« November 2007 | Main | January 2008 »

December 31, 2007

5台目のGSX-R250R/SP購入

 もうどうにでもなれ、って感じで、懲りない男はまたまたまたまたやってしまいました。
 ポチッっと、我が家5台目のGSX-R250R/SPの購入です。
 希少車、と思うと、つい手に入れなくては!と衝動的になってしまうようです。こまったもんです。
 これで我が家のバイクは残骸も含めて17台。ボクの人生最多数所有記録更新です。
 どこからどうみても標準的な会社員のボクですが、その住まいはご近所でも評判のゴミ屋敷、すでに世間の常識から逸脱したところまで来てしまいました。
 今日はその落札しマシンを引き取りに、三鷹まで行って来ました。
 写真の用意が間に合わなかったので、出品者の方には無断で(^^;;ヤフオク掲載写真をどうぞ。

1198302640g1

 どこからどうみても、ホンモノのSP仕様です。さすがにエンジンがクロスミッションかどうかは見てもわかりませんが、外装、足回りがホンモノであれば、エンジンもまず間違いなくSP仕様でしょう。
 これで、しばらく部品取り車を集めることはやめにします。っていうか、毎日、朝・晩と2回行っているヤフオクチャックはやめにしようと思います。でないと、自分が止められそうにありませんので(^^;;

 と、今年も最後までバイク三昧でした。
 思えば、昨年バルブが折れてブローしたSPエンジンのフルOHからはじまった1年でした。フルOHのはずが、クランクのメタルがバックオーダーになり、仕方がなくSP2号エンジンを腰上OHして搭載、しかし、大人の事情でレーシンゲ活動縮小をせざるを得ず、3月から4月までバイクから遠ざかり、5月以降に復活できたものの活動は縮小したまま、なぜか今に至るわけですが、8月以降のレーシンゲ活動はどこか縮小なのか自分でもわからないくらいのもので、ついに10月、11月の活動のツケが12月にやってきて、破算・・・そんな一年でした。
 GSX-R250R/SPの完成度はより高まり、満足行くレベルまで仕上がったと思います。
 転倒が怖くて遠ざかっていたNSR-Miniを、コッチー塾参加のために復活。コッチー指導のもと、いままでとは比較にならないくらい上達したのが印象的でした。ミニバイクの練習が、250ccにも活かせる!それがわかったのも収穫でした。
 スポーツランドやまなしの耐久レースも総合で2位を獲得、梨本塾では、Bクラスを初参加で、初優勝できたのも、コッチー塾のおかげです。

 私生活ではボクの人生最悪の一年でしたけど、おかげさまで、バイクライフは、皆さまのおかげで充実できました。
 ありがとうございました!

 

| | Comments (0)

December 29, 2007

2台目のCBR250RR購入

 あ~、う~、え~、お~、やっちゃいました。
 何をやったかというと、タイトルの通りです(^^;;
 先日、CBR250RRを購入したばかりですが、いろいろ思うところがありまして、2台目のCBR250RRを購入してしまいました。
 もちろん、ヤフオクで、ポチッとな!と。
 早速トランポで引き取りに行って来ました。
 「外装は写真で見るよりもボロボロです」と記載されていましたが、実際、相当ボロかったです(^^;;
 購入する決め手は、「筑波で1分10秒台」「メンテナンスもしっかりしていました」との記載にクラクラ~っと来てしまったわけですが、メンテナンスの方は・・・う~ん、う~ん、う~ん。ごめんなさい。ダメです(T_T)
 エンジンは、バルブのすり合わせなどを行って8000km走行とのことで、調子はいいのかもしれませんが、車体関係はすぐレーシンゲできるレベルにあるかというと、そうは思えない程度でした。

P10804361

P10804371

 改造はずいぶん施されていて、
   ☆ブレンボラジアルマスター
   ☆ブレンボキャスティングキャリパー
   ☆NSR250R/SE(MC28)フロントフォーク
   ☆京浜FCR28D/D
   ☆エトスフルエキゾースト
などです。
 とはいえ、ブレンボのラジアルマスターは動きが悪く、要OHです・・・ってパーツの供給あるんでしょうか?
 フォークにはお馴染みのサビが(T_T)さらにセットでシール抜けまでついてきてます!・・・って洒落になりません。
 FCRのセッティンゲは、話しではボクのGSX-R250R/SPよりは進んでいる様子です。またジェッティングは確認していませんが、GSX-R250R/SPの参考になればいいな、と思っています。ちなみに、この冬の早朝でも、加速ポンプを2~3回動作させるだけで、セル1発でした。すばらしいぃ!
 GSX-R250R関係だと、GSX-R250R/SP4台、GSX-R250R1台、COBRA1台とすっかりマニアと勘違いされそうなくらいの台数を集めてしまったボクですが、CBR250RRは正直2台もいりません。
 ってことで、先日購入したCBR250RRは、売却したいと考えていますので、神奈川方面で興味のある方は、ご連絡下さい。いまなら、ボクのサイン付きです(^^;;ぉぃ(あ、売却したいのはちょうマジです)

 他・・・CBR250RRの前期、後期の違いなどに言及したマニアックなサイトがあれば、どなたか教えてください。

 

| | Comments (8)

December 28, 2007

カウリングブレース購入

 転倒すると100%の確率でダメージを受けてしまうことがわかったGSX-R250R/SPのカウリングブレースをヤフオクで購入しました。
 ストックの状態ではよくわかりませんが、ボクのGSX-R250R/SPは、バトルファクトリーのクラッシュプロテクターを装備している関係で、アッパーカウルからズッコケてしまうのかも知れません。
 まだ新品で供給されるパーツですが、美観を伴わない消耗品なので新品ではもったいないと、長らく手頃な価格でヤフオクに出品されるのを待ってたのですが、ようやく出品されたので、早速ゲットしてみました。
 商品の情報には「目視による曲がりはない」との記載もあり、安心して購入したのですが・・・

P10804281

P10804291

 ksg!!
 見てわかりますか?
 フレームに取り付ける部分が曲がっています。
 サビはいいんです。ワイヤーブラシで適当に擦るか、サビ落としを使って軽く塗装すればいいのですから。
 ただ、曲がりだけは・・・っていうか、目視で普通にわかるじゃん、って感じ?
 あ~悔しい、ちょ~悔しいです。
 評価に悪いをつけてやろうかな?って思いますよ、まったくぅ。

 ・・・と思って、一応出品者の方にメールをしたら、全額返金して下さるそうです。
 な、な、な、なんて誠意のある出品者の方なのでしょう!
 感激してしまいました。
 ってことで、全額でなくてもいいです、って連絡しておきました。
 ヤフオクもまだまだ捨てたもんじゃありませんね!


 

| | Comments (0)

December 27, 2007

F.C.C.強化クラッチスプリング購入

 冬なので、レーシンゲ活動はお休みしていますが、来シーズンに向けて、大小さまざまなパーツを購入しています。先日購入したGSX-R250Rなどは、「大」のパーツと言えるでしょうし、今日紹介するパーツは「小」のパーツだと思います。
 そのパーツとは、「アドバンテージF.C.C.強化クラッチスプリング」です。

P10804271

 メーカーによると「スタンダード、またはFCCクラッチに使用可能な強化タイプスプリング。耐久性が格段に向上する」そうです。
 一時期は、耐久レース助っ人エースライダー・YKTさんとボクのレベルが離れ過ぎていたため、ボクに合わせたファイナルだとYKTさんが半クラを多用せざるを得ず、1.5時間でクラッチがすべりはじめるような状況でしたが、ボクがスキルアップした結果、ファイナルが最適化され、半クラを使用する頻度が少なくなりました。そのため、今シーズンは一度もクラッチを交換する必要はありませんでした。
 とはいえ、まったく不安が無くなったかというとそうでもなく、梨本塾10月ではクラッチミート時に若干滑っている気配もあり、強化クラッチスプリングを用意したわけです。
 ただ、使うかどうかは悩んでいます。謳い文句通りであれば、メリットは当然耐久性の向上に尽きると思うのですが、デメリットとして、クラッチが重たくなることが考えられます。重たいクラッチはしんどいです。どれだけクラッチが重たくなるのか、それが問題です。
 来シーズンに向け、クラッチを交換するだけ、か、クラッチを交換して強化スプリングも入れる、か、強化クラッチスプリングだけ入れてクラッチの交換サイクルを長くするか、どの方向で行くか、悩んでいます。幸い、オイルを抜かなくてもクラッチ交換(あるいはスプリング交換)は可能なので、まず試してみて考えればいいと思うのですが、寒いし面倒くさいです。
 あ、オイルも買わなきゃです。
 借金が増える一方です。


