« 工具の錆 | Main | バトルファクトリーへの苦言 »

October 03, 2007

三國のダメな理由?

 FCRを外し、純正のSP仕様用キャブレターに戻したボクの新コブラ(GSX-R250R/SP)でしたが、新たな問題が発生しました。
 エアクリ加工が、予想外に効果があったようで、エンジンの冷間時にアクセルを開けると、エンジンがストールしてしまうのです。ようするに、ガソリンが薄いわけですね?
 NSR250R/SPにデイトナのターボフィルターを入れたときには、「ガソリンが薄くなりました!」という感覚は皆無に等しかったので、エアクリーナー・ボックスを取り付けつつ、より吸気量を増やす方向としては、どうやら間違ってはいなかったようですが、エンジンがストールするのは困ります。
 エンジンをストールさせないように気を付けつつ、さらにアクセルを開けると、FCRでお馴染みだったフガフガ状態が生じます。
 おそらく、このままの状態では、まともに走ることはできないでしょう。
 それでは、純正キャブレターに戻した意味がありません。が、FCRと違い、純正キャブは、エアクリーナーを元に戻しさえすれば、普通に走れるわけで、リスクは皆無なわけですから、ジェッティングを変更することにそれほど抵抗はありません。
 10月6日は、トミンモーターランドでの走行を予定しているので、早速ライディング・サービスBONに、純正キャブレター用のパイロットジェットを注文し、今日届きました。
 1個577円が4つ。くぅ~(T_T)

P10800041

 純正のパイロットジェットより1ランク濃いものを用意しました。
 これで、ジェットニードルのクリップ位置を変えてもまともに走らなければ、エアクリーナーとセッティングをデフォルト状態に戻せば問題なし、というわけです。
 このパイロットジェットは、キタコ取り扱いの、三國純正パーツらしいのですが、バリを発見しました。

P10800091

 穴が塞がっているのがわかるでしょうか?
 あまり工作精度は高くないようです。ちょっとガッカリ。
 いや、オレってバリバリかい?ってなもんで、バイクのパーツにはバリがあった方がいいのでしょうか?<いいわけない(しんさん風)。

 1ランク・アップのパイロットジェットしか用意しない段階で、いい加減というか、投げやりなんですけど、これでビシッ!っとセッティングが出るといいなぁ~。
 メインジェットの交換、しておいて正解だったようです。とはいえ、こちらも1ランク・アップしただけなんですけどね。
 ま、なんとかなるでしょう!(ならなければ元に戻すでしょ~)。

 

|

Comments

あぁ~~.
ほぼ不良ですねこれ.場合によっては返品きかないかな?

ジェット類ってかなり精密にできてるから自分で手を入れられないんですよね~.

Posted by: MSC総裁 | October 08, 2007 01:46 AM

どもども(^^)

☆MSC総裁さん>
やっぱ欠陥品でしたか。
最近は、欠陥品が多いですね。
いいのか悪いのかわかりませんけど、硬いバリではなかったので、爪楊枝でなんとかなりましたけど、社外のジェット類はあまり使用が推奨されていない中で、純正品がこれじゃぁ意味がないですよね。
やっぱキャブレターは京浜で決まりです!!京浜万歳!・・・これをみて京浜の担当がFCRの全ジェットをくれるなんてことないかなぁ?ないよなぁ(^^;;ぉぃ


Posted by: のり | October 08, 2007 12:15 PM

Post a comment