« スポーツランドやまなしでのタイム | Main | CSI: 科学捜査班 SEASON 3 »

April 19, 2006

RGV-Γ250 SP オーバーホール その2

 今日も会社から帰って、その足でライディングサービスBONに行きました。
 いよいよけーいちさんのRGV-Γ250SPのオーバーホールがはじまるようで、準備が進んでいました。
 まずこれ。
 テクニクスでオーバーホールされたリアサスペンションです。

P10408961

 純正のリアサスをオーバーホールしただけなので、特にビジュアルに訴えてくるものはありません(^^;;
 画像だけを見ても「へ?」って感じですね(^^;;
 そして、これがダンロップの新モデル「スポーツマックスGPRα-10」です。

P10408941

 GPR-70SPがミドルスポーツの専用モデルだったのに対し、「GPRα-10」はスーパースポーツと統合されています。そのうちの、「H」レンジがミドルスポーツ向け、つまりGPR-70SPの後継モデルという位置づけなのですが、ホンマにミドルスポーツのことも真剣に考えて開発してくれてるのかな?とちょっと心配になってしまいます。ただ、ライバルたるブリジストンのBT-090の発売が2001年ってことを考えると、もう250cc~400ccの時代は終わってしまったんだな、と寂しくなると同時に、真剣に開発していなくても、ラインナップしてくれただけマシなのかも?、と卑屈になってしまう自分がいます。
 このタイヤについては、けーいちさんのインプレを待ちたいと思います。

 BONさんによると、まず足回りを整備してから、エンジンに進んで行くようです。
 そこで、けーいちさんにご報告~。
 スイングアームリンクのベアリングが錆びていたそうです。

P10408951

 VJ23Aは、1996年式と、いまや旧車と呼ばれてもおかしくない部類のバイクです。
 スイングアームリンクの新品パーツは、もう入手できないそうです。
 今回は、ベアリングの交換なので、直接関係はないようですが、部品がない=機能維持が難しくなる、ってことで、ある意味、ボクのGSX-R250Rも、けーいちさんのガンマも、もはや同じジャンルのマシンと言えるでしょう(^^;;ププッ


|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference RGV-Γ250 SP オーバーホール その2:

Comments

どもです。
おっしゃる旧車で速い走りをしちゃうんですよね^^;
でも、こういった手に入らなくなった部品ってどうするんですか?

Posted by: てら | April 19, 2006 09:39 PM

どもども(^^)

☆てらさん>
ボクはヘボいですけど、けーいちさんならきっと速いに違いありません!このガンマにボクはGSX-R250Rで挑みますが、あまりにもマシンの性能差を感じるようなら、ペンタックスSPで勝負するつもりです・・・そのころはペンタックスの乗り方を忘れている可能性が大なんですけど、っていうか、もう忘れてるし(^^;;
手に入らない部品は、ヤフオクでゲット!
それしかありませんね~

Posted by: のり | April 19, 2006 09:45 PM

どもぉ
ただいま一時帰宅中です
ネットもつながりました!
OHレポ有難うございます
ベアリング錆びてましたか
さすがに2年以上放置しましたからね~
今度の駐輪場は屋根すら無いので
更に厳しくなりますす
ちなみにもうずっと乗っていないので
どんな乗り物だったかすら覚えていません(^^;)
きっと乗ったら「こんなはずでわ・・・」
ってなるでしょう
もう部品も無くなりつつなる今日この頃
今回のOHが最後になるはず
(レストアマニアでは無いのでマメに部品を
 収集するような事はたぶん無いです)
でももう町乗りはほとんどしないので
この先意外に長持ちするかも知れませんね(^^;)

Posted by: けーいち | April 22, 2006 10:56 PM

どもども(^^)

☆けーいちさん>
今日お店に行ったら、車体は終わったとのことでしたよ~
ってことは、これからエンジンですね!
早くSLyに行きたいなぁ~、行きましょう!

Posted by: のり | April 23, 2006 10:37 PM

Post a comment