« スコーピオンEXO EXO-700VG | Main | RGV-Γ250 SP オーバーホール その4 »

April 25, 2006

RGV-Γ250 SP オーバーホール その3

 前回までのあらすじ・・・。
 RGV-Γ250 SPに乗るけーいちさんは、ある日愛車のパワーチェックを行い、笑劇的な事実を知ることになりました。ベガスポーツのチャンバーに輸出車用イグナイターで武装したマシンは、見るからに60馬力オーバーのオーラを醸し出していたにも関わらず、実際に計測したところ、後輪出力はメーカー自主規制45馬力ジャストだったのです。あまりのショックに、けーいちさんはミニバイクに現実逃避したのでしたが、ある日、ふと目覚めたけーいちさんは、RGV-Γ250 SP復活を心に決め、実行に移したのでした。バイクを持ち込んだのは寒川所在のライディングサービスBON、かつて筑波選手権シリーズSP250に参戦していたお店です。けーいちさんは、きっちりマシンを仕上げようと、前後足回りはフルOH、前後ホイールベアリングも交換し、サスリンクのベアリングまでも交換するという気合いの入りっぷりです。27000km近く走行し、ガラガラ蛇よりもうるさくなったエンジンは、ヤフオクでン万円だして購入した実走行5000km未満のエンジンを腰上OHして搭載の予定です。作業は順調に進み、車体回りの整備が終わり、さてエンジンのOHへ、というところから、今回の物語ははじまります・・・。

 今日も17時ジャストに会社を抜け出してきました。
 ボクが17時ジャストに帰る様は、いまや珍しい光景ではありませんが、ボクなりに気を遣います。
 さりげなく、あたかもトイレに行くがごとく雰囲気で、ささっと抜け出してくるわけなのですが、気の利いた人はわざわざ大きな声で「お疲れさま!」と声を掛けてきます。その瞬間、ボクは匍匐前進でドアまで行き、姿勢を低くしたままエラ~い人に見るからないように抜け出てくるわけです。
 それはさておき、せっかく早く帰るんだから、と、帰宅し、すぐにライディングサービスBONに遊びに行きました。
 ボクがBONに向かっている途中、ちょうどBONさんからメールが入ったようでした(お店について気が付きました)。
 内容は・・・「けーいちさんのコンロッドが・・・」とタイトル一行。実は画像もついていたのですが、すでにお店にいたので、画像をみる必要はありませんでした。
 コレです。

P10500011

 わかりますか?
 では、さらにアップ!

P10500021

 はい、コンロッドが曲がっています。
 実走行5000km未満、実働エンジンだったはずなのに・・・恐るべし、ヤフー!オークション。
 確かに実働ではあっても、これでは・・・。
 かくして、ここにまたひとりの被害者を生み出したのでした。合掌(T_T)
 幸い、シリンダーは無事だったようです。

P10500051

P10500071

 この画像じゃよくわかりませんよね。
 曲がったコンロッドについていたピストンは、こんな感じです。

P10500081

 ピカピカになってますね。

 ってことで、けーいちさんはクランク交換も決意したそうです。
 漢ですね~。腰下OHとは!
 費用はかさみますが、どうせなら腰下までやるべきだったのでしょうし、結果オーライでは?
 なんて思ってみたりして。これで、ブンブン回るエンジンになるわけですからね。

 ふっ、そこまでして、ボクのGSX-R250Rに勝ちたいのですか?(^^;;大人げないな~
 ププッ!


|

Comments

Post a comment