« July 2007 | Main | September 2007 »

August 31, 2007

バンディット250、南へ

 タイトルと本文は関係ありません。。。

 本日は、神奈川県○市にお住まいのバンディット250(GJ77A)乗りのYさんからのご依頼で、バンディット250を○市の職場から同県△市の家までお運びすることになりました。
 事前の打ち合わせでは、ボクのトランスポーター(200系ハイエース(実はこだわりのレジアスエース)スーパーGLガソリン車)に積載してお運びする予定でしたが、Yさんから「△市まで乗って行きませんか?」とのご提案をいただきまして、久々に街乗りすることになりました。
 会社が終えて帰宅後、あわててライディング・ウェアを探してみました。
 ボクの記憶が正しければ、原チャリを除いて最後に街乗りしたのは、1~2年前に、89GSX-R400R/SP1(GK73A)でナップスまで行ったことがあるくらいだと思います。
 そのときは、ツナギ(といっても整備用ツナギ)でバイクに乗った記憶があり、ライディング・ウェアは着ませんでした。
 探しに探して、ようやく出てきたのは、15年以上前に購入したカドヤのニューコンセプターのジャケットでした。
 なつかしぃ~。
 捨てるに捨てられずに所持していましたが、もうヨレヨレ・ノビノビ・ビヨビヨのボロボロです。
 ま、無いよりマシでしょうと、そのジャケットを持って○市のYさん職場に向かったのでした。
 無事Yさんと合流。
 「エンジンは掛かりましたよ」というYさんの言葉になんの不安もなく現地に到着したボクでしたが、バンディットを見ると不安がややふくらみました。
 埃が積もっています。
 よく聞くと、エンジンを最後に掛けたのは一ヶ月前のことのようです。
 バンディットに近づくと、お馴染みの臭いが漂ってきました。ガソリンが劣化した、あの特有の臭いです。
 しかし、まだ腐っているところまでは行っていないようです。
 普通にエンジンが掛かることを期待して、セルを回してみます・・・回りません。
 クラッチを切らないと、セルが回らない仕組みでした(^^;;軽くウザいですね?
 気を取り直してセルを回したところ・・・セルは回りませんでした。灯火類は問題なく点灯していますが、セルを回すにはバッテリーが弱まっているようです。
 それでは押し掛けですね?ってことで、押し掛けを試みますが、掛かりそうで掛かりません。
 ガソリン満タンのバンディット250は、ボクの新コブラ(GSX-R250R/SP)とは比べものにならないくらい重く、カモシカのようなボクの足は疲労骨折しそうです。
 偶然、その職場には、充電された12Vの大容量バッテリーがあることがわかり、押しがけは諦め、ジャンピングしてエンジンを掛けることにしました。
 シートを外し、車載工具用のトレイを外すと、バンディットのバッテリーにアクセスできました。
 電源側の配線は、Yさんにお任せして、ボクはバッテリー側に配線・・・した途端、
 バチッ!
と火花が散りました。
 Yさんが、電源側のプラスとマイナスを間違えたために、短絡したのです。電源となったバッテリーのマイナスに赤いコードが使われていたので、Yさんが勘違いしたようです(ボクもメインスイッチをONにしたままでした、ごめんなさい)。
 ヒューズボックスのヒューズを確認しても、短絡したヒューズを確認できなかったために、泣きそうになりましたが、スターター・リレーのところに30Aのヒューズがあり、そのヒューズが短絡していることがわかり、予備のヒューズと交換することにより無事問題は解決できました。
 気を取り直してエンジン始動!
 ブルルン。。。
と、一瞬エンジンは掛かりましたが、その後はウンともスンとも言いません。
 そこで、キャブのフロートのガソリンを抜いて試してみることにしました。
 ガソリンを入れ替えてから試した方がよさそうな気がしましたが、ガソリンの臭いは、以前ペンタックスSPで経験した程度なので、点火には問題ないと判断したのです。
 再びセルを回すと、無事エンジン始動。やりました(^^)
 しかし、アイドリングせず、吹け上がりも良くありません。6000回転で頭打ちになります。
 これはキャブかな?と思いつつも、心の中では安易な解決を望んでしまいます。
 そこで、タンクのガソリンを抜き、きれいなガソリンを入れてみました。
 多少時間を掛け、エンジンを回し続けたところ、8000rpmまで回るようになりましたが、まだまだ絶不調です。
 途中、3番が点火していなことがわかったので、3番のプラグを交換しました。バンディットはCR7Eでしたが、そんなプラグの予備など持っていないので、新コブラの予備用CR9Eを付けてみました。
 が、エンジンの不調は変わりません。試しに試乗してみましたが、満足に発進もできませんでした。
 段々エンジンが回るようになることから、これはもうキャブしかない、ということで、キャブレターを確認してみることにしました。
 作業し慣れた新コブラとは勝手が違うので、多少戸惑いつつも、エアクリーナーボックスをはずし、無事キャブレターにアクセス、フロートチャンバーを外し、内部を確認してみたところ、メインインジェットが腐食?し、思いっきり詰まってました。
 なんてこったい。
 一ヶ月前にエンジンが掛かったというのは、掛かっただけで、エンジンを回した(あるいは走行した)ことではなかたようです。それほど腐食し、詰まっていました。
 キャブクリーナーも持ってきていたボクですが、普段はキャブOH用の強力なやつを使う必要が生じないので、そのキャブクリーナーは我が家の便所に置いてあり、トランポに積んであったのは呉のそれほど強力ではないキャブクリーナーでした。
 一応、ダメもとで、呉のキャブクリーナーにメインジェットを漬けてみましたが、案の定効果なし。
 ここで、お手上げです。
 Yさんには、当初の予定通りトランスポーターで運ぶことを提案してみましたが、動かないバイクを家に持って帰っても・・・ということで、悩んでいらっしゃいました。
 ボクが預かって整備することも提案してみましたが、結局行きつけのバイク屋さんにお願いすることになり、本日の業務はここまでとなりました。
 Yさんには、報酬として、炭酸飲料を用意するようパシってもらいました。
 ありがとうございました(^^;;

 かる~くお出かけして、かる~くバンディット250を楽しんで、サクサクっと帰宅する予定でいたので、ブログのネタになるとも思わず、デジカメを持参していなかったので、今回は画像なしです、すみません。


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2007

NSR-Miniタイヤ交換

 次回のコッチー塾は、どうやら今週日曜日に、今度は場所を京葉スピードランドに移して開催されるようです。
 どんなにしごかれても、ボク、負けない!って感じで、がんばってこようと思います。
 ボクって、Mだったのかなぁ?ってイニシャルはMです、はい(^^;;
 まだデータを調べていませんが、いまのタイヤは、トミンと先日の白糸で使っています。
 ボク的には6~7時間走行してからの交換と考えていますので、まだまだ使えるはずですが、念のためスペアを用意することにしました。
 ブリジストンのBT-601SS(前後ミディアム)を、ライディング・サービスBONで日曜日の夜に注文したら、火曜日には届いたようです。つまり、月曜日の発注で翌日には到着ってことですね。さすがブリジストン。
 今日は、会社から帰ると、さっそくお店に行って、スペア・ホイールにタイヤを履かせました。
 いつものように、タイヤ・チャンジャーをお借りしてつけるので、いまだに手作業ではタイヤ交換ができません(^^;;
 これがスペア・ホイール。
 タイヤを付ける前に、塗装をしようしようと思って約1年。結局なにもしませんでした。

P10706271

 これが新品タイヤ。
 全然目新しくもなんともありませんが、何となく画像を用意しました。

P10706291

 で、タイヤ交換後。
 新品タイヤなので、ラップを巻くことに意味はありませんけど、なんとなく。
 雰囲気はでるでしょ?

