« September 2006 | Main | November 2006 »

October 29, 2006

スポーツランドやまなし耐久前練習走行

 はじめに・・・長文のくせに、いつも以上におもしろくもありませんし、画像もありません。
 ご注意下さい(^^;;

 誰もが雨で走れないと思ったはずです。
 ボクもそう思った一人でした。
 4時に起床し、窓から外を見てみると、雨が降っていました。
 いつもなら、その瞬間二度寝に入るところですが、今日は違います。
 昨晩、今回の耐久レースにも参加してくださるyktさんに今日の練習をどうするか確認しておいたところ、必ず行きますとのことでしたので、空を見ながらマジ?と思いましたが、出かける準備をしました。あとから知ったことですが、yktさんは雨でも走るつもりでいたとのことで、なんだかだまされたような気がしないでもないです、はい。

 神奈川側が雨でも、笹子トンネルを抜けると山梨側は晴れていた、ということは度々ありました。しかし、今日ばかりはそんな期待していませんでした。
 案の定というか、笹子トンネルを抜けても雨は降っており、路面もウェット。期待はしていないといいつつ、頭の片隅では、あるいはそれでももしかして?と淡い期待を抱いていましたが、現実はそう甘くはなかったようです。
 ただ、韮崎に向けて進むにつれ、雨脚は弱くなり、ところどころ乾いた路面も散見されるようになりました。

 7時過ぎ、Slyに到着しました。
 雨は上がっていましたが、路面はウェット。午前中の走行は絶望的、そう思いました。
 しばらくトランポの中で仮眠をしていると、いつのまにか、耐久レースのライバ
ル・チーム、ブルーウインドのおちさんがいらっしゃいました。ここ10週、毎週Slyに通い、毎回自己ベストを更新しているというとおるさんも登場しました。見知った人がいると、寂しい病に掛からなくて済むので助かります。
 おちさん、とおるさんに相手をしていただき、時間を潰していると、いつの間にか、バイク、車が増えており路面もハーフウェット程度に回復していまいた。
 9時からの2Aの枠では、そんな路面にも関わらず、バイクが走行しています。さすがにタイムはでていなかったようでしたが。
 ボクはといえば、トランポからマシンを降ろすこともなく、やる気萎え萎えモードでした。
 そんなわけで朝1の走行枠(ボク的には2Aの枠は勘定に入っていません、っていうか、2Aの枠で、速い人がブンブン走っていいですか?(^^;;)は路面を確認することもなくパスしました。内心、今日はもう走行しなくてもいいと思っていたくらいです。みんなのために、耐久レース用マシンを持ってきただけ、気分はそんな感じです。
 朝一の走行が終わる頃には、yktさん、レイさんが到着。時を同じくして、y氏さんも登場しました。
 昨晩に、y氏さんには、ボクは必ず行きます!と連絡しておいたのですが、この天気ですのでてっきり来ないかと思ってました。どうやらy氏さん、年内に39秒切りを実現するために、やる気満々モードだったようです
 晴れ間が広がり、朝2は完全にドライ路面となりました。
 Yktさんは、チケットを購入できたそうですが、レイさん、y氏さんはチケット売り切れで走行出来ず、ボクは・・・ようやく走ろうかなぁ?程度のモチベーション(^^;;
 ただ、その後すぐに皆さんの雰囲気に飲み込まれ、ほんの少しやる気モードになりました。
 前回、ASしむらさんのGSX-R250Rとボクの新コブラ(GSX-R250R/SP)を比較した際、一番気になっていたのが車高の違いです。ASしむらさんのマシンは、リアサスのリンクアームを切断、溶接し、短くしたことで車高を上げています。ボクのマシンも、ナイトロンの車高調節機能を使い、ノーマル車よりもリアホイールを17インチ化しただけ車高を上げたつもりでいましたが、双方のマシンを比較すると、シートカウルボルト位置で差が約2.5cmありました。ASしむらさんのマシンは、フロント・フォークの突き出しを5mm下げているとのことでしたので、その差を考慮して、ボクはシートカウルボルトを基準に約1cmほど車高を上げてみることにしました。
 厳密にいうと、サス長を変えることと、リンク比を変えることとでは、車高が同じでも走りは違うそうですが、ボクにそんな難しいことは分かりません。とにかく真似っ子です。
 午後1の走行がはじまるわずか前に、耐久レース、我チーム第四のライダー・やすりん☆さんが到着しました。いろいろ事情があって、マイマシンを持ってこれなかったそうで、早速午後1の走行枠をボクと交替で走っていただくことになりました。
 いつもよくないなぁ、と思っているのですが、ボクは1本目からペースを上げて走ることができません。スイッチが入らないというかなんというか。そして、いつもそのまま終わってしまうのではないのかと不安になってしまいます。
 リアの車高を変えた違いすら認識することなく、走行終了。
 やすりん☆さんにマシンを渡しました。
 やすりん☆さんは、4スト・クォーターに乗るのは初めてだったのでしょうか?
 いきなりガス欠です・・・と戻ってこられましたが、実は・・・(^^;;
 実は・・・単なるエンストでした(^^;;やすりん☆さん、ごめんなさい。
 いや、これは仕方がないのです。ドライブ・スプロケットを1丁ショートにしているにもかかわらず、1速で約80km/hまで引っ張れるクロスミッションを装備しているのが、GSX-R250RのSP仕様「GSX-R250RFK」新コブラなのです。普通の人が、違和感を感じるのはむしろ当然なのです。
 こんなスペシャルなマシンを市販したスズキ、偉い!!曲がらないけど(^^;;
 ・・・え~、yktさんのHPでは、このマシンを「ド変態」と紹介いただきました。
 あ、ありがとうございます。そんなyktさんのグースも十分・・・(以下省略)。
 おっとレース前に内紛かぁ?(^^;;な~んてことにはなりません。
 世間様の目から見ると、どちらも「スズ菌保菌者」のひと言で終わってしまうのであります。
 それはさておき、午後2の走行前に、やすりん☆さんの新コブラ試乗の感想を踏まえ、足回りのセッティングを行なうことになりました。ボクにはセッティングはわかないので、yktさん、やすりん☆さんにお任せしました。
 お二人であれこれ相談のうえ、まず、さらに車高UP。シートカウルボルト位置で、さらに5mmアップさせました。他には、フロントの伸側減衰圧などを変更した模様です。
 その際、不覚にもフロントフォークOH時に片側の圧側減衰圧の調整をし忘れ、一番締めこんだ状態であることが発覚しました。
 やはりボクは違いがまったくわからない男のようです。ホント情けないっす。
 午後2の走行枠では、yktさんが新コブラで変更したセッティングを確認することになり、ボクとやすりん☆さんは、yktさんのグースに乗らせてもらうことになりました。
 超有名なあのグースに試乗ですよ!?
 転倒したら30万円でお買い上げ?これって罠? 39秒出ちゃったらどうしよう?なんてことを妄想しつつ(^^;;、まずはボクから試乗です。
 思い起こしてみると、学生の頃に、SRX400をちょっと借りて乗ったことがあることと、ツーリスト・トロフィーのレンタル・グラストラッカーに乗ったことがあるくらいで、実は4ストシングルというものに縁がありませんでした。
 興味半分、不安半分で試乗に臨みます。
 またがった感じは、軽い!という印象でした。
 軽くレーシングしてみると、思っていた以上に軽く吹けあがるエンジンで驚きました。
 排気音と鼓動が、なかなかどうして、快感で、走行開始前のピットロードで、意味もなくレーシングし続けたくらいです(^^;;たのしきもちいって感じ?
 さすが大排気量シングル、クラッチを繋ぐと、ボクが所有するどのバイクよりもトルクフルに加速を開始しました。ちょっと、いや、かなり楽しいです。
 ハンドリングもよく、新コブラよりも2~3本内側のラインを走れます。不安は全くありません。このハンドリングが新コブラにあれば!!マジそう思いました。
 こりゃいいや、と思い、ペースを挙げようとしましたが、正直そこまでは攻めきれませんでした。
 ボクの感じたグースのダメなところは・・・何速に入っているかわかりません(^^;;
 どこからでもトコトコ走ってしまうので、感覚が全くつかめませんでした。
 ミニバイクとか、今年でいえばやすりん☆さんほどの腕前でもエンストしてしまうような(くどい?(^^;;)新コブラとか、2スト・レーサーレプリカしか乗ったことがないので、どこからでも加速するマシンのギアをどう選択すればいいのか、つかめません。
 あ、これはグースの悪いところではなく、乗り手の悪いところですね、すみません(^^;;
 グースの致命的な欠点は・・・それは、振動です。めっちゃ強烈でした。特に最終コーナー進入時のエンジンブレーキ中の振動はすさまじく、ブレーキは握れないは、くすぐったいはで、泣いていいのか笑っていいのかわからなかったです(^^;;マジ白蝋病になるかと思いました。
 そんなわけで、5~6周でやすりん☆さんにグースを引き渡し、ボクは見学していました(^^;;
 その後、やすりん☆さんが平気な顔して(って顔はヘルメットで見えませんが)周回を重ねていたことを考えると、やはり振動も欠点などではなく、乗り手の問題かもしれませんね(^^;;ぉぃ
 みなさんの走りをぼぉっと見学したいたところ、yktさんがピットイン。
 しばらく悩んでいた風のyktさんでしたが、ボクの感想が聞きたい、とのことでしたので、すぐに用意してコースインしました。
 ボクのなんちゃってセッティングと比べると、コーナーの進入付近では明らかに曲がるようになっていたので驚きました。違いのわからないはずのボクでも違いがわかりました。しか~し、グースのコーナリングと比較すると、やっぱり曲がるとはいえないハンドリングです。グースのあのハンドリングにならないかなぁ。。。
 マシンそのものがダメなのでしょうか?なんと言っても1989年式・・・う~ん。
 セッティング変更はタイムにも影響があり、その走行でベスト付近のタイムで数周、周回していました。実はベストも更新していたのですが(それも0.004秒(^^;;)、42秒台でベスト更新しても、ボク的にはすでに喜べないのでありました。
 耐久レースのセッティング出しを口実に、今のうちにみなさんに乗りやすいマシンにセッティングしてもらわなければ、と、まじめにそう考えてます、はい。
 ボクのあと、5周くらいでしょうか?ふたたびやすりん☆さんが新コブラに乗りました。
 すでに42秒台に入ってます。さすがです。ボクはいっぱい練習してようやく今のタイムなのに・・・。はぁ(T_T)
 今日は、15時25分から1時間ほど、耐久レース参加マシンの特別練習枠が用意されていました。
 ボクは散々練習してきているので、この時間はマシンに不慣れなyktさん、レイさん、やすりん☆さんのお三方に乗ってもらうことにし、ボクは見学です。
 まずyktさん、やすりん☆さんがセッティングを出し、最後にレイさんが乗るという順番でした。
 途中で、リアのイニシャルを1.5回転ほど掛けて、さらに乗りやすくなったという話しです。
 当然yktさんは42秒台、やすりん☆さんも42秒台、レイさんはエンジンが掛かるのが遅いそうなのですが、練習走行中に確実にタイムを上げてきていたので、本番ではさらにタイムが伸びることは間違いのないところです。
 本番では、タイヤを、いままで使用してたブリジストンのBT-090からピレリ・ドラゴン・スーパーコルサ・プロ・スペシャルコンパウンド2(長すぎ!)に変更します。
 ずいぶん評判のいいタイヤのようですし、レース中に自己ベストを更新することを密かに狙っています。
 レース本番がいまから楽しみです。
 晴れろ晴れろ晴れろ!って感じです。

 練習後、みなさんといつものゆーぷるにらさきでひとっ風呂浴びて(おぅおぅおぅおぅ、200円も値上げ!(T_T))、デニーズで食事をして、解散しました。
 帰りの道中ではかなり眠くなり、途中で15分ほど仮眠しましたがかなり危うい感じでした。
 無事帰宅できてホント、ほっとしました。マジ、やばかったです。


☆ 本日ご一緒した皆様

おちさん

P11609171

 マシンの調子が悪かったみたいですけど、ベスト更新おめでとうございます。
 写真ははずれでピンぼけ、フレームにも入ってません。ごめんなさい。

とおるさん

P11609061

 毎回ベスト更新おめでとうございます。
 ヘルパーも申し出ありがとうございます。とおるさんには別の意味で6時間走ってもらいます(^^;;ぉぃ

やすりん☆さん

P11609451

 実はビーチで何度もお会いしていたとか。
 耐久レースでは、よろしくおねがいします!
 写真は、はずれでした(^^;;

レイさん

P11609201

 毎回参加いただき、ありがとうございます。
 いつも負けてばかりですので、今度はレイさんに負けないようにがんばります!
 お互いガツガツじゃなくて、まったりがんばりましょう!
 写真は、ピントはあたりでしたが、フレームからはずれました。

ken1cbrさん

 すみません。写真はありません(^^;;
 ツーリング途中にわざわざお立ち寄り下さりありがとうございました。
 そのあとお風呂でもまたバッタリ再会でした。
 あまりお相手できなくてすみませんでした~

y氏さん

P11609541

 前人未踏・・・ではありませんが(^^;;、38秒台、おめでとうござます!
 NSRの戦闘力をフルに引き出せる技量がうらやましいです。
 2スト・レーサー・レプリカ、最高です!
 写真は、はずれでした。ぶぶ~

yktさん

P11607391

 いつもお世話様です。
 金魚の糞みたいに、yktさんのあとを追いかけてばかりのような気がしてます。
 追いつけませんけど。
 耐久レース、よろしくお願いします!

ボク

Img_0205

 やすりん☆さんのお連れさんに撮っていただきました。
 いつものことながら・・・かっこいい・・・(^^;;

他本日走行のみなさん

   http://aprilia.air-nifty.com/photos/20061029/


 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

October 28, 2006

耐久レース参戦に向けて

 来る11月5日、スポーツランドやまなしで開催されるチャレンジバイクレース、Q4LL 6時間耐久レースに参戦します。
 今日はそのためのマシン整備です。

 まずはオイル受けの仕上げです。
 先日、外したアンダーカウルで型どりし、FRPで作ったオイル受けをサンダーで整形しました。
 整形といっても、余分なところを切りとばすだけです。
 で、できあがったのが、下の画像です。

P10601771

 ちょとした自己満足。やれば出来る!!ですね。
 整形したものをマシンに合わせて見ました。
 左側は・・・ナイス・フィット!

