   ☆スピード・メーターワイヤーの交換
   ☆サイド・スタンドスイッチの取り外し
と、こんな感じです。
 ドリブン・スプロケットは、昨日ナップス横浜で購入してきたものです。普段なら、行きつけのバイク屋さん「ライディング・サービスBON」@寒川で注文するのですが、ふと気が付くと、もうレースまで一ヶ月を切っているではありませんか!マシンの整備がいつできるかもわからないので、今回はナップス横浜でささっと買ってきました。
 ドリブン・スプロケットはこんな感じ・・・。
p10402831
 標準が48Tのところを、49Tとショートにします。
 前回の耐久レースでは、皆様半クラ使いまくりで、あっという間にクラッチが滑りはじめましたので、クラッチに優しいセッティングに変えておこうかな、と思ったわけですが、49Tでコースにあうかどうかは、適当なので分かりません(^^;;
 はい、これが作業風景。
p10402841
 こんな画像はあってもなくても同じだとは思いつつ、毎回テキストだけでは芸がないので、何となく載せてみました(^^;;
 作業内容は、ボクでも出来る内容でしたが、ボルトを2本、なめてしまいました・・・ナットを緩めなかったばっかりに(T_T)幸い、我が家の玄関前に転がっているGSX-R250Rのリア足回りから部品取りできたので、作業は滞ることはありませんでしたけど。
 チョークワイヤーは、錆て戻りが悪くなっていたので、交換しました。
 エアクリを外すのが面倒なくらいで、これも問題なし。
 スピード・メーターワイヤーは、前回レース前の整備で、メーター・ギアの取付をミスったばかりに切れてしまっていたのを交換しました。オドメーターが動くことにより、耐久レースでは給油タイミングなどでより高度な戦略がたてられるハズです・・・たぶん(^^;;
 この作業も問題なし。サルでもできそうです。
 サイド・スタンドスイッチの取り外しは、途中でやめました。というのも、スタンドを掛けた状態では点火をカットするというこの仕組み、スイッチを取っ払えば問題ないのかな?と思い、外したまではいいのですが、そうするとギアを入れるとエンジンが止まるようになってしまいました。簡単な配線を用意すれば、容易にクリアできる問題でしたが、我が家のギボシ・セットがどこにいったのか、それを探すのに半日かかりそうだったので、また今度にしようと思ったわけです。
 久しぶりにエンジンを掛けたコブラ、キャブが詰まったのか、3気筒しか点火していない雰囲気でしたが、長くアイドリングをしたところ、詰まりが解消されたらしく、本調子となりました。
 圧縮が抜けているのが気になりますが、レース前の整備はこんなもので、大丈夫でしょう!

 そういえば、今日の笑える話し。
 ボクは、昔バイトをしていた日産の整備ツナギを着て、家の前で整備をしていました。
 家の前の駐車場には、コブラを除いてもバイクが5台並んでいます。さらに、道路に面した台所の中にもバイクが4台?
 そこに、和光ケミカルのルート営業のクルマがやってきたではありませんか!
 何かなぁ~と思ってみていたら・・・どうやら家をバイク屋さんだと思って、営業しなくては!と思ったらしいです(^^;;
 ボクがどこにでもいる普通の男だと言うことを説明したところ、わかっていただけました(^^)
 しっかし、どっからどうやって見れば、我が家がバイク屋さんに見えるんでしょうか?
 ちょっと考え込んでしまいました(^^;;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 10, 2005

