« July 2006 | Main | September 2006 »

August 27, 2006

湾曲ラダーの話し その2

 先日、安い湾曲ラダーとして、アストロプロダクツの製品を紹介させていただきました(そのときの記事はコチラです)。

 うれしいもので、ボクのブログを見て、購入したという方にお会いできました。
 長野県にお住まいのとおるさんです。

 お声掛けいただき、実物を見たことのなかったボクは、早速現物を拝ませていただきました。
 それがコイツだぁ!

P10506661

P10506671

P10506681

 いやはや、なんとまぁ・・・チープな作りでした(^^;;
 もちろん、求められる機能に問題はありません。しかし、値段相応というか、なんというか・・・チープでした(^^;;
 とおるさん、ごめんなさい!

 でも、安いと言うことはいいことです。
 オススメできるかどうかは、割り切れるかどうかということですが、機能に問題がないのであれば、割り切ってしまいましょう!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

スポーツランドやまなし練習走行

 お誘いを受けたので、スポーツランドやまなしに行って来ました。
 先週連チャンだったのに、と言われそうですが、ちょっと納得行かない部分がありましたので、忘れないうちに反復練習を、と思った次第です。

 往き道、相模湖付近では雨でした。
 韮崎に行って雨だったら交通費丸損だなぁ、と不安がよぎりましたが、中止の連絡は入ってきませんので、レッツゴー!です。
 笹子トンネルを抜けると晴れだといいな、と思っていましたが、道路の表示では雨のとのこと。
 ほとんど諦めていましたが、笹子トンネルを抜けたらドライでした(^^)

 SLy付近は、明け方雨が降ったのかところどころ濡れていましたが、天候がもてば、ドライで走れそうです。
 日曜日の練習ははじめて(だったかな?)でした。
 7時30分、いつものようにボク一人かと思ったら、続々トランポがやってくるではありませんか!
 天候が今ひとつぱっとしないので、走行時間毎にチケットを購入するつもりでいましたが、人が多いのでリスクを覚悟の上で、朝2と午後1を購入しました。
 結果からいうと、そのままドライで走れました。

 今回の課題は、アクセル・カチッ!です。
 yktさんからアドバイスをもらいました。
 yktさんは、ハイスロが欲しくなるくらいボクのGSX-R250Rで全開にしているそうですが、ボクにはできません。
 特に、ストレート、キンク、39R-24R でアクセル・カチッ!を実行してみては、と事前におしえてもらったので、がんばってみることにしました。

 1本目。
 新タイヤなので、数周は怖くてアクセル・カチッ!どころか、普通にバンクもさせられません。
 2度ほど転倒車による中断がありました。他人事ながらドキドキです。
 走行が再開されると、徐々に、慎重にバンク角を増やしていき、いよいよ全開チャレンジです。
 早速、むむ!と思いました。
 アクセルをカチッ!と開けることなんて、意識すれば出来ると思っていましたが、ストレート以外では出来ません。キンク、39R-24Rともに、アクセルをカチッ!と開けると、孕んでコースアウトしそうになってしまうのです。
 簡単だと思っていたのに。
 何周かして、気がつきました。これを読む人には、バッカじゃねーの?と言われるかもしれませんが、カチッ!と開けるためには、そのためのラインを走らないとダメなのです。言い換えると、まだまだ不完全ですが、ラインを変えると、いままでよりはカチッ!に近づきました。
 なんだか違った楽しみが見えた感じです。
 ところが、ストレート以外ではボクよりも速くない大型車の後ろを走ることになり、試したいことを満足に試すことができないまま、集中力が切れました。
 1本目、終了です。この段階での本日のベストタイムは43"890。自己ベスト+約1秒ですが、カチッ!の意味に気がつき、楽しくなってきたので特に焦りはありませんでした。
 そうそう、GSX-R250Rが18000rpmまで回せることも確認できました。思いっきりレッドゾーンですので、常用は躊躇われますが、コブラよりも1000rpm多く回せる感じです。すばらし~。

