« 超高速錆落とし RS-R1000 | Main | キムコ スーパー9S バッテリー交換 »

January 25, 2006

GSX-R250R(GJ73A) リア17インチ化

 やはり、今年はCOBRAではなく、GSX-R250Rで行こうと思っています。
 COBRAのリアホイールは、VJ22A(ガンマ)の17インチリアホイールを流用していますが、リアの車高は特に変更していません。その代わり、フロントを5mmほど適当に突き出していますけど。
 GSX-R250Rも、COBRAと同様リアホイールは17インチ化するつもりですが、今年も少なからずSLyを走ることを前提にしているため、車高についてはもう少し真面目に考えようと思っています。
 リアの車高が下がった帳尻を合わせるのにフロントを突き出ししたのでは、当然バンク角が浅くなるわけですが、SLyのマフラーが路面に接地する第2コーナーを考慮した場合、少しでもバンク角は確保しておきたいところです。そうすると、フロントの突き出しはそのままに、リアの車高を上げなくてはなりません。
 ボクの思いつく方法は2つ。1つは、ショック長を伸ばすことで、2つめは、リンク比を変えることです。
 前者の場合、リアショックそのものを交換しなくてはなりません。社外か純正品流用かは別にして、現在のリアショックよりも長くて250ccクラスに相当する代替品が必要になります。後者の場合は、サスペンションのロッドの長さを変えることにより可能となります。
 まずボクは、比較的簡単だと思われる後者の方法で試してみようと考えています。前者の方法がベストだとはおもうのですが、予算も絡みもありますので。
 そこでちょうどいい例として、GSX-R400(GK73A)が参考にできるかもしれません。同じ形式のモデルでありながら、88(RJ)がリア18インチ、89(RK)が17インチです。両者のリア回りのどこが違うかというと、スイングアーム、リアショック、サスロッドが異なります。なんだ、全然違うじゃん!ってことなのですが、ここでは一つの前提として、スイングアームの違いは補強の有無だけ、リアショックの違いはパーツ番号のみ、と勝手に決めつけます。なぜと問うなかれ、そうとでも考えなければ、車高調付きのリアサスを購入するしかなくなるわけですから。
 GSX-R400のパーツリストで確認すると、88(RJ)のサスロッドが「L:198.6」で、89(RK)のが「L:196.5」と掲載されています。もし、GSX-R250Rのサスロッドが「L:198.6」だとしたら、89(RK)用のロッドをそのまま流用すればOKなんて、大甘な考えでいるのですが、どうでしょうか?
 残念ながら、GSX-R250Rのパーツリストには長さの掲載がないので、今度現物で確認してみるつもりです。スイングアームリンクなどは250と400とで共通部品の割に、サスロッドは部品番号が違いますので、無理かもしれませんけど。
 ショック長が違えば、この前提は大きく崩れてしまうのですが、ヤフオクで悪名?高き「アイラ○モーター」の出品で確認したかぎりでは、88(RJ)は305mm~310mmだと思われますし、GSX-R250Rも310mmってことで、やってみる価値は、あるかも知れません・・・。ないかもしれません(^^;;
 実は88(RJ)って明確な記載はないんです。しかし、89(RK)のである可能性は非常に少ないですし、いずれにしても89(RK)のリアショックが手元にあるので、こいつの寸法も測ってみなくては、と思う次第です。

|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference GSX-R250R(GJ73A) リア17インチ化:

Comments

Post a comment