P10601791

 しかし、右側は・・・んん~。

P10601781

 ぱっくり隙間があいてしまいました。
 これは、型どりした際にアンダーカウルを車体から取り外していたからのようです。
 アンダーカウルを車体に付けると、ボディに固定される関係でアンダーカウルに応力が掛かり、取り外しているときとは形状が変化しているため、その変形分、隙間があいてしまうようです。
 この問題は・・・いまのボクのレベルにはどうにもならないです、はい。

 で、ここで失敗に気がつきました。
 このオイル受けは、アンダーカウルの取り付けボルトを使用して、アンダーカウルの上から共締めするつもりでいたのです。が、なぜでしょう? よほどぼぉっとしていたのか、ボルト位置の下でオイル受けをカットしている事実に、ようやく気がつきました。
 バカ丸出し、って感じ~みたいな~。
 ど、どうする?
 と、悩むまでもなく、こんな時は、必殺・エーモン・ステー登場です。
 オイル受けにボルトを通す穴をあけて、エーモン・ステーを切ったり、曲げたりして、位置合わせ。
 なんとかなったところで、オイル受けを缶スプレーで着色して、取り付けして出来上がり。
 こんな感じです。

P10601811

P10601821

 塗料にウレタンなんて使う気にもなれません。
 ひどい出来です。
 自分で作るというところに、自己満足と充足感を覚えていましたが、実際出来上がったもののひどさを見ると、理想と現実のギャップをイヤというほど見せつけられた気分で、ゲンナリしてしまいました。
 コストは安く上がった!・・・そう思うしかやってられません。
 6時間、壊れないことを祈るのみです。

 さて次は、アッパーカウルを社外のカウルから、純正に戻しました。
 社外のアッパーカウルは、薄いFRPなので、おそらく転倒したら粉々になってしまうでしょう。
 以前出場した耐久レースで、カウルが破損したことによって苦労したことがあるので(ビーチでのミニバイクの耐久レースでした)、頑丈な純正カウルに戻した次第です。
 ヘッドランプ穴を、自作FRPカバーでふさぎたかったのですが、すでにそんな気力もなく、おざなりですが、カッティングシートでふさぐことにしました。
 風圧が気になりますが、ま、大丈夫でしょう(^^;;
 ついでに、ゼッケンも貼っておきました。
 これまた超おざなり。こういうところに性格がでてしまうのですね。
 ボクはすぐにキィーとなってしまうので、いつもどこかで脱力モードです。

P10601831

 なんか、格好悪いっすよね。
 ハリー・オードみたいっていうかなんというか(^^;;わかる人だけわかってください

 ゼッケンをカッティングついでに、いたずらもしてみました。
 SLy耐久レースの参戦常連チームにASシムラさんというチームがあります。ボクは、初めてこの耐久レースに参加するとき、ASシムラさんのHPであれこれ情報を集めさせていただいたものです。マシンも同じGSX-R250Rです。そこで、ボクのマシンをASシムラさんレプリカにしてみることにしました。
 ASシムラさんには、「マル肉」チーム、「マル骨」チーム、「マル筋」チーム、そして噂によると「マル皮」チームもあるらしいです。・・・となると、次は、髪?脳?爪?血? むむ~
 ってことで、勝手に「マル臓」チームということにしてみました。

P10601851

P10601841

 アンダーカウルが3次曲面なのか、カッティングシートがうまく貼れず、途中でキィーとなったので、またしてもおざなり仕様です。
 今にして思えば、「マル腸」チームの方がよかったかなぁ?・・・んん~
 あ、ASシムラさん、お叱りを受けるようでしたら、すぐに剥がしますので、問題がある場合は、ビシッ!とおっしゃってください(^^;;

 これで、マシンはほぼ完成。
 車検に通らないなんてことがないように祈るばかりです。


 

| | Comments (7) | TrackBack (0)

October 24, 2006

秘密兵器公開

 物事にはタイミングというものがあると思うのです。
 しかし、いつもそのタイミング通りに物事を進めることはできないと思うのです。

 本当は、完全な状態にしてドカーンとインパクトのある公開をしたかったのですが、そのタイミングを逸してしまいました。
 そこで、平日にも関わらずアクセスして下さる皆様に、ボクの秘密兵器をコソっと公開します。

   これダダダ!

 もちろん、特注です。
 これを発注するに至った経緯などは、また後日記載したいと思います。
 いろいろありましたよ・・・そりゃホンマ実際の話がぁ。


 

| | Comments (8) | TrackBack (0)

October 22, 2006

スポーツランドやまなし練習走行

 スポーツランドやまなしに練習しに行って来ました。

 今日の目的は2つ、1つは、新コブラのエンジンの調子を見ること、そしてもう1つは、11/5にSLyで行われる6時間耐久レースにエントリーすることです。
 新コブラのエンジンは無事間に合い、昨日の夜に引き取ってきました。
 始動性も良くなり、普通に吹けあがります。あとは、レーシンゲ・スピードでの走行に耐えられるか、です。
 エントリーについては、前々回の耐久レースに、まさかの定員オーバーでエントリーが出来ずに涙を飲みました。そんなことから、エントリー受付初日の今日、直接エントリーしに行けば大丈夫だろうという考えです。

 今日は、フレックス走行といって、9:00から12:00までの3時間がバイクの走行枠として設定されていました。
 コース内の台数は制限されており、台数が多いと順番待ちして、誰かがピットインすると、コースに入れるといった感じでした。

 めちゃめちゃ台数が多く、順番待ちするシーンが多く見られましたが、ボク的にはこの方法、よかったです。
 走行料金は通常の2走行分なのですが、いつもみたいに2回の走行券を買って走るより、ボクの場合は一回の走行時間が短く、休みが長いので、こちらの方が充実して走ることができました。

 エンジンの調子は、まぁまぁでした。
 シム調整をしたとは言っても、元のエンジンがそれほどいいわけではないので、そもそも調子が良くなることそのものが考えられないのです。
 直線での加速力にはやや不満がありますが、他車に追いつかれて、追い抜かれるほどではありませんでしたし、壊れなかっただけ良かったと思うことにしました。

 タイム的には、ベスト更新ならず、です。
 ベストに近いタイムは出ていますが、進歩していません。
 なんか、こう、ブレイク・スルーするための何かが起きないと、ダメみたいです。
 壁でしょうか?

 今日の収穫としては、ASしむらさんのマシンの情報をいろいろ得たことでした。
 ASしむらさん、ありがとうございました。
 基本的には同じGJ73Aですが、車高がボクのマシンよりもかなり高く設定されていました。
 実際に、数周乗らせてもらったのですが、ボクのマシンよりも50cmは内側を走ることができます。
 つまり、ボクのマシンよりも曲がります。そして、あるバンク角まで寝かすと、そこからススゥーと寝ていきます。
 慣れないので、怖くてマシンを起こしてしまいましたが、おなじマシンでこうまで違うとは・・・。
 さらに、ヨシムラサイクロンが超イケてました。
 CBR、ZXRに劣らないレーシング・サウンド。さすがヨシムラということでしょうか。
 ヤフオクで見つけたら、なんとしてでもゲットしなくては、と、そう思いました。
 エンジンも軽やかに吹けあがり、ブレーキも死ぬほど良く効きました。
 もう悔しくなるほどいいマシンでした。
 ボクもがんばらねば!

 逆に、ASしむらさんにも、ボクのマシンに乗ってもらいましたが、やはり曲がらないそうです(T_T)
 レース前に過剰なセッティング変更は躊躇われますので、レースが終わったら、ASしむらさんのマシンを参考にセッティングを変更してみようと思います。
 ・・・でも、トップブリッジ下のハンドル位置だけは譲れない、と思ってしまったボクは、やはりオチャラケ・ライダーで終わってしまうのでしょうか??(^^;;

 ほか、ご一緒してくださったみなさま、おかげさまで楽しく半日を過ごすことができました。
 ありがとうございます。

 今日はいつも以上にピンぼけばかりですが、写真も少し撮りました。
 写っていなかったらごめんなさい、ってことで、フォト・アルバムを追加しておきました。
 ご覧下さい。

   http://aprilia.air-nifty.com/photos/20061022/

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 15, 2006

新コブラの整備

 朝一でライディングサービスBONに行き、新コブラの整備をしました。

 現在までのあらすじ
☆オーバーレブを何度かさせた。
☆アフターファイアがひどくなった。
☆パワーダウンし、エンジンから異音がした。
☆しかし、現在異音はしない。
☆始動性が極端に悪くなった。
☆3番のエキゾーストパイプ・プレートが外れていた。
☆4番の圧縮が全くなかった。

 お店にたたずむ新コブラ。
 マフラーが無い姿がまた格好いいです。

P10601581

 4番の圧縮が全くないのは、バルブがちゃんと閉じていないからだろうとのことで、タペット調整をしてもらうことになりました。
 途中までは、自分でがんばります。

 タンク、エアクリーナー、キャブ、IGコイル、サーモスタット類を外します。

P10601591

 固着して大変でしたが、BONさん、ヒグチさんのサポートを受け、ヘッドカバーを外しました。

P10601601

 ここから先は全く自分ではできないので、ヒグチさんにお願いしました。
 タペットのクリアランスを調べてもらっています。

P10601611

 シム調整をするのに、カムを外します。

P10601641

P10601651

 あっさり書いていますが、お店には当然他のお客さんが来ます。そして、当然ボクのバイクは後回しです。結局1日掛かりの作業となりました。
 クリアランスの幅が狭すぎて、お店に在庫しているシムでは調整ができないので、部品注文となり、新コブラは今日中には復活出来ず、入院となりました。
 22日の走行前に間に合うのか、ちょっと心配です。

 エンジンからの異音がどこから生じたのか、この疑問も解決されたわけではなく、不安が募ります。

 さて、どうなることでしょう?(T_T)


 

| | Comments (15) | TrackBack (0)

October 14, 2006

スポーツランドやまなし練習走行

 スポーツランドやまなしに練習に行っていきました。
 4時起床、5時出発で、宮ヶ瀬ルートを使い中央道相模湖インターへ。相模湖付近では小雨でしたが、毎度のことなので、気にせず現地を目指しました。
 途中、眠気に襲われたため初狩PAで仮眠をしました。30分くらい寝たつもりでしたが実際には10分くらいでした。この程度の仮眠でも、リフレッシュ完了です。
 笹子トンネルを抜けると晴れていました。ホント、いつものことですが、面白いです。
 さて、SLyに到着しましたが、10:50からの走行枠を走るつもりなので、のんびり準備しました。

 トランポから昨日作りかけのFRPを貼り付けたアンダーカウルを取り出します。

P10601421

 ちゃんと硬化していることを確認し、ちょっと安心しました。
 で、アンダーカウルからFRPを引きはがします。
 ウリャ!

P10601431

P10601441

 うまく剥がれました。
 アンダーカウル保護のために使った養生用ポリクロステープが溶剤で溶けた様子はありません。
 ちゃんと使える様です。難を言えば、厚いのでFRPにテープ跡がくっきり残ってしまうことでしょうか。

 念のためアンダーカウルと合わせてみると、

P10601461

P10601451

 ジャストフィットぉ!と言えないまでも、ちゃんとオイルを受ける役目は果たしてくれそうです。
 とても軽量ですし。
 あとは、余分なところをカットして、色を塗って完成です。
 レース1回持てばいいと思ってたのですが、思ったよりも簡単に安くできたので、安心しました!

 さて、1本目。
 回りに影響されず、マイペースでいならがペースを上げていくことを目標に走りました。
 また、いつも自分より遅い人の後ろについて、その人を抜けずに腐って行くのですが、ライディングサービスBONのヒグチさんに、抜けないならラインをズラして走る練習をするように、と教わったので、それを実践することにしました。いつも、前の人の真後ろについてしまうのでどうにもならなくなるのですが、ズラすことによって、抜くチャンスを作りやすくなると同時に、いろんなラインを走る練習ができるとのこと、納得です。っていうか、なんで前の人の後ろをぴったり走っていたんだろう、と、そんなおバカな自分が恥ずかしくなりました。
 で、42.8秒が最高でした。
 最近ベストタイム更新ができないので、1本目から42秒台に入り、ちょっと安心しました。

 午後12時より、SLyのインストラクターさんが、コースを歩きながらライン取りを教えてくれるというスキルアップ講習というのがありました(もち無料)。
 以前は行っていたという話しをレイさんから聞いていたのですが、ボクは一度も見たことがなかったので、もちろん参加しました。
 わかっていても、改めて感じたことは、勾配がきついと言うことです。ちょっとびっくりしました。
 また、自分がいままで走っていたラインがほとんどダメダメだと言うことがわかりました。
 目から鱗です。
 この講習、内容が同じでも、あと2~3回は参加したいと思いました。

 2本目。
 講習の内容を実践しようと試みました。
 ボクのいまのレベルでは、1コーナーをがんばろうとすると、ダメみたいです。
 1コーナーをがんばらずに2コーナーをがんばる!という感じでしょうか?
 タイムは気にせず、ライン取りに集中してみたところ、アフターファイアがひどくなりました。
 ん?ガスは入っているはずなのですが・・・念のためピットインし、給油後、再度コースインしました。
 が、アフターファイアは収まりません。
 先日のトミンと同じような状況です。
 1コーナーで何度かシフトダウン時にオーバーレブさせてしまってますし、ヤバイかなぁ~と思っていたところでした。
 そして、「ガラガラガラ」とエンジンから異音が発生しました。
 まさに先日のトミンと同じです。
 残念でしたが、エンジンがひどく壊れても嫌なので、ピットインし、そのまま走行終了です。

 ピットに戻り、エンジンを掛けると、先ほどまでは「ガラガラ」音がしていたのに、その音はしませんでした。
 いったい何の音だったのでしょう?
 かなり心配になったので、ライディングサービスBONに電話をして、電話に出てくれたヒグチさんに相談してみました。
 とりあえず、マフラーのフランジの確認と、プラグの交換をするようにとの指示だったので、実践してみます。
 ついでに、吸気バルブが折れていないかも心配だったので、確認してみることにしました。

P10601501

P10601511

 う~ん、サーキットここまでマシンをバラさえるようになったボクって成長したなぁ~と、我ながら思うのでした。
 ホント、整備なんてやったことがなかったですから。

 プラグは大丈夫でした。バルブもありました(^^;;
 マフラーの、3番のエキゾーストパイプ・プレートが無くなっていました。
 アフターファイアーの原因は、実はこれなのでしょうか?
 先日のトミンでは、実は4番のエキゾーストパイプ・プレートが無くなってなっていましたし。
 エンジンを再度始動しようとしても、掛かるには掛かるのですが、エラく始動性が悪いので、そのままお店に持っていくことにしました。

 ってことで、2本目にホンのわずかですが、ベストを更新していて、ベストタイムは42秒241でした。
 ベスト更新後すぐにマシンが不調になったのも、トミンと同じ状況です。単なる偶然の一致でしょうが、不吉な予感です。

 中央道は空いていたので、19時にはお店に到着しました。
 で、BONさんと、ヒグチさんにチェックをしてもらいました。

P10601521

 マフラーを外し、排気バルブを確認しましたが、ちゃんとありました(^^)ほっ
 しか~し、圧縮を測ってもらったところ、4番が反応しません。他はもちろん反応します(使用限界以下ですけど(^^;;)。
 ってことは、バルブに問題が??