P10706301

 ミニバイクのタイヤ交換は久々だったので、ちょっと戸惑いました。
 基本的には変わらないし、新コブラ(GSX-R250R/SP)のタイヤ交換より楽なはずなんですけど、いつになくホイールを傷つけてしまいました。
 このタイヤを交換するときは、今度こそ塗装にチャレンジしたいと思います。
 あ、新コブラのホイールは、フロントは塗膜の剥離を終えたのですが、リアがまだお風呂場で作業途中で放置状態なので、まだ塗装できない状態です、はい。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2007

部品注文あれこれ

 昨日の練習の影響で、身体は筋肉痛となり、バキバキと音を立てながら動くような感じです。
 とても動く気にはなれないので、朝一から昨日のことをネタに記事を書いてみました。
 まだお読みでない方は、是非お読み下さい。記事はこちら!
 動きたくなくても、昨日の後片づけをしなくてはなりません。後かたづけ以外にも、やらなくてはならないことが少々あるので、記事を書き終えたら、買い物に出かけてきました。
 買ってきたのは、これです。

P10706061

 その名も「棚板固定部品」です。なんとかジョイント、とか、なんとかスペーサーなんて名前を付けずに、そのものずばり!「棚板固定部品」!!漢(おとこと読む)らしいじゃあ~りませんか。お前、気に入ったぜ!なんてなことを独り言でぶつくさ言いつつ、画像を用意しました。
 何に使う部品かというと、トランポの中に使用しているメタルラックに使います。
 見てください。

P10706071

 工具箱の重みで、メタルラックの棚板が下にずれたのです。
 棚板固定部品の内側にある突起が、メタルラックのモールドに引っかかることによって、ずれるのを防いでいるのですが、その突起が重みで削れてしまった結果、棚板がずれてしまいました。
 棚板をちゃんと固定するには、この固定部品を交換しなくてはなりません。
 NSR-Miniの他、ラックに乗せている物を一旦すべてトランポから出し、作業しました。
 荷物の出し入れが面倒なだけで、メタルラックの再組み立てはとても簡単です。
 完成~。

P10706081

 台所にしまった新コブラ(GSX-R250R/SP)を台所からトランポに、NSR-Miniを台所にしまいます。
 そこで、ショックなことを発見。
 一昨日、新コブラのメインスイッチを入れっぱなしにしていたようで、バッテリーが上がっていました(T_T)
 めんどくせ~。といっても、バッテリーがないとエンジンが掛けられないので、予備のバッテリーに交換しました。

P10706091

 トランポに積むのに、エンジン始動~。
 夏場なので、加速ポンプを2回ほど開けて、セルを回しましたが・・・掛かりません(T_T)
 一昨日は、普通に掛かったのに。
 こうなると悪循環です。加速ポンプをパカパカ開けても、もはやエンジンはうんともすんともいいません。
 これはプラグもダメにしちゃいましたね(T_T)面倒なので、今度走るときに整備することにしました。
 アイドリングしないってことは、パイロットスクリューももう少し濃くした方がいいのかな?
 ん~。ホント、FCRは面倒くさいです。
 チェーンをRKのGB520TRUに変えて以来、エンジンを掛けなくてもトランポに積めるようになっているので、そのままトランポにしまって、本日の作業終了~。

 それだけじゃつまらないので、最近届いたパーツ紹介~。
 前後タイヤ!
 ご存じ、ピレリのドラゴン・スーパーコルサ・プロ・スペシャルコンパウンド2。

P10706101

 一番右のタイヤは関係ありません。
 このタイヤは6時間耐久レースで投入かな?
 どうしようかな?
 次も、新コブラ用のパーツです。

P10706111

 転倒で削れたクラッシュプロテクター、転倒で折れたクラッチレバー、転倒で曲がったステップバー(予備でも注文していたので、3本あります)、ステップバーの先端ジュラコン3つ、などです。
 そういえば、ずいぶん前に注文した大人のドリブンスプロケット、まだ届きませんね~。
 確認しておかなきゃ!
 さらに、衝動的に注文したRGV250ΓのSP用腰上OHセット+SPシリンダーヘッドです。

P10706131

 何に使うのか?って?
 これは、4年前に焼き付いたまま放置中のアプリリアRS250を修理するためのパーツです。
 パーツが無くなっても困るので、注文しておきましたが、具体的にいつ直すのかはまったく予定はありません(^^;;
 そして、円陣家至高の「ABSO-RR」。

P10706121

 新コブラのフロント・フォーク・スプリングを交換する際に使う予定です。

 他、今日、NSR-Mini用のタイヤ、ブリジストンBT-601SSを前後ミディアム指定で注文しておきました。
 これからもう少しミニバイクにも乗ってみようと思います。


 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 25, 2007

コッチー塾@白糸スピードランド走行

 行って来ました、白糸スピードランド!
 6時頃に家を出て、現地でまったりする予定でしたが、いつものように早く起きてしまい(4時(^^;;)、しばらくネットでヒマを潰していましたがそれにも飽きてしまい、結局家を出たのは5時半でした。
 厚木から御殿場までは東名を使いました。
 迷うところではありませんが、念のためナビをセットしていたのですが、ナビが指定したのが東名の左ルートでした。ボクはなんとなく右ルートを使いましたが、合流するまで、ナビ上ではずっと左ルートを走っていたことになっていました。ksg!!(しんさん風に言ってみました(^^;;)
 途中、マツダスピードのリアスポイラーを付けた白いランティス(4ドアクーペ)が走っていました。いま見ても格好いいなぁ~なんて思ってしまうボクは変わり者でしょうか?
 ま、MR-Sほどじゃありませんけどね。
 白糸スピードランドを最後に走ったのが、2005年9月4日。ルートはそのときとまったく同じです。
 立ち寄ったセブンイレブンももちろん同じです。当時の記事で、あと半年後には潰れるのでは?と心配していましたが、無事健在です(^^;;でも、広い駐車場にクルマはいっぱい止まっているに、店内はお客が2~3人しかおらず、またしても勝手な心配をしてしまいました。
 御殿場らしく、お店の中には迷彩服を着た人がいました。近くにある、自衛隊の方だと思います。こうも普通に迷彩服で買い物している光景を見ると、一部のあぶない人たちが迷彩服を着て歩いていても、区別が付かないかもしれないな、とこれまた余計な心配をしてしまいましたが、きっと目の肥えた地元民は、ホンモノとニセモノの区別が一瞬でつけられるに違いない、そうだそうだ!ってことにしておきました。
 富士山スカイラインでは、エアコン要らずです。さすが富士!窓を全開にして、自然の空気を満喫しました。
 こうした山道を走ると、人を殺したらここに埋めに来よう・・・と、走りながら思う人たちがいるのかなぁ?とさらにつまらない心配をしながら走ってしまいましたが、やはりみんなも思うことなのでしょうか?
 ちょっと気になりました(^^;;ぉぃ
 約2時間で現地に到着。7時半でした(^^;;
 本日の「コッチー塾」の講師、コッチーはいつ頃到着するのかな?と思い、コッチーに連絡してみたところ、まだ家にいました(T_T)まじ?
 ちなみに、コッチー宅は、我が家から2km弱のところにあります。
 ってことは、最低でも9時半まではコッチーが到着することがないってことで、途端に寂しくなってしまったボクなのでした。
 あまりにも早く到着したので、クルマの中で仮眠しました。その浅い眠りは、ブヨだかアブだかハチだかシティ派のボクにはわからないものの、一見して脅威をもたらすことがわかる虫がトランポの中に進入したことで破られてしまいました。んで、クルマから降り、アスファルトに寝転がってみたところ、全然こちらの方が寝やすかったです。
 これも、普段から布団を敷かず床に寝ている訓練のたまものだと思います。トランポの日陰は快適でした。
 天気はちょう快晴。日中は死ぬほど暑くなりそうな予感です。

P10705251

 寝てばかりいられないので、トランポからマシンを降ろし、ずぅぅぅぅっとトランポに積みっぱなしだったミニのスペアパーツ類の確認をしてみることにしてみました。
 いや~、あるはあるは、久々に見て、我ながらびっくりです。

P10705261

 腰上OH用ピストン、ガスケット類が2セット、シリンダー1個、メーター、前後ディスク、リードバルブ、ハンドル2台半分、ステップブラケット、レバー類3台分、レジーナのチェーン4本、ハーネス、ネジ類多数などなど、もしかしたらこいつでトランポの燃費が悪いんじゃろうか?と思うほどです。
 10月の休暇の際に、整理しなくちゃ、と真剣に思いました。
 本日のマイ・マシーン!

