« '06SLyチャレンジバイクレース Q4LL」6時間耐久レース | Main | アストロプロダクツ厚木店へ行って来ました »

November 06, 2006

最強4スト・クォーターを目指して ~そして絶望

 はじめに、耐久レースのレポートをyktさんやすりん☆さんが書いてくださりました。
 特にyktさんは、ボクのリクエストに応えて、ボクをスーパーよいしょして下さってます。
 ボクのレポートは読む価値ありません。
 こちらをチェック!

   yktさん      ここをクリック!!
   やすりんさん   ここをクリック!!


 本編開始です。

 有給休暇を取って正解でした。
 身体の節々が痛いです。
 しかし、のんびりりているわけには行きません。
 来期を視野に、新コブラ(GSX-R250R/SP)をさらにパワーアップしなくてはなりません。
 筋肉痛で油の切れたロボットのような動きで、ライディングサービスBONに行きました。
 トランポからマシンを降ろし、転倒のダメージを確認します。
 転倒後ベストタイムも出てていますし、まっすぐ走るので不具合はありませんが念のためのチェックです。

☆アッパーカウル、カウルステー、自作ステッカーの損傷。
 約10000円、というところでしょうか?

P10602291


☆クラッチレバー、ハンドルバーエンド、グリップの損傷。
 約2000円、というところでしょうか?
 クラッチレバーは、車種を間違えた別のものが付いています。布テープは、クラッチを近づける苦肉の策です(^^;;

P10602301


☆自作クラッシュガード、ジェネレーターカバー、写ってませんが、ステップバーと左シートカウルの損傷。
 約10000円といったところでしょうか?
 それにしても、自作のクラッシュガードがいい仕事をしてくれたようです。
 おそらく、ハンドル、クラッシュガード、ステップでマシンを支え、被害を最小限に抑えたものと思われます。
 クラッシュガードは、全長8.5cmのところ、約0.5cm削れていました。

P10602311


☆番外編として、自作オイル受け。全く意味をなさなかったようです(^^;;

P10602321


☆さらに、右のマフラー部分。
 激しく接地しています。
 2枚目の写真に注目。あと1mmの厚さもなく、まさに穴があく寸前です。

P10602331

P10602351


 ダメージの評価としてはこんな感じです。
 重要な部分への損害は認められませんが、やはり細々壊れています。
 とりあえず、クラッチレバー、ステップ先端のジュラコンと、クラッシュガードは交換します。

 さて、レース直後からエンジンが掛からなくなった新コブラ。
 また圧縮がなくなったものと思われます。
 しかしボクは慌てません。ボクにはFCRがあります! 加速ポンプでガソリンを送り込み、エンジンを掛ければ一発解決、負圧キャブとの違いを見せつけようではありませんか!

 まず、ハイスロットルを付けるにあたり、スイッチボックスを薄型のものに変更します。
 BONさんから中古部品を提供いただきました!
 配線は、ブチ切るのはスマートではありませんので、カプラーから配線を外し、組み替えます。
 コツはBONさんに教えてもらい、簡単にできました。

P10602341


 しかし、配線図を読めないボクに仕上げはできません(^^;;
 ここはBONさんヘルプで、スマートに完成!すばらし~

P10602401

P10602391

 ついでに、ハイスロットルもBONさんに付けてもらいました(^^;;
 実は、回数をこなしていない作業は、ボクのスキルではできません。
 何度も反復練習をして、はじめて一人でできる、そんなタイプなのです。
 ハイスロは、薄型ということで、posh製を選択しました。

P10602501

 そして、いよいよFCRの登場です。
 マウントアダプター(ミクニでいうスピゴット)にKE45を塗布します。

P10602361

 そういえば、FCR導入秘話についてはまだ語っていませんでした。
 後日、語ろうじゃあ~りませんか!

 エンジンに取り付けました。
 ん~、格好いい!

P10602491

 これで完成!!
 アクセルを開けると、加速ポンプからガソリンが勢いよく噴射されます。
 3~4回アクセルを開け、セル始動。
 これで・・・エンジンが・・・かかる・・・かかる・・・、・・・かからない(T_T)

 なぜ?

 あれこれいじってもダメなものはダメ。
 不慣れなFCRで、加速ポンプを動かし過ぎ、プラグをカブらせてしまったので、プラグを外し、乾燥タ~イム!
 ただ待つだけでは芸がないので、ついでに圧縮を測ってみることにしました。
 まず適当に2番・・・圧縮ゼロ?
 これは何かの間違いだぁ!誰かそういってくれ~ってことで、1番・・・ゼロ。3番・・・ゼロ。
 ・・・圧縮がゼロです(T_T)

 見かねたヒグチさんが、スナップオン製の怪しげな装置を手にヘルプをしてくれました。
 エアコンプレッサーとその装置を繋ぎ、その装置とシリンダー・プラグホールと接続します。
 空気をシリンダー内に送り込み、どこで圧縮が漏れているか調べる装置のようです。
 結局、排気バルブがちゃんと閉じていないことが判明しました。

 バルブが沈む・・・

 ってやつですか?
 なぜ、こんなことになるんでしょう?(T_T)

 念のため、冷却液(ヒートブロック使用)をチェックしてみたところ、かなりの量の冷却液が失われていました。
 もちろん、入れ忘れたなんてことはありません。
 耐久レースが過酷で、オーバーヒート状態にあったということでしょうか?

 11月いっぱいは走りたかったのに、これで、ボクの今シーズンはおしまいです(T_T)
 来年また復活することはできるのでしょうか?


   

|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 最強4スト・クォーターを目指して ~そして絶望:

Comments

この状態でゴールするまで走りきったことが
すごいですね。
新コブラをぜひ復活させてください!

後、自分の転倒にていろいろ破損させてしまい、
本当にすみません<(_ _)>
パーツ費用は持ちますので、言ってください。

Posted by: やすりん | November 10, 2006 12:05 AM

こんにちわ。

お疲れ様でした。
転倒は残念ですが、非常に楽しそうで何よりです。

それにしても、新コブラ恐るべしですね。。

僕もVTRで頑張って41秒台出したいです。。

機会があったら引っ張ってください。。

では~。。

お早い復活を望んでいます。。

Posted by: r1plus | November 10, 2006 07:24 PM

どもども(^^)

☆やすりんさん>
ホント、途中で止まらなくてよかったです。
なんだかすごくいい感じに思えたので、当然復活させますよ!
FCRも早く試したいですし。
転倒の件はお気になさらずに。ネタですから。

☆r1plusさん>
お久しぶりです。
楽しかったですよ。
来年は参加してみてはいかがですか?
ボクもヘボいので、引っ張ることはできませんが、来年もSLyで修行しようと思っています!
あ、トミンにも行きたいですね!

Posted by: のり | November 10, 2006 11:01 PM

Post a comment