 2本目。
 カチッ!が完全に上手くできるわけではありませんが、意味がわかり、走りが変わってきました。
 もちろん新タイヤのグリップ力で不安無く走れるのも大きいです。
 ストレート。3速まで使用します。1コーナーのブレーキングで縦揺れの振動が発生するようになりました。ディスクが曲がっているわけではなさそうです。フォークの底付き? 未確認ですが、気にせずブレーキングを行います。
 1コーナー。目線が変わりました。立ち上がらずに、そのまま減速して2コーナーに進入していましたが、一瞬でもアクセルを開けるようになりました。しかし、回転数が合わず、マシンをあまり加速させることはできません。
 2コーナー。1コーナー立ち上がりでアクセルを開けてすぐにアクセルオフ、そして1速にシフトダウン。ブレーキを使用せずに減速してそのまま立ち上がります。
 3コーナー→キンク。進入手前で2速にシフトアップ。同時に曲がりながらアクセル・カチッ!マフラーを擦ったりするので、まだ右に寄せ切れませんが、はらみ具合は少なく、カチッ!の具合もマシになりました。ラインが変わり、アクセルをカチッ!とするために、目線の方向も変わりました。
 4コーナー。目線と、肘の力みに注意!
 10R。一気に寝かし込み!といきたいところですが、躊躇いコーナリング。肘の力みも気になります。
 39R-24R。3コーナー→キンク同様、ライン取りをいままで以上に考えるようなりました。左の盛り上がり?ギリギリにつけるようにして、右バンク。飛ぶのが怖いです。立ち上がりもカチッ!としきれませんが、かなりマシになりました。
 で、最終。タイヤを信じてフルバンク!でも、カチッ!が遅れます。早くすると滑りそう、コンクリート塀に張り付きそうという恐怖心が・・・。
 こんな感じでしょうか?
 走っている他のマシンは、バカっ速な人たち多数、他、遅い人の後ろで団子になる人多数といった感じで、ボクは後者の団子組なので非常に走りづらかったです。
 いろいろ理解しはじめたのですが、試したいことが試せません。
 幸い、後続が切れたので、ペースをダウンしクリアラップを狙いました。
 で、タイムアタック。57"140の次が42"926。自己ベストには及びませんでしたが、42秒台が出そうと思って意図通りだせたので、満足です。2週目のクリアは狙えそうもないので、そこで2本目の走行終了としました。

 アクセル・カチッ!について。
 ホント、当たり前のことなんです。言葉では上手く言えませんが、よく言われるライン取りもそのためのものです。しかし、アクセルを早く開けるためのライン取りとか普通に言われても、理解していませんでした。
 去年毎週のように乗ったNSR-Miniは、CR80用のスーパーハイスロなので、常にカチッ!状態でした。そのため、かえってアクセルを早く開けるということの重要性がわかっていませんでした。やっているつもりになって、満足していたのです。
 今回、GSX-R250R/SPでは実際アクセルが開けられないコーナーがあったことが幸いしました。それで、気がついたからです。非常に大きな収穫です。ライン取り、とか、アクセルを早く開ける、と、言われるよりも、同じ意味であっても、「カチッ!」この方がわかりやすく、かつ、深いです。
 これからの合い言葉は、「カチッ!」です。

P10506691

 今日ご一緒した人~(五十音順→アルファベット)

☆とおるさん
 はじめましてではありませんが、はじめましてでした。
 今度は、ファイアーブレード、持ってきてください。

☆MSC総帥(?)さん
 アプリリアRS250をそこまで速く走らせるなんて、すごいです。
 ボロボロ(失礼!)のマシンには、むしろ貫禄を感じます。
 また誘ってください!

☆y氏さん
 ステッカーありがとうございました。
 サーキット用の外装に換装してあり、一見ボロボロ(失礼!)でしたが、なにげ高級パーツ盛りだくさんでびっくりしました。そして、気合の39秒台。さすがです!今度ボクはペンタックスでリベンジします!・・・ウソ!絶対かないません。

☆2だぼさん
 お名前伺い忘れました(^^;;ごめんなさい。
 はじめてのSLyで41秒とは!すごいです。
 ちょっとハイサイドしちゃいましたけど、復活したらまたよろしくです。

 ってことで、書かなきゃ!と思う長文は相変わらず苦手なボクなのでした(T_T)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2006

明日はスポーツランドやまなしで練習です

 先週の結果があまりにもひどかったので、明日もSLyに行って来ます。
 タイヤのせいにはしたくありませんが、それなりに摩耗しているのも事実なので、今日、新タイヤをセットしておきました。もちろん、BT-090です。
 クロスミッションに馴染めるといいのですけど。

