« ボウリングの練習 | Main | アルミインナーローター化を考える »

January 12, 2007

フローティングディスクを考える

 さて、知ったかぶり講座のお時間です。
 今日は、フローティングディスクについて考えてみたいと思います。
 かつてのレプリカ・ブームのころからでしょうか、バイクのフロントブレーキディスクは、リジッドタイプからフローティングタイプへと移り変わりました。フローティングディスクの方が、いろいろとメリットがあるからです。たとえば、アウターローターとインナーローターの材質を変えることが可能になるため、素材の選択肢が広がる、ディスクが歪みにくい、軽量化できる、とか、コントロール性が増す、などのメリットが挙げられます。
 現在では、走りを重視したバイクのフロントブレーキは、ほとんどフローティングディスクが採用されているといっても過言ではないでしょう。
 ひと言でフローティングディスクといっても、さらに2種類に大別されるということをご存知だったでしょうか?
 セミフローティングディスクと、フルフローティングディスクです。
 前者は、アウターローターとインナーローターがほとんど固定されている状態のものであり、後者は、アウターローターは手で触れると動く、まさしくフローティング状態のものです。
 皆さんのバイクは、セミフローティングですか?それともフルフローティングですか?
 社外であれば、フルフローティングの可能性もあると思いますが、純正のディスクローターであれば、まずセミフローティングだと思います。一度、アウターローターを触ってみてください。
 ところが、一時期のスズキ車は違います!
 たとえば、RGVガンマ(VJ21A、VJ22A)や、当時の共通ディスクを用いる車種は、フルフローティングといってもいいくらいのディスクローターを採用しています(VJ23Aは知らんです)。
 そう、新コブラ=GSX-R250R/SPも、そのフルフローティングディスクが採用されている車種なのです。
 年式が年式ですので、フローティングピンが固着している固体では確認出来ないかもしれませんが、きちんと整備されているマシンであれば、アウターローターがカチャカチャと動くことがわかります。実は、すごく気合の入った作りをしているのが、スズキ車だったりするのです。
 噂では、一時期ヤマハ車でもフルフローティングを採用した車種があったと聞きますが、これまた噂では、フルフローティングであるが故の悲しい事故を発端に、市販車には採用されなくなったそうです。真偽のほどは定かではありませんが。
 そういったことも関連するのでしょうか、GSX-R1000のフロントディスクを触る機会があったのですが、どうやらセミフローティングのようでした。気合のスズキも、安全性を重視せざるを得なかったのでしょう。
 レーサーということを前提にするのであれば、純正ローターもフルフローティング化が可能です。フローティングピンを社外のフローティングピンに交換すればいいのです。
 以前は、アクティブからも販売されていましたが、現在はプラスミューのみが販売しているようです(ヤフオクでは、ブレンボサイズのみブレーキング製を販売している方がいらっしゃるようです。一部スズキ車、ヤマハ車にも共通するはずです)。
 純正のフローティングピンは非分解になっていますので、ディスクサンダー(グラインダー)やベルトサンダーなどの工具を用いれば、インナーローターとアウターローターを分離させることが可能となります。
 ・・・と、ここまでが普通の話しです。
 つまり、フルフローティング化されている新コブラは凄いんだぞ!と。
 ただ、それだけでは終わりません。
 新コブラのブレーキローターは、インナーがスチールでアウターがステンレスという構成です。・・・一応レーサーを自称するマシンのインナーローターがスチールとは・・・それは悲しいことじゃなくて?ってことで、アルミローターにしたい欲望がメ~ラメラと燃え上がったのでした。
 そこで、yktさん直伝の妄想モードに入っていくわけですが、そのお話しは、また次回、お話ししたいと思います。その時は、きっと長文注意報です(^^;;


 

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26695/13507579

Listed below are links to weblogs that reference フローティングディスクを考える:

Comments

僕もGJ73を手に入れたとき思いました!
「あっ本物フローティングだ」と 笑
いままで数々のバイクを見て触ってきましたが、市販車でフルフローティングってあの時代のSUZUKI車くらいですよね!
SUZUKIはやっぱり拘るところが違うな 笑
ただ本当にインナースチールはいけてないですよね、耐久性を考えたんでしょうけどバネ下重量増しになるので、いっそセミフローティングでインナーアルミの方がマシな気が・・・
でも、オークションに出てる2千円のGJ73欲しいです 笑

Posted by: さとし | January 16, 2007 at 12:33 AM

どもども(^^)

☆さとしさん>
お返事、遅くなってごめんなさい。ブログのメンテで書き込めませんでした。
インナーアルミ化の日記も、近日書く予定ですから、といっても、普通の人には読めない文章で書きますので(下手って意味っす)、読むのには根性がいると思います~。
あのGSX-R、いいですね! ボクも去年ならガツーンといったと思います。
今年は借金苦で、ダメダメです(T_T)

 

Posted by: のり | January 17, 2007 at 08:41 PM

Post a comment