P10705301

 もうボロボロですね。
 比較に、2005年4月30日の、白糸スピードランドでのマイ・マシーン!
 このころはまだピカピカでした。

P10806901

 当時の記事を読むと笑っちゃいますよね。バカっぷりはあいかわらずですが、体重まで書いてあって、65.2kgですって。今日の体重は、昨日、昼・夜とカップラーメンを食べてまだ軽量化していないのに、54.0kgですよ。あははのは~。
 はいはい、昨日整備してあるので、今日は整備いらずかな、と思っていましたが、ステップ先端のジュラコンが転倒で削れているので、交換しておきました。
 交換前。

P10705291

 交換後。

P10705331

 転倒時、このジュラコンが摩耗しながら適度に滑ることによって、マシン本体へのダメージを軽減する効果があるように思われます。その証拠に?、かなり転倒していますが、ステップブラケットが折れたことがありません。真横にパコン!と転倒してしまうと効果は薄いのかもしれませんが、スリップダウン程度なら、効果はかなりありそうです。固定ステップはマシンへのダメージが、と心配している人には是非お試しいただきたと思いますけど、それでなにかあっても責任は取りません(^^;;ぉぃ
 タイヤに巻いたラップを取るのに、フロント・スタンドでフロントをジャッキ・アップしてみたところ、フロント・ホイールの回転が著しく悪いことに気が付きました。
 手でホイールを回しても、1回転もしません。
 ブレーキ・ディスクが曲がっている感じ?のようです(T_T)まじ?
 時間があるので、フロントを組み直すことを前提に、フロント・ホイールを外してみました。
 で、原因が確認できました。
 昨日の作業で、フロント・フェンダーを取り付ける際、フォークにアクスル・シャフトを通さずに作業したことが原因だったようです。
 たぶん・・・スタビライザーのないNSR-Miniの場合、フロント・フェンダーがスタビライザーの変わりに機能し、剛性を保っているのだと思います(でもなぁ~、冷却性重視して、つけない人もいるから関係ないのかも?ボクじゃ違いわからないしなぁ)。
 そこで、フォークにアクスル・シャフトを通して、フロント・フェンダーを改めて取り付けしました。

P10705311

 はい、問題解決です。
 整備って難しいですね~。
 ブログのネタように、この記事で製作したシート・カウルの裏カバーを撮影しておきました。
 ど、どぉだぁ!

P10705341

 おちゃらけライダーのいない白糸では、ちょっと浮いているかも・・・しれません・・・(^^;;
 そんなこんなで時間を潰していましたが、コッチー現れず、です。
 9時30分、バイクの走行がはじまりました。
 心配になったので、コッチーに連絡してみたところ、渋滞にはまってさぁ大変、ってことらしいです。
 ボク一人で走る、ということもできなくはないのですが、コッチーのしごきに耐えるために体力温存を考え、見学することにしました。
 いまさら気が付いたのですが、白糸スピードランドは、左回りコースなんですよね。
 見学だけで、ビビってしまうボクなのでした(T_T)

 コッチーは11時前になってようやく到着しました。
 まぁコッチーが時間どおりに来る方が珍しいわけで、いわゆる一つの、コッチー定時ってやつかもしれません。
 んで、開口一番、「んだよぉ、走ってねぇのかよぉ」というお言葉を頂戴しました(T_T)
 こ、この緊張感ですよ!!(T_T)くぅ~
 コッチーの放つオラオラ・オーラに、この瞬間、もうおしっこを3滴ほどチビってます(Dr.スランプ・皿田きのこより引用(^^;;ぉぃ)。
 白糸スピードランドでは、かつて「LAP SHOT」の動作を確認していますが、今日はトランスポンダーを借りることにしました。一応、走りに専念するため、ってことです。

☆本日のセッティングデータ(自分用メモ)
 タイヤ:BT-601SS フロント・ソフト、リア・ミディアム
 空気圧:前後1.9
 オイル:トライアル感性50:1
 サス:テキトー(あとで確認しなきゃ!)


☆1本目
 約1年ぶりのミニバイク、ほぼ2年ぶりの白糸スピードランドです。
 コースインした瞬間、涙目モードになりました。
 新コブラ(GSX-R250R/SP)とは明らかに違う操作感に、違和感ヴァリヴァリです。こ、こんなバイクで走れるんですか?曲がれるんですか?って感じで、とにかく怖いです。
 約8周ほど走行して、タイムは45秒台。
 一度自分をリセットするために、ピットインしました。
 すると、これから走行というコッチーからありがたい一言。
 「んだよぉ、もう戻ってきたんすか?走らないんすか?」
 (T_T)こ、この緊張感・・・。
 とにかく暑く、ヘルメットを脱ぎ、水分を補給し、ホンの少し休憩しました。
 でも、コッチーの一言でビビっているボクは、のんびり休むことはできません。
 約5分ほどのインターバルで、再びコースインしました。
 少しづつ思い出すものがありましたが、43秒中盤で頭打ち。
 ファイナルがあっていない印象と、不要な減速を意識しつつ、走行を終了しました。


☆インターバル
 リアサスのプリロードを1回転緩めました。


☆2本目
 休憩がリフレッシュ効果をもたらし、驚くほどのタイム・・・なんて甘いことが起きるはずのなく、少しだけタイムが伸びましたが少しだけなので喜ぶこともなく、8周ほどしてリセットのためのピットインしました。
 どうやら、スポーツランドやまなしでも、トミンモーターランドでも、ボクの集中力はコースの長さに関係なく8周前後だと思われます・・・。
 幸いコッチーは走行中で、きつ~い一言はありませんが、コッチーが最終コーナーを立ち上がってくるたびに「オラオラオラ~」と言われているような気になり(被害妄想?)、やや長めのインターバルの後、残りの走行時間約15分をを走りきるつもりでコースインしました。
 タイムは43秒前半に。1本は42秒台に入り、42秒734。
 いままで、低いギアを使っていたことが判明したことより改善されたものだと思われます。
 コッチーが1ヘアでボクをパスしていったので、よし!何かを得なくては!とがんばって追いかけようとしたところ、最終コーナーでフガフガ状態が発生しました。
 ヤバ!っと思ったときにはエンジン・ストール。ガス欠でした(T_T)お粗末!
 炎天下の中、ヘルメットを被ったまま、コース内の安全地帯で、走行が終わるまでひたすら待つ虚しさ・・・。
 ようやくピットに戻ると、コッチーが一言「んだよぉ、まさかガツ欠じゃねーよね?」。
 はい、すみません(T_T)
 アドバイスもありました。「んだよぉ、(海老名)ビーチから変わってねーじゃん。インに寄りすぎ」とのことでした。それだけじゃなくて「GSX-Rの練習、無駄だったんじゃねーの?SLyでも大したことねーんじゃねーの?」とコッチー節が続くのは言うまでもありません(T_T)
 タイムを考えずに、コーナー進入でアウトに視線、コーナリング中にコーナー先に視線、この反復練習の指示をいただきました。


☆インターバル
 gdgd(しんさん風(^^;;)