 工具を無くしました。
 1/4へクスのビットです。定価にして210円ですが、金額じゃないんです。
 性格的に、いつか無くす、いつか無くすと思いつつ約1年半、無くさないでいられたのですが、ここにきて無くしてしまうなんて。とても悔しいです。
 シグネットの工具は入手性が悪いので、悔しさ倍増です。

 家の中がきれいであれば、あ!って感じで出てくるのかもしれませんが、いまの状況ではそれも望めそうにありません。
 最後に使ったのは、先週金曜日の夜です。
 明日、SLyから帰ってきたら、作業した家の前に落ちてないか探してみようと思います。
 あると、いいなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 24, 2006

SPIDI A80 PENTA 購入

 去年、毎週のように転倒して、装備がボロボロになりました。
 なかでも一番ダメージを受けたのがグローブです。
 これ。

P1050638

 画像ではわかりづらいかもしれませんが、穴が空いたり破れたりしています。
 このグローブは、SPIDIの「A80 PENTA」といって、なんとブーツ並のお値段・なんと31,290円!もするので、そう簡単に捨てるなんてことできません。
 そんなわけで、一応補修に出してみたのですが、買うほど掛かります、との回答で、補修は断念。
 補修できないのなら、しょうがないよね?ってことで、新たに購入したのが、こいつ↓です。

P1050643

 はい、同じモデル、同じサイズ、同じカラーリングです(^^;;

 一度指を骨折すると、どうも普通のグローブでは安心できません。
 このグローブだから大丈夫という根拠があるわけではないのですが、高いだけのことはあるよね?と、安心を買ってみました。

 でも、またボロボロになるのかと思うと、もったいなくて使えなかったりします(^^;;


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2006

RunaboutPartyⅢ@スポーツランドやまなし

 昨日は韮崎のビジネスホテルに泊まり、今日はりんたまさん主催の走行会「RunaboutPartyⅢ」に参加です。
 お手伝いをしなきゃ!ということで、5時起床、5時半にはSLyに到着しました。
 驚いたことに、すでにトランポが5~6台並んでいました。
 みなさん、気合入りまくりですね?
 ゲートはオープンしておらず、りんたまさんはトランポの中で寝ていました(^^;;
 起こすのも悪いと思い、20分ほどぼぉっとして過ごしましたが、6時前には起きられ、準備開始です。
 準備といっても、あまりお手伝いできませんでした(^^;;りんたまさん、すみません。

 も~気合入りまくりだったはずのボクですが、昨日のタイムがあまりにもお粗末だったために、初っぱなから走行クラス変更のお願いをしてしまいました(^^;;
 ずっと悩んでいたのが、新タイヤを投入するべきか、ということと、ファイナルを変えるか、ということです。
 昨日yktさんにいただいた話しでは、BT-090はまだまだグリップするはず、そして、ファイナルも悪くない、とのことでした。
 確かに、あっという間に41秒台ですから、その通りなのだと思います。 
 ただ、タイヤについてはマシンをコントロールするテクニックの差がありますし、ファイナルも速度の差があります。
 yktさんからは、自分の乗りやすい方向で試してみては?とアドバイスをもらっていますし、結局ファイナルを変えることにしました。タイヤは、タイヤのせいにするのはあまり前向きではないと思い、新タイヤはスペアホイールに履いたものを用意していましたが、交換しないことにしました。
 ファイナルは昨日のF13-R48からF13-R49にしてみました。

 1本目。
 先導をyktさんが行います。1周して、ピットイン。
 そして、Go!
 それなりにペースを上げてみたつもりですが、昨日の悪夢再現、って感じです。 
 1本目はコーナーでの追い越しが禁止されています。遅いボクが直線でがんばってしまうと、行列ができてしまうと思い、直線では他車に道を譲りました。
 タイムは・・・報告するのも躊躇われます。ま、全開で走っているわけでもないので、仕方がないということにしておきます。
 ファイナルは、やはりショートか?
 いつものペースではないので、的確に判断することは出来ないのですが、今後の課題をクリアしていくため、無難なファイナルよりも、ちょっと背伸びをしたファイナルに、ということで、走行後F13-R48に戻しました。

