« 梨本塾11月@トミンモーターランド | Main | 我が家の台所事情とNSR »

November 28, 2007

AEROカルシウムMFバッテリーのその後のその後のその後

 通勤用原チャリ、キムコ・スーパー9Sのバッテリーがいよいよご臨終のようです。
 先日、セルが回らなくなったことから充電したばかりでしたが、ここ数日、セルの回りが怪しく、今日の朝、ついにセルが回らなくなりました。灯火類は普通に点くことからキックで普通に始動することは可能なのですが、スーパー9Sはセンタースタンド掛けをしないとキックできず(センタースタンドに干渉してしまうのです)、普段は純正装備のサイドスタンドを利用していることから、都度のセンタースタンド掛けがとても面倒に感じます。
 再充電すれば時間稼ぎは出来そうな気がしますが、冷え込みがどんどん厳しくなる中、これ以上いまのバッテリーを使い続けることは困難だと思われます。
 幸い、以前バッテリーを購入したときに、余分に1個買っていたので、その在庫バッテリーを投入することにしました。

P10803131

 上の画像は、準備のモナカのものです。
 安さを重視して購入したAEROカルシウムMFバッテリーでしたが、初期充電を行い、寿命は2年弱。
 これをどう評価すべきか、人それぞれかと思いますけど、費用対効果を考えると、悪くはなかったかな、というのがボクの感想です。
 それよりも、約2年前に購入した新品バッテリーがちゃんと使い物になるのか、そちらの方が心配です。
 2年も使えるなら、予備なんて買う必要なんてなかったかな、と思っています。

 関連記事
 キムコ スーパー9S バッテリー交換
 AEROカルシウムMFバッテリーのその後
 AEROカルシウムMFバッテリーのその後のその後

 

|

Comments

Post a comment