« 富士スピードウェイ カートコース走行 | Main | GSX-R250R/SP 新パーツ投入 »

June 25, 2007

アーシング製作

 アーシング職人を目指そうと思ったことは、先に述べたとおりです。
 今日は早速製作してみることにしました。
 一番はじめから良いものが作れるとは思っていないので、練習のつもりで気軽に作ってみることにしました。
 いざ作業をはじめようとすると、ケーブルをカットする工具と、配線の皮?を剥く工具(ストリッパー)を用意することを忘れていることに気が付きました。
 ま、無くても困るわけではなさそうなので、カットにはハサミとニッパー、ストリッパーにはカッターナイフを代用することにしました。

P10702821

 ハサミもニッパーも、いずれも配線を押し潰してしまいますが、だからといってそれが悪影響を及ぼすことはなさそうです。ストリッパーも、カッターナイフで十分のような気がしました。

P10702831

 ハンドプレスにはコツがいることがわかりましたが、それほど細かいことを気にしなければ、コツなんて覚えなくても困りません。
 基本的には、圧着して、ゴムキャップを被せて、熱収縮チューブで仕上げる、そんな感じです。
 そして完成!
 まず、バッテリーのマイナス端子とレギュレーター、マイナス端子とアース、アースからセルモーターという構成のアーシングです。

P10702841

 下のは、バッテリーのマイナス端子からシリンダーヘッド、シリンダーヘッドからイグニッションコイルを2本と、バッテリーのマイナス端子からジェネレーター・カバーの構成です。

P10702851

 気になる費用は、材料費2000円弱、工具9000円(T_T)です。
 長さも適当ですし、作ってみて配線の取り回し上、長さが足りなくなる懸念も出てきましたが、工具に9000円投資したおかげで、何度でも作り直し可能です。

 期待とおりの効果があるといいのですが。。。


|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アーシング製作:

Comments

ちなみにOFCは熱に弱い上に酸化するとよろしくないので
お気をつけてw

Posted by: しぐ | June 26, 2007 11:53 AM

どもども(^^)

☆しぐさん
そ、そうなんですか?
それ、しらんかっとってんちんとんしゃん!
って古過ぎかしら?

ま、何度でも作れますし、作れば作るほど完成度が上がってくるような気がしますので、がんばります!


Posted by: のり | June 26, 2007 09:30 PM

Post a comment