☆3本目
 目線、インに寄らないように注意しつつ走行しました。自分じゃ、実践できているかいないのか、わからないというのがいまのボクのレベルです。
 すると、コッチーがボクをパスして行きました。
 コッチーとのアベレージは3秒差です。普通であれば、あっという間にボクを引き離して行くはずのコッチーが、待ってくれているのがわかります。
 どうやら先導してくれるようです。ここでがんばらなくては!!
 すぐ疲れても、情けない走りであっという間に引き離されても、ピットに戻るとコッチーになにを言われるかわかりません。コッチーの貴重な練習時間を、ボクのためにのんびり走ってくれているわけで、それなりに応えないと失礼だから当然なのですが。
 否応なく、ボクは奥歯をかみしめて、スイッチ・オン!です。「かそくそう~ち!」・・・てな具合にはいかないんですけどね。
 これがまた絶妙な先導なんですよ。ボクの前で遅すぎてもダメですし、ボクの前で早過ぎてもダメなところを、微妙にコントロールしながら、ボクのプラス・アルファなタイムで走ってくれるわけです。
 コッチーに引っ張られている間のアベレージは42秒台。そして、今日はムリだと思っていたベストタイムも更新しました。自己ベスト42秒299。
 10周以上引っ張ってもらいましたが、他車にパスされた瞬間、緊張がとけて、ペースダウン。ピットインしました。
 充実感と疲労とで、ピットイン後のコッチーの毒舌は覚えていません(^^;;


☆インターバル
 今日は猛暑です。富士が近く、風はやや涼しげですが、標高が高く、それだけ太陽に近いせいか、直射日光は凄まじいものがあります。
 さすがのコッチーも、次の走行時間は休憩することを許してくれました。ほっ。
 その休憩の間に、コッチーにマイ・マシーンに乗ってもらうことになりました。
 はい、ここからコッチー写真館です(^^;;
 今日は写真なんて撮っている余裕はないと思っていたので、いつも使っているパナソニックのデジカメ「DMC-FZ10」は持ってきておらず、HP画像用の「DMC-FZ1」しか持ってきていなかったので、いつも以上にショボイ写真しか撮れませんでした(と、言い訳)。

P10705601

P10705741

P10705811

P10705891

 試乗から帰ってきて一言。「んだよぉ、ブレーキが効かねー。メッシュホース入ってんのに、ブレーキがウンコ」だそうです、ありがとうございます(T_T)
 パッドは、デイトナのグリーンパッドです。ボクも、うすうす気になっていましたが、ミニバイクでガッツンブレーキも躊躇われ、対策していませんでした。
 昨日フリュードを交換したばかりですが、念のためエア抜きをして、パッドを別のものに交換しました。

P10706051

 コッチーはボクのマシンで、40秒4は出していました。
 乗り手が違うと、ちゃんと出るんですね(T_T)
 もう少しショートのファイナルも試すようアドバイスもらいました。
 ボクのいまのレベルではロングかもしれないと言われると、そうかもしれません。


☆4本目
 疲労がピークにあるのか、先ほどコッチーに引っ張られたときをイメージして走っても、43秒前半がせいぜいでした。
 しばらくして、ピットに戻ると、「まぁ疲労もあるし、しょうがないでしょ」とコッチーには珍しい普通のコメントをもらいました(^^;;
 ブレーキの効果はもうよくわからんでした。


☆インターバル
 もうダメ、走れません。
 コッチーになにを言われて、ダメなものはダメ、と思っていたら、コッチーも自分のレベルにちょうどいい速さのマシンが不在で、疲れたこともあるのか、聞き入れてもらえました。ほっ。


☆番外編
 コッチーのマシンのブレーキを効き具合を試してみれば、とのことだったので、コッチーのマシンに乗らせてもらいました。
 こ、これがコッチーのマシンだぁ!

P10705351

P10705361

 ラジエター、エンジンはNsr-Mini用ですが(ボクが売りました(^^;;ぉぃ)、他は思いっきりボロボロの旧型です。
 これで、ベストは39秒4だそうです。やめてくれ、って感じです(^^;;
 ブレーキは、ノーマル。パッドのみ、デイトナの赤でしたが、なぜかボクのマシンよりもコントロールがきき、制動力も高かったです。むむ~。

 暑い暑い、って、夏なんだから当然だろ!って言われるかも知れませんが、とにかく暑い一日でした。
 現地で飲んだドリンクはなんと3リットル。トイレには2回しか行っていません(あ、3滴ほどちびりましたけど(^^;;ぉぃ)。つまり、汗かきまくりってことです。マジ、死ぬかと思いました。
 周回数は約90周。
 こ、このボクが90周ですよ?
 コッチーは褒めてくれないので、だれか変わりに褒めてください、って感じです。

 帰りは、ボクははじめて通るルート、469号線で御殿場に出て、コッチーと付き添いの彼女(注:見た目はかわいいがコッチーと負けず劣らずの毒舌)とよってこや御殿場店でラーメンを食べました。
 辛味とんこつ味のチャーシューメンを注文したのですが、辛味でスープの味なんてわかりませんでした。
 ホントにとんこつ味?って感じでしたが、食後の帰りの道中で、ゲップした際に、はじめてスープがとんこつだったことがわかりました(^^;;ぉぃ
 で、さら~に、平塚のコメダ珈琲店でに場所を移して、デザートしたのでした。

 ライディングの課題は他にないのか、というと、実はコッチーからいろいろアドバイスを受けています。
 いずれも基本的なことなので、恥ずかしすぎて割愛していますが、どうやらミニバイクはより基本的な動作を的確に入力することが求められるみたいで、最近乗っている新コブラで通用するようなごまかしがきかないだけ、ボクの下手さが露呈してしまうみたいです。
 そんなわけで、たまにはミニバイクでの練習も必要なんだ、と思いました。っていうか、600で筑波を0秒台で走れるコッチーですらミニバイクを軽視しないというか、むしろ勉強のために乗っていることからも、当たり前のことなのかもしれません。ボクは、転倒恐怖症からミニバイクを遠ざけてしまいましたが、そんな意識も改革する必要がありそうです。

☆最後に
 コッチーの発言は、基本的に忠実に再現してあります(^^;;ぉぃ
 このブログだけでは誤解が生じるかもしれませんが、言葉はきつくても、あれこれちゃんと気を遣ってくれますし、なによりも真剣に教えてくれるんですよね。
 つー事で、コッチーに教えを請う人は要注意です(^^;;ぉぃ
 ピリピリ・ムードの向こう側に、本当のコッチーがいます・・・ってコッチーがこの記事読んで怒らないか心配だなぁ~。

 でも、一回の練習に、こんなに文字を書いていたらやってられんわい、って気がするのは気のせいでしょうか?


 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 24, 2007

予定変更 明日、白糸スピードランド走行

 今日のネタ第一弾は、こちら

 コッチーから急遽予定変更の連絡がありました。
 コッチー塾は、明日です。
 明日、白糸スピードランドに行って来ます。
 整備、サボらなくてよかったぁ~。

 トランポの新コブラ(GSX-R250R/SP)を台所に移し、台所のNSR-Miniをトランポに移しました。
 最近、バイクネタ以外をあまり書かないのでアレなんですけど、昨日ボウリングで左足のスジをおかしくしてしまい、ちょっと辛いです。明日のライディングに影響しないか、心配です。
 あ、ついでに書くと、昨晩、MR-Sで当て逃げにあいました。
 ぶつかってきたのは原チャリでした。逃げていく原チャリを追いかけたところ、相手は袋小路でバイクを捨て逃走。1時間後に名乗り出てきました。
 2年前にも、MR-Sで当て逃げにあい、追いかけて袋小路に逃げ込んだところで捕まえたことがあるんですよね。

 ボクの人生は、必要なイベントは発生せず、不必要なイベントは多数発生する出来損ないのゲームのようです、はい。

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

NSR-Miniの整備

 先週の金曜日同様、今日も休日出勤をした関係で会社は休みです。
 そこで、今日は日曜日に白糸スピードランドに行く予定のNSR-Miniの整備をすることにしました。
 こんな台所から、NSR-Mini2台を引っ張り出して、炎天下の中、整備開始です。
 あ、これはウチのTカーで、07春ロットです。