 2本目。
 やや勘を取り戻したかな?という感じ。しかし、コブラで走っていたときのイメージとはギャップを感じ続けます。
 クロスミッションを使いこなせない、ということの他にも、腕に力が入り過ぎていいることも分かりました。
 コブラのときは10Rや最終では普通に膝を擦っていましたが、今日は無理に膝を出すと擦れるけど、出さないと擦れない、という違いがありました。ボク的には、バンクさせ過ぎと思っているので、バンクさせずに旋回する方向に持っていきたいところですが、レベル的にはまだそこまで到達していないようです。
 タイムは、43"451。いまいちです。

 3本目。
 みんなの写真を撮ってあげよう!と、走行しませんでした。
 ところが、最終コーナーには人が数人立っていて、上手く撮れないこと、そして、最終進入付近に駐車しているクルマが邪魔で、被写体を追いかけてシャッターを切ることができないことから、写真を撮ることを断念。
 3本目はボクのクラスからの出走でしたので、走ることも出来ず、ちょっと無駄になってしまいました。

 4本目。
 最終コーナーはやや感覚を取り戻しました。走行データからも、裏付けられました。
 しかし、テンションは上がらず、終了。
 同じレベルの大型バイクの後ろについてしまうと、抜けないし、全開にできないし、ちょっとつらい状況です。
 一旦ピットイン入って、クリアを狙ってみましたが、ピットに入ったことによって集中力が切れてしまい、シフトをミスしたので、終了としました。

 総括。
 自分の課題はクリアするどころか増えてしまいました。
 ボクの脳みそは、シングル・タスクなので、コブラのときと同じレベルになるには、またしばらく掛かりそうです。

 イベントとしては、とても楽しかったです。
 いままでネットだけだったお知り合いと会えましたし、新たな交流も生まれました。
 とにかく全体のレベルも高く、40秒を切る人が何人もいました。
 それでて、ギスギス感もありませんでした(^^)
 また参加したいと思います。
 
 今日ご一緒したお知り合いは多数のため、記載は割愛(^^;;すみませ~ん

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2006

スポーツランドやまなし練習走行

 今週末は2連チャンでスポーツランドやまなしを走ります。

 今日は完成したGSX-R250R/SPでの初走行。
 いままでのコブラとは、エンジンが違います。全バラのOHエンジン!圧縮がぬけ使用限界を超えたエンジンとはひと味違うはずです。ミッションもSPのクロスミッションにしました。キャブだってSP用のキャブです(これはセッティングの幅が広いだけで、いじっていないので関係ありませんが(^^;;)。マフラーだってノーマル管からダイシンのレーシング管になりました。
 これが期待せずにいられましょうか?

 5時起きのつもりでしたが、2時半には起床してしまいました。これがただ目が覚めただけならまた寝てしまうのですが、スカッと爽快に目覚めてしまったので、寝るに寝られませんでした。結局、そのまま起きて、予定よりも早く出発しました。
 普段は中央道相模湖ICに行くのに、246から412というルートです。先日は宮ヶ瀬を抜けてみたので、今日はやや遠回りになるのですが、246→129→413というルートを使ってみました。起伏が少なく、急カーブも少ないので、結構走りやすく、所要時間もそれほど変わらないので、ちょっと気に入りました。

 現地には7時過ぎに到着。明らかに早すぎましたが、20分程度でゲートオープンされました。
 走行時間まで寝て過ごそうかと思ってましたが、うきうきして眠れないので、社外アッパーカウルのライト穴をプラ板とカッティングシートで塞いでみたりして。
 千葉から来られたapriliaRS250乗りの方と、実家の千葉から大阪に帰省途中に立ち寄ったというR1の方のお二人に相手をしてもらい、寂しくなることなく(^^;;時間が過ごせたのでした。
 しばらくするとしんさんも到着し、勇気100倍です。

 エンジンを暖気、レーシングしてみたところ、8000rpmで吹け上がりが鈍ることに気がつきました。先日の富士スピードウェイではなんともなかったのですが・・・。もしかすると、SLyはFSWよりも標高が高いのでしょうか?
 きっとそうに違いない!と思い、早速キャブを開け、ニードルのクリップ位置を変えてみました。・・・簡単そうに書いていますけど、実際簡単なんですけど、実はOリングをエンジン側に落としたり、ネジを落とし見失ったりと、走行時間が迫る中、かなり慌てての作業でした(^^;;つくづく不器用なんだなぁ、と我ながら情けなくなりました(T_T)
 クリップ位置を変えたのは成功でした。実際走行して比較したわけではないのですが、レーシングしてみると8000rpmで鈍る症状は消えました。よし!

