« 障害発生 | Main | 今、気になるヘルメット スコーピオンEXO »

April 08, 2006

GSX250S コブラ(COBRA)のクラッチ交換

 先日、スポーツランドやまなしで行われたレースで転倒はありませんでした。だからといって、マシンのダメージが皆無かというともちろんそんなことはありません。
 今回のレースでもっともダメージを受けたところ、それはクラッチです。
 ボクもレイさんも半クラを使用していないのですが、エースライダーのyktさんが半クラッチを多様したため、レースを1時間半経過した段階で、すでにクラッチはズルズルでした。おそらく、ウェット路面でのマシンの挙動(アクセルオン、エンジンブレーキ)を極力抑え、スリップを防ぐために、半クラを多用したのだと思います。あとは、単純に二次減速比があっていなかったこともその要因に含まれると思います。ボクのレベルが低すぎ、yktさんとのレベル差がありすぎたため、妥当なファイナルにセットできなかったのです。yktさん、ごめんなさい。他には、次期主力マシーン「GSX-R250R/SP」のデビュー間近ということもあり、ボク自身がコブラのセッティングを真剣に合わせようとしていなかったのも原因です。やっぱりyktさん、ごめんなさい。

 朝から毎度おなじみにバイク屋さん、ライディングサービスBONにコブラを持ち込んで、クラッチ交換を行うことにしました。
 トランポからコブラを降ろし、エンジンを始動、確認のためにクラッチを繋いでみたところが・・・「な、なんじゃこりゃ~!」。まともに発進すらできません。エンジンの回転数は上がりますが、バイクはノロノロと進むのが精一杯です。これはもう、クラッチが完全にご臨終されているようです。それにしても、こんなバイクでど~やれば51秒で走れるのか、ボクには想像もできません。
 エンジンオイルを抜き、エンジンの右ケースカバーを外してみると、異臭が漂います。

P10408451

 これは、何の臭いなんだろう? なんと形容すればいいのだろう?
 ちょっと考えて見ましたが、思いつきそうで、思いつきません。
 バラしてみたクラッチのプレートを見て、ようやく何の臭いかわかりました。

P10408461

 焦げた臭いです。
 ドライブプレートが、真っ黒です。
 BONさんには、クラッチの新品部品を注文してあり、ちゃんとお店に届いていましたが、ここでふと思いつきました。新品の部品を使用しなくても、いまOH中のエンジンのクラッチがあるではありませんか。コブラとGSX-R250Rとは細部こそ違いはあれ、同じGJ73Aという型式の同型マシンです。当然クラッチも同じです。
 せっかくなので、新品部品はOH中のエンジンに投入することにして、GSX-R250R復活と共に退役する予定のコブラには、中古のパーツを組み込みました。
 下記画像の左が焦げたコブラのクラッチ、右が走行距離1000km未満のGSX-R250Rのクラッチです。

P10408471

 色が全く異なります。
 クラッチがここまで焼けるとは・・・はじめて見ました。
 オイルフィルターは使い回すつもりでいましたけど、オイルの劣化具合も激しいので、急遽シェブロンを2リットルほど使用し、フラッシングしてから(あ、シェブロンってとっても安いオイルなんです)、フィルターも交換することにしました。
 クラッチの交換作業そのものは、とても簡単なので、サクサクっと終わらせます。
 エンジンオイルには、ワコーズの4CTにG.R.P.というオイル添加剤を5%添加して使うことにしました。

P10408431

 値段が高い添加剤なので、1リットルボトルを購入し、単位当たりの単価を下げる努力をしていたりして(^^;;

 オイルを入れて、今日の作業は終了です。
 あとは、BONさんにスチーム洗車機を使わさせてもらい、コブラの清掃をして、完了~。
 オイル漏れ無し、クラッチもちゃんと繋がります。エンジンオイルを交換し、エンジンも気のせいか元気を取り戻したようです。
 
 コブラはまだまだ、現役です!

|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference GSX250S コブラ(COBRA)のクラッチ交換:

Comments

どもです~
そういえば、yktさんにもお会いした事があります。
ご夫婦でとても速い方々ですね^^


Posted by: てら | April 09, 2006 12:43 AM

どもども(^^)

☆てらさん
そ~なんですよ、ご夫婦そろって、速いんです。
ボクの当面の目標は、レイさんに追いつくことだったりします。
ビーチでは辛うじて同等くらいですが、他では全く相手にしてもらえないくらいのタイム差です。
ボクがレベルアップしないことには、耐久レースも興ざめってことになりかねないので(もしかして、すでに??(T_T))、ちょっとがんばるモードです!

Posted by: のり | April 09, 2006 07:39 AM

Post a comment