« 特注!NSR250R(MC21)用ナイトロン! | Main | くどい?ブレーキの重量比較 »

March 22, 2007

FCRいじり

 今日は会社を休んだので、新コブラ(GSX-R250R/SP)をいじってみることにしました。
 そういえば、よく、ちゃんと仕事しているのか?、と訊かれますが、はい、していません。
 ってことで、活動はしなくても、バイクの整備はしておかなきゃですよね。

 まず、ヤフオクで買った「赤いクラッチワイヤー」を取り付けすることにしました。

P10606681

 しかしすごいネーミングですね。ドラクエに出てくる意味のないアイテムのような名前です。
 純正のクラッチワイヤーだと、ちょっと重たくて、アルキャンハンズのクラッチワイヤーにしてみたのですが、取り回しが純正と同じでいまいちだったので、「赤いクラッチワイヤー」にしてみたわけです(実は現在赤いブレーキホースも注文中さ!!)。
 取り回しってなに?と訊かれると、取り付け部分の形状のことを言いたいわけですが、言葉ではうまく表現できないので画像を用意しました。

P10606691

 上の黒いのがアルキャンハンズで、純正も同じ形状です。
 下の文字通り赤いのが今回買ったクラッチワイヤーです。
 形状の違い、わかりますよね?
 この角度の違いが、クラッチの重さ軽減となって現れます。
 このワイヤーでダメだった場合、ベルリンガーのレバーに変えようかと真剣に考えました。

 無事、ワイヤーの交換を終え、先日脱落したエキパイのフランジボルトをつけて、FCRをいじってみることにしました。
 どうも濃いので、ナップスで衝動買いした2ランクほど薄いジェットニードルをさらに1段薄くして取り付けてみました。
 それにしても、FCRの始動性の悪さはなんとしたことか。
 バッテリーがなくなる寸前までセルを回して、ようやくなんとか、エンジンが掛かりました。
 加速ポンプで楽々始動~、と思っていたボクとしては、大きな誤算でした。
 これじゃ、走行会に行っても、エンジンが掛かるかどうかが運試しみたいな感じです。
 不本意ながら、予備のバッテリーをトランポに積んでおくことにしておきます。

P10606701


 ジェットニードルを交換したので、スロー系も調整しなきゃ!と知ったかぶりでパイロットエアスクリューをいじってみましたが・・・違いがわかりません。そりゃ思いっきり締め込むと違いはわかりますが、1回転戻しと、2回転戻しの差がまったくわかりません。しかも、4気筒もあるし、困ったモンです。
 FCRを自分でセッティングしている人たちって、ちゃんと違いがわかっているんですよね?
 とても真似できそうにありません。
 そんなわけで、適当に維持って、アイドリングするからまぁいいだろう、ってことで、今日の作業は終了です。
 ・・・なんだか調子が悪いのは、気のせいでしょうか?
 いや、気のせいではなさそうです。いったい、どこをどういじればいいものやら(^^;;


 

|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference FCRいじり:

Comments

Post a comment