 そして、1本目。
 アレ?って感じです。
 エンジンの調子はいいのですが、ギア比があわず、全然ペースが上がりません。
 ファイナルはエクセルで計算し、COBRAのそれと一番近い値で決めてきたのですが、どうもショート過ぎます。
 たしかに、机上では1速でややロング、2速でややショートであることは分かっていましたが、クロスミッションである以上COBRAと全く同じにはできないので、仕方がないと思っていたのですが・・・。
 結局、43"785が最高で、ほとんど44秒台でした。
 エンジンOHの効果がぁ(T_T)泣きたくなります。
 しかも、第3コーナー(バンク)でマフラーを擦ってしまいます。なんてこったい、オリーブ!

 走行後、ファイナルをF12-R48からF13-R48に変更し、2本目に挑戦です。
 マフラーの接地対策もしたいのですが、ミニバイクで車高を上げすぎ走りが変になってしまった苦い経験があるので、リアの車高を上げるのは躊躇われます。散々悩みましたが、車高は上げず、このままの状態で辛抱することにしました。

 2本目。
 1本目よりマシになりましたが、どうもダメな気分です。
 今度は1速は問題ないけど、2速がロング過ぎるような。
 しかし、全くダメという感じもしません。
 2ヶ月ぶりの走行で走り方を忘れてしまったのか、タイヤがダメなのか、もしかして、ダイシンのレーシング管になったことで低速トルクがなくなってしまったのか?・・・いずれも自分で明確に判断できているわけではないので、さらに悩んでしまうことになってしまいました。
 タイムは、43"674でした(T_T)

 午後になって、yktさん、レイさんが到着。
 GSX-R250R/SPは、SLyでの耐久レース用に仕上げたということもあり、早速yktさんに試乗してもらいました。
 あっさり41秒台・・・仕上がりは悪くないみたいです。強いていうと、ハイスロにした方がもっとアクセルを開けていられるということでした。やはり、ボクとは次元が違うようです(T_T)
 ファイナルも問題なし、とのこと。ボクとのタイム差が2秒あることが影響しているようです。ボクがあと2秒ペースアップできれば、同じ視点でファイナルを考えることができるのでしょう、きっと。

 3本目も走ってみましたが、44秒台の連発で終わりました。
 エンジンは良くなっているはずなのに、タイムアップに結びつけることが出来ず、消化不良です。
 腸にカーボンが溜まって便秘気味です、って感じ?みたいな~。
 かなり落ち込みました。

 しんさんは、1本目すぐに10Rで転倒。
 幸い、マシンのダメージもなく、2本目は様子見みたいな感じでしたが、3本目は調子を取り戻したようで、いいペースで走っていたようです。

 yktさんは、スリックタイヤが滑るとのことで、ベストタイム更新にはいたらなかったようです。
 最終からの立ち上がりでマシンがブルンとなる(ように見える)のが迫力満点です。ストレートはそのまま怒濤の加速です。1300ccのマシンを全開にできる人からすると、250ccのパワーなんて屁でもないのかなぁ~?ボクも大排気量で練習したら、250ccなんてパカパカ全開にできるのかなぁ~と、隼が立ち上がってくる度に妄想しきりでした。

 レイさんは、ベスト更新で満面の笑顔でした。yktさんに引っ張ってもらったようでしたが、ちゃんとついていけるのだから凄いです。ちなみに、ボクはレイさんを追いかけてみました。ストレートで引き離されるなら排気量差ってことで仕方がないと思うのですが、コーナーすべてで引き離れて、ストレートでトドメを刺されました。前回のタイムであればもう少しマシな引き離され方だったと思うのですが、今日はお話しにならない感じです。くぅ~

