« NSR-Mini整備 マフラー清掃 | Main | GSX-R250R/SP またまた整備あれこれ »

October 10, 2007

GSX-R250R/SP 整備あれこれ

 会社を休んでバイクを整備する快感。あ~もうたまらんですわぃ!
 そんなわけで、今日はNSR-Miniの整備もしつつ、再来週にスポーツランドやまなしで6時間耐久レース(Q4LL)用の準備のために新コブラ(GS-R250R/SP)の整備も行いました。
 まずはアンダーカバー(オイル受け)作りです。
 前回の耐久レースで、純正アンダーカウルの上から被せていたアンダーカバーの整備性の悪さが露呈しました。
 そこで、エンジンの冷却も考慮して、ハーフカウル状態にアンダーカバーを取り付ける方向で行くことにしました。
 既製品のアンダーカバーを購入するのが一番手っ取り早いのですが、予算の関係もあって、そう簡単に購入するわけにはいきません。
 幸い時間も材料もあるので、再びFRP職人と化し、自作してみることにしました。
 イメージでは、スタイロフォームを積層し、削って型を作り、その型を元にアンダーカバーを作る、という感じです。
 これがスタイロフォーム。

P10800681

 それを適当なサイズに切り、積層。

P10800691

 カッターナイフで削っていきます。

P10800701

 ところが、脳内妄想ではうまくいくはずが、カッターナイフで削るには大きすぎて、うまくいきません。
 素材的には、スチロールカッターでも切れることを確認したので、スチロールカッターを使ってみました。

P10800711

 しかし、小学生が夏休みの工作で使う程度のスチロールカッターでは、やはりうまく切ることができません。
 あえなく挫折(T_T)うぅ
 型なしでアンダーカバーを作ることは不可能なので、前回同様純正アンダーカウルを型にすることにしました。
 養生テープでアンダーカウルを被い、ポリエステル樹脂がアンダーカウルに着かないようにすると同時に、型から抜くときに、抜きやすくします。

P10800721

 その上から、チョップドストランドマットを1プライ、サーフェイスマットを1プライの2プライ(でいいのかな?)で作りました。

P10800741

 レギュレーションでは、1Lのオイル受けでいいので、サイズ的に問題はありませんし、強度も必要ありません。
 あとは、乾燥後にカットして、色を塗って、新コブラに取り付けるだけですが、十分に乾燥させるために、今日はここまでとしました。
 次は、タイヤの逆履きです。
 耐久レース本番には新タイヤを投入しますが、10月13日にできれば練習に行きたいので(まだ行けるかどうかわかりませんが)、そのための準備です。
 現在は台所で保管中の新コブラを外に出すためには、3台のバイクを動かさないとなりません。
 実は、金曜日に07NSR-Miniをドナドナしたため (入れ替わるように、火曜日にNSR250R/SPとRGV250ガンマを新たに手に入れたのは内緒の話です)、台所に置いてあるのは3台、アプリリアRS250とNSR250R/SPと新コブラだけで、台所内でもホイールを外すくらいの作業はできなくもないので、台所で作業することにしました。

P10800751

P10800761

 ・・・いつ見てもおバカな光景です(^^;;
 タイヤの逆履きは、ライディング・サービスBONに場所を変えて行いました。
 チェンジャーをお借りして、サクサクっと作業完了。
 リアホイールを外したついでに、先日ベアリングを交換したハブに、カラーオーダーしたドリブンスプロケットを組んでおきました。

P10800771_2

P10800781

 家に帰って、ホイールを付けようと思ったのですが、FRPだ、ミニバイクだと、散々家の中をちらかしてしまい、足場すらない状態になってしまったので、後片づけを優先し、新コブラは前後のホイールを外したままで放置状態です。
 はぁ~、疲れましたぁ。

 

|

Comments

Post a comment