 

 
 

| | Comments (0)

December 24, 2007

キャブレターオーバーホール

 更新をサボってしまいました。
 ネタがないわけではありません。
 今年を振り返ってみようかな、と思い、途中まで書いた未公開記事もあります。
 まとまった文章が書けないので、どんどん長くなりそうで、それでいて途中から尻つぼみするので、公開を見送りましたけど。
 来年のことを書くにはまだ早いような気がしますし。

 いまなにをやっているかというと、GSX-R250R/SPの純正キャブレターのオーバーホールをはじめました。

P10804221

 バラしてふと考えてみると、現在のGSX-R250R/SPのキャブはなんの不都合もないし、来年はFCR28φD/Dと併用するつもりでいるので、このSPキャブレターをオーバーホールしたところで、出番がないことに気が付きました(^^;;ぉぃ
 いまさら何もしないで組み立てるわけにもいかないし、しかし、Oリングの類はすべて4つ注文することになるので、部品代だけでもバカにならないし、困りました。
 こんなことなら、来年用に用意した30φのバンディット前期型(GJ74A)用のキャブレターをオーバーホールするんだったと後悔しています。

 GJ74Aのキャブセッティングについて調べたところ、GSX-R250Rとはニードルが違うようです。あと、メインジェットが、GSX-R250Rが1番4番が#110、2番3番が#105に対して、バンディット前期型のメインジェットは4気筒すべてが#105でした。ほかは共通のようです。口径が2mm違っていても、あまりセッティングに変化ないんですね。
 このキャブレターで中低速の扱いやすさを向上できれば、スポーツランドやまなしで有効かも?と思っているのですけど、どうでしょうね?


 

| | Comments (2)

December 20, 2007

トミンモーターランドで29秒の壁を破る方法

 トミンモーターランドで29秒の壁を破る方法をボクなりに考えてみました。
 よりハイレベルな方々が読むと、バカの戯言にしか思えないでしょうけど、自分と同じくらいの目線の人が見て、参考になればいいな、なんて思います。
 そんなの当たり前!ということも多々あると思いますが、ボクはその当たり前が出来ず伸び悩んでいました。と同時に、そんなの間違いだよ!ということも多々あると思いますが、故にボクはいまのレベル止まりなんだと、そうご理解いただけると幸いです。

 今年ボクがトミンモーターランドを走った回数は7回です(たぶん)。
 FCRのセッティンゲをしたりなんだりで、実際まともに走ったと言える回数はもっと少ないのですが、それはともかく、ボクのタイムは30秒を少し切るくらいでした。
 それが、10月には、28秒3までタイムを伸ばすことができました。
 30秒から29秒程度のボクが、一気にタイムアップできたポイントは、最終コーナーから帝王コーナー進入までのセクションの走りを改善できたからです。ボク的には、28秒前半レベルなら帝王コーナーや左コーナーはよほど下手でもない限り意識する必要なし、と考えます。逆に、最終コーナーから帝王コーナー進入までをある程度攻略できれば、それ以外のコーナーもそれなりに走れてしまうと思うのです。さらに、27秒台を狙っていこうとすると、すべてのコーナーを高次にまとめていかなくてはならないと思いますけど。
 梨本塾長が「28秒台・・・一度でも29秒0を切ると、そのままの走りで、細かい部分をさらに微調整することで、28秒前半まで一気にタイムアップ出来る」とおっしゃってますが、ボクもまさにそのパターンでした。
 そのキモとなる部分が、最終コーナーから帝王コーナー進入までのセクションにあるのです。