200系レジアスエース(ハイエース)ガソリン車の燃費

 前にも書きましたが、当ブログはバイクネタで検索して見つけてくださる方よりも、ハイエース関係で検索して見つけてくださる方のほうが多いのが事実です。その中でも多いのが、トランポ仕様に関しての検索、たとえば、フックとか床貼りとかで、次に多いのが、燃費の検索です。なにげに、200系ハイエースとレジアスエースの違いを探していらっしゃる方もいらっしゃいますが、バンはどちらも同じです。強いて言うなら、販売チャンネルの違いで名称が違うことから、エンブレムが違うという当たり前の相違はありますけど。。。あと、ボクの場合はですけど、トヨペットでは値引きはごく普通のレベルで、交渉にもなりませんでした。トヨペットの営業がボクに言ったセリフは「それならネッツで買ってください」ですから(^^;;これにはびっくらコキましたですたい。同じネッツでも、ボクの場合は旧ビスタ店のネッツの方が、ガツーン!と値引きしてくれました。本当は一号車MR-Sの関係もあって、旧オート店のネッツで購入し、2台とも同じお店で面倒を見て欲しかったのですけど、その2社での差が8万円+付属品もあるとあっては、悩むまでもありませんでした。
 それはさておき、今日は燃費のお話し。
 毎日のように検索ワードに出てくるので、ちょっと計算してみました。
 信憑性をアピールするために、データを羅列すると、
2005年3月25日 55.85 51 410 359 6.427931961
2005年4月22日 52.65 410 731 321 6.096866097
2005年5月5日 54.01 731 1137 406 7.517126458
2005年6月4日 47.12 1137 1438 301 6.387945671
2005年7月2日 49.8 1438 1820 382 7.670682731
2005年7月16日 48.62 1820 2203 383 7.877416701
2005年8月5日 51.65 2203 2552 349 6.757018393
2005年8月19日 35.52 2552 2835 283 7.967342342
2005年9月3日 49.5 2835 3187 352 7.111111111
2005年9月23日 55.21 3187 3572 385 6.973374389
2005年10月7日 42.64 3572 3894 322 7.551594747
78.3384106 7.121674
ってことになるのですが、ブログの表示では見づらいとおもいますで、結論から申し上げますと、レジアスエースのS-GL:ガソリン車の燃費は、リッター当たり平均7.12kmということになります。
 積載状況は、たま~にコブラを積みますが、普段はNSR-Miniを1台に他、工具・ケミカル類です。
 上記データと使用時期を考慮しても、NSR-Miniとコブラを2台積載した時期に燃費が特別悪いわけではないので、まったく関係がないわけではないのでしょうが、データ上ではそれほど顕現化しないといったところでしょうか。
 使用状況は、街乗り60%(自宅付近30%、田舎道30%)、高速40%くらい(感覚的な数値)です。初期のころは、慣らし運転をしていたということと、高速道路を利用した遠征をしていないため、燃費が悪い傾向にあったと思われます。また、街乗りが多い+長時間アイドリングした場合、燃費が著しく悪くなります(当たり前~)。
 街乗りではエンジン回転数を3000rpm以上にする加速はほとんど行いません。坂道ではまったく登らないので、仕方がなくエンジンを回します。高速では100~120km/hで巡航してます。
 どーにも妙なのが、ガソリン車は3500rpm付近から気持ちのいい加速をはじめるのですが、それ以下の回転数では、まったくと言っていいほど、トルクがありません。荷物を積んで走る前提のバンで、なしてこんなセッティングなのか、理解に苦しみます。排気ガスをクリーンにするためでしょうか? コンピュータを交換したら、低速トルクが嘘そのように出るなら、地球環境など考慮することなく、ボクは迷わずトルクを出す方を優先するでしょう。そんな考え方は、エコロジーな方々にはご批判を浴びるところでしょうが、なんと言ってもボクは2スト乗り。環境なんて気にして乗ってられません(^^;;

 ってことで、レジアスエースの燃費のお話でした。
 
    HollowPointのメインページ


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2005

白糸スピードランドでレース応援

 今日はあいにくの雨模様となりましたが、白糸スピードランドで開催される「2005 TT91 RIDINGSPORT CUP(白糸ライディングスポーツカップ)第5戦・チャレンジクラスに出場する巻×巻さんさんのヘルプとして、「HollowPoint RacingService」初の活動日です。
 チーム名は、その名も「Waltz+BSGP組+HP RacingService+Ychan LOVE」。名前が長すぎて掲載が難しいため、「HollowPoint」は「HP」に省略です(T_T)
 巻×巻さんへのヘルプ内容は、人足1名の提供他タイヤウォーマー・発電機などのハード面でのサポートです。
 今回のサポートにあたっては、いくつかの条件を提示してありましたが、その内の一つが、チーム名に「HollowPoint RacingService」を入れることでした。結果、省略されてしまったのは残念ですが、妥当な理由があるので致し方なしとしました。ちなみに、提供した人足1名というのは当然このボクのことです(^^;;「HollowPoint RacingService」では技術は提供できません・・・(T_T)
 他、条件ですが、これは内緒。巻×巻さん、よろしく!!、とだけ言っておきましょう(^^;;

 さて、ボクは6時に茅ヶ崎を出発、いつものように、東名を御殿場でおりてから、富士山スカイラインを通り白糸スピードランドに向かいました。薄々は予想していたのですが、案の定富士山スカイラインは視界20m程度霧の中。ものすごく緊張しながら運転をし、無事8時に現地入りしました。
 現地の天候も濃霧+雨です。雨は降ったり止んだですが、雨が止むと濃霧が出て、濃霧が薄らぐときは雨が降っているというような、レースには不向きな天候でした。実際、濃霧を理由にレース進行は遅れ、中止も危ぶまれましたが、レインコンディションの中、段取りに若干の変更は加えられましたが、無事開催されました。主な変更は、練習時間が省略され、練習=予選となったことです。

 ボクは早速巻×巻さんのNSR50のチェーン洗浄をしました。油汚れ+砂利で、いかにもロスが大きそうなチェーンで、どうしても洗浄したくなったのでした(^^;;
 巻×巻さんはレインタイヤを用意してこなかったので、ブリジストン・タイヤのBT-601SSでレースに臨みます。
 ボクにはとても真似できません。
 路面も思い切りウェットなので、タイヤウォーマーの効果はそれほど期待できないのかも知れませんが、予選前と決勝前にはタイヤを暖めてみました。ちゃんと暖めると、50度弱までタイヤ温度は上がるみたいです。

 巻×巻さんの予選結果は、2位。
 チャレンジクラスでは、予選で速い人にはハンディキャップがつくので、決勝では最終列+20秒後スタートという悪条件でのスタートでした。
 巻×巻さんは決勝のスタートでちょっと恥ずかしいミスをしたものの、順調に順位を上げレース中盤には1位独走状態になりました。後半戦では、2位のマシンに追い上げを許し、徐々に差を詰められましたが、そのまま逃げ切りゴール。
 決勝結果は優勝でした。巻×巻さん、おめでとう!

 ボクは巻×巻さんの優勝を見届けると、その足でユースケさん宅に向かいました。御殿場にあるDIYショップ2店「ジャンボエンチョー」と「カインズホーム」を案内してもらうためです。
 無事、ユースケさんと合流し、まずは「ジャンボエンチョー」へ行きました。目当ては「ブラストキャビネット」です。求める条件は、12インチのホイールがブラストできること、でしたが、大きさは十分にあり、無事ゲット! 詳しくはまた後日当ブログで報告します。
 「カインズホーム」ではジェットヒーターを購入予定でしたが、温風を出すタイプか赤外線のタイプか、悩んでしまい購入は見送りました。冬の野外で使用するのにいいのはどちらなんでしょう? 誰か教えてください!

 と、いうような一日でした。
 う~ん、今日の文章はいつも以上に気に入りません(T_T)

   HollowPointのメインページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2005

ビーチサイドグランプリ走行

 昨夜からの雨の影響で、朝起きて空をみると曇天でした。路面もウェット。
 今日は、ユースケさんとビーチサイドGPを走ろうと打ち合わせをしていましたが、お互いに中止を確認しあい、本日の出撃は中止となりました。
 早朝からすることのないボクは、ユニディ湘南平塚店に行ってみることにしました。
 商品の揃ったDIY店は、眺めているだけでも飽きないものです。
 ところが、ユニディ湘南平塚店へ向かう途中、空が見る見る晴れていくではないですか。
 早速ユースケさんに連絡を取ったところ、同じことを考えていたようで、ユースケさんとビーチサイドGPで合流することとなりました。
 ボクは、買い物を済ませ、一旦家に帰って装備を積み込み、ビーチサイドGPに向かいました。
 到着は9時半。路面はほぼ乾いていましたが、一部水たまりが出来ていたので、管理人さんの許しを得て、水掃き?に励みます。少なからず効果はありましたが、これで体力を著しく消耗してしまいました(^^;;

 今日の主なお知り合いは、ユースケさんと、レイさん、他(^^;;の皆さんでした。
 いままでチャンバーで走っていたユースケさんがノーマルマフラーで走るというので、興味津々。ユースケさんは慣れないノーマルマフラーに苦戦しているようでした。
 ボクは本日も転倒。これがまたつまらない転倒で、1コーナー進入のブレーキをミスし、コースアウト。いつものようにコースに戻ろうとブレーキをかけたところ、草が水でぬれていため、そのままフロントから転倒。マシンのダメージは汚れただけ、身体のダメージもツナギが汚れただけでしたが、つまらない転倒をしてしまいました(^^;;
 レイさんは途中でエンジン不調を訴えていらっしゃいました。やさしいユースケさんが、トラブル・シュート! CDI、IGコイルを試し、結局キャブと判断。キャブの清掃で無事復活!
 今日のレイさんは、ユースケさんを後ろから追い回してました。すごい!

 ボクのタイムは、とても平凡なタイムに終わりました。
 コッチーの教えを実践中ですが、なかなか思うようには行きません。

 あ、GETHOTのタイヤ・ウォーマーをなんちゃってで使ってみました。
 3~40分暖めて、タイヤの表面温度をはかったところ、42~45度くらいにはなっていました。
 9月9日のブログで紹介した「オーム電気 離れてはかれる赤外線温度計」がはじめて役に立ちました。
 ウォーマー、やっぱ結構すごいかも。
 また今度、写真を撮って紹介させてもらいます。
 
 あとおしらせ。
 ビーチサイドグランプリで行われる3時間耐久レースにエントリーすることが決まりました。
 マシン提供は、ユースケさん。ありがとうございます!!

   HollowPointのメインページ

   NSR-mini整備記録

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 02, 2005

今日から秋?

 6月くらいからダイエットを始めて、今日ほど空腹に感じたことはありません。
 今日は休日出勤でしたが、仕事をしながら、ビスコ(←毎日食べてるくらい好き!)をぱくぱく食べていましたが、夕方になって俄然食欲がわいてきました。きっと、身体が来る冬に備えて、エネルギー=脂肪を蓄えようとし始めたにちがいありません。なんてこったい!やらせはせんぞ~やらせはせんぞ~。太ってたまりますか!
 しかし、身体の素直な反応を見るに、今日からきっと秋なんですね、ボクの体内では。
 よく聞く話では、食べたい、と思う物を身体が欲している、といいます。おそらく、事実なのでしょう。人間の身体はホントによく出来ているものです。
 今日ボクが「食べたい!」と衝動的に感じた食品は・・・「日本そば」・・・(^^;;
 う~ん、蕎麦のどんな栄養を身体が欲したんじゃろか? 疑問符いっぱいです。
 ってことで、会社帰りのセブンイレブンで「とろろそば」でも買おうかな、と思ったところ、売ってませんでした(T_T)
 ふと目に付いたのが、「冷たい塩ラーメン」。カロリーは310kcalとの表示。これは、最近ボクが「カルビー堅あげポテトうすしお味70g」といっしょについつい食べてしまう「ジャパンフリトレーまちのお菓子屋さんカリカリチーズ65g」が371kcalってことを考えると、全然おっけーことで、いつの間にか対象は蕎麦からラーメンに変わっていたのですが、食べたあとまで気づかないボクなのでした(^^;;
 ちなみに「カルビー堅あげポテトうすしお味70g」は358kcal。さすが-25%低油分というだけあって、ヘルシーじゃのぉ~(^^;;ってどこがじゃぁ~!

 と、こんなつまらないネタでお茶を濁すのも、最近またちょっとアクセス件数が増えているため、リピーターの人たちを飽きさせてはいけないと、がんばってみた結果なのでした(^^;;ぉぃ

   HollowPointのメインページ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2005

ビーチサイドグランプリ走行

 今日はけーいちさんが走れないというし、走ろうかどうしようか散々悩み、いつもよりも2時間遅れでビーチサイドGPに到着しました。
 それから、さらに悩むこと1時間半、ようやく走行を決意し、先日の走行のおさらいをしてみました。が、ダメ。先生が前を走っていないと、全然ダメ。思うように走れません。それを示すかのように、本日のベストラップ、平均ラップともにいつもよりも+0.5秒という感じでした。
 それでも、チャウチャウの子供達に刺激されるように走行するも、前を走っていたNSR50の方が1ヘアで転倒。ボクはそれをよけこともでず、轢いてしまいました。フロントタイヤが転倒した方の背中に直撃したので、慌ててしまいましたが、どうやら大丈夫のようでした。ほっとひと安心。
 しかし、それでテンションが下がってしまい、本日の走行終了。
 気のせいか、タイヤがもうダメなんでは?と思いました。
 6時間を目安にすればいいのでしょうか?
 なんだかもったいないような気が・・・。

   HollowPointのメインページ

   NSR-mini整備記録

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »