« 神の手(上・下) | Main | あれこれ »

February 04, 2006

雷鳴

 佐伯泰英著、交代寄合伊那衆異聞シリーズの第二弾です。
 この著者の小説は、「密命」を読んで以来お気に入りです。
 数多くのシリーズを抱え、小説を量産しまくっているはずの著者ですが、一定レベルの品質を確保しているのがすごいです。
 悪くいうと、どのシリーズもワンパターンなのかもしれませんが、それがイヤに思うどころか、安心して読めるのです(たま~に頭の中で、他シリーズの設定と登場人物がこんがらがりますけど)。ストーリーがドロドロしていないというか、ハッピーエンドっていうか、出来すぎた話ばかりなのですが、現代がこんな世の中のせいか、知らず知らずのうちに安らぎが得られるような気がするのでした。もちろん、無敵の主人公のヒロイズムにも魅せられます。
 通勤電車の中で暇にしている人は、まず密命シリーズの第一弾「密命」から読んでみることをおすすめします。
 時代小説だからといって、敬遠する理由はなにもありません。面白いです!

 ・・・「神の手」のつまらあまりのなさに、その途中でこの小説を先に読んでしまったのでした。

 

|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雷鳴:

Comments

Post a comment