☆最終コーナーをがんばりすぎていませんか?
 ボクがタイムに伸び悩んだ理由は、最終コーナーでコーナーリング速度を落とさないようにがんばったからでした。本人のがんばりとは裏腹に、バイクは大回りをしてしまいます。そうすると、アクセルを全開にできるポイントが遅れ、ストレートでタイムを稼げなくなってしまいます。マシンが遅い人を除くと、大抵の人が同じ傾向にあると思われます。
 いまは違います。進入のブレーキングでバイクが止まるんじゃないのか?というくらいマシンを止めています。ビデオなどで見ると実際はそこまで止まっていないのですけど、感覚的には一旦停止するような気分でマシンを止めています。そして、旋回ではがんばりません。ここで我慢できずにアクセルを開けてしまうと、大回りして全開に出来るタイミングが遅れます。よくコッチーやYKTさんにアドバイスされたことがようやく理解できました。アクセルを開けることと、アクセルを全開に開けることは、違うのです。早くアクセルを開けても、意味がありません。早くアクセルを全開にできなければ、意味がないのです。旋回で我慢し、奥にクリップが取れたら、アクセル全開を全開にします。このとき、マシンはコーナーの出口を向いていて、バンク角もそれほど深くなければ(マシンは起こします)、成功です。ためらうことなくアクセルを全開に出来ます。速い人のラインをよぉく見るとわかります。みなさん、コーナーの出口からロケットのように加速していきます。一方、そうでない人たちは、大回りをしているように見えるはずです。
 単純にいうと、うまい人の走るラインを盗めばいい、ということになるのでしょうが、どうすればいいのか?という方法を説明すると、バイクを止める、旋回ではがんばらない、直線的に脱出する、というようにやってみるといいのではないのかな?と思ったわけです。
 ken1cbrさんのタイムが伸びたのも、ボクの同じ目線のアドバイスが役に立ったのではないかと思います(な~んて違っていたらごめんなさい(^^;;ガハハ)。

☆1コーナーで減速しすぎていませんか?
 1コーナーは最終コーナーとは逆にバイクを止めません。むしろ、「やべぇ!」と思うくらいの速度でちょうどいいです。
 ただ根性論で「突っ込め!」と言われても、ビビリミッターが作動するので、なかなかうまくいかないと思います。
 それでも、多少無理した速度で進入することを試みてください。すぐにインにつかないように、気持ち大回りをイメージします。ただ、マシンをバンクさせる動作を早くするよう心がける必要があります。もっさり寝かしていると、その間にもマシンは進むわけで、ダートをダ~ッと走ることになってしまいます。
 ストレートの大外から、自分のオーバースピードで、しかし、寝かし込みだけは早く!! 
 そうすると、恐怖心とは裏腹に、意外に曲がることがわかります。
 マシンをバンクさせると、タイヤの接地面がタイヤ中央部分からタイヤのサイド部分に変わります。つまり、接地するタイヤの外径が変わるわけで、その外径差がマシンに自分が思っている以上のエンジンブレーキを発生さえ、意外にバイクを減速させるのです。この、マシンが勝手に減速してくれる感覚、を体感することで、いままでのオーバースピードをオーバースピードではなくすることができるのです。それができるようになると、帝王コーナー進入でいつもよりもブレーキがしんどくなることがわかります。タイムアップには1コーナーから帝王コーナー進入までの速度の乗せ方がキモなのですが、その入り口が見えてきた、ということになるのです。
 よく帝王コーナーの進入でスパッと抜いていく人がいますけど、1コーナーの走り方ひとつで、そういった速度の乗せ方も可能になるのです。

 この内容が正しいのか、正しくないのか、それはご自身で考えてください。
 ただ、ボクはボクなりに真面目に書いてみました。ボキャブラリーが貧困なので、わかりづらいかもしれませんが。
 いまのベストタイムが29秒3くらいの人で、250マルチよりも速いマシンに乗っている人だったら、実践してもらえればウソか本当かわかってもらえると思います。
 もし、タイムアップ出来た場合は、0.1秒につき1000円の報酬をいただけるとうれしいです。
 ・・・オチはコレでした(^^;;

 

| | Comments (6)

