« 塗膜剥離剤を考える その2 | Main | GSX-R250R/SP 整備あれこれ »

October 10, 2007

NSR-Mini整備 マフラー清掃

 走行の度に転倒するため、怖くなってミニバイクから遠ざかっていたボクでしたが、最近またミニバイクに乗り始めたのはご存じの通りです。
 転倒しなくなった理由は、極端に前傾していた足回りセッティングの変更と、リアに荷重ができないjhaのシートカウルをY2S製に換えたことが大きいと思います。
 白糸、京葉、白糸と走行しても、まだ転倒がありません。レベルが低いからとも言えますが、いままではその低いレベルで毎回転倒していたわけで、転けないとまたミニバイクが面白くてしょうがないわけです。
 シーズンオフには、エンジンのフルOHも!てなことも考えています。
 あとは、フロントフェンダーとタンクカバーの見直しかな? あ、これは走りにはまったく関係ないですけど。
 ちょっとノリノリなので、今日は純正マフラーの清掃をすることにしてみました。
 トランポからマシンを降ろすのが面倒だったので、マフラーはトランポの中で外しました。
 右スライドドア万歳!です。

P10800801

P10800791

 マフラーのカーボン落としというと、そういった機能を持った専用のケミカルが販売されていますが、カーボンには水酸化ナトリウムが効く、という説があり、どうやら事実のようですので、専用ケミカルは購入せず、パイプクリーナーを使用します。
 パイプクリーナーにもいろいろあって、水酸化ナトリウムの含まれる割合は、その商品ごとに違います。
 ボクは、けーいちさんから教えてもらったおそらく最強!水酸化ナトリウム4%のパイプクリーナーを買いだめしてあるので、そいつを使います。

P10800851

 実は、もっと強力な水酸化ナトリウム水溶液を作ることは可能です。
 アルマイトの剥離用に買ったコイツがあるからです。

P10800881

 ただ、扱い方に自信がありません。
 指紋がなくなる程度ならいいのですが、もっと怖ろしいことになりそうな予感がして、いまだ未開封です。
 今回も、使いません。だったら買うな!って言われそうですけど、自分でも買わなきゃよかったと思っています。
 ノーマルマフラーは形状が単純ではないので、全体にパイプクリーナーを流し込むことは難しそうです。
 そこで、サイレンサー側に栓をして、エキパイの方からパイプクリーナーを流し込むことにしました。

P10800831

 ということで、NSR-Miniの純正マフラーとお風呂に入りました。
 ボクくらいバイクが好きになると、パーツとお風呂に入るなんてざらにあることです。
 お風呂に行くと、Vガンマのフロントホイールとリアホイールが先にお風呂に入っていました。
 てな感じで、作業はお風呂場です。
 パイプクリーナーが漏れても、お風呂のパイプもきれいきれい、これぞ一石二鳥大作戦~。
 実際、ドヴァドヴァこぼしまくり(T_T)うぅ
 臭いし、ヌルヌルするし、もぉ最悪ぅ~

 現在、浸けおき中です。
 マフラーの清掃は、違いがわかるという人もいれば、わからないという人もいます。
 ボクの場合は・・・決まっています!ボクは違いのわからない男ですから(^^;;、わかるはずがありません(T_T)うぅ~、自慢にならないぃ~。

【自分用メモ】
エキパイφ25
サイレンサーφ17

|

Comments

Post a comment