P10705121

 整備するマシンは、こっち。04秋ロット、モビルアーマー仕様です。

P10705131

 昨年11月25日ぶりの走行に備えて、ちょっと気合いを入れた整備をしなくてはなりません。
 まずは、フロント・フォークのオイル交換です。
 毎週のようにミニバイクに乗っていた頃は、比較的サクサク作業をしていましたが、ひさしぶりなので、どうしてものんびりしてしまいます。
 フロント・フォークを外します。このとき、フォーク・キャップをあらかじめ緩めておくのを忘れないように、っと。

P10705141

 外したフォークからフォーク・キャップを外し、カラー、スプリングなどといっしょにフォーク・オイルを抜きます。
 左側から。

P10705151

 あまり汚れていませんでした。
 右側は。。。

P10705161

 デロデロです。
 そういえば、前回のときもも、右側がデロデロでした。噂では、右にはキャリパーがあり熱を持つ関係で劣化しやすいとかなんとか。
 どれだけデロデロかというと、ご覧下さい。オイルとは異質の存在になっているようで、同じフォークオイルに混ざりません(^^;;

P10705171

 わ、わかりますか?(ピント合ってませんけど(^^;;)
 黒い点々が、フォークオイルに混じらない変質したオイルです。
 ここまで汚れているとは思いませんでした。
 オイルを抜いて、フラッシングすることなく新オイルを入れるつもりだったので、フラッシング用のフォークオイルを用意していませんでした。が、こんな状態を見てしまうと、そのまま新オイルを入れる気にはなりません。
 だからといって、家の前でお店をひろげてしまっているので、いまから買いに行くこともできません(と書いていて思い出したのですが、ウチから100mも歩けばバイク屋さんがあったのでした(^^;;しまった~)。
 そこでやむを得ず、在庫していたカヤバのフォークオイルをフラッシング用に使うことにしました。

P10705181

 600mlが1890円ですよ(T_T)もったいないオバケが出てきそうです。
 ゆ、ゆ、ゆ~の油面は、こいつで調整します。

P10705211

 前回使ったフォークオイルは、ワコーズでしたが、思いのほか評判が悪いので、今回は新コブラ(GSX-R250R/SP)で使っている円陣家至高の「ABSO-RR」を使うことにしました。っていうか、新コブラのフォークオイルを交換したときに余り物です(^^;;ま、こっちの方が高級ってこともありますしね。

P10705201

 油面はサービスマニュアル通りに設定しました。スプリング、カラー、ジョイント抜きで122mm。
 突き出しは、MRFの硬質ブラックアルマイト加工トップブリッヂを使っている関係で5mmです。
 ついでに、フロント・キャリパーの整備も行いました。稼働部のグリスアップ、ピストンには円陣家至高の「ABSO-FRIEND」と塗布し、ピストンの動きをよくしました。また、ブレーキ・フリュードも交換しておきました。

P10705191

 ふぅ~。
 そんでもって、白糸スピードランド用にあわせたファイナルに変更します。
 2005年9月4日のデータを見ると、フロント15T、リア39Tになっています。ちなみにベストが42秒49。遅~。
 ついでにチェーンも洗浄し、オイルを塗布しておきました。

P10705221

 それからそれから、冷却水に使っているヒートブロックを交換。

P10705231

 あ、ボクのミニは、エアクリ+ターボフィルター仕様なんですよ。
 パドック?が砂利砂利の海老名ビーチ仕様です。
 ついでにミッションオイルも交換したいところでしたが、もう暑さにバテバテ、ミッションオイルの交換はしませんでした(^^;;
 冷却水のエア抜きのために、エンジンを始動させましたが、まったく問題なくエンジンは掛かりました。
 走行はしていませんが(公道じゃね(^^;;)、おそらく問題ないと思います。
 さぁて、これで準備完了です。
 2年ぶりの白糸スピードランド、楽しみになってきました。
 それにしても、こんな暑さで走れるのでしょうか?
 富士の方は涼しいといいのですが。

 今日のサービスショットは・・・。
 ミニバイク2台を台所から出したので、いつになく近づくことができました。
 ウチにある、ペンタックスのペンタくんです。

P10705241


 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 22, 2007

ワンオフします

 今日はテキスト、オンリーです。

 新コブラ(GSX-R250R/SP)のあるパーツをワンオフで作ってもらうことにしました。
 そのパーツがなにか?、きっと当ブログの熱心な読者の方なら、お!あれか!とおわかりいただけるかと思います。
 ヒントは、ウイング・タイプ、オフセット15mmって感じでしょうか?
 今日、や~~さんから教えていただいた比較的ご近所にある某有名店に電話で製作料を確認してみましたが、ちょっと予算があわなかったので、ごめんなさい、他のところで作ってもらうことにします。

 会社でのボクは、会議以外では残業ゼロ、毎日17:00ジャストにタイムカードを打刻するというサラリーマンのくせにおよそサラリーマンらしくない反抗的な態度で知られていますが(そしてパワハラにあってます(T_T))、9月から毎日2時間は残業して、パーツ代を捻出したいと思っています。

 パーツのためならエ~ンヤコラ。


 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 21, 2007

日曜日はコッチー塾

 昨日、選手権ライダー仲間のコッチーと、元選手権ライダー仲間のタノピーさんとボクとの3人で、ボクの家の近くのお蕎麦屋さんで夕食をご一緒させていただきました。
 タノピーさんは、平日休みを利用し、白糸スピードランドを走ってきたとのことで、コッチーとの話題はもっぱら白糸でのミニバイク談義でした。
 諸事情で今年はST600に参戦していないコッチーも、身体慣らしにかなりミニバイクを乗り込んでいる様子です。
 当然、なんちゃってなボクは、お二人の話しには入り込めず、聞くだけになるのですが、熱い二人の会話を聞いていると、昨年11月25日以来乗っていないミニバイクに乗りたい気分になってきました。
 でもな~、ボクがなぜミニバイクを敬遠するようになったかというと、気が付いた瞬間転倒しているからなんですよね。新コブラ(GSX-R250R/SP)では無転倒記録を更新中なんですけど。
 いつ転けるかわからない怖さと、一度中井で転倒し解放骨折をした苦い経験から、どうしてもミニバイクに苦手意識を持ってしまうのです。
 それでも、ちょっとうずうずしかけたところで、コッチーから日曜日に白糸にいっしょに行かないかとお誘いの声が掛かりました。
 それが、妙に優しい雰囲気で・・・。
 コッチーと言えば、ボクに対しては毒舌+スパルタの鬼教官です。ちょっとでも休もうものなら、「やる気ないの?」ですし、ボクの走りを見て「死ぬほど遅ぇ~」って感じです。
 そのコッチーが、「この暑さじゃオレも15分も走れないから・・・」なんて気持ち悪いほど優しく誘ってくるじゃないですか。いつもなら30分走り続けろコノヤロー的なコッチーがですよ?
 どうやら、コッチー、ひとりで走りに行くのが退屈らしく、ボクを誘ってくれたというワケらしいです。
 ってことは、罠にはまって白糸に行ったら最後、死ぬまでしごかれるのかもしれません・・・が!、久々にミニバイクに乗ってみたい気分が高まってきたボクは、罠かもしれないことを承知しつつ、日曜日にコッチーと白糸スピードランドに走りに行くことにしました。お、おそろしか~。
 ボクのマシン、NSR-Miniモビル・アーマー仕様は、台所保管といっても、もう9ヶ月も動かしていないので、日曜日までにそれなりに整備してあげないとなりません。
 あ、一部の我が家の台所ファンの方々のために、どんな感じかお知らせすると、こんな感じです(^^;;

P10705051_2

 ど、どうでもいいですね(^^;;
 さて、今日は、平日でもできる作業ということで、Y2S製シートカウルの裏カバーを作ることにしました。
 リンクした昨年の記事に書いてある、裏カバーの作り直しです。
 昨年は、手軽に、と思って、薄目のプラ板を使って製作したのですが、材質が弱すぎて、あっという間にバキバキになってしまったのでした。
 そこで、今回は、新コブラのヒートガードを作った際に余ったPPシートを使って作り直すことにしました。
 下の画像は、割れたプラ板製と、Y2Sオリジナルの裏カバーです。

P10705071

 こちらが、用意したPPシートとオリジナルです。

P10705061

 実は、まったく意味のない写真だと思いつつ掲載してみました(^^;;
 製作は簡単で、オリジナルをベースに、適当に複製するだけです。裏カバーという性格上、取り付け用の穴位置以外は、ホント適当でかまいません。
 取り付け穴は、オリジナルと製作したものを重ね合わせて、ポンチで位置を印して、ドリル開けました。

P10705081

 PPは、色を塗るには難儀な素材ですし、そもそもそこまで凝るつもりは毛頭ありませんので、前回と同じくカッティング・シートを貼ることによりごまかします。

P10705091

 そして、仕上げは、カッティング・プロッタで切り出した、ジオン公軍・エンブレムを貼って完成です。

P10705101

 モビル・アーマー仕様というだけに、このエンブレムがないと、ダメなんです(^^;;
 オリジナルよりも、長めに作っていますが、いつでも切って調整できるので無問題です。
 さぁ~て、ちゃんと現車につくかなぁ?

 日曜日までに、フォークのオイル交換、ブレーキ・フリュードの交換くらいは最低やっておきたいところです。
 さて、間に合うでしょうか?


 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 18, 2007

FCRのセッティンゲ@富士スピードウェイ カートコース

 予告通り、富士スピードウェイ・カートコース=通称・富士ビーチまで、新コブラ(GSX-R250R/SP)のFCRのセッティンゲをしに行ってきました。
 いつものようにゲート・オープン前に到着し、20分ほど待って入場しました。
 昨日、現在装着の純正キャブからFCRに換装しておこうと思いつつ、暑さのあまり作業をしなかったわけですが、しなくて正解でした。
 富士ビーチは、いまにも降り出しそうな曇り空。結局雨は降らずに結果オーライ、とても過ごし易い一日になりました。しかも、台数も少なかったです。
 朝一から、早速作業を開始します。といっても、いきなりFCRを触るのは躊躇われたので(ちょっと現実逃避)、外していたインナーサイレンサーの取り付けから行いました。まぁ、これが準備運動みたいなもんです。
 あまり現実逃避ばかりしていられないので、ちょっと気合いを入れて作業開始です。
 まず、シングルシートカバーを外し、シートを外します。シートカウルは外しません。続けて、タンクを外して、エアクリボックスを外して、キャブを外します。外すだけなら、特に難易度は高くありません。このボクにでもできるくらいです。
 そして、FCR取り付け作業です。上記手順を逆に行うだけなんですけどね(^^;;
 一番難しいのが、アクセルの引きワイヤー、戻しワイヤーの、ワイヤー先端のタイコ部分をキャブに付ける作業です。ただ、それも、純正キャブにタイコを付ける場合はキィ~ッ!!!って作業になるのですが、FCRだと簡単です。タイコをどの位置に入れるか忘れていて、一回やり直しましたが、時間は掛かりませんでした。

P10704981

P10704971

 ちょっとした問題が2つほど発生しました。
 ひとつが、純正キャブでは上方に取り出しているエアベントホースが、FCRの場合はエアクリボックスに干渉するするため、取り回しを変えなくてはならなかったこと、ふたつめが、燃料ホースがエアベントホース同様エアクリボックスに干渉するため、取り回しを変えなくてはならなかったことです。前者は適当に解決し(下に取り出しただけ(^^;;ぉぃ)、後者は予備の燃料ホースを投入し、問題をクリアしました。むしろ、ファンネル+ラムエアだっちゃ!仕様のときからこうしておけばよかった、と思える取り回しになって、満足です。
 エアクリボックスの内部に、ワコーズ「エアフィルターオイルMX」を塗布した後、本付けしてみました。

P10704991

 違和感、一切なし!
 寸法、まるで問題なし!
 FCRがあたかも純正キャブかのように収まっています。
 エア・フィルターのファンネル部分に、ラムエアだっちゃ!(そろそろくどい?)を取り付けました。

P10705001

 この状態でタンクを付けても、どこからも圧迫されることなく、計算されたかのようなクリアランスで取り付けできました。

P10705021

P10705011

 FCRの取り付け作業は終了しました。
 エアクリ・アダプターをFCRに装着した段階で、寸法に問題なかったので、心配はしていませんでした、それでも問題なく装着できたことがうれしかったです。ラムエアだっちゃ!も問題ありませんでしたし。

 取り付けが無事終わったので、本題のセッティンゲに入ります。
 まず、皆さまのアドバイスを受け、加速ポンプの吐出量をゼロにしました。これは、STEED製FCR加速ポンプ吐出量調整キットが付けてあるので簡単に行えます。
 いままでのセッティンゲに問題があったのは、ズバリ!スロー系でしょう。それでは、スロージェットを何番にするのか・・・今回は、エアクリ・ボックスを付けるという大きな仕様変更も行っていますので、前回までの感触がそれほど役には立ちません。前回は、薄かったし、今回はエアクリ・ボックスで吸入量が減るので、そのままでいくか?、はたまた、前回は薄すぎたので、もっと濃くしていくか・・・。
 まぁ何度かやり直せばなんとかなるしょ?と気軽に考えることにして、スロージェットを1ランク濃くしてみました。
 そして、エンジン始動。いつものようにアクセルを数度カパカパッと開けて、セルを回してみましたが・・・エンジンが掛かりません(T_T)さらに加速ポンプを作動させ、ぎゅんぎゅんセルを回しましたが、掛かりません。
 涙目になり始めた頃にようやくエンジンが掛かりました。で、そのとき気がつきました。加速ポンプの吐出量をゼロにしていたので、何度アクセルをカパカパッとやっても、意味がなかったんですね(^^;;
 ちなみに、パイロットスクリューと、エアスクリューは、勘です(適当ともいいます)。
 エンジンがちゃんとアイドリングしているので、パイロットスクリューはこれでよし!(いいのか?)。
 アイドリング状態からアクセルを開けると、エンジンがあっという間にストールします。
 どんなに微妙にアクセルを開けても、ストールします。
 でも、慌てず、エンジンが完全に暖まるまで待ってみました。
 すると、少しはまともに反応するようになりましたが、どうも回転落ちが悪い様子です。
 何度やってみても、回転落ちが悪いのは明らかでしたので、まだ薄いと判断、スロージェットをもう1ランク濃くしてみました。
 ボクでもわかった変化で、調子がよくなりました。回転落ちも問題ありません。
 急激なアクセル全開にはエンジンがストールするのはあいかわらずですが、ジィィィィワッ!とゆっくりアクセルを開けていくと、回転がちゃんとアクセルについてきます。
 さらに濃くして様子をみたいところですが、面倒なので、これで決まりました!(^^;;ぉぃ
 アクセルを開けた際のエンジンストールは、空気の流速低下のため、と勝手に決め込み、ここで加速ポンプによるドーピングを試みます。つーことで、加速ポンプ、全開!
 いや~、いい感じです。
 普通に吹け上がります(^^)
 それでは実際に走行してみよう!、と、富士カートコースを走行してみました。
 無問題!!
 フガフガしません!!
 コーナリング中でも、ギクシャクしませんし、特別アクセルワークを意識しなくても、普通に走れます。
 低速トルクも出ています。
 こ、これですよ!!
 しか~し、直線で、高回転域がボコつきます。
 そこで、ピットインし、メインジェットを2ランク薄くしてみました。

P10705041

 これで再びコースイン。
 高回転での伸びも復活し、本日のセッティンゲ、無事終了です(^^)
 実際のパワーなどはよくわかりませんが、前回までのセッティンゲより、明らかに改善されました。
 本日ご一緒していただいたYKTさん、ユウヤさんにも試乗してもらいましたが、ご両人とも違和感なく乗れたようです(^^)
 前回までのセッティンゲが0点だとすると、今回のセッティングは60点、そんな感じでしょうか?
 ラフな操作をしたときなど、まだ問題を感じる部分はあります。ジェットニードルも変えてみたりしましたが、解消させるにはいたりませんでした。ただ、普通に走れるようになったことは間違いようです。
 まだ純正キャブに対するアドバンテージを体感するにはいたりませんが、この調子でセッティングを重ね、ベスト・セッティングが決まったとき、はじめてFCRの真価が体感できるのだと思います。
 これで純正キャブに戻す必要はなくなりましたので、走りとセッティンゲをともにコツコツがんばっていきたいと思います!

私信:
 や~~さん、わざわざ来ていただいてありがとうございました。
 何年ぶりの再開でしょう?
 以前にましてお若くみえて、びっくりしました。
 今度是非SLyに行きましょう。
 スパーダ、いらなくなったらボクに下さいね~(^^;;ぉぃ


 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 17, 2007

明日は富士スピードウェイ カートコースでセッティンゲ

 ♪ボクの先生は~、フィ~バ~!
 なんて歌い出したくなる今日この頃、みなさまいかがお過ごしですか?
 今日は、先週日曜日に休日出勤した関係で休みとなっています。
 明日は、富士スピードウェイ・カートコース=通称・富士ビーチに行って新コブラ(GSX-R250R/SP)のセッティンゲを再開しようと思っているので、ノーマルキャブをFCRに換装しておきたいところでしたが・・・なにせこの暑さです。バイクをいじる気にはなれません。
 我が家の前には、某高速道路が走っていて、その高架下がアスファルトを敷かれた空き地?になっている関係上、日陰で作業できるのですが、空気がこれだけ暑いと、日陰でも作業する気になれません。
 本当はわかっているのです。明日、炎天下の中で作業するよりも、今作業しておいた方が楽だということは。
 それでも何もする気が起こらないのは、性格って奴なんだと思います。仕事も私事も、追い込まれないと何もできません。
 明日は走行、というよりも、まさしくセッティンゲの予定です。
 エアクリボックスを付けた状態で、ジェッティングにどれほどの影響があるのか、皆目検討もつかないのですから。まぐれで、奇跡的に一発でセッティンゲが決まることを祈るばかりです。
 主に、スロー系をがんばりたいと思います。ホント、面倒くさいことになりそうです。 
 デジタル・タコメーターどっか行っちゃったなぁ(^^;;明日まで見つかるかなぁ?
 いろいろアドバイスいただいたことを参考に、しばらく加速ポンプの吐出量はゼロ設定で行こうと考えています。
 よし、がんばろ!

 せっかくのお休みですから、たまった仕事を消化しました。
 まず、シゲさんごからの依頼の品「フリーライド・マガジン」ステッカーを作りました。シゲさん、お時間いただきすみませんでした!
 そして、YKTさんからご依頼いただいたステッカーもサクサクっと作りました。作ったといっても、どちらもデータは持ち込みなので、ボクははちまきをして、カッターナイフ片手に鼻歌を歌いながらカッティング・シートを切り出しただけです。

P10704951

P10704961

 どうです?
 なかなかのものでしょ?

 さ~て、これから何をしようかなぁ?
 ガリガリ君でも食べて、昼寝でもしようかなぁ?


 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 14, 2007

FCR セッティンゲ再開

 世間的には盆休みだからでしょうか?
 それとも、飽きられたからでしょうか?
 アクセス数が激減しています。
 多いから、だからどうということはありませんが、少ないと寂しいもんですね。
 ってことで、盆休みなどないボクには、今日は単なる平日ですが、更新がんばります。

 耐久レースも終わり、しばらくイベントがないことから、FCRのセッティンゲを再開します。
 この記事でも述べたように、いままでは50cmファンネル(古い人間はビットと云ふ?)とラムエアだっちゃ!の組み合わせでしたが、これからはエアクリーナーボックスを付けることにします。
 安定した吸気の確保が負圧の確保となり、セッティングを出しやすくする、というのが、ボクが頭の中に描いた妄想ですが、エアクリ・アダプターを付けた段階で、エアスクリューがいじり辛くなることは明白であり、そのへんをどうするか、なんてことは全く考えていません。さて、どうなることでしょう?いっそ、スロエアジェットにして、ビシッ!とセッティンゲした方が確率的に早そうな気がするのは、気のせいでしょうか?

 エアクリーナーボックスは当然純正を利用します。容量が性能を左右するそうですが、スペース的な関係から、ワンオフしてもしなくても、純正サイズとあまり変わりがないと思うので、ワンオフはしないことにします(というのはいつもの強がりで、そんな予算ははじめからありません)。
 問題は、エア・フィルターをどうするかです。純正のエア・フィルターは、いかにも「ゴミも吸いませんが、空気吸いません!すみません!」ってな雰囲気ですので、そのまま使用するには気持ち的にも空気抵抗もあります。
 まず、エアクリーナーボックスの形状を見てください。

P10701651

P10701661

 はい、見てもなにもありません(^^;;
 フツーのエアクリーナーボックスです。
 ちなみに、エア・フィルターを外すと、こんな感じです。

P10701701

 んじゃ、エア・フィルターも見ていただきましょう。

P10701671

P10701681

 効果のほどは不明ですけど、純正エア・フィルターのファンネル形状を活かさないことには、と思ったわけですよ。そこで、エア・フィルターはただ外したりするのではなく、純正品を加工して使うことにしてみました。
 イメージとしては、中の紙製のフィルター部分だけを取り除き、金網の中にデイトナのターボ・フィルターを入れることを考えていたわけですが、構造上、そううまくいかないことがわかりました。
 紙製のフィルターと、金網が(たぶん)エポキシ樹脂で接着されていることから、分解できないのです。無理矢理分解すると、強度のない金網はあっという間に形状を維持できなくなりました。
 これが失敗の図。

P10701691

 ファンネルは活かしたいので、裏側に接着された紙製のフィルターは、ニッパーとカッターとで切り取りました。なにせ紙といっても切り口の毛羽立ちがすごいので、そこは接着剤でかためておくことにしました。2液のエポキシ接着剤を使うことも考えましたが、振動などでガバッと外れて、FCRが吸い込んでしまうというトラブルもゴメン被りたいので、弾力性のあるセガのスーパー32X・・・じゃなくて、セメダインのスーパーX2を使い、毛羽立ちを防止しました。

P10704881

P10704891

 いくらエアクリボックスを付けたからといって、まったくフィルターをつけないことは考えません。
 ボックスとファンネルの間に、ターボフィルターを付けることも検討しましたが、ちょっとスマートじゃありません。
 ってことで、悩むこともなく、シングル用のラムエアだっちゃ!を買ってきました。

P10704911

P10704921

 噂によると、トリートメントオイルをちゃんと塗布していないと、バックファイアーでラムエアだっちゃ!が燃えるという話しも聞きましたが、トリートメントオイルはベトついて、手に付くとちょう不愉快なんですよね。エアクリを付けることが前提だし、そこまでのバックファイアーはないでしょう、と勝手に決めつけて、トリートメントオイルは塗らないことにしました。そのかわり、裏表をひっくり返して、

P10704931

 裏側にワコーズのエアフィルターオイルMXを塗布しておきました。

P10704941

 かなりべとべとして、糸を引くくらいですから、効果は期待できると思います。
 裏側にしか塗っていないので、これで、手や周りがベトベトに汚れません。これがポイント!
 ちなみに、関係ありませんが、ウチのNSR250R/SPペンタックスのペンタ君、こいつのエア・フィルターはデイトナのターボフィルターを付けていますが、乾式で使うターボ・フィルターにもこのエアフィルターオイルMXを塗布してあります。そして、エアクリボックスの内側にも塗布してあります。気休めでも、効果ありそうでしょ?
 新コブラ(GSX-R250R/SP)のエアクリボックス内側にも当然塗布しておきます。
 
 さて、あとは、新コブラにFCRとこのエアクリボックスを付けて、セッティンゲするのみです!


