« 洗濯機の話し | Main | 今月の電気代 »

January 15, 2006

非常に悩んでいます

 洗濯機のトラブルが、いまだに尾を引いています。
 また水漏れしました。が、なぜ、どこから漏れるのか、それがわかりません。
 脱水もうまくできませんし。ベルトがキュルキュル鳴っているところを見ると、ベルトの調整もしくは交換で直りそうな気もするのですが、水漏れとは別でしょうし。このまま水が漏れ続けると、床がホントに腐りそうです。
 あ~、どうしよ~、悩むぅ~、あ~。

 今日は珍しく、劇場で映画を見てきました。
 あつさん、お誘い下さってありがとうございます!
 横浜まで行ったのですが、ボクにしては珍しく、電車で行くことにしました。
 毎日のように横浜を通過しているボクですが、普段は早朝と夕方にしか電車に乗らないので、日曜日の普通の時間の電車というのはとても新鮮でした。
 そして、劇場も何年ぶりなんでしょう?。
 劇場に、行列が出来るほど人がいるなんて・・・
 いつも家でDVDで見てしまうので、最近の映画館事情などまるで知らないボクには、ある意味カルチャーショックでした(思わず心の中で「デカルチャー」!とつぶやくのでした(^^;;ぉぃ)。
 見た映画は「男たちの大和」。渋いぜぇ~。
 あらすじ。西暦2199年、地球はガミラス軍からの攻撃を受けて放射能に汚染された。人類滅亡の危機のなか、イスカンダル星のスターシャから放射能除去装置を取りに来いと言うメッセージとともに波動エンジンの設計図が届いた。そこで、イスカンダル星まで行くために、秘密裏に第二次世界大戦の戦艦大和の改造がはじまった。物語は、戦艦大和を宇宙戦艦に改造・波動エンジンを搭載するため悪戦苦闘する漢達のドラマである、って言うのはお約束のウソです、ハイ。・・・長いウソ(^^;;しかもミエミエ
 映画がはじまったと同時に、音楽は久石譲センセイとわかってしまいました。う~ん、毎度のことながらワンパターンです。
 内容は、シリアスでした・・・すみません、ボキャブラリが貧困で、これ以上は語れません(^^;;
 人物紹介もあまりなく、ぶつ切りで必要以上に感情に訴えるお涙頂戴ドラマの寄せ集め。本編は2時間40分もあるのになぜ?って、それは必要以上に長い戦闘シーンのためだと思われます。戦争の悲惨さを視覚的に訴える、というよりも、それは大義名分で、本当は戦艦大和をネタにした戦闘シーンを撮りたかったのね?という感じでした。・・・なんていうと面白くなさそうですが、そうでもありません。面白い!とは言えませんが、面白くない!とも言えません。ボクとしては、似たような戦闘シーンはもっと省いて、もっとドラマを厚くして欲しかったな、って感じです。
 いや~、劇場はやっぱいいですね。我が家の80インチスクリーンのホームシアター+サラウンド環境で、結構満足していますけど、劇場にはかないません。ひとりではなかなか劇場に足を運ぶことが出来ない性格ですが、定期的に劇場に行ってみたいな、と思ったのでした。

 家に帰ってから、コブラのタンク内にまたしても水を発見した話しは、また後日にでも。。。
 今年のSLyの耐久レースは、GSX-R250Rで参戦することになりそうです。
 コブラからも部品取りをしますけど、どなたかそんなコブラでもいいから手を入れて耐久レースに出たいという方、いらっしゃいますか?
 いたらご連絡下さい。

|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 非常に悩んでいます:

Comments

いやはや、すみません、あんまり面白くなったみたいですね~。 (笑)
私も招待券じゃなかったらチケットを買って観たかどうかは微妙・・・。
でも、少なくともああいう戦いってものをして亡くなった方々がいるから今私たちは呑気にバイクとか乗っていられるんですよね~。 ありがたいなって思えた映画ではありました、ハイ。

Posted by: あつ | January 16, 2006 12:36 AM

どもども(^^)

いやいや、映画、よかったですよ。
いっぱい人が死ぬ映画なので、面白いか否かって基準で考えるのがよくないのかもしれませんね。
っていうか、日本の古きしきたりに従い、映画を見たときとラーメン食べたときはうんちく垂れろってことで、ちょっと無理してみました(^^;;

Posted by: のり | January 16, 2006 08:39 PM

Post a comment