 走行後はみんなで「ゆーぷるにらさき」に寄り、温泉に入り、近所のファミレスで夕食をご一緒させてもらいました。とても楽しかったです。

 そして、今日は韮崎に取った宿に泊まり、明日に備えます。
 チェックイン後、30分以内には爆睡モードでした。


 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 18, 2006

今週末の予定

 今週末の予定は、スポーツランドやまなし走行です。
 しかも、土・日、連チャンで。
 土曜日は、通常のスポーツ走行で、日曜日は、りんたまさん主催の走行会「RunaboutPartyⅢ」に参加します。
 自宅からスポーツランドやまなしは遠いので、今回は泊まりがけです。
 なんだか「遠征」って感じで、ワクワクしてしまいます。
 マシンも、GSX-R250R/SPですし、ベストタイムを狙うとかではなく、オーバーホールして真のパワーを取り戻したマシンを楽しんでこようと思います。
 そんなわけで、今週末のブログはちょっと更新できそうにありません。

 もしかして、更新を楽しみにして下さっている方がいるとするなら、いまのうちにごめんなさいです。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 14, 2006

富士スピードウェイ カートコース走行

 富士スピードウェイ内にオープンしたカートコースに行って来ました。
 カートコースとは言っても、持ち込みのバイク走行も可能です。
 ガレージ茶畑が運営しているとあって、要するにビーチサイドGPの富士スピードウェイ版って感じです。

 今日の目的は、GSX-R250R/SPの慣らしを行うことです。
 早速エントリーし、数周走ってみましたが、当然慣らしで走るにはしんどいコースです。
 そこで、ちょっとマズいかな?と思いつつ、富士スピードウェイの通路外周をグルグル回って慣らしを行ったのでした(^^;;ごめんなさい

 そして、我慢しきれず全開にしてみました。
 すばらし~
 谷がありません。8000rpmで引っ掛かることなく、吹けきります。
 低速トルクも十分あります。
 クロスミッションの繋がりもレーサーのようです。
 これがGSX-R250R本来の性能なのか、と、ひたすら感動です。
 
 2次減速比はコブラを参考に近づけて見ましたが、ギア比が違うことからそのまま同じにはできません。
 このギア比がマッチしていれば、SLy、トミンともにベスト更新が出来そうなくらいのパワー感でした。
 早く試してみたいです。

P10506521


 今日ご一緒して下さったのは、えいさん
。なんでも、もう30秒台に入ったとか。相変わらずの速さです。
 ボクも今度来るときはミニバイクで行こうと思います。

 しんさんもご一緒して下さいました。
 ボクもしんさんも今日がはじめての富士カートコースでしたが、慣らしを理由にビビリまくっているボクに対し、しんさんは普通に攻めていました。このコースではちょっとかないそうにありません(T_T)リベンジはNSR-Miniで行いたいと思います(^^;;

 あ、昨日の耐久レポートは書きかけですが、このままずっと書きかけのまま放置される可能性が大です(^^;;ごめんなさい


| | Comments (9) | TrackBack (0)

August 13, 2006

モトカップ富士ショート5時間耐久 参戦

【書きかけ】
「モトカップ富士ショート5時間耐久レース」参戦。

 クラス分けは下記の3クラス。
   ☆2スト50cc
   ☆4ストの124cc以下
   ☆2ストの85cc以下

予選43位


結果 総合5位、クラス優勝(2スト50cc)

 チームとしては、3時間まで総合1位
 その後、転倒、他黄旗無視のペナルティあり

 って感じ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 09, 2006

GSX-R250R/SP第一段階完成

 今日はGSX-Rをいじるために有給休暇を取りました。
 朝一で、SPのタンクを外し、タンク内をチェックしました。
 残念なら錆を確認。錆取りできる程度でしたが、一応レーサー(のつもり)なので、先日手に入れた赤/黒のGSX-R250Rのタンクを外し、タンク内をチェックします。
 お! 錆、なし!
 本当は、青/白のスズキ・ワークス・カラーがよかったのですが、タンク優先ということで、外装は赤/黒を選択することに決定しました。

 そして、ライディングサービスBONに行って最終作業です。


 ↓ちょっとわかりづらいですが、手前にコブラ、その奥横にGSX-R250Rが並んでいます。
 コブラで使っていたSPのフロントフォークをGSX-R250Rに移植する作業です。
 BONさんには、ステムのベアリング交換をお願いしました。

P10506201


 キャブもOHです。
 ボクが自分でOHしていましたが、吹け上がりが悪く、BONさんにお願いしてしまいました。
 結果、一気筒だけスローが詰まっていたようです。他は問題なし!

P10506211


 いつもの光景です(^^;;
 しかし、マシンはGSX-R250R/SPです。
 同調もちゃんと取ってもらいました。

P10506221


 今日行った作業は、リアキャリパーをOH済みのキャリパーに交換、ナイトロンを外し、スイングアームを干渉しないように加工、前述の通り、SPのステムを取り付け(ベアリング交換)、フロントフォーク移植、コブラで長すぎたアールズメッシュホースの長さ調整(カット)、外装取り付け(フレームスライダー用の加工)といった感じでしょうか?

 ↓これがフレームスライダーです。
 エンジンマウントを利用してつけています。アンダーカウルは穴開け加工しています。
 結構いい感じです。

P10506261


 そして、完成!!

P10506281

P10506291


 今日もお店に12時間以上いました(^^;;
 エンジンのレスポンスも期待通りです。
 あとは、軽く慣らしを行って、サーキットデビューです!!

 


| | Comments (2) | TrackBack (0)

アクセス数新記録更新

 昨日のアクセス数が、いままでの新記録となりました。
 アクセス数1010、訪問者数512。
 いままでの記録をダントツに上回る記録となりました。
 分析としては、おそらく一人の方が記事を通して閲覧してくださったから、と思われますが、それでは訪問者数の説明ができず、詳しくはわかっていません(^^;;アクセス解析の見方もよくわかってませんし。
 いずれにしても、記録更新ってことだけは確かなようです。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2006

GSX-R250R/SP エンジン始動!

 いまさらGSX-R250R/SPのことは説明不要だと思います。

 今日朝一から12時間以上、ライディングサービスBONにいました。
 いろいろあり、作業がすべて完了したわけはありませんが、取りあえずエンジン始動までは行えました。

 今日は画像メインでお届けします。


 GSX-R250Rの車体です。
 エンジンがないととてもスッキリ、外装もないので車種不明です。

P10505951


 コブラからナイトロン(リアショック)を外しました。そのままGSX-Rに移植します。

P10505981


 コブラの後ろでは、ボクがお店を広げています。
 BONさんの工具を借りてしまうと、お店の営業に支障をきたすかと思い、トランポに積んでいるマイ工具で作業です。

P10505991


 ボクがのんびり作業している間に、お店の中ではGSX-Rにエンジンが積まれました。

P10506001


 コブラから外したナイトロンをGSX-Rに移植しました。
 サスのバネの外径がやや太く、スイングアームに干渉するため、スイングアームをベルトサンダーで少しばかり削りました。

P10506011


 下記上段がSPのステム、下段がノーマルのステム。
 前者がアルミ、後者が鉄という違いがありますが、クランプの方法もちがい、見るからに剛性が高そうです。

P10506021

P10506031


 ステムのベアリング交換中。
 ノーマルのボールベアリングから、ガンマ(VJ22A)のテーパーローラーベアリングを流用しようとしましたが、失敗でした。ベアリングのサイズは同じはずなのに、合いませんでした。残念(T_T)
 作業は後日に持ち越しです。諦めてノーマルのボールベアリングにします。

P10506041


 今日はここまで。
 ナイトロンだけではなく、ハンドル、リアホイールも移植しました。フロントフォークと、ブレーキは来週の予定です。
 ダイシンのレーシング管が新たなアイテムです。

P10506161


 超レーシー。
 でもないかな?

P10506191


 いや~、GSX-R250R、手前味噌ですが、格好いいです。
 さすがレーサーレプリカ黄金の年、1989年式です。

 ただ、残念な事実も・・・
 ハンドル位置を低くしているせいで、フロントブレーキにラジアルポンプ・マスターが入りません。メーターに思いっきり当たってしまします。

 さて、来週にはとりあえず完成予定です。
 しかし、真の完成は、来月予定です!!


| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 05, 2006

更新遅滞してます・・・

 全国1200万人のGSX-R250Rマニアの皆様、更新が滞り申し訳ございません。
 ついに資金繰りが焦げつき、借金取りから逃げ回る毎日でございます。
 今日も催告書がポストに・・・。

 それでは皆さま、またの機会に。
 さいなら、さいなら、さいなら。

 ・・・というネタしか思い浮かびませんでした。
 暑さのせいでしょうか?

 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »