« 2006年度 第1回REFINEオンロードミーティング | Main | 慣らしはどうすれば? »

March 12, 2006

GSX-R250R フロントフォークOH最終

 昨日の久々のスポーツ・ライディングの影響で、今日は上半身、特に腕が筋肉痛です。
 下半身ではなく、上半身ってところが、相変わらずニーグリップをせず、ハンドルにしがみついたデタラメフォームのせいだと思われます。結局何に乗ってもボクには進歩がないようです。
 午前中は怠惰にダラダラ過ごしました。バイクいじりをしようにも、強風が吹いていましたし、どうもやる気が出ませんでした。
 正午近くになって、ライディングサービスBONに行き、GSX-R250R/SP仕様のフロントフォークOHの続きをしました。
 まず、オイルシールに円陣家至高のABSO-FRIENDを塗布しました。
 これは、フロントフォークの動きをよくするためのものなのですが、フォークオイルを入れない状態での効果は抜群です。塗布した途端、インナーチューブがスコーン、スコーンと動きました。なんだか良さげです。
 OHと言っても、後はフォークオイルを入れて、油面を測って、組み付けだけです。
 フォークオイルにも、円陣家至高を選択しました。
 ABSO-RR、↓です。

p10407281

 このオイルの謳い文句をひとたび読んでしまうと、買わずにはいられないでしょう。
 もの凄くよさそうなことが書いてあります。そう、深夜のテレビ通販に共通する胡散臭いばかりの謳い文句です。
 しかし、ボクは抗うことができず、飛んで火にいる夏の虫~てな感じで、円陣家至高の製品を買い集めているのでした。
 油面の調整は、コレ↓で行いました。とても、426ccを量ることはできませんので(^^;;

p10407371

 オイル量さえちゃんとできれば、サクサクっと組み立てて完了です。

p10407381

 じゃーん。
 これが完成品。このフォークを車体に組み付けるのは、OH中のエンジンが車体に搭載されてからの予定です。
 現在コブラに使用しているハンドルをGSX-Rに移植予定なので、重複作業をさけるため、今やらないのです。
 コブラ退役が決定するのは、GSX-Rのエンジン完成時、後もう少しです。
 フォークの作業が終了したので、お店から早々に引き上げて、お昼寝して今日一日が終わってしまったのでした。

 昨日の走行会のレポートをアーブ山口さんがアップされていらっしゃいました。
 これです。
   http://www.maderv.com/VTR1000F20060311/20060311.htm

 皆さんも是非読んでください(^^;;
 コブラに乗ったボクもちょこっとだけ「コブラ氏」として登場しています。
 きっと、yktさんアーブ山口さんにボクを紹介して下さった関係で、気を遣っていただいたのだと思います。
 昨日のエントリー時にも、「もうエントリーしました?」なんて気軽に声を掛けて下さいましたし、こんなボクにまで気配りの人でした。アーブ山口さん、ありがとうございます!

 走行会のことをあまりにも書いていないのが申し訳ないので、ちょっとここに書きますと、昨日のコブラはこんな感じでした。

p10407331

 ・・・いつもと同じですね(^^;;
 LAP SHOTのセンサーはこんな感じで取り付けしました。

p10407321

 これでも全然磁気を拾わず、その後この位置から約5cmほど下げてみましたが、それでもダメでした。
 他のLAP SHOTユーザーさんのセンサー位置は、もの凄く低いので、次回トミンを走るときは、もっと工夫しなくてはならないようです。
 今週末は、筑波サーキット(コース2000)を走行予定なので、センサーはそのままにしておきました。
 筑波ではちゃんと磁気を検知してくれるといいのですが。

 ついでに円陣家至高のC.P.O.Rの使用レポートを簡単に。
 コレです。

p10407311

 いわゆる一つのチェーンルブです。
 いままでのボクは、大抵飛散防止タイプのドライタイプの白いチェーンルブを使用していました。
 ところが、ミニバイクを始めてわかったことは、この飛散防止タイプのチェーンルブでは、ほとんど潤滑ができていないということです。
 そこで、ボクはフッ素樹脂配合のワコーズ・チェーン・ルブが無くなったと同時に、GRPの潤滑スプレーやスーパーゾイルのチェーンルブを買ってみたり、試行錯誤中でした。
 先ほど胡散臭いなんて失礼なことを書いてしまいましたが、円陣家至高の説明に書いてあることはボクの実経験から潤滑に関しては理にかなっていると思え、早速注文したのです。ただ、高粘度のグリス・タイプではないのに、飛散しない、というのはちょっと信じがたいのですが、使ってみればわかるというものです。
 小さなスポイトを使用し、チェンの一コマ一コマにC.P.O.Rを塗布してみました。
 はじめは、現在チェンについているチェーンルブが剥離され、飛び散るそうなのですが・・・

p10407361

 実際、その通りでした。
 ホイールをきれいにした後では、飛散はありませんでしたが、チェンの動きは滑らかで、チェンの音も明らかに静かになっています。
 こいつは使えそうです。
 ただ・・・毎回チェーンをガソリンで洗浄しているミニバイクに、毎回毎回一コマずつ塗布するのはちと面倒かな、と思う次第です。さて、どうしたもんでしょうね。
 いずれにしても、円陣家至高、使えるかもしれないということです。
 ダマされたと思って使ってみて本当にダマされたと思っても責任は取れませんけど(^^;;


|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26695/9061688

Listed below are links to weblogs that reference GSX-R250R フロントフォークOH最終:

Comments

整備録拝見して参考にさせて頂いています。

Posted by: BEAT | September 19, 2017 at 03:27 PM

どもども(^^)

☆BEATさん>
適当なことしか書いてませんので、適当に流し読みいただけると幸いです。

Posted by: ポチ | September 19, 2017 at 09:30 PM

Post a comment