« ダンロップ TT92GP 待望の新発売! | Main | NHK受信料 »

February 18, 2006

GSX-R250R レストア

 今日も7時まえからバイクの整備です。
 タイトル、変更したのに気づかれましたでしょうか?
 SP(RFK)の圧縮がなかったことにより、計画通りベースマシンはSTD(RK)に移行予定ですので、タイトルを変更したわけです。
 朝早くからRKのエンジンを始動させるわけにはいかないので、まずRFKのリアサスを外します。リアサスをワンオフ製作のために、外してメーカーに送ってデータを取ってもらうためです。
 作業はちょっと苦戦しましたが、コツがわかれば簡単でした。
 リアサスを外した状態で放置するわけにも行かないので、かわりにGSX-R400R【GK73A】のSPのリアサスを突っ込んでおきました。
 そうそう、先日車高のことで、400を参考にするような計画を書きましたが、机上の空論で終わってしまいました。というのも、250と400のショック長が全くちがうのです。それはもう「マジ?」ってぐらい長さが違います。
 たっぷりの時間があればいいのでしょうが、リンクロッドの最適な長さを調べ、流用できるマシンを探し出すことは事実上不可能だと思います。ネットでそいうことをやっている人の記事が見つかればいいのですが、いまのところ見つかりません。
 リアサス交換後は、シートレールの交換を行いました。実は、RFKとRKとでは、シートレールの形状がやや違うのです。ベースはほぼRKに決定と思われるので、RFKのパーツをRKに移植です。

p10406121

 上の画像は、シートレールを外した2台のGSX-R250Rです。
 アルミのシートレールの後ろに、件のシートレールが取り付けられています。
 本当は、そのシートレールを付けずに、このままの状態の方が軽量化できるのですが、ノーマルのシートカウルが取り付けできなくなってしまいます。FRPのシートカウル、あればいいのですが。
 いよいよエンジン始動です。OHしたキャブを取り付けて・・・4番のフロートチャンバーからガスが漏れました。キャブクリーナーでシールがワカメみたいにのびのびになっていたのです。失敗しました。急遽、RKのキャブから部品取りをして、やり直しです。
 エンジンは、あっけないほどすんなり掛かりました。
 煙も出ません。音も静かです。吹け上がりも、「これだよ!」ってくらい力があります。
 これで、ベース車はRKに決定です。RKにRFKのクロスミッションを組めば、事実上RKがRFK同等となります。
 RFKとRKとでは、ステムも違います。RKのステムは、フォークをボルト1本で締めるのに対し、RFKはボルト2本で締めます。材質も、RKがスチールのところ、RFKはアルミニウムです。さすが、SP! スポーツプロダクション!!
 その作業途中で、あつさんが我が家に到着。あつさんの愛車ハーレーのマフラーについたキズを取るためです。
 雨の走行で、カッパがマフラーに焼き付いてしまい、それを取るのにペーパーを当てたらいいと知り合いから教えてもらい、実践したそうなのですが、バフ仕様のマフラーにキズがついてしまったそうなのです。ひでーアドバイスだ、と思いつつ、なんちゃってバフ掛け職人となり、マフラーをなんちゃってバフ研磨しました。
 なんとか及第点?
 ってことで、あつさんが帰った後、RFKのステムを外し終えたところで、本日の作業は終了です。
 中腰での作業が多いので、腰が痛いです。


|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference GSX-R250R レストア:

Comments

のりさん、どうもです。
昨日はありがとうございました。
おかげでキズついた我が鉄馬のマフラー
はピカピカになって嬉しい限りです。
素人な私は、貰ったアドヴァイスをもう少し
突っ込んで調べてからすれば良かった
です。(泣) これからはいただくアドヴァイスも必ず
きちんと自分で確認して理解する
ことという教訓となりました。
でも、親切なバフ掛け職人さんが見つかって
良かったですよ。 助かりました!

Posted by: あつ | February 19, 2006 11:40 PM

>あつさん

どもども(^^)
普通アドヴァイスの裏は取らないと思うので、やっぱデタラメ教えた人が悪いってことだと思いますよ。
いずれにしても、キズが目立たなくなってよかったです(^^)

Posted by: のり | February 20, 2006 10:44 PM

Post a comment