 時間が時間だけに、今日の作業はここまで。
 続きは明日することになりました。

本日ご一緒した方

☆ASしむらさん
 あのあと、こんなことになってたんですよ~(T_T)
☆おちさん
 ベスト更新おめでとうございます!
☆スエ◆キチさん
 お誕生日、おめでとうございます!
☆y氏さん
 39秒172。素晴らしい!っていうか、スゴ過ぎ!
☆とおるさん
 毎回ベスト更新、うらやまし~~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2006

FRP職人への道

 まだちょっと遅い夏休みです。
 でも、もうすぐ終わりです・・・憂鬱です。

 朝~。
 宅急便を出しに、ライディングサービスBONに行きました。
 お店ではクロネコヤマトの宅急便を取り扱っているので、ほとんど荷物はお店に持っていきます。
 遊びに行くついででもあります。
 今日は忙しそうだったので、早々に退散し、近所の「島忠」というホームセンターに行きました。
 そこで買ったのは、アイリスオーヤマのエンジン・ストッカーです。

P10601321

 おっと、エンジン・ストッカーではなく、ワイドストッカーでした。
 これを何に使うかというと、我が家の台所に無造作に転がっているアプリリアRS250のエンジンを仕舞うために使います。ご存知でしたか? エンジンにつまずくと、足がとっても痛いんですよ!
 エンジンを収納すると、こんな感じになります。

P10601331

 お~、素晴らしい~。すっぽりです。
 これで、埃などからもエンジンを守ることが出来ます。
 売るときもこのまま梱包しなくても大丈夫!
 みなさんも、エンジンを仕舞うときはこれで決まりですね!
 今度はNSR250R用のストッカーを買ってこなくっちゃ!

 昼~。
 SLy耐久レースのレギュレーションでは、マシンにオイル受けの装着が義務付けられています。
 旧コブラでは、ミニバイク用のアンダーカウルでお茶を濁したわけですが、新コブラはフルカウルなので、別のオイル受けを用意しなくてはなりません。あ、アンダーカウル外せばいいじゃん!ってご意見もあろうかと思いますが、フルカウルのマシンでアンダーカウルを付けないということは、人で例えるとパンツをはかずに出歩くのと等しい行為です。ボクにそんな恥ずかしいことはできません。
 他のチームのマシンを見ると、アルミで作ったり、100円ショップのトレイを加工したり、と、いろんなバリエーションがありますが、ボクはアンダーカウルの上から被せる感じのオイル受けをFRPで作って見ることにしました。
 用意したもの~。

P10601341

 FRPのセットは、「フェザーフィールド」というwebショップで購入しました。
 他、刷毛とか、ローラーだとか。
 画像の黄色いのは、人呼んで「ヒートホーク」・・・ではなく、発砲スチロールをカットするヒートカッターです。

 FRPは簡単な補修程度でしかいじったことがないので、緊張しながら作業スタート!
 まず、アンダーカウルを外します。

P10601351

 次に、アンダーカウルを全体的に養生します。
 緑色のテープは、養生用ポリクロステープです。このテープで養生できるのかどうか、実は知りません。
 家にあったから使っただけです(^^;;

P10601361

 アンダーカウルからマフラーがややはみ出るので、マフラーのはみ出る部分を発砲スチロールで適当に製作、アンダーカウルに貼り付け、さらに養生します。

P10601381

 これでいいのか?と自信がありませんが、ま、なるようになるでしょう。
 養生の上にチョップドストランドマット#450を敷き、刷毛でポリエステル樹脂を塗り、ローラーで空気を抜きながら貼り付けます。

P10601401

 ポリステル樹脂と硬化剤の割合は、適当です。
 こんなところに性格が出てきてしまいますね。
 ちなみに、ノンパラってやつです。
 そこそこ固まってきたところで、サーフェイスマット#30を積層します。

P10601411

 今度は、空気硬化剤というのを混ぜているので、硬化すると表面がカリッと仕上がるはずです。

 今日はここまででした。
 あとは、完全硬化したら、アンダーカウルからFRPを剥がして、余計なところをカットし、形状を整えて完成。
 色を塗って仕上げる、というわけです。

 さて、どうなるでしょうね~

 作業はすでで行い、ポリエステル樹脂をこぼしてしまったので、大変でした。
 手につくとベトついてどうにもなりません。
 アセトンで手を洗うにも、それほど大量のアセトンを用意していなかったので、結局手は樹脂だらけ。
 悲惨でした(T_T)
 よい子のみんなは手袋をちゃんとしましょうね~。

 うまく出来上がるといいなぁ~
 ・・・って、すでにうまくいってないような気がするんですけどね(^^;;


 

| | Comments (7) | TrackBack (0)

October 11, 2006

新コブラいじり

 今週はちょっと遅い夏休みのため、会社は休みです。
 だからといって、どこに行くわけでもなく、怠惰な一日を過ごしています。

 今日はミニバイクで京葉を走るつもりでしたが、昨日京葉に電話でスケジュールの問い合わせをしようと何度か電話したのですが、誰も出ないため、スケジュールを確認することができず、行くのは取り止めました。
 で、いつもの週末と同様の、変わり映えのしない行動パターンとなりました。

 まず、レジアスエースのオイル交換をするためディーラーに行きました。
 オートバックスなどに行くと、いろいろオイルを選べたりするのが良いのですが、性格的に選び疲れるし、所詮商用貨物車です。オイルなんてなんでもいいよね?ってことで、ディーラーに行くわけです。
 MR-Sの場合は、タクマインの「匠」を持ち込みましたけど、商用貨物車にはもったいないですよね?ってことで、高級オイルは入れません(^^;;

 オイル交換が終わったら、そのままライディングサービスBONに行きました。
 ご存知の通り、用事がなくても行くのですが、今日はちゃんと用事があったりまします。
 無くしたキー作りです。
 BONに出入りのカギ屋さん「安心堂」さんを呼んでもらいました。
 安心堂さんがお店に来るまで約2時間半ほど掛かるとのことで、BONさんのお許しを頂いて、お店の傍らでいつもの様に新コブラの整備をさせて貰いました。

 まず、メインキーシリンダーを外し、直結仕様にした配線をいじります。
 SLyでは走行毎に配線をくっつけて、テープで巻くという盗難車仕様?でしたので、スイッチをつけることにしました。
 スイッチは、NSR250R/SE(MC28)のキル・スイッチを流用しました。

P10601031

 ONにすると、メインキーON状態、OFFにするとメインキーOFF状態です。
 当然、ハンドルロックは出来ません。

 配線は、ギボシを使ったなんちゃって配線です。

P10601041

 時間がもっとある時に、汎用コネクターを使い、もう少しちゃんとした配線にし直そうと思います。

 安心堂さんが来るまでにまだまだ時間があるので、こだわりのレーサー仕様!ってことで、トップブリッジを加工にすることにしてみました。
 それは何かというと、メインキーはもう必要がなくなったので、その取り付け部分をカットすることです。
 トップブリッジを万力に固定して、弓ノコので、ギーコギーコと作業します。
 まずは、キーシリンダー部のリングを切り落とします。

P10601051

 次いで、キーシリンダーの取り付け部分をカット!

P10601061

 仕上げはベルトサンダーでこんな感じ!

P10601071

 軽量化といっても、それほど意味があるわけじゃありませんから、「だからなに?」と冷めた口調で訊かれると困ってしまうのですが、やってみたかったんです!ってことで、自分作業なので仕上がりはヘボいですけど、完成~!