 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 11, 2007

暑さがボクをダメにする

 暑中お見舞い申し上げます。お、遅い?(^^;;

 暑いです。暑すぎます。暑さのおかげで、何もする気になりません。
 しばらくイベントもないので、今日は新コブラ(GSX-R250R/SP)のキャブレターをノーマルからFCRに交換したり、NSR-Miniのフロント・フォーク・オイルを円陣家至高のABSO-RRに交換するつもりでいましたけど、な~んもしませんでした。
 強いて言うなら、家の掃除を細々とやりました。
 なんだ、バイクのネタねーのかよ?と言われると、はい、ありません、ってことなのですけど、ブログに書いていなかったことを少々。
 耐久レース前に注文しておいた、ピレリのドラゴン・スーパーコルサ・プロ・スペシャルコンパウンド2が届きました。レーシンゲ活動縮小中ですので、このタイヤをいつ使うことになるのか未定ですけど、このタイヤの難点は欲しいときに必ずしも手に入らないという入手性にあるので、予備が1セット手元にあっても困ることはない、ということです。
 新コブラのフロント・フォーク・スプリング特注を行うために、スプリングをライディング・サービスBONに持ち込みました。部品取り車からスプリングを外したわけですが、サスを沈めることができないので、どうやってスプリングを取ろうかとフォーク・キャップを外してから0.01秒悩みましたけど、マグネット・ピックアップを使うことで簡単にクリアしました。固着していたフォーク・キャップを外す方が難易度が高かったです、はい。
 他、先日の耐久レースの動画をぼちぼち編集しようと思います。
 わずかしか撮影していませんけど。
 まず、ウチのチームの助っ人エース・ライダー、YKTさんです。

 こういうのを準備していて思うんですけど、レースの名前、もっとすっきりできないもんでしょうかね?
 正確に表記したいのですけど、長いし、統一性も感じられないし、ちょっと不便に思っています。

 バイクには関係あるけど、関係ないネタとして、ウィルコム“Advanced/W-ZERO3 [es]”を買いました。

P10704371

 もともとウィルコムの携帯端末はフルブラウザ対応なので、メールばかりでなく、インターネットも結構普通にできてしまうわけですが、10キーでピコピコとテキスト入力するには、ボクはオールド・タイプを認めざるを得ないわけで、外出先からもブログを更新しまくるぜ!って気持ちにさせるのが、キーボードを装備したこいつです。
 はじめは、「このキーボード、小さくてダメじゃん。携帯の使い勝手もスポイルされた中途半端マシン」って印象だったのですが、ちょっと使い込むと、なかなかどうして、このキーボードでも、10キーよりは全然入力しやすいわけですよ。
 さらに、いままでの端末はエクセル・ファイルの閲覧は可能でしたけど入力とかはできませんでした。が、こいつは表計算までできちゃいます。ちょっと感激かも。早速、新コブラの規定トルクを入力したエクセル・ファイルを保存しておきました。ついでに「kg.cm」の単位を「N」にする数式も入れておいたので、エクセル・ファイルを鍛えていけば、メモ帳を用意するよりも便利かもしれません。本当のメモ帳として、書き込むにはまだ不便さは残りますけどね。
 っことで、業務連絡ぅ~。
 しばらくボクにメールしてない人、携帯番号とか本名とか(^^;;住所とかを書いたメール下さい!
 いままでの端末と互換性がないので、住所録のデータを転送することができないのですよぉ~。
 メールをもらえれば、それを元に入力するっす。手間がちょっと省けるっす!
 よろしくお願いします!


 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2007

激やせです

 生きていることに疲れてきました。

 ってことで、今日久々に最低体重を更新しました。
 53.2kg。

 ほそぼそとレーシンゲなこともやっています。。。


 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 05, 2007

スズキ スコーピオンEXO EXO-700VG 再び

 ネタの予告をしながら、金曜日までにネタをアップできませんでした。
 期待して下さっていた皆さまにはお詫び申し上げます。
 すみませんでした。
 いろいろ、あったのです。いろいろと。
 そのダメージに、しばらく立ち直れそうもないくらいです。

 まえにも書きましたが、ここ最近の傾向も同様で、検索ワードで一番多いのが「スズキ スコーピオン」だったりします。
 雑誌などでも取り上げられつつも、他のメーカーよりも露出が少ないからでしょうか?
 そこで、 以前にアップしたネタを焼き直しです。あまり追加のネタはないのですけどね。

 メーカーサイトはここだぁ!・・・と思ったら、以前リンクしたページはなくなっているんですね。あらあら。
 じゃ、ここだぁ!
 立派なスズキ純正扱いだってことがわかりますね。

 ボクが買った「EXO-700VG」は5個。
 うち、1つがボク、もう1つがボクの予備(いまだ未使用)、3つめはYKTさん、4つめはYKTさんのお友達、そして、5つめはおむすびさん(見てますか~?)に嫁いで行きました。
 YKTさんとは、サーキットでよくお会いするので、ボクの購入したヘルメットのうち、2つはよく遭遇するということになります。
 んじゃぁせっかくだし、並べて画像を撮って、ブログ用のネタにしようと考えたのが今回の企画です。
 はい、画像いきま~す!

P10704161

P10704181

P10704171

 向かって左がボクのヘルメットで、「シルバー」、向かって右がYKTさんのヘルメットで「ブラック」となります。
 ともにオプションのミラー・シールドを装備しており、ボクのが「ゴールドミラー」、YKTさんのが「ローズミラー」となっています。ん~ん、ローズの方が格好いいですね。悔しい~。他には、「ブルーミラー」「グリーンミラー」などがありますが、やっぱ「ローズミラー」が一番格好いいかも。ちと派手すぎるかな、と思ってボクは躊躇したのですが、YKTさんのを見るとちょう格好いいです。失敗しました。
 ふたりとも、OGK時代は「Mサイズ」を利用しており、スコーピオンでも「Mサイズ」ですが、サイズ的には問題ないようです。
 ボクが当時書いた痛みや頭痛は、頭に馴染んでくることにより解消することができました。いや、頭痛は長時間の利用では気になるときもあります。YKTさんは問題ないそうですから、国産の「M」が小さく感じる人は、あるいは
「L」を選択した方が無難かもしれませんが試していないのでようわかりまへん。
 使っていてわかったいい点は、汗をかいても内装が心地よいことです。サラサラした感覚で、不快感が少なく感じられます。カタログでも「吸汗・吸湿素材」を使っていることが書いてありますね。
 悪い点は、ベンチレーションがついているにもかかわらず、シールドがとても曇りやすいことです。このヘルメットには、標準で内面に曇り止めコーティングを施したシールド(クリアー)がついてきます。未使用ですのでわかりませんが、そのシールドなら大丈夫なのかもしれません。が、付属でついてくるスモーク・シールドやオプションのミラー・シールドではとてもよく曇るので、曇り止めを買ってくる必要が出てきます。YKTさんも同じだったようで、ふたりともなぜか「Verity(ベリティ) 曇りしらず」 を使っています(^^;;
 ヘルメットを手にしたときに、質感はそれほど悪くないとし、一方で、ベンチレーションの樹脂パーツが素地剥きだしで、チープだと指摘しましたが、ベンチレーションは作りもチープだったようです。
 YKTさんの後頭部のベンチレーションは、いつの間にかなくなったそうです。

P10704191

 ユーザーの方は気を付けた方がいいかも知れません。
 特に、トミンを26秒台で走ったり、SLyを38秒台で走ったりすると、風圧で飛んでいくのかもしれません。
 ・・・ボクのベンチレーションはまだまだ安心です(^^;;


 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »