« 暑さがボクをダメにする | Main | 明日は富士スピードウェイ カートコースでセッティンゲ »

August 14, 2007

FCR セッティンゲ再開

 世間的には盆休みだからでしょうか?
 それとも、飽きられたからでしょうか?
 アクセス数が激減しています。
 多いから、だからどうということはありませんが、少ないと寂しいもんですね。
 ってことで、盆休みなどないボクには、今日は単なる平日ですが、更新がんばります。

 耐久レースも終わり、しばらくイベントがないことから、FCRのセッティンゲを再開します。
 この記事でも述べたように、いままでは50cmファンネル(古い人間はビットと云ふ?)とラムエアだっちゃ!の組み合わせでしたが、これからはエアクリーナーボックスを付けることにします。
 安定した吸気の確保が負圧の確保となり、セッティングを出しやすくする、というのが、ボクが頭の中に描いた妄想ですが、エアクリ・アダプターを付けた段階で、エアスクリューがいじり辛くなることは明白であり、そのへんをどうするか、なんてことは全く考えていません。さて、どうなることでしょう?いっそ、スロエアジェットにして、ビシッ!とセッティンゲした方が確率的に早そうな気がするのは、気のせいでしょうか?

 エアクリーナーボックスは当然純正を利用します。容量が性能を左右するそうですが、スペース的な関係から、ワンオフしてもしなくても、純正サイズとあまり変わりがないと思うので、ワンオフはしないことにします(というのはいつもの強がりで、そんな予算ははじめからありません)。
 問題は、エア・フィルターをどうするかです。純正のエア・フィルターは、いかにも「ゴミも吸いませんが、空気吸いません!すみません!」ってな雰囲気ですので、そのまま使用するには気持ち的にも空気抵抗もあります。
 まず、エアクリーナーボックスの形状を見てください。

P10701651

P10701661

 はい、見てもなにもありません(^^;;
 フツーのエアクリーナーボックスです。
 ちなみに、エア・フィルターを外すと、こんな感じです。

P10701701

 んじゃ、エア・フィルターも見ていただきましょう。

P10701671

P10701681

 効果のほどは不明ですけど、純正エア・フィルターのファンネル形状を活かさないことには、と思ったわけですよ。そこで、エア・フィルターはただ外したりするのではなく、純正品を加工して使うことにしてみました。
 イメージとしては、中の紙製のフィルター部分だけを取り除き、金網の中にデイトナのターボ・フィルターを入れることを考えていたわけですが、構造上、そううまくいかないことがわかりました。
 紙製のフィルターと、金網が(たぶん)エポキシ樹脂で接着されていることから、分解できないのです。無理矢理分解すると、強度のない金網はあっという間に形状を維持できなくなりました。
 これが失敗の図。

P10701691

 ファンネルは活かしたいので、裏側に接着された紙製のフィルターは、ニッパーとカッターとで切り取りました。なにせ紙といっても切り口の毛羽立ちがすごいので、そこは接着剤でかためておくことにしました。2液のエポキシ接着剤を使うことも考えましたが、振動などでガバッと外れて、FCRが吸い込んでしまうというトラブルもゴメン被りたいので、弾力性のあるセガのスーパー32X・・・じゃなくて、セメダインのスーパーX2を使い、毛羽立ちを防止しました。

P10704881

P10704891

 いくらエアクリボックスを付けたからといって、まったくフィルターをつけないことは考えません。
 ボックスとファンネルの間に、ターボフィルターを付けることも検討しましたが、ちょっとスマートじゃありません。
 ってことで、悩むこともなく、シングル用のラムエアだっちゃ!を買ってきました。

P10704911

P10704921

 噂によると、トリートメントオイルをちゃんと塗布していないと、バックファイアーでラムエアだっちゃ!が燃えるという話しも聞きましたが、トリートメントオイルはベトついて、手に付くとちょう不愉快なんですよね。エアクリを付けることが前提だし、そこまでのバックファイアーはないでしょう、と勝手に決めつけて、トリートメントオイルは塗らないことにしました。そのかわり、裏表をひっくり返して、

P10704931

 裏側にワコーズのエアフィルターオイルMXを塗布しておきました。

P10704941

 かなりべとべとして、糸を引くくらいですから、効果は期待できると思います。
 裏側にしか塗っていないので、これで、手や周りがベトベトに汚れません。これがポイント!
 ちなみに、関係ありませんが、ウチのNSR250R/SPペンタックスのペンタ君、こいつのエア・フィルターはデイトナのターボフィルターを付けていますが、乾式で使うターボ・フィルターにもこのエアフィルターオイルMXを塗布してあります。そして、エアクリボックスの内側にも塗布してあります。気休めでも、効果ありそうでしょ?
 新コブラ(GSX-R250R/SP)のエアクリボックス内側にも当然塗布しておきます。
 
 さて、あとは、新コブラにFCRとこのエアクリボックスを付けて、セッティンゲするのみです!


 

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26695/16117281

Listed below are links to weblogs that reference FCR セッティンゲ再開:

Comments

ひそかにおもったんですが

HKSのパワーフローくっつかないですかねぇ?w

中古で格安で転がってそうだしw

Posted by: しぐ | August 16, 2007 at 12:16 PM

どもども(^^)

☆しぐさん>
いや~、もうラムエアだっちゃ!買っちゃいましたからね~(^^;;
評判は、必ずしもいいとは限りませんが(^^;;
ターボフィルターも用意してあるので、ラムエアがダメになったら、ターボフィルターを切り張りした自作ラムエアを作ってみようと思います!

Posted by: のり | August 17, 2007 at 06:20 PM

Post a comment