P10601091

P10601101

 お~、スッキリ!
 社外トップブリッジみたい!・・・と、自己満足。
 今度は割れるのを覚悟で、肉抜き穴でも開けてみようかしら?
 幸い、部品だけはいっぱいあるんですよ(^^;;

 そんな作業をしていたら、安心堂さん登場。
 今日はBONさんに呼んで頂いて、お店に来て貰いましたが、以前BONさんから紹介していただいて、何度かウチに来て貰っています。そんなわけで、顔見知りです。お店でも何度も顔を合わせています。
 先日は「いつもここにいるね」と言われてしまいました(^^;;
 今日は、「カギをよく無くすね」と言われてしまいました(^^;;ぉぃ
 ちっがうよぉ~そぉじゃないよぉ~。
 以前お願いしたのでは、当時乗っていたCARAをインロックしてしまい、カギ開けをお願いしました。
 CARAはガルウイングの低車高のクルマなので、胸のポケットにキーを入れて、ドアを締めようとすると、ポケットからキーがするっと落ちて、タイミングが悪いとクルマの中に落ちた瞬間ドアを締めてしまうという悪夢のようなクルマでした。・・・実は2回やってます(^^;;
 カギ屋さんがすごいのは、スペアキーを作るなんてものではなく、カギ穴をのぞき込んでキーが無いカギを開けたり、キーを新たに作ったりすることが出来ることです。
 クルマのインロックの他にも、手に入れたキーの無いバイクのキーを作ってもらったことも度々。
 アプリリアRS250のキーだって作れちゃうんです。
 ってことで、「カギをよく無くすね」っていうのは、大きな誤解なのですが、今回は無くしているので、反論できませんでした(^^;;


 無事キーを作ってもらい、ようやくタンク・キャップを開けることが出来ました。
 そのためだけにキーを作ったのです。
 早速、タンク・キャップをタンクから外し、マイナスドライバーで開けられる様に加工します。
 BONさんに教えて貰いならが、タンク・キャップを分解!

P10601081

 画像右に写っているシリンダーの突起みたいなやつを5枚抜くと、キーがなくても、マイナスドライバーで開閉が可能になります。
 市販車レーサーには定番の加工ですね。
 今度いつキーを無くすのか、と思うと、不安なので、無くす前にキーの無効化です(^^;;

 シングルシートカバーを取りはずす場合も、ワイヤーを引っ張るだけの仕様に変更しました。

P10601111

 SLyで分解したパーツをそのまま取り外し、ワイヤーだけをシートカウルの内側に目立たないように残してあります。カギの付いていたパーツを外したお陰で、プライヤーを使わなくても、手で軽く引っ張ればシングルシートカバーは外せます。

 そんな感じで、新コブラのキーレス仕様完成です。
 道ばたに置いておくことなんてありませんから、盗難の心配はありませんよね?

 あ、そうそう、先日トミンを走ったときに、クラッチの不具合を報告しましたけど、原因がわかりました。
 ヒグチさん、Thanx!です(^^;;

 まずは画像を見て下さい。

P10601211

 左ハンドルのグリップ右横についているは、チョーク・レバーです。
 本来は、左スイッチボックスについているパーツなのですが、レーサーにウインカースイッチはいらん!とスイッチボックスは外したのですが、チョーク・レバーを外すにはグリップを外さなくてはならず、面倒になってそのまま放置してしまいました。
 このチョークレバーが悪さをしていました。
 通常では、レバー部が下にぶら下がっている状態なのですが、激しい減速をすると、レバー部が慣性で動きます。
 そうすると・・・

P10601221

 ・・・うまい具合に、レバー部がクラッチ・レバーと干渉し、クラッチ・レバーが握れなくなります(^^;;
 マジ?っていうか、バカ丸出しって不具合でした。
 ヒグチさんに指摘されたときは、顔から波動砲が出るくらい恥ずかしかったです(^^;;

| | Comments (8) | TrackBack (0)

October 10, 2006

キーが見つかりません

 昨日実家に帰省し、一晩泊まって、朝7時には自宅に向けて出発しました。
 東名高速を使ってサクッ!と帰る予定が、東名高速は10/10から集中工事とのことで、由比ヶ浜付近で渋滞に捕まってしまいました。
 ・・・これじゃ意味無いです(T_T)
 2時間で帰るつもりが結局3時間です。
 ただ、トランポ・レジアスエースのいいところは、景色が楽しめる点です。
 東名では普段はあまりよそ見できないので、見慣れぬ景色をのんびり眺めることができました。
 ちょっと新鮮!
 MR-Sだったら、ガードレールしか見えないわけですから(^^;;

 帰宅後、新コブラのキーを探しました。
 ・・・ありません。
 どこかで落としたのか、どこかにおいたのか、記憶が全くありません。
 メインキーは直結仕様、シングルシートカバーはプライヤーで開ける仕様、となれば、あとはタンクキャップをドライバーで開けられる仕様にしれば言い訳なのでが、キーが見つからないことには・・・
 トランポの荷物も降ろして確認しましたがありません。
 タンクキャップは破壊したくありません。

 どうしよう?(T_T)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2006

第5回2chサーキットの走り方スレ走行会@スポーツランドやまなし

 今日はスポーツランドやまなしで開催された第5回2chサーキットの走り方スレ走行会に参加しました
 ボクは2ちゃんねるを読むことはありませんし、タイムは初心者レベルでもいまやサーキット初心者ではありません。そもそも参加資格があるのか気になっていましたが、事前に問い合わせしたところ、問題ないとのことで、参加することにしました。・・・別方面から仕入れた情報によると、市販レーサーのRSを走らせる人もいるとかで、それを聞くとマシンについては何でもありなんだな、と思ってしまいました。

 いつものように4時起床のつもりが、3時過ぎに起きてしまい、もう寝ることができそうもないので、現地で寝ようと4時には出発。6時過ぎに到着しました。
 しばらくSLyの入り口で寝ていましたが、15分もしないウチに主催者さんが登場、ゲートオープンです。

 到着したみんながトランポからマシンを降ろし始めたので、ボクも降ろそうとしたところ、大問題が発生しました。
 キーが・・・新コブラのキーがありません。
 そういえば、昨日、キーを抜いたような気が・・・。
 いまから家に帰っても、往復で約5時間です。コレは無理。
 エントリーフィーを無駄にしないことを考えると、カギを破壊する方が合理的です。
 メインキーのシリンダーに、マイナスドライバーを打ち込んで、グィ!っと回せばエンジンが掛かるはず?
 しかし、バイク泥棒でもあるまいし、そんなことをしたことがありません。失敗しても間抜けです。
 どうせボクのマシンはレーサー仕様です。だったらさらにレーサー化!ということで、メインキーのユニットを外し、ハーネスを切ることにしました。
 ・・・どんなにボロくても大事なマシンです。この不本意な改造?が破壊にしか思えず、涙がでそうでした。
 で、プチッっとな。

P10600521

 赤い配線とオレンジ色の配線を接続すると、スイッチオンです。

 エンジンが掛かることを確認し、喜んでいたところご一緒して頂いていたやまぐちさんが、「タンクのキャップも開きませんね」とナイス・アドバイス!
 エンジンが掛かったことで安心していたボクは、ガソリンのことを失念していました。

 う~ん。

 こうなると、タンクを外して、コックを外し、ガソリンを入れるしかありません。
 某掲示板に現在の状況を書き込んだところ、yktさんからも同じアドバイスを頂きました。
 新コブラのタンクの外し方は、シングルシートカバー(もしくはタンデムシート)を外し、メインシートを外さなくてはなりません、そのシングルシートカバーを外すのに、これまたキーが必要です。

 う~ん。

 キーを回すことによって、ワイヤーを引っ張り、シングルシートカバーが外れる仕組みなので、なんとかワイヤーを引っ張れないかとその部位を観察していたところ、これまたご一緒下さったユウヤさんから、「分解できるのでは?」とアドバイスを貰いました。
 キーで開ける仕組みなので、そんはハズはないと思いましたが、とりあえず分解してみたところ、プラス・ドライバー1本で分解できました。プライヤーで簡単にワイヤーを引っ張ることができ、シングルシートカバーを外すことができました。
 下の画像がその場所です。

P10600531

 キーの意味、まるっきり無しです。

 緊張感がありませんが、メインシートを外すことができたので、自作したメインシートを取り付けてみました。

P10600501

P10600491

 自作シートの上に、ノーマルのシートを載せて比較してみました。

P10600511

 ノーマルに対し、肉厚がかなり少なくなっています。これにより、乗車ポジションを低くし、低重心化することが可能になると同時に、足は若干窮屈になりますがハンドル位置を高くするのと同様の効果が得られます。
 また、フカフカなノーマルシートから硬いスポンジシートになりますので、リアサスの挙動をより把握し易くなります。
 効果としては、後者の効果を狙った改造です。

 タンクが外せることが確認できたので、ガソリンはあとで入れようということにし、いよいよ走行です。

☆1本目
 ウォーミングアップ走行です。
 にも関わらず、みなさん妙に速いです。
 今日は晴天で、路面もドライでしたが、最終コーナー進入付近は木陰で路面温度が日向とは対照的にとてもつめたいので、無理はしませんでした。

☆2本目
 前の走行クラスで大きな転倒があったみたいで、本来の走行開始時間よりも約15分遅れて走行開始でした。
 よっしゃ!さっきよりもペースをあげるぞ!ってなことで、初っぱなから気合を入れてみましたが、2周目でバックファイアーとエンジン回転数が上がらない症状がでました。
 ガス欠です(T_T)
 ということで、あっという間にピットイン。
 やまぐちさん、ユウヤさんにお手伝いいただいて、タンクをひっくり返し、コックを外して漏斗でガソリンを補給しましたが、再度コースインすることはできませんでした。
 面倒に思わず、ガソリンを入れておくべきでした(T_T)くぅ~

☆3本目
 気を取り直し、全開走行!・・・のつもりが、ペースが全くあがりません。
 エンジンの問題ではありません。
 ボク自身の問題です。
 なにをどうやってもダメな感じ。
 結果は43秒前半でした。
 ショック!

 メンタルな問題だろうと思いつつも、先日トミンで車高を1回転高くしたことのネガが出ているのでは?と思えます。 根拠は全くありませんし、ボクは違いのわからない男です。
 それでも、自分の内なる声が「車高が悪い!」とささやき続けるので、半回転戻すことにしました。

P10600541


 固定ステップで、楽チンチンです。

☆4本目
 他の人のペースについて行こうとしてみたところ、何となく感触を思い出しはじめました。
 今日のテーマはブレーキングです。
 「カチッ!」を止めたわけではありません。「カチッ!」はいわば究極の課題です。
 「カチッ!」を行うために、今何をなすべきなのか、その課題がブレーキングです。
 うまく言えませんが・・・A地点からC地点の間でブレーキングを完了したいのですが、実際にはA地点からC地点の手前、B地点でブレーキングを完了してしまっているのがいまの悪いところです。つまりB地点からC地点の間が無駄になっています。アクセルを開けてもすぐ減速、パーシャルでは失速。これでタイムが出せるわけはありません。
 しかし、出来ないものは出来ません。ビビリミッターが作動してしまい、どうしても早めにブレーキを掛けてしまうのです。今のボクがオーバースピードと思っている速度で進入しなくてはなりませんが、キッカケがつかめません。
 ダメなりに調子に乗ってきたところで、自分よりも遅い他車に追いつき、自分のペースで走れません。
 ペースを落とし、クリアラップ出来るようにしてみましたが、間隔が狭すぎて追いついてしまいました。
 これじゃダメだ、ってことで、後続の邪魔にならないようにさらに間隔を空けてタイムアタック。
 42.7秒という本日のベストが出たところで、ピットに戻ってきてしまいました。

 なんだかバイク、止めたくなってきました。
 今年はこんなに力を入れて練習してきたつもりなのに、結果がこれでは・・・
 ちなみに、エンジンが原因でタイムが出ない、ということではなさそうです。
 ボクが下手なんです。

 走行後、じゃんけん大会がありました。
 欲しい物は手に入れる!、がモットーのボクなので、欲しいと思う景品はなく、じゃんけん大会は静観していましたが、先日参加した「Enjoy Skill Up Meeting」(エンジンがブローしたときの走行会)の招待券がもらえるというので、これだけじゃんけん大会に参加しました。
 無事ゲット!!
 この前は、エンジンブローで午前しか走っていないので、ちょ~ウレピー!!
 元が取れた気分です(^^)

 帰りは大渋滞のハズ。
 そこで、数年帰っていない静岡の実家に帰ってみることにしました。
 そうなんです、実は今週1週間はちょっと遅い夏休みで、休みなんです。
 中央道の南アルプスICまで行き、あとはひたすら国道52号線=見延道を静岡に向けて走りました。
 下道なのですが、信号が少なく、2時間ちょっとで実家に到着。
 意外に近いんですね。

 今日ご一緒して下さった皆様、お疲れ様でした。
 ボクは・・・もうちょっと鍛えなくてはならなさそうです。
 その前に、進歩のない自分に嫌気がさしてます(^^;;

 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

October 07, 2006

BMC走行会@トミンモーターランド

 今日は、トミンモーターランドで行われるBMC走行会に参加しました。
 相変わらず走行会の前日は、眠れません。
 23時に寝たのですが、1時間毎に目が覚めました。
 4時起床のつもりが、結局3時半には活動開始です。

 ご存知のように、昨日は三匹のこぶた、ブーフーウー・・・基、台風による暴風雨だったので、はたして走行会が開催されるのか、心配でしたが、前日の天気予報では晴れでしたし、家の前もドライになりつつあったので、期待して出かけました。

 ところが、常磐道土浦北付近は、雨。もちろんトミンモーターランドも雨。路面は当然ウェット。
 いきなりやる気萎え萎えです。
 路面は当分乾きそうもなく、天気もくもりになったものの小雨まじり。
 トランポからバイクを降ろす気になりませんでしたが、午後からドライに変わることを期待して、車検のためにバイクを出しました。

 ついでに、昨日できなかった整備を、まったり行いました。
 ブログ用デジカメを持っていくのを忘れたため、今日は画像無しです(^^;;

 まず、アクセルワイヤー調整。
 エンジンを載せ替えてから微調整はしていませんでした。
 
 クラッチワイヤー調整。
 これも同上です。

 ベガスポーツ固定ステップ取り付け。
 純正ステップでは滑ってしまい怖いので、外足荷重を十分に掛けるべく、交換しました。
 ついでに、ステップを固定化すると、車高の調整がし易くなります。
 純正ステップとは、ステップの厚みがちがうので、シフトおよびブレーキペダルの位置調整も行いました。
 
 車高調整。
 yktさんのアドバイスを参考に、若干車高をあげてみました。
 固定ステップのお陰で15分作業なので、簡単に調整可能です。

 エアクリーナー№2スポンジ加工。
 前回の走行で気が付いたエアクリーナー№2のスポンジを注文し忘れたので、家にあった適当なスポンジを加工してみました。
 な、なんと!スポンジを入れたら、7000rpm付近の谷が消えました!
 ってことは、パワーチェックのときはすでにエアクリーナー№2はトラブっていたのかもしれません。もしかしたら、そもそもOH後すぐにダメになっていたのかも?
 失敗しました~。パワーチェックの結果は、本来の性能ではない可能性大です。
 旧車を甘くみていました。超反省です。

 他、サイドスタンド外しに、LAP SHOT取付など。

 整備後、走る気になれずまったりして過ごしました。
 路面はどんどん乾いていきましたが、1コーナーはコーナー外側から流れてくる雨水のため、滝のようになっており、とても攻める気にはなりません。
 今日はもうやめよ!っと思ったところで、ふと思いつきました。
 そうそう、エンジン載せ替えたばかりなんじゃん!
 実は、10/9はSLyで開催される走行会に申し込みしていますし、今日はなんとして走らせて、不具合の確認をしておかないことには、10/9の走行会に走れないなんてことにもなりかねません。

 ちょうどお昼休みはフリー走行ができるとのことで、新コブラを走らせてみました。
 気になるエンジンは・・・あの~、圧縮抜けているはずなんですけど、にもかからわらず、調子、いいんですけど(^^;;

 う~ん、これって一体どういうことなのでしょう?
 もはや、先日ブローしたエンジンの復活は必要なし?
 そんな感じの元気良さ!
 程良く抜けたマイルドさとでもいうのでしょうか?
 エアクリーナー№2を直したおかげで、アフターファイヤーも出ません(これはちょっと残念(^^;;火を噴きながら走るのも格好いいかも~)。
 平均33秒半ばでした。っていうか、攻めていません。

 ただ、クラッチがたまに切れなくなるというトラブルが確認できました。
 最終進入時のシフトダウン時のみに発生します。
 クラッチトラブル、というより、ケーブルの取り回しに問題があるのでしょうか?
 む~

 午後の2本は逆回りです。
 逆回りには全く興味がありませんが、新コブラの様子をみるために、わがまま言わずに走ってみました。

 1本目。
 エンジンはいい感じです。
 ミッションの入りにも問題ありません。
 クラッチは、今度も最終の進入前のシフトダウンで症状が出ます。
 共通点は、左コーナーからのシフトダウンです。
 む~
 戻ってきてから、クラッチを再調整してみました。
 ちなみに、攻める気がまったくなかったのでタイム計測なし。

 2本目。
 実は1本目が意外に楽しかったので、タイム計測してみました。
 といっても、全開では攻めません。
 なぜかグリップ感がないのです。
 雨上がりが関係するのでしょうか?
 いまだに、正回りでいう1コーナーはライン上がところどころウェットです。
 で、逆回りのベストタイムは、30.66。
 速いのか遅いのかわかりません。でも、攻めても30秒を切れる自信はありません。
 クラッチは、やや改善されたものの、引っかかりがたまにでます。
 でも、ミッションは普通に入るので、慣れちゃいました(^^;;ぉぃ

 そして、最後の1本は正回りです。
 前述の通り、1コーナーは最後までウェットで、しかもその場所がボクの走りではちょうどブレーキング中の場所にあたるため、満足に攻めることが出来ません。しかも、1コーナーで濡れたタイヤで奥の右ヘアピン(帝王コーナー?)をがんばると転倒!という罠が仕掛けられていて、転倒車続出のため、怖くてがんばる気になれません。
 最終コーナーの内側にも泥が・・・。何度も踏みそうになりました(T_T)
 結局タイムは30.42。
 SLyの走行会には問題なく参加できそうなので、ま、いっか、って感じです(^^;;

 走行後、タイヤチェックをしたところ、FSWビーチを走ったときと同じように、タイヤ表面はサラサラした感じでした。 どうもグリップ感ないなぁ~と思っていたのですが、タイヤが溶けていなかったようです。

 ご一緒して下さったダイスケ@SR400さんによると、雨で路面に砂利が浮いていて、それでグリップ感がないのでは?とのことでした。
 納得です。

 ダイスケさん、今日はいろいろお世話になりました。
 ありがとうございます!


 本日の言い訳コーナー

P11604581

 望遠デジカメの方で1コーナーの写真を撮っておきました。
 このくらい平気じゃん、って思う人もいるかもしれませんが、ボクのビビリセンサーは反応しまくりです。
 濡れているだけじゃなくて、水たまりになっているんですよ!
 怖いの、ボクだけじゃありませんよね?ね?


 

| | Comments (7) | TrackBack (0)

October 01, 2006

広島高潤製品購入

 通勤用のキムコ・スーパー9Sの2スト・オイル警告灯が点滅し始めました。
 新車で購入以来、ずっとワコーズの2CTを入れていました。新車にはじめから入っている2スト・オイルを抜いてもらってまで2CTを使っていましたが、そろそろ他のオイルにしてみようかな?と思い始めました。
 別に、2CTに不満があるというわけではなく、単に心境の問題です。
 いままは、一旦コレ!と決めたら、他の物を使うなんてことは、ボクにはあまり無いことでしたが、最近は円陣家至高の製品を使ってみたり、ちょっと性格が変わってきたみたいです。
 いい風に変わったのならいいのですけど、さて、どうでしょう?

 今回選んだ2スト・オイルは広島高潤の製品です。
 以前から気になってはいたのですが、今回、ネット通販で衝動買いしてしまいました。送料を無料にするために、衝動買いにさらに衝動買いを重ねてみたりして(^^;;

 購入したのは・・・

☆KZ ひましじゃけん

P10600311

 これをスーパー9Sに入れるつもりで買いました。
 合成ひまし油が効く!ってことで、実際昔はひまし油を使っていたとかいないとか。エンジンがしゃんしゃん回るようになるらしいです。ただ、メンテナンスがやたらと大変だとか。そのひまし油の欠点を無くすよう化学的に合成し、配合したのがこのオイルなのです。
 これでアドレスV100のノーマルとバトルだぁ!

 以下は、送料を無料にするための衝動買いです(^^;;

☆KZ トライアル感性

P10600301

 これは、NSR-Mini用に購入しました。現在は、ワコーズの2CRを使用しています。広島高潤に以前問い合わしたところ、ミニバイクにはこのオイルがオススメだとか。今時真面目に2ストオイルを開発している広島高潤の姿勢を評価してみました。ミニバイク用も現在開発中らしいです。

☆KZ スペシャルチェーンルブ(スプレー)

P10600331

 今は、円陣家至高の「C.P.O-R」を使っています。
 性能はまぁまぁですが、チェーン1コマ1コマにオイルを注すのはなかなか大変なので、浮気してみることにしました。実は、チェーンルブは他にもワコーズのビスタックとか、あれこれいっぱい持っています(^^;;
 飛び散らない、ってところに期待をしています。
 さて、どうでしょう?

☆KZ HEAT Cut

P10600321

 これが合成ひまし油で、2ストオイル、4ストオイル、サスオイルなどに添加して使える添加剤です。
 まだ何に使うか未定ですけど(^^;;
 
 ちなみに、ボクがワコーズを入れていた理由は、神奈川の地場産業だから。広島はボクの生まれた土地なので、広島高潤を入れる理由は、生まれた土地だからってことにしておきましょう(^^;;

 ・・・こうやって、あれこれ購入したものを報告したことはあっても、使用した結果を報告することはあまりないのはなぜ?と思った読者の方は、当ブログの「通」ではありません(^^;;
 なぜなら、ボクは違いのわかない男・・・故に、インプレなどは書けないのでした(^^;;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »