« December 2007 | Main | February 2008 »

January 27, 2008

NSR250R タンクの錆取り(錆落とし)

 訳ありで入手したNSR250Rのフューエルタンクが家にあったので、捨てるのも惜しく、ちょっと使えるようにできるかどうか、試してみることにしました。
 タンクは、中に腐った(変質した)ガソリンが残っており、錆も進行しているという状態です。
 タンクキャップを外した状態は、も~さいぁくぅ~、って感じです。

P10805311

 フューエルコックを取ってみると、変質したガソリンでストレーナーがタンク側に固着しており、コックだけがスポッと抜けてしまいました。

P10805301

 非分解のフューエルコックは再生できそうにありませんので、ゴミ箱に直行です。
 中に残ったかつてガソリンと称されたものを抜いてみました。

P10805341

 こってりとした溜まりガソリンです。独特の香りも芳しく、マニアなら香りだけでご飯を5杯は食べることができそうです。
 臭いに通報されたらどうしよう?なんてことを考えつつ、タンク内の脱脂作業を行います。
 脱脂は、トミンモーターランドをバリオスで27秒台という○台さんから教えていただいたサイトを参考にして、「メタルクリーンα」を使用しました。そう、冷蔵庫に保管していたアレです。
 タンク内にメタルクリーンαを投入し、数回にわけて熱湯をタンクに注ぎ込みました。効果は熱湯の方があるらしいです、はい。
 早速購入したゴム栓が役に立ちました。

P10805391

 およそ半日、タンク内に入れておいたメタルクリーンαを抜いてみると、ヘドロのような液体になっていました。
 メタルクリーンαは基本的に使い回しできるという話しですが、汚れがひどいので廃棄することに(あ、画像はあまりにも汚く公序良俗に反すると判断し、割愛です。撮り忘れたわけではありません(^^;;)。
 水ですすぎ洗いを繰り返すと、出るは出るは、錆がわんさか出てきました。
  ガソリンが残っていたタンクなので、錆より汚れの方がひどいのかと想像していましたが、どうやらそんなことはなさそうです。
 ついでに、ガム状の物質も出てきました。
 なんなんでしょう?これは?

P10805421

 ヤニ?
 や~にぃ~(^^;;

 タンク内を覗いてみても、錆なのか落としきれなかった汚れか判別が難しいので、そのまま作業を進めることにしました。
 錆取り(錆落とし)の行程では、何度か使っている「RS-R1000」を使用しました(その時の記事が読みたい方は画面左上の「ブログ内検索」で探してみて下さいね~)。
 タンク内の水分を取り除き、RS-R1000を投入、時間を掛けて、全面に塗布できるよう丹念にシェイクしました。
 さすがRS-R1000です。
 ゴミだと思っていたタンクの錆が見事に取れました。

P10805431

 だだ、残念なことに、落としきれなかった錆もありました。

P10805451

 思うに、錆落としの機能的な問題ではなく、脱脂行程での脱脂が不十分だったことが錆を落としきれなかった原因ではないかと思います。う~ん、脱脂行程、錆取り行程それぞれで、タンク内にボルト・ナットなどを投入し、シェイクした方が確実みたいです。それぞれのケミカルの性能を過信しすぎたようです。
 脱脂行程からやり直そうかなぁ~とも思ったのですが、そもそも捨てるタンクを錆落としの実験材料兼スキルアップに利用しただけなので、教訓を心に刻むこととし、作業のやり直しはしないことにしました。自分で使うわけでもありませんしね(^^;;
 仕上げは防錆です。
 RS-R1000は酸性なので、よぉっく水洗いします。中和剤というものもありますが、もったいないので使用しませんでした。いいのか悪いの知りませんが、中性洗剤でひたすら水洗いし、5倍程度に希釈した「モンキータンクⅢ」で内部をトリートメントしました。
 あとは、投入したモンキーダンクⅢを抜いて、自然乾燥させて終了です。

 うむ、スキルアップの感触ありです!
 本番は、後日GSX-R250Rのタンクで行ってみたいと思います!

 

| | Comments (4)

January 26, 2008

ゴム栓購入

 ゴム栓を購入しました。
 ごごご、ゴム栓ってなんですか~、と訊かれても困ります。ゴム栓です。
 以前、NSR-Miniのノーマルマフラー内を清掃したとき、適当な栓がなかったばっかりに大変な思いをしました(あ、ネタには詳しく書いていませんけど)。
 これからしようと思う作業にも必要な場面が多そうですし、無駄になるかも知れないことを承知で、いろんなサイズのゴム栓を用意してみました。

P10805361

 もうひとまわり小さいサイズがあればなおよかったのですけど。

 まずはNSR250R(MC21)のフューエルタンクの錆取りで使ってみるつもりです。


 


| | Comments (0)

January 24, 2008

円陣家至高 E.G.S.[LIMITED]購入

 そんなこんなで円陣家至高製品購入第4弾です。
 まとめて書けよコノヤロー的なご意見も聞こえてきます。
 以前、広島高潤(ヒロコー)製品を購入したときは、まとめて書いた記憶がありますが、一つのネタの文章が長いというご意見に対処し、かつ、毎日アクセスして下さる方により多くのネタを提供し、検索にも引っかかりやすく、後日インプレを書くときにリンクを貼りやすい、という理由から、個別にネタにしてみた次第です。
 本日のネタは、円陣家至高「E.G.S.[LIMITED]」です。

P10805261

 これが何かというと、圧縮(コンプレッション)の回復を行うための液体のシリンダーコーティング及びシール剤だそうです。
 使用方法は、プラグホールから直接投入するやり方と、ガソリンに混合するやり方があるそうです。
 何度も書くことですが、GSX-R250R(GJ73A)の中古車あるいは中古エンジンを数々入手して、圧縮が4気筒とも標準値を上回っていたことは今のところ100%ありません。そのため、圧縮という言葉にはちょっと敏感になっているところがあり、この商品も以前から気になっていました。
 この商品が、その謳い文句にあるような効果を果たして持ち合わせているかどうかはさておき、GSX-R250Rの圧縮の問題は、大抵バルブの物理的摩耗が原因です。この商品がどんなに優れていたとしても、投入してどうにかできるわけでもなく、今まで手を出さずに来ましたが、すでにバルブはOH済みであること(1シーズン走りましたけど)、FZR250Rなしぐさんが使用し絶賛されていることから、購入を決意しました。
 投入し、違いがわかればまたネタにしてみたいと思います。

 ところで、ボクは、後日自分で自分の記事を参照するため、あるいは、他の方に検索していただいた際のことを考え、商品名をなるべく正確に書くか、より一般的な名称で書く、ということに注意をしています。
 現時点、Googleで、「円陣家至高」と検索すると、円陣家至高のアンテナショップ兼窓口(?)の「セカンドステージ」のサイトが一番に出てきます。
 そのページで、この商品の表記は、「E.G.S-Limitedo」と「E.G.S-Limted」です。間違ってますね(^^;;
 いやいや、間違いを指摘したいのではなく、さらに商品のページに飛ぶと「E.G.S.[LIMITED]」とあり、さらにクリックすると今度は「EGS[LIMITED]」とあります。パッケージは、「E.G.S.[Limited]」ですし(^^;;
 まぁどうでもいいことなんでしょうけど、なんか気になります。
 気になってよく見てみると、いままでの商品もいろんな表記があるようです。
 C.P.O-Rは、「C.P.O.[R]」が正解みたいですね。
 書き直すのめんどくせーっていうか、これからどう書けばいいでしょう?前者の方が一般的臭いし、結局なんでも検索できてしまうでしょうし。

 ま、いっか。


 

| | Comments (0)

January 23, 2008

円陣家至高 GRESIN[LG]購入

 あれこれ円陣家至高の製品を買うついでに、同じく円陣家至高の「GRESIN[LG]」という商品も購入してみました。

P10805231

 この製品は、世界初の液体グリースなんだそうです。
 一般的なグリースは半固形状なので、見た目にもグリスで潤滑されていることがわかりますが、液体だとグリス切れが視覚的に分かりづらそうに思いますし、成分が飛んだりしないのか、ちょっと心配になりますけど、粘性抵抗がほぼゼロになる、って謳い文句についフラフラ購入してしまいました。
 ホイールのベアリングは当然として、ステムのベアリングなどにも使えるのでしょうか?
 ステムにベタベタに塗られてあのグリスが必要なくなら、と想像して買ってしまいましたが、このグリースにした結果頻繁なメンテナンスが必要になるというのもちょっとめんどくさいです。それだけの潤滑効果があればいいのですけど、さてどうでしょう?

 

| | Comments (0)

January 22, 2008

円陣家至高 ABSO-FRIEND購入

 C.P.O-Rに続いて、またまた円陣家至高の製品を購入しました。
 「ABSO-FRIEND」です。

P10805251

 こいつがいったい何かというと、「前後オイルシール抵抗低減剤」と書いてあります。
 オイルシールは、サスペンションのオイルシールを指しています。
 たとえば、通常、フロントフォークのオーバーホールをするときに、オイルシールやダストシールにはシリコングリスを塗布しますが、この製品を使うと、文字通り抵抗が低減されるのがわかります。
 ボクは、ブレーキのピストンにも軽く塗布しているくらいです。
 効きます!!

 いつもケチって使っていたのですが、C.P.O-Rと同様、容器を倒してしまったときに80%以上をこぼしてしまったのでまたまた購入した次第です(^^;;
 抵抗が無くなった恩恵がどれほどあるのかわかりませんが、抵抗が低減されることは間違いないので、よくわからないけど何かしたいボクのような人にはオススメです(^^;;

 

| | Comments (0)

January 21, 2008

円陣家至高 C.P.O-R購入

 ボクが愛用するチェーンルブ、円陣家至高の「C.P.O-R」が無くなってきたので、購入しました。

P10805241

 この製品は、超オススメです。
 いろんなチェーンルブを試してきたボクですが、今のところこのC.P.O-Rが一番のお気に入りです。
 何といっても秀でた潤滑性能が素晴らしいです。スプレータイプのチェーンルブとは違い、シリンジに入れて1コマ1コマ給油するのは少しばかり手間ですが、それだけの価値はあると思います。他にも、チェーンからのノイズが低減されたり、ゴミを寄せつけないなどのメリットもあります。
 飛び散らないことを期待すると残念な結果になるかもしれませんが、ふき取り易いので普通のチェーンルブよりは扱いやすいと思います。
 欠点は・・・容器を倒すとこぼれるということでしょうか?
 50mlで3150円もするのに、最初のC.P.O-Rは、チェーンに塗布する前に、3/4はこぼしてしまったボクなのでした(T_T)
 今度は倒さないように気をつけなくちゃ!

 あ、耐久レースの時は、潤滑不足になることを危惧して、広島高潤のKZスペシャルチェーンルブを使ってまーす。こちらもいいチェーンルブだと思いますが、C.P.O-Rの方が上かな?と思う今日この頃です。

 

| | Comments (2)

January 20, 2008

NGK CR9E購入

 あまりの寒さにモチベーション下がりまくりです。
 1~2月中に、GSX-R250R/SPの整備を終えようと思っていましたが、な~んもやっていません。
 そんな自分を鼓舞するように、パーツだけは購入中です。
 今回は、NGKのプラグ、CR9Eを購入してみました。

P10805221

 今年はFCRのセッティングをもう少しがんばってみるつもりです。セッティングを外すと、すぐプラグがダメになるので、まとめて10本、大人買いです。
 昨年末購入したこのCBR250RRは、GSX-R250R/SPと同じFCR28φD/Dを装備していながら、この寒さでも難なくエンジンの始動ができます。マシンが異なればセッティングも異なるわけですが、珍しい同カテゴリーのFCR装着車です。少しでもセッティングの参考になれば、プラグの交換頻度も少なくできるのではないかと期待しています。

 

| | Comments (0)

January 18, 2008

軽二輪 名義変更と廃車 湘南編

 ウチには多数のバイクがあります。
 現在17台。ちょっと多すぎです。
 その中に、乗りもしないのに、登録されているバイクもあります。
 もうすぐ税金の季節になりますし、毎年無駄な税金を払ってきました。
 廃車すればいいじゃん、それだけのことなのですが、ナンバーにまで愛着を持ってしまうボクには、廃車すらできません。しかし、いよいよここにきて、節税対策の必要をせまられ、ついに何台かを廃車することに決めました。
 あ、廃車と言っても物理的な廃棄ではなく、登録上の一時抹消という意味です。
 候補は3台。1996年に新車で購入し、2003年初夏、椿ラインに向かう途上の西湘バイパスでエンジンが焼き付き、そのまま放置状態、車体を含めて改造費200万円オーバーのアプリリアRS250、2003年初夏、アプリリアが焼き付く少し前に購入し、1シーズンを走ったまま車両保険付き任意保険を継続していながら以降の走行距離は20m、台所から2回出しだだけという91NSR250R/SPペンタックスカラー、そして、1997年、当時付き合っていた彼女とのツーリングにアプリリアで行き、2回400kmにも満たないツーリングで乾式クラッチをダメにしたためツーリング用として購入、納車時には彼女とすでに別れており、アプリリア焼き付き時には椿用マシン、しばらく放置した後はスポーツランドやまなしQ4耐久レース用マシンとして復活したGSX250S・COBRAの3台です。
 1台の税金が2400円。3台で都合7200円の節税になります。
 ところが、アプリリアの登録証が見つかりません。かなり物持ちのいいボクのことですので、きっとどこかにあるのは確実なのですが、みつかりません。逆に物持ちがよすぎて、あまりにも物が多すぎ、発掘できない有様です。
 そこで、今回廃車するのは、NSR250R/SPとCOBRAとし、ついでに、先日購入した廃車済みのCBR250RRCBR250RRを(^^;;、自分名義にした後廃車しておくことにしました。

 そんなわけで、サクサクっと有給休暇を取得したので、朝一で市役所に行くことからはじめました。
 市役所では、名義変更用の住民票を取り付けしました。1通300円。それを2枚です。
 ボクの住まいは、湘南なので、名義変更及び廃車には「神奈川運輸支局湘南自動車検査登録事務所」を利用します。

P10805101

 さらに、いずれも軽二輪なので、その中でも「神奈川県軽自動車協会」の窓口を利用することになります。
 入り口はこちらを目安にして下さい。

P10805071

 奥の方に、目的の窓口があります。

P10805091

 ここの窓口にいるキレイなおねーさんに、要件を伝えると、必要な書類を用意してくれます。
 もちろん、書くのは自分です。
 ボクは、何度も中古車の名義変更を自分で行っていますし、アプリリアは新車の登録も行っていますので、ずいぶん前で忘れているとはいっても、結構自信があったのですが、貰った用紙がずいぶん様変わりしていて泣きそうになりました。泣く泣く4台分の書類を書き終え、窓口に出したところ、「これは軽自動車用の用紙です」って。
 いや~、やばかったです。窓口のおねーさんが好みのタイプじゃなければ、マジ切れするところでしたよぉ(^^;;
 気を取り直して、改めて貰った書類は、見慣れた書類でした。ふぅ~。

☆廃車(一時抹消)編~自分名義の軽二輪を廃車(一時抹消する場合)
・自分で用意するもの。
   ◇登録証
   ◇ナンバープレート
   ◇自分の印鑑(三文判で可)
・窓口でおねーさんから購入する書類
   ◇軽届出済証返納届〔中止〕 1通60円
   ◇返納証明交付請求書 1通40円
・窓口に行きまーす。5秒ほどおねーさんに見惚れまーす。軽二輪を一時抹消したい旨をきちんと伝えまーす。でないと、ボクみたいに軽自動車の書類を貰って右手が腱鞘炎になりまーす。書類の書き方見本があるので、それを参考に書類に記入しまーす。多少間違っておねーさんが訂正してくれるので、気軽に書いちゃいまーす。記入し終わったら、上記書類及びナンバーを受け付け用のトレイに入れまーす。軽二輪の窓口は、軽自動車と違い混んでいないので、すぐにおねーさんからお呼びが掛かりまーす。
 おねーさんから、
   ◇軽自動車届出済証返納済確認書
   ◇軽自動車届出済証返納証明書(自動車重量税用)
をもらい、350円を支払って完了でーす。
 上記2通の書類が、廃車証となるので、大事に保管して下さい。
 窓口での待ち時間はほとんどないので、所用時間は、書類書きに5分、手続きに5分、おねーさんに見惚れる5秒、都合10分5秒程度でーす。


☆名義変更編~一時抹消済み他人名義のバイクを自分名義に変更
・自分で用意するもの。
   ◇軽自動車届出済証返納済確認書
   ◇軽自動車届出済証返納証明書(自動車重量税用)
   ◇住民票
   ◇自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責、強制保険ってやる)
   ◇自分の印鑑(三文判で可)
   ◇相手の印鑑(三文判で可
            ただし、軽自動車届出済証返納済確認書の譲渡人欄に
            相手の押印があれば必要なし)
・窓口でおねーさんから購入する書類
   ◇軽・届出書 1通40円
・窓口に行きまーす。5秒ほどおねーさんに見惚れまーす。軽二輪を名義変更したい旨をきちんと伝えまーす。でないと、ボクみたいに軽自動車の書類を貰って右手が腱鞘炎になりまーす。書類の書き方見本があるので、それを参考に書類に記入しまーす。多少間違っておねーさんが訂正してくれるので、気軽に書いちゃいまーす。記入し終わったら、上記書類を受け付け用のトレイに入れまーす。軽二輪の窓口は、軽自動車と違い混んでいないので、すぐにおねーさんからお呼びが掛かりまーす。おねーさんから書類を貰って、同じ建物突き当たりの②番窓口に持っていきまーす。520円を支払ってオヤジからナンバープレート貰ってたぶん終了でーす。
 なぜたぶんかというと、以前行った手続きはすでに失念してますし、今回は名義変更後すぐに一時抹消を行ったので、普通とはちょっと違う手続きを行っているからなのでした。
 CBR250RRを2台、同時に名義変更。そーすると、

P10805061_3

 おぉ!連番じゃー(^^)
 でもね、すぐ廃車手続きをしたので、オヤジから手渡されたこのナンバープレートは、未開封新品のまま元の窓口のおねーさんに渡しちゃってるんですよね。手続き上、必要なくても買わなきゃならないそうです。
 ってことで、手元には書類の他にコイツが残ります。

P10805161

 チタンでもスレンレスでもないのに、520円もしたボルト、ワッシャー、ナットのセットです。
 な、な、なんと!今ならこの貴重なボルトナットセットを先着2名様に520円にて販売します。しかも今回限りのサービスとして激レア!ボクのサイン付き!さぁいますぐメールを!(^^;;
 あ、名義変更の所要時間も廃車とあまり変わりません。ナンバーを取りに行く時間がプラスされることくらいですが、それもそんなに待たされませんので。

 と、まぁ、つーことでした。

☆おまけ
 自賠責付き中古車を購入した場合、車体の名義変更すれば、自賠責の名義変更も簡単です。
 その保険会社の最寄りの支社に行くだけで手続き可能です。
 ボクの場合、登録して乗る予定がないので、自賠責を解約することになります。自賠責は、期間が残っていれば解約すると返戻金があるからです。しかし、廃車証が他人名義のままで、新所有者に返戻金を支払ってもらうには、旧所有者の印鑑証明をもらったりとか、あれこれ超大変です。そこで、一旦自分に名義変更し、さらに廃車するという面倒な手続きをせざるを得ませんでした。
 一台の自賠責が、なぜか東京海上日動だと思い込んでいて、廃車手続き後に、東京海上日動の平塚支社に行って来ました。念のため、他社の自賠責の解約ができないことを自ら確認し、書類に記入をはじめて、保険会社の人から「これ、三井住友のようなんですけど・・・」と指摘を受けてしまいました。
 ん~、なぜ間違ってしまったのでしょう?
 超恥ずかしかったです(T_T)


 
 


| | Comments (0)

January 17, 2008

タクマイン エステルンR購入

 今年用エンジンオイルを買ったことは先に述べたとおりです。
 タクマインの匠10W-30を選択しました。
 シャバシャバ(という勝手なイメージ)オイルで、ガンガン回すぞ!と。
 そこで、少し気になるのがシフトフィールの悪化です。
 ある程度はやむを得ないものとして、対策も考えておきたいところです。
 そこで購入したのが、同じくタクマインの「エステルンR」です。

P10805011

 エンジンオイルに5%添加で、「耐熱エステルにより、油膜が薄くなりがちな、高回転域における油膜保持力が向上する事で、トップエンドまでのレスポンスUPが期待できます。またバイクでは、熱ダレによる油温上昇を抑え、シフトタッチ改善に効果的です。」だそうです。
 容量は1本200mlとありますが、ポリ容器のメモリを信用すると、250mlは入っているような感じです。
 エンジンオイルを20L購入したので、ついでとばかり6本も購入しちゃいました。
 街乗りレベルでは必要ないそうなので、MR-Sのオイル交換には必要ないみたいです。
 ってことは、6本は買いすぎですね(^^;;
 こうして無駄遣いが止まらないボクなのでした~(T_T)

 

| | Comments (0)

January 16, 2008

タクマイン「匠」10W-30ペール缶購入

 今年使用するエンジンオイルを購入しました。

 いままでは、タクマインの「匠」10W-40を使っていました。その次となるオイルには、ミッションのタッチが好みなワコーズの4CTを考えていましたが、4CTではオイル粘度の選択肢がそれほど多くありません。
 よし!それなら、と、いままでと同様、タクマインの「匠」を使うことにしました。ただし、粘度は10W-30です。

P10804981

P10805001

 シャバシャバオイルで、高回転を回しまくりたいと思います。
 シフトフィールの悪化も懸念されますが、もちろん対策は考えてあります。
 その対策とは・・・また後日ということで(^^;;

 あ、ペール缶=20Lで購入しておりますので、使ってみた~いという方は、ご連絡下さいませ(^^)

 

| | Comments (0)

January 15, 2008

NISSIN鋳造ラジアルポンプマスターレバーの話し

 草レース界のカリスマ、奇才・アーブ山口さんからこちらの記事にコメントをいただいたので、今日はそれをネタしてみます。
 あ、その前に、アーブさんと言えば、ABM社バーハンドルキットです。愛車のバーハンドル化をお考えの方は是非アクセスしてみて下さい!!

 ってことで、以下私信(^^;;
 デイトナニッシンの鋳造ラジアルポンプマスターシリンダーのレバーと、ZX-6Rのレバーですが、色違いの同等品ということで間違いないと思います。
 ZX-6R用のレバーは購入後開封していませんので、SHOP99で売っている冷凍惣菜みたいな状態ですが、デイトナニッシンのレバーとZX-6Rのレバーを重ねて比較してみたところ、同じです(ただし目視レベルですけど)。

 これがZX-6R用純正レバー。

P10804891

 そして、これがデイトナニッシン製レバー。

P10804901

 並べていろんな角度から写真を撮ってみましたが、色以外は同じです。

P10804911

P10804921

P10804931

 写真には撮りませんでしたが、レバー裏の刻印(?)も同じでした。
 参考になりましたでしょうか?
 ただ、ボクも教えていただいた情報以外は知らないので、ZX-6Rの何年モデルのレバーかわかっておりません。
 部品番号は掲載のとおりですので、検証お願いします!

 ではまたトミンでお会いしましょう!!


 

| | Comments (4)

January 14, 2008

CBR250RR エキゾーストガスケット購入

 なんだか一部ではGSX-R250Rの人、と認識されてるような気がするボクですが、本当のボクはapriliaRS250の人だったりします。とかいいつつ、ある時はNSR250R/SPの人でもあり、NSR-Miniなボクでもあるのですが、今年はCBR250RRの人にもなろうと思い、その意気込みが本気だってことを示すために早速部品を買ってきました。
 CBR250RR用のエキゾーストガスケットです。

P10804871

 なんと4つも買っちゃいました!・・・って、4気筒なので当然です(^^;;
 GSX-R250Rの場合は、明らかに純正ガスケットの方が出来がいいので(そのかわり値段も高いですけど)、CBR250RRも純正を買ってみましたが、CBR250RRの場合はキタコのガスケットで十分なような気がします。
 ところで、前期と後期、2台のCBR250RRをあれこれいじるつもりなので、ガスケットは2台分必要だったんですよね。
 追加で注文しておかなくてはですけど、まだまだ寒いので、のんびり注文することにします(^^;;

 

| | Comments (0)

January 13, 2008

エアコンプレッサーの話し

 寒くてバイクの整備をする気にもなれず、ヤフオクをのんびり眺めていました。
 別に購入を検討しているというわけではないのですが、エアコンプレッサーの出品をチェックしていたところ、県央貿易の「ACL-1525」というモデルに目がいきました。
 ウチで使っているエアコンプレッサーは、県央貿易(KENOH)オイルレスエアーコンプレッサー「KL-1525」です。
 文字通りオイルレスで25Lタンク1.5馬力仕様です。
 KLと、ACLとの違いは定かではありません。ただ、写真はKLが使い回しにされていることから、マイナーチェンジモデルなのでしょうか。モデルチェンジ後の後継機であれば、型番が変わってもよさそうなものですし、ボクはそう推測しました。
 カタログ・スペックもほぼ同じです。
 ところが!!ところがです。吐出量のスペックだけは著しく異なります。
 KL-1525の吐出量が121/146L/minのところ、ACL-1525では、61/78L/minになっています。
 そもそもボクがKL-1525を選んだ理由は、オイルレスであること、そして、鵜呑みにはしていませんでしたが、吐出量が突出(^^;;していたからでした。そう、ボクはスペック至上主義なのであります。
 当時のボクの感想は、ココにある通りです。曰く、「カタログ・スペックの2分の1程度の実力しかありません(T_T)」。
 もしかして、KL-1525のスペックは、61/78L/minが正解だったんじゃないでしょうか?
 いや、そうに違いありません。ボクが感じた印象通りの商品だったわけですね。
 う~ん、騙されました。当時からわかっていたことですが、いまさら証明された気分です。
 県央貿易に電話して訊いてみようかしら?

 

| | Comments (0)

January 10, 2008

自家アルマイトのススメ

 冬、それは、整備の季節。
 な~んて勝手に決めつけてしまいましたが、バイク市場が冷え込むのも事実なので、あながち決めつけでもないと思ってみたりして。あ、バイクに乗っている人は、グリップに十分気をつけてくださいね~。知り合いが路面の凍結した椿で転けてますし(^^;;

 以前、ヤフオクで「レッツ・アルマイト」を購入し、自家製アルマイトにチャレンジしたネタを何度かお届けしたことがあります。覚えていらっしゃるでしょうか?
 詳しくはココ
 今日、その出品者グレートモンキーさんと、ちょっとしたメールのやりとりをしたのですが、ボクのこのブログを読んで、実際落札してくれている方もぼちぼちいるらしいです。そして、いつまで続くかわからないサービスですが、レッツ・アルマイト落札の際に『のりの整備記録』を見たといえば、防錆剤GXかチビダンク200どちらか一本プレゼントはいまなお実施中だそうです。
 さぁ、みんなで「レッツ・アルマイト」を購入して、自家アルマイトにチャレンジしてみよう!!
 ・・・ボクにももっとなんか下さい(^^;;ぉぃ

 錆落としやアルマイト剥離に使える「モンキーダンクⅢ」も相当な性能です。同時に買っちゃいましょう!
 まだ調査中なので、確かなことは言えませんが、強力で有名な錆落とし「RS-R1000」はその保存にかなり注意を要する可能性があります。って大げさかもしれませんが、保存容器近くに鉄があると、わずかに成分が漏れだしているのか(液体としてではなく気体として)、「RS-R1000」の容器に近くに置いていた鉄製、ステンレス製の製品に変化が生じていました。酸性なので、錆を落とすことが本来の能力ですが、と同時に錆を生じさせ易くするようで、容器のそばに置いていたディスクローターのアウターローターがやられましたし、台所のステンレス流し台もやられました。台所の場合は、封があまかったので仕方がない部分もありますが、ディスクローターの場合は、新品未開封の「RS-R1000」のそばに置いていたにもかかわらず、変化が生じていました。
 おそらく「モンキーダンクⅢ」ではそのようなことはないと思いますし、「RS-R1000」と優るとも劣らない性能だとも思います。詳しくないけどココ
 まぁ、ビニール袋に入れておけば回避できるような問題かもしれませんが、そうとは気が付かず、大事なパーツの横に置いている人もいるかもしれませんよね?
 お気をつけ下さい。
 ってことで、買うなら「モンキーダンクⅢ」です。

