« お知らせ | Main | Jha RCVタイプカウルセットforNSR mini »

October 15, 2005

ビーチサイドグランプリ走行

 曇りでしたが、天気がもちそうだったので、今日も海老名のビーチサイドGPに行って来ました。
 早速?、管理人さんに昨日見たフェラーリの件を聞いたみたところ、噂は本当で、管理人さんのフェラーリでした。びっくり!一ヶ月に一回くらい、乗ってくるそうです。コース内を走ったことがあるのかどうかきいてみたところ、あるとのこと(^^;;しかし、さすがにフェラーリでの走行は厳しいそうです(^^;;

 さて、いつもよりは遅れてビーチに到着しました。とはいっても、8時過ぎ。
 今日は小さな虫(羽蟻?)がブンブン飛んでいて、いつのまにか虫まみれになっていました(T_T)
 場所を変えても、すぐ虫に取り囲まれてしまう次第・・・これがギャル(死語?)だったらどんなによかったか・・・。 パーツクリーナー攻撃でも虫はビクともせず、不愉快この上なかったです。
 ライターを持っていれば、パーツクリーナー+ライターのファイアー攻撃でなんとかしたいところですが、残念ながらボクはたばこを吸わないので、ライターを持っていません。次回からは、工具箱に入れておこうと思いました。

 今日の主なお知り合いは、レイさんに、コッチーでした。
 事前の天気予報から出控えた人がいたのか、台数は少なく、天気はいいので、グッド・コンディションでした(たまーに小雨が降ったりしましたが、気になるほどではありませんでした)。
 コッチーの到着が遅れたため、ひとりウォーミングアップしてみましたが、どんなにがんばってもタイムがでません。今日はライブラップ(トランスポンダーでの計測結果をwebで確認できるサイト)のサーバーが停止していたため、どの程度のタイムが出たか、管理人さんに聞きに行かないと分からないという不便な状態でした。
 これでもか!と攻めて、タイムを確認しても、せいぜい31秒9。さすがにこれにはびっくり。
 実は、ビーチサイドグランプリのHPに掲載されているコースレコード表に、新たにチャンバー付き、ノーマルチャンバーの区別ができ、ノーマルチャンバーには今、誰の掲載も無いため、今だけのコースレコードを狙うためにがんばっていたのでした。が、さすがに31秒9では、不満です。
 原因は、ズバリ、タイヤだと思いました。
 そこで、用意していた新品タイヤを組み付けたホイールに換装、コッチーも到着したことから、いっしょに走ってもらいました。
 コッチーは、先週末富士スピードウェイで行われたST600の地方選手権で優勝したとのこと、なんだか教わる方としてもありがたみ倍増です(^^;;
 やはり、タイムが落ちていた原因はタイヤでした。新タイヤで走ったところ、アベレージが上がり、自己ベストタイムも若干更新できました。そのタイムは、31秒1。ものすごく速くはありませんが、31秒9よりはマシなので、管理人さんにHPへの掲載をお願いしておきました。現時点、まだ更新はされていないようですが、これ以上のタイムで走った人がいなければ、コースレコードで掲載されるはず?!そうだと、うれしいなぁ。どうせ今だけだし(^^;;
 ちなみに、コッチーは30秒台でラップしていますが、計測器なしなのでコースレコード表に載ることはありません(^^)うっしっしっ
 最近マシになったとはいえ、ボクの体力はあっという間に限界に達してしまうため、今日もコッチーとずっといっしょに走り続けることができませんでした。当然、お叱りを受けてしまうのですが(T_T)
 そのコッチーは、レイさんを引っ張ることにしたらしく、二人でグルグル回っていましたが、コッチーに引っ張られ、レイさんも自己ベスト更新とか。31秒7だそうです。コッチー曰く、ラインもなにかもでたらめなボクに比べ、ラインがしっかりしているため、まだまだ伸びる要素があるとのこと。レイさんに負けないようにがんばらねば!っていうか、レイさんの後ろを走ってラインを勉強するようにコッチーに言われてしまいました(T_T)

 ヘアピンがうまく走れないボクの課題はまだまだ多いです。
 何とか、30秒台に入れたいのですが、そのまえにちゃんとしたラインを走れるようになるのが先のようです。

   HollowPointのメインページ

   NSR-mini整備記録

・・・最近、こんなへたくそな文章を公開していてもいいものか悩んでます(T_T)


 

|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ビーチサイドグランプリ走行:

Comments

Post a comment