« RGV-Γ250 SP オーバーホール その3 | Main | 富士スピードウェイ・ショートコース ミニバイク5時間耐久レース »

April 26, 2006

RGV-Γ250 SP オーバーホール その4

 昨日のタイムカード(実際にはPC入力)の退社時間は、17:00ジャストでした。
 今日も17:00ジャストに帰ろうとしたところ、上から「どうやったら17:00の打刻ができるのか」と指摘されてしまいました。もちろん、17:00ジャストに帰るために、カウントダウンを行っているからなのですが、「今日も17:00ジャストの打刻です」と返答しておきました。たぶん、質問に対し、求められた回答ではないような気がしますが、今日は「すいすい帰ろう水曜日」です。きっと神様が許してくれるに違いありません。
 そんなわけで、今日もライディングサービスBONに遊びに行きました。
 けーいちさんのRGV-Γ250 SPのエンジンは、さらに分解されていました。
 幸いなことに、クランクケースは無事だったようです。
 さすがのボクも、クランクケースまでダメだった場合は「ププッ」と笑ってはいられなかったかもしれませんが、内心ちょっと残念な気分です(^^;;なんてうっそピョ~ン
 タイトルは「その4」としましたが、自分のバイクでありながらもしかするとクランクケースの中身と一生ご対面しないかもしれないけーいちさんに贈る作業風景というのが今回の記事の意図だったりします。
 こんな優しいボクのために、きっとけーいちさんがざんまいの焼肉をごちそうしれくれるに違いありません。
 期待してますよ!けーいちさん!
 では今日の画像。

P10500161

P10500171

 クランクケースの画像です。
 いや~、他人事ながら、完成が楽しみです。
 ボクのGSX-R250RのエンジンOHは、けーいちさんのマシンを優先させるために、休止中ってわけではなく、再びSST待ちだったりするのでした。


|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference RGV-Γ250 SP オーバーホール その4:

Comments

Post a comment