December 19, 2007

タノピーからの伝書鳩

 実は伝書鳩じゃなどころから、メールも電話もないのですが、この際そんな細かいことは抜きにして・・・
 タノピーからは何の連絡もないので、オラオラオーラ全日本代表コッチーからネタにするように指令がありまして、といってもオラオラオーラでの間接的な指令なので、正しいかどうかわからないのですけど、いつのまにかコッチーとはオーラで語り合える仲になっていたのでした(^^;;な~んてウッソぴょ~ん
 ってことで、タノピー写真集。ごめんなさい、画像、少なかったッス!(^^;;

P11801821

P11801861

P11801771

 ピンぼけばかりで申し訳ないッス。
 え~、他にも、当日いらっしゃった方で、ボクがカメラを構えているときに走行していた方なら撮影している可能性があります。お心当たりの方で、画像の欲しい方はご連絡下さい。

 ではまた!


 

| | Comments (0)

December 18, 2007

コッチーからの手紙

 実は手紙じゃなくて、メールだったのですけど、この際そんな細かいことは抜きにして・・・
 オラオラオーラで人を緊張させてやまないコッチーからメールが届きました。
 「んだよぉ、オラの写真も見せろ」・・・おっと、オラオラオーラ全開でも、さすがに自分のことをオラとはいいませんでした。「オレ」に訂正させていただきます(^^;;
 まぁ要するに、昨日公開したノック選手を見て、ボクが撮った自分の写真が見たいのかな?と解釈しました。
 しかし、コッチーの写真は、ノック選手以上にピンぼけばかりです。
 なぜか?それにはちゃんとした理由があります。
 コーナー速度が速くなればなるほど、ボクのカメラの腕がついていかなくなるのです(T_T)
 ノック選手も速いのですが、同等かもしくはそれ以上に速いコッチーの写真を撮ることは、ボクにはさらに難しくなるのです。
 逆に言えば、コーナー速度が遅くなれば成功率は高まるわけで、C選手の画像は、ピントがあったものが多いです(^^;;だからといって、さらに遅すぎても、カメラを速く動かしすぎて、うまく撮れなくなってしまうのですが・・・。
 それでは、コッチー写真集です。

題:んだよぉ phot by のり
P11801321

 画面の外から、「んだよぉ、」って言うためだけにひょっこり顔を出したコッチーを想像して、ひとりウケてしまったボクでしたが、この笑いはボクだけのものだと思います(^^;;

 以下、ちょっと真面目に(でもピンぼけ)。

P11800981

P11801421

P11801951

 いかがでしょうか?
 コッチーのワイルドな雰囲気が、なぜか「プレデター」を想像させるのですが、そんな想像をするのはボクだけでしょうか?
 今回は、可愛い見掛けに騙されちゃいけない毒舌彼女(ボクの中では勝手にギズモと名付けています)にわずかでもウケるといいな、って思ってお届けしました。
 んじゃまた!


 

| | Comments (0)

December 17, 2007

ノック選手からの手紙

 実は手紙じゃなくて、電話だったのですけど、この際そんな細かいことは抜きにして・・・
 国籍不明の怪しい笑顔で人を魅了してやまないノック選手から電話がありました。
 「んだよぉ、昨日の写真見せて」・・・おっと、キャラが違っていました。
 まぁ要するに、昨日ボクが撮った写真が見たいとのことでした。
 昨日は、まぶしい日差し加え、風が強く、いつも以上にピンぼけ写真ばかりでしたが、ピンぼけでもフォームの確認が出来たりするので、まるっきりダメなわけじゃないですよね?ってことで、ノック選手のリクエストにお答えして、ノック選手写真集をお届けします。
 妙に長い手足を使い、これでもか!と言わんばかりのハングオン・・・スパイダーマンがバイクに乗るとこんな感じかも?なんて思ってみたりして(^^;;

P11800781

P11800831

P11800841

P11801291

P11801501

 いかがでしょうか?
 ないよりマシでしょでしょ?
 んじゃまた!

 

| | Comments (0)

December 16, 2007

コッチー塾@京葉スピードランド走行

 ボクの中で、今年のレーシンゲ活動は、先日の梨本塾11月で終わっていましたが、コッチーからお呼びが掛かったので、京葉スピードランドに出掛けてきました。
 ただ走ろう、と言われていたなら、寒いのでコッチーのことがどんなに怖くてもお断りしたと思うのですが、「んだよぉ、走り納め~」って言われたので、今年お世話になったコッチーのお誘いを喜んでお受けしました。
 今日は、コッチー、ノタピー、C選手の他に、ノック選手も来るとのことで、場所取りをするために夏並みの時間で起き、出発しました。
 現地に到着したのは、7時20分。千葉の畑には霜がおりてます。そんな寒さのせいか、ボク以外、だ~れもいませんでした。
 少ししたら、C選手が到着しましたが、約1時間、クルマの中で仮眠タイムを取りました。
 寝ていると、腸内圧がどんどん高まることが自覚できました。ボクの内圧コントローラーが必死に制御していることまで自覚できましたが、ブローオフバルブの開く頻度が早くなってきたため、仕方がなく、道の駅オナガラに行ってきました。あれ?道の駅長柄だったかな?まぁ、どっちでもいいや。
 道の駅から戻ると、コッチーも到着、遅れてタノピーも到着、さらにさらに遅れてノック選手も到着して、勢揃いです。
 ボクは、ファイナルを京葉セッティングに変え、面倒くさいのでタイヤウォーマーは使用することなく、長い暖機のあとに、コースインしました。
 身体を慣らし、タイヤを暖めるために数周してみましたが、違和感バリバリです。
 ・・・どうやら、太ったみたいで、早速ツナギがきつくなっている模様です。そう、今日はツナギ標準体重よりも1.5kg重たくなっています。さらに、寒いので普段は着ないユニクロのヒートテックを着ていたため、きつく感じられたようでした。
 ラップショットのセンサーを外し忘れ、引きずっていたことにも気が付いたので、一度ピットインし、キズはついたものの幸い壊れなかったセンサーを外し、ヒートテックを脱いで再びコースインしました。
 自分の調子を見るには、左ヘアピン次のL時コーナーからS字コーナーをアクセル全開で走れるかどうかでわかります。あ、レベルがアレなんで、4速なんですけど(^^;;
 はじめはためらいがちでしたが、数周もすると、全開に出来はじめました。走行前に、コッチーがコースを歩いてアドバイスしてくれたりしているので、そのアドバイスを思い出しながら走りました。
 タイム計測は、一見可愛く見えるけど毒舌なコッチーの彼女が測ってくれていたのですが、コッチーの走行が終了したので、タイム計測も終わったようです。
 ボクもタイム計測がなければやる気がでないので、ピットインしました。
 しばらく休んだ後、C選手がタイムを計ってくれるというので、再びコースインしました。
 走る前に、タイヤを手で触って確かめたところ、暖かかったので、タイヤを暖める周回は3周程度にして、4周目から全開走行に入りました。
 今年のコッチー塾の大きな成果、それは、出そうと思ってベストに近いタイムが出せること、です。
 さすがに、めちゃ寒いので、もう出来ないでしょうが、出すつもりで一気に行きました。
 そして・・・L字コーナーで、一気に行きました(T_T)転倒です。
 寝かし込みぃぃぃ!と寝かしたところ、後輪がズリィ~と滑って行くではあ~りませんか。
 左ヘアピンを3速で立ち上がり、すぐに4速にシフトアップ。そのままアクセルを全開にしたままの「寝かし込みぃぃぃ!」です。そりゃもうキレイに滑りました。
 今年は、一度の転倒もなく、いい一年だったのに、最後の最後で転倒しちゃいました。
 ウォーマーを使わなかったことが、悔やまれてなりません。
 アッパーカウルの一度補修した部分が割れ、シートカウルがバキバキ。って感じ?

P10803881

P10803891

 そして、今日着るのが2回目の新ツナギにダメージが。袖には穴が開きました(T_T)

P10803921

 も~ちょう最悪ぅ~って感じ~みたいな~。
 幸い、身体のダメージはありませんでしたが、心が痛いです(T_T)懐も痛いです。
 ボク的にはやる気を失い、もう今日の走行はやめにしようと思ったのですが、転倒したままのイメージでやめるのはよくないと、コッチー、タノピーに言われ、コッチーがガムテープでなんちゃって補修をしてくれたので、その後少しだけ走行してみました。

P10803931

P10803941

 でも、左ハンドルが曲がっていたことと、シートカウルのお尻の乗る部分が割れていた関係で、違和感があり、36秒8程度のタイムしか出せませんでした。
 こんな走り納めになるなんて・・・。

 3年前のボクなら、ツナギのダメージに再起不能だったかもしれませんが、今回は新しいツナギがボロくなってもそれほどダメージはありませんでした。強がり、ではなくて、ツナギはそんなもの、という考え方に変わってきたからだと思います。
 バイクに関しても、ダメージに落ち込むことよりも、これからのバイクに対しての接し方を考えさせられました。
 バイクに長く乗るためには、何でも自分で出来るようにならないとダメなんじゃないか、ってことです。いじったり直したりすることも楽しまなくてはならない、と。バイクに乗りたいと思うと、修理のための時間は惜しいのですが、同時にコストにも関係するわけで、自分でできることを時間の関係でプロにお願いすることと、自分でできないことをプロにお願いすることでは、意味が違うのかな、とも思いました。
 FRPの修理は、まだハードルが高く、無理そうなので、なぜかFRP補修が大得意というC選手のお父さんにお願いすることになりましたが、いずれは自分で出来るようにならないといけないと思いますし、多少美観が悪かろうと、これから塗装は自分でやりたいと思います。

 ってことで、最近ボクらしからぬ展開が続いていましたが、これでようやくボクらしい内容のブログになったと思います。
 ボクのことが嫌いで仕方がないけど、ブログだけはつい読んでしまうという貴方!、今夜は祝杯をあげてくださいね!

 

| | Comments (2)

December 15, 2007

GSX-R250RK購入

 もうバイクは買わない・・・何度そう思ったことでしょう。
 先日購入したばかりだというのに、またやっちゃいました。ヤフオクで、ポチっとな。
 だってだって、ちょう安かったんだもん。
 そのマシンは、GSX-R250RK。
 またかい、と言われてしまうでしょう。またなんです(^^;;
 若干違うのは、先日購入したのは、GSX-R250RFK、つまりSP仕様だったわけですが、今回のはスタンダード仕様です。
 朝から、埼玉まで出掛けて、引き上げてきました。
 バイクをポィポィっと買えてしまうのは、トランポで取りに行けるからで、お金があるからではありません。
 先日のSP仕様と同様、今回も驚くほど安く手にしています。車体の価格、というよりも、部品の価格で購入しているのです。バラして売れば儲かること間違いなしですが、幸い置き場所に困っているわけではないので、丸ごと部品として所持する予定です。
 それでは画像でご紹介。
 ちょいキズはあるものの、大きな転倒キズのない外装に大満足。

P10803801

 来年はスズキワークスカラーで走ってみようかな、と思ってしまいます。

P10803841

 メカ的には、サビがすごいのであまり期待できそうにありません。

P10803821_2

 走行距離はメーター読みで1160km。鵜呑みにはできませんが、タイヤを見るとちょっと信じたくなってしまいます。
 ウチにあるGSX-R250Rは、コブラも含めるとこれで6台目です。
 ・・・もう、部品取り車を購入する必要ないでしょうね(^^;;

 

| | Comments (0)

December 10, 2007

シングルシートカバー購入

 スタンダードのGSX-R250Rは、標準でタンデムシートがついていて、2人乗り出来るようになっています。まぁ、レプリカと言えど、2人乗り出来てむしろ当たり前です。
 GSX-R250RのSP仕様は、あまり多くない例外モデルの1車種として、1人乗りとなっており、タンデムシートのかわりにシングルシート化するカバーがついています。タンデムステップは用意されていないので、最近のSSみたいなシングルシートカバーが用意されているけれど2人乗りが出来るモデルではなく、構造的に1人乗りとなっている気合いのマシンです。
 SP仕様には、スズキワークスカラーのモデルしか存在しないので、シングルシートカバーにはスズキワークスカラーしかないのかというと、実はそうでもありません。
 当時、他の純正色に合わせたシングルシートカバーがオプションとして設定されていたのです。
 故に、ボクのGSX-R250R/SPは、外装をスタンダードモデルの赤/黒のそれに交換してありますが、赤/黒の純正色のシングルシングルシートカバーをつけているというわけです。
 ついでにいうと、とても貴重だと思っています。
 現在ウチに、どれだけのシングルシートカバーがあるとかというと、SP仕様用が2つ、赤/黒が3つ、コブラに合わせてペイントしたグレーメタリックのものが1つ、と、計6つあります。異常ですね(^^;;
 ボク的には、現在の赤/黒外装がとても気に入っているので、赤/黒のシングルシートカバーなら何個あってもこまることはないと思っています。
 一番キレイだった赤/黒のシングルシートカバーは、去年の耐久レースの転倒で小破、2番目にキレイだった赤/黒のシングルシートカバーは、今年の耐久レースで中破、3つ目のシングルシートカバーは、経年劣化でいまいち、ってな具合で、いまや手元に満足のいく程度のものはありません。
 手に入れようにも、なかなか手に入らないパーツですし、手持ちのものを業者に塗ってもらうしかないのかなぁ、と悩む今日この頃ですが、ヤフオクで色違いのシングルシートカバーが出品されているのをみて、塗装ベースにいいかも?と思い飛びつくように購入してしまいました。
 色は、後から追加された黒いモデルのシングルシートカバー(もちろんオプション品)のようです。
 いつの日か塗り替えるときのためのベースに、と考えていたので、商品の状態はあまり気にすることなく購入したのですが、届いてびっくりです。
 き、きれいです。

P10803551

 きれいついでに、ワコーズのクイックワックスで磨き、ウルト社のファインコートProを塗布しておきました。
 シートバックもすり切れた感じがありません。

P10803561

 裏の金具もちゃうキレイ。室内保管だったような感じです。

P10803571

 これだけキレイだと、塗装ベースになんてとても考えられません。
 実にいい買い物をしてしまったようです。
 ラッキーでした。


 

| | Comments (0)

December 09, 2007

オートリメッサ製スペーサーCOMP購入

 ウチのNSR-Miniは、追浜工業「PET-2000DX」のアワーメーター機能で管理を行っています。「PET-2000DX」が点火プラグからの発火パルスを拾うことでエンジンの累積使用時間を記録し、そのデータを元に、エンジンのOH時期などを判断しているというわけです。
 一方、GSX-R250R/SPの管理は、走行距離によって行っています。一応レーサー仕様なので、メーターギアを外し、少しでもフリクションロスを軽減したいところですが、なんとなく、メーターギアを外すことなく今にいたっています。
 今後も、メーターギアを取り外すことはなさそうですが、ヤフオクでオートリメッサ製のスペーサーが出品されていたので、手にれてみました。
 「スペーサーCOMP フロントアクスル,L  0000A-A5503-450」
 適合車種は、「RGV250Γ(VJ21A VJ22A)、WOLF250、RG125(NF13A)」と掲載がありましたが、GSX-R250R/SP(GJ73A)はRGV250Γと共通のフロントホイールにつき、問題なく使用可能だと思われます。

P10803341

P10803351

 純正メーターケースにぴったり入る磁気センサーで車速を計測する社外メーターがあれば、このスペーサーの出番が訪れることもあるかもしれませんが、いまのところは、手に入れた、という自己満足に終わりそうです。

 

| | Comments (0)

December 08, 2007

我が家の台所事情とNSR

 寒くなりました。
 走りに行かなくなりました。
 整備もしなくなりました。
 ネタがなくなりました。
 ブログの更新がおそろかになりました。。。

 今日は台所を掃除しました。
 掃除をしてもしてもしたりないくらい散らかっているのですが、ちょっとしたスペースが確保できたので、93NSR250R/SPを台所に移動しました。
 このNSRは、確か当ブログでは初公開です。

P10803331

 一部(1人?)に熱狂的なファンがいる我が家の台所画像です。
 お喜びいただけましたでしょうか?

 それではご機嫌よう!

 


| | Comments (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »