« ブログのこと | Main | まとめ買い・・・衝動買い・・・単なる浪費癖? »

October 31, 2005

髭の悲劇

 2002年11月9日に購入し、以来愛用していた電気シェーバーが故障しました。
 ビーチサイドGPなどでボクを知る人が聞いたら「おぃおぃ、おまえ髭なんて剃るんかい?」と言われてしまいそうです。肌の弱いボクは、髭を剃ると絹ごし豆腐のようにきめ細やかな肌が荒れてしまうため、お肌の休息日として週末は髭を剃らないので、ボクを知る人は大抵髭ヅラのボクしか知らないと言うわけです。あ、髭ヅラって言っても、髭のカツラじゃありませんよぉ~。
 ボクの可愛らしい顔と柔肌に似合わないこの硬い髭は、ボクの人生の中でもある意味悲劇だと思います。
 髭が、ワイヤーのように硬いんです。無精髭ズラはワイヤーブラシに相当します。チャンバーの錆も、ほおずりで落とせてしまうくらいです。 
 カミソリで剃るには、髭を十分蒸らさなくてなりませんし、電気シェーバーでもきれいに剃れない上に、肌は荒れ荒れです。
 一時期、肌に優しいというのでフィリップスの3ローター(20Bエンジンではありません)の電気シェーバーを購入したことがありましたが、それでも剃りあとがヒリヒリして肌に汗がにじむ夏などはとても耐えられず、基本的にはシックのカミソリを愛用してきました。
 ところがある日、電気屋さんで出会ったのがこの電気シェーバーです。
p10403611
 松下電工の電気シェーバーES8092「ラムだっちゃ」!・・・もとい・・・「ラムダッシュ」!
 電気シェーバーなのですが、ウェット剃りといって、普通のカミソリ用のシェービングクリームを使って、カミソリのように剃れるんです。価格comなどを見ると、人それぞれに相性があるようで、評判がよかったり悪かったりするようですが、ボクには最高でした。以来、ずっと愛用しています。もう二度とカミソリには戻れない、そう思わせるくらいです。唯一の欠点は、やはり価格comなどに書かれていますが、構造的な欠陥を抱えているようで、水分が内部に進入し、充電が出来なくなったりするトラブルが多数報告されていることです。ボクも、かつて同じ症状で2度ほど修理に出しています。保証期間が切れたあとでも無償修理で戻ってくるところを見ると、やっぱ欠陥なのね?と思わざるを得ません。そして、今回3度目となる故障です。また無償で修理してもらえるかな?と期待しつつ、4年も使っていますし、今度が有償だったら悔しいので、修理を悩んでいるところです。
 毎日使うものですから、ないと非常に不便です。修理か、それとも代替えか、悩んでいたところで、ボクの目に飛び込んできたのがこれです。
p10403621
 その名も、「シック クアトロ4エナジー」。なんてナイスなネーミングなんでしょう!
 ヘッドに装備された高回転モーターが振動を発生させ、ひげそりをサポートするというアイディア商品です。
 その基本原理は、エヴァンゲリオン初号機に標準装備されている近接戦闘専用武装「プログレッシブ・ナイフ」からヒントを得たに違いありません!!いや、ブロースーペリアの高周波ソードでしょうか?(ここまで来たら誰も着いて来ないかな?(^^;;)。

 でも、ダメでした(T_T)
 この程度の振動では、ボクの髭には太刀打ちできません・・・。
 やっぱラムダッシュの新機種買うしかないかなぁ~。はぁ(T_T)お金ないし。。。

 すみません、ここまで書くのに1時間以上掛けてしまいました(T_T)
 疲れたので、中途半端ですがおしまいにします(^^;;

 最後に一言、ラムダッシュのウエット剃り愛好者の方々へ。
 シェービング剤は、シック・アクアムースが最高です!


|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 髭の悲劇:

Comments

Post a comment