« 耐久レースの準備 | Main | '06SLyチャレンジバイクレース Q4LL」6時間耐久レース »

November 04, 2006

スポーツランドやまなしを目指して

 明日はスポーツランドやまなしで開催される6時間耐久レースに参加します。
 ゲートオープンは6時。いろいろ準備などがあるので、ゲートオープンと同時に現地入りしたいところですが、自宅から出発することを考えると3時に起きなくてはなりません。
 3時起きが無理というわけではありませんが、現地で眠たくなり、レースを楽しめなくなるのは不本意なので、レイさんに教えてもらい8月にりんたまさん主催の走行会「RunaboutParty」前日に利用したのと同じ宿を予約しておきました。
 そんなわけで、今日はのんびり韮崎に向えばいいのですが、16時から前日車検が行なわれます。当日にゆとりある行動をしたいと考えると、前日車検は受けておきたいところです。ま、どうせ暇ですし、下道をのんびりドライブして、16時位に韮崎入りすることにしてみました。
 韮崎に行くのに、246から御殿場を経由し富士五湖を抜けて行くか、あるいは、宮ケ瀬をから道志道を経由し富士五湖を抜けて行くか、楽しみながら悩んでみたりして。
 そんな話しを偶然連絡のあったコッチーにしてみたところ、「連休だし、渋滞すんじゃね?」とのこと。
 渋滞のことをすっかり忘れていました。
 そういえば、GW中に白糸に行こうとして、東名、246が大渋滞していて難儀した記憶が・・・。
 はい、予定を変更で中央道を使ってバビューンと現地入りすることにしました。
 それでも、ちょっと早めに自宅を出て、出発のご挨拶にライディングサービスBONに立ち寄りました。いろいろサポートを受けているので、レース前のご挨拶は当然ですね?
 ところが、BONに向う途中から、やっぱり下道を走って行きたいな~とまた考えるようになりました。
 カーナビで計算すると、下道でも大丈夫そうです。
 BONでのんびりしてから出発のつもりが、またまた予定変更、ささっとご挨拶を済ませ、韮崎に向ったのが11時半頃でした。
 中央道を使うにしても、家からではまず246方面に向わないとなりません。
 矢吹ジョーというか、東丈(これはマニアックすぎ?)というか、案の定、道は混んでおり、いつもの倍の時間が掛かりました。この段階で、246ルートは断念です。
 次いで道志道ルートですが、413号にたどりつくまでに、246同様いつもの倍近くの時間が掛かり、断念。
 だからといって、中央道を使っていくのはなんだか悔しいので、20号線を使うことにしました。ナビも大丈夫と言っています(^^;;
 16時の車検に間に合わないと判断すれば、途中から中央道を使えばいいという作戦です。
 20号線は、法定速度よりやや速い程度で流れていました。なかなかいい感じです。
 MR-Sに乗っていると、ブチ切れそうなペースなのですが、トランポのレジアスエース(ガソリン車)は、登り坂ではウンコほどの加速しかできませんし、コーナーリングでも積載物が気になっていちいち減速しなくてはなりませんし、ちょうどいいペースでした。
 いい天気に、いい景色に、いい空気に、いいBGM。
 ホント、まったりドライブ気分です。
 笹子トンネル手前(神奈川側)の20号線は、いつも帰り道の中央道から眺めて、いいところだなぁ、いつか走ってみたいなぁ、と思っていたので、ちょっと感動でした。川沿い(渓流っていいてもいいのかな?)の道ってなんだかいいですよね?
 途中、一回だけコンビにでドリンクとアイスを買ったくらいで、ほぼノンストップで走り、スポーツランドやなましについたのはちょうど16時。ほぼ4時間半掛かった計算です。
 前日車検に来たマシンはうちのを含めて3台でした。
 次の予定が特にあるわけではないので、17時近くまで、前日車検に来るかもしれないマシンを待ちつづけるSlyのスタッフの人たちとおしゃべりして時間を過ごしました。
 それから、ユウヤさんに教えてもらった温泉「湯めみの丘」に向いました。
 中央道韮崎インターをSly方面に右折してすぐの信号を右折、広域農道を道なりに直進すると、「湯めみの丘」に到着です。
 いつも行く「ゆ~ぷるにらさき」と比べて良い点は、なんと言ってもアクセスが楽。広域農道は渋滞知らずです。さらに、いつもみんなで行くほうとうのお店「小作」にもとても近いです。「ゆ~ぷるにらさき」に行き、「小作」に行くよりは、「湯めみの丘」から「小作」に行く方が、はるかに楽です。「小作」に立ち寄ることを前提にしなくても、なにしろ渋滞がありませんから、やはり楽だと言えると思いま
す。悪い点は、人が多い、ということでしょうか? 人気の差なのかなんだかわかりませんが、駐車場がやたらと広いだけあって、利用者も多く感じました。
 また来るだろうことを前提に、「湯めみの丘」でちゃんとスタンプカードを作ってもらい、ひとっ風呂浴びました。
 温泉のことは、知識がないので、特に語れません。旅行、温泉ときたら、殺人事件が世間の相場ってもんですが、特になにも起こらなかったので、温泉の話しは割愛です(^^;;
 その後、コンビニに寄った以外は特に寄り道もせず、宿に到着。
 TVはあまり見ない方なので、家から持って来た「死体は二度と目覚めない」という「あたりめーだろ!」と突っ込みたくなるタイトルの小説をしばらく読んで、早めに就寝したのでした。


 

|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スポーツランドやまなしを目指して:

Comments

Post a comment