« あれこれ | Main | 洗濯機騒動最終話 »

February 06, 2006

会社早退

 のりピー、ゲリピーなの・・・。
 そんなわけで、会社を早退しました。
 まじ?そんなので会社早退?とおっしゃる企業戦士ガンダムな方もいらっしゃるかもしれませんが、はい、その通りです。
 とても仕事なんてしていられません。せっかく会社まで行きなら、そう、有名高校野球部の万年補欠のように、ベンキを暖めてばかりはいられません。
 なにより、幻聴が聞こえてくるのです。それはどうやら、新造宇宙戦艦アンドロメダ級アンドロメダの艦橋での会話のようです。

 「エネルギー充填50%・・・」
 「エネルギー充填80%・・・」
 「エネルギー充填100%・・・」
 波動エンジンが臨界に達する音が、どんどん高まっていきます。
 「エネルギー充填120%!!」
 「総員、耐ショック、耐閃光防御!」
 「拡散波動砲、発射~」

 かくして、拡散波動砲は放たれるのでありました(^^;;
 だって、のりピー、ゲリピーなんですもの・・・
 くどいですか?くどいですね?はい、このフレーズはお気に入りです。
 そして流れる油汗。ベアリングの潤滑にだったもってこいというくらい粘度の高い汗が流れ出ます。
 もう限界です。トイレでサボってる、と陰口をきかれるのもシャクなので、早々帰宅したのでした。
 こんなとき、通勤に利用する電車が湘南新宿ラインというのは助かります。なんたってバス・トイレ付き。
 再びエネルギーが臨界に達しても、粗相の心配はありません。
 池袋のホームで電車待ちをしていると、見知らぬ女性に話しかけられました。
 「あなたのために、1分祈らせて下さい」といわれたわけではありませんが、似たようなものです。
 女性と言っても、今時なぜか着物姿の老婦人でした。
 「鎌倉に行くには・・・」との質問でした。
 普段から非常に不機嫌そうな顔をしているボクですが、今日は事情が事情だけに、さらに不機嫌そうな顔をしているにもかかわらず、よく話しかけることができたなぁ~と、ちょっと関心。お腹に意識が集中しすぎて、ATフィールドの展開が弱かったのでしょうか?
 鎌倉までどの電車で言えばいいのかを訊かれ、さりげなくウソを返答。ウソっていうより間違えただけなんですけど、そしたらその老婦人に、間違いを指摘されてしまいました。
 ・・・なんだ、知ってンじゃん。んじゃ、訊かなきゃいいのに。
 ちょっと感じワルー。
 しばらくして電車が来ると、その老婦人、電車待ちの先頭にいたボクの後ろから、さりげなく割り込みです。
 かなり感じワルー。
 電車に乗ると、特に独り善がりな人間に遭遇します。
 だから電車は大嫌いです。
 電車の中では、ひたすら寝ることに努め、なんとか無事帰宅出来たのでした。

 風邪でも引いたのでしょうか?
 ちょっと症状が落ち着いたので、こうしてブログに書いている次第です。
 明日はちゃんと会社に行けるかな?

  

 


 

|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 会社早退:

Comments

Post a comment