 よいしょ、っと(^^;;ぉぃ

 

| | Comments (0)

January 06, 2008

祝!30万アクセス!!~そしてスポンサー募集(マジ)

 ろくでもないネタばかりですが、本日さきほど、当ブログのアクセス数が30万件を突破しました。
 文章が長すぎる、とか、性格が悪すぎる、とか、細かすぎる、とか、毒舌すぎる、バカすぎるなどのとても好意的な励ましに支えられ、今日までがんばってきました。実際、買いたくないのにブログのネタのために購入しているバイクやパーツ、用品も多数あります。というかほとんどがそうです。その甲斐がありました。

 そういえばつい先日、ヤフオクでボクが出品していた某バイクの某パーツを落札して下さった方が、当ブログの前身「バイク日記」から読んでくださっている方で、一声掛けていただきました。ありがたいことです。大阪のIさん、見てますかー?・・・って芸能人か?ボクは、って感じ~みたいな~(^^;;

 一部の方々からは、ヤフオクの出品までチェックされていて、例えて言えば今日したウ○コの色や重さまで把握されているようななんとも言えないはずかしい気分ですけど、好かれようが嫌われようが、気にされているということはうれしいものです。まぁ好かれ度数よりも、嫌われ度数の方が圧倒的に大きいので、このブログもいつ炎上するのか心配でなりませんけど。

 とまぁいつものように、あれこれ書きましたけど、皆さまのおかげです。ありがとうございました。
 今後も続けていきますので、よろしくお願いします・・・突然閉鎖されたときは、借金を苦に夜逃げしたと思って下さい。

 ところで、今年のレーシンゲ活動をサポートして下さるスポンサー様を大募集してます。
 スポンサードして下さった場合は、当ブログにてよいしょ記事を掲載させていただきます(^^)
 普段から批判的な視点しか持たないボクのブログでよいしょされたら効果絶大!?なわけはないと思いますが、よろしくお願いします。

【参考】
峠、アプなHP(ま~ったく更新していませんが。あ、ボリュームに注意(^^;;)

レーシンゲなHP(たま~にしか更新していませんが。消したい内容満載)

 

| | Comments (4)

January 05, 2008

フューエルタンク購入

 第1弾第2弾ときたら、第3弾があることを予想した人がいるかもしれません。
 大当たりです。
 第3弾は、コイツです。

P10804831

 新品未使用で購入。本当の新品未使用です。ちょう満足の品です。
 このカラーのアッパーカウルとシートカウルもあるので、外装を黒くすることも可能だったりしますけど、たぶんそんなことはしないと思います。
 てなわけで、フューエルタンクあれこれをシリーズでお届けしました。
 第4弾はありませんので、ご安心下さい。
 それにしても、一番程度の悪いタンクが一番値段が高かったのが悔しいです。幸い、第1弾のタンクは、出品者の方の誠意ある対応が望めたのでそれでよしとしましたが、第2弾のタンクだけは許せんです。なにがサビありませんじゃ、ksg!!

 おっと、怒りをぶちまけても、読む皆さんがしんどいですね。
 ここは話題をかえて・・・いま考えているこれからのネタを紹介します。
 題して、「CBR250RRは電気羊の夢を見るか?」(大嘘)。

P10804711

P10804721

 45PS前期型(ホントは中期?)のCBR250RRと40PS後期型のCBR250RRとの性能を比較し、どちらの方がサーキットでより戦闘力があるのか、評価するという企画です。
 考えただけでも疲れてきましたので、誰かかわりにお願いします(^^;;

 

| | Comments (0)

January 04, 2008

フューエルタンク購入

 昨日のネタ、タンクをよく観察すると、フューエルコックの取り外し跡が残っていました。
 ksg!!
 なにが新品未使用だっての。
 20年前のバイクだから、新品部品の供給が必ずしもあるとは限らず、パーツを入手するにはヤフオクしかないような状態で、そのヤフオクに頼ると、クソのような奴らのクソのような出品ばっかり?
 まぁ、ボクもそのクソのうちのひとりですけど。

 実はこんなパーツもゲットしていました。
 GSX-R250Rのフューエルタンクです。

P10804701

 タイトルは「超美品フューエルタンク 」。謳い文句は「タンク内錆はありません。」など。
 で、 開封すると、タンク内でシャリシャリ音がします。はい、サビですね。
 ksg!!
 念のためシャシシャリの正体を確認してみたましたが、やっぱりサビでした。
 ksg!!
 購入前に、コック側から覗いてサビがないか確認して、無い、との回答を得て購入を決意したというのに、コックを外した形跡がありません。で、コックを外すと、ストレーナーにはサビが。
 ksg!!

 ボクの考え方は単純です。
 サビがあるかないか?と問えば、答えは、わずかでもサビがあれば、ある、なければ、ない、それだけです。
 この二通りの回答しかありません。
 使えるか、使えないかではありません。そうであれば、使えますか?使えませんか?そう問います。
 なんだか自分がバカに思えてきました。いや、バカという自覚はありますが、さらに虚しくなってきました。

 出品者は、別にこれで詐欺になるわけでもなく、悪評がつけば次から次へとIDを乗り換えればいいわけなんでしょうから、これが正しいヤフオクの出品の仕方なんでしょうね。
 これからボクも見習います。そーします。

 

| | Comments (0)

January 03, 2008

フューエルタンク購入

 ヤフオクに、新品未使用を謳うGSX-R250R/SP用のフューエルタンクが出品されていたので、落札してみました。
 掲載には、凹みやキズがあることが明記されていたので、それを承知で購入しました。
 実際凹み・キズがあり、新品未使用でも中古でもどっちでも関係ないという程度でしたけど、タンク内にサビがないことがポイントです。美観がキレイでも中の錆びたタンクだと、ケミカルを使ってサビ落としをしなくてはなりません。その費用を考慮すると、今回は非常に安く買えたと思います。
 もう一つのポイントがSP仕様のタンクだということです。SP仕様と言っても、別にアルミタンクだったりするわけではなく、カラーリングが違うだけですが、K型のSP乗りとしては当然「RR」のエンブレムにこだわりがあるわけで、これで現在の赤/黒外装だけではなく、スズキワークスカラー外装に着せ替えることが可能になりました(あ、ウチにあるSP仕様のタンクは、全部サビ有りなので、サビ落としが面倒で使う気がしませんでした)。
 それでは画像を。

P10804681

P10804691

 このタンクをサビさせないまま保存するにはどうすればいいのでしょうね?
 このまま室内保管なら大丈夫なのか、一度混合ガソリンを入れて内面をコーティングできるかどうかは知りませんけどそんなことをしておいた方がいいのか、あるいは、なにか専用のケミカルがあるのか、どうなんでしょうね。


 

| | Comments (2)

January 02, 2008

カウリングブレース購入

 お!先日のタイトルと同じだ!、と、気が付いてくださった方は、きっと当ブログの熱心な読者の方に違いありません。そんな読者の方、ご安心下さい。最近物忘れの激しいボクですが、同じネタではありません。
 今回購入したのは、RGV250Γの(VJ21A)カウリングブレースです。
 なぜか?・・・説明しよう!ヤッターマンは、ってベタベタのギャグはさておきまして、先日の記事で書いたように、GSX-R250Rのカウリングブレースはなかなか手に入れることが出来ません。同様、外装も入手性が悪く、社外のFRPフルカウルなどはその存在すら見たことがありません。きっと、SP-F華やかりしき頃には、いろいろあったのかもしれませんけど。
 転倒の度に(と言ってもボクは転倒したことがありませんけど)カウリングブレースを探すのは面倒ですし、マシンの軽量化も考慮すると、いまのままの仕様では限界があるわけで、そこで思いついたのが、同年代で、しかもカウリングブレース、FRPフルカウルの入手性がそれほど悪くないマシン、RGV250Γ(VJ21A)の流用ができないか?ということでした。
 Vガンのカウリングブレースは、これです。

P10804441

P10804451

 汚くてすみません。
 見た感じ、メーターは中身が違うだけで同じケースを利用しているように見えます。
 フレームのヘッドパイプに取り付けすることになりますが、そこが同じなら、何とかなるかもかも?
 そう思い比較してみると、

P10804461

 むむ?ピンぼけじゃぁよくわからんですよね?
 さらにア~ップ!

P10804481

 おぉ!符合はピタリと一致するちゃ!
 さらに比較すると、

P10804501

 正面のVガン用に対して、GSX-R250R用の方が幅があることがわかりますが、メーター、ミラーの取り付け高さはそれほど変わらないようです。
 これは、いけそうな気がします。
 あとは、カウルの幅と、アンダーカウルの取り付け方法をどうするか、ってことですけど、案ずるより産むがやすしきよし、Vガンのフルカウル、買っちまうか?・・・な~んてわけにはいかないので、ウチにVガンがある内に、寸法を比較してみようと思います。


 

| | Comments (0)

January 01, 2008

89RGV250Γを購入・・・していました。

 いまでこそ、4スト250マルチな男だと思われているかも知れませんが、実はボクは骨の髄まで2スト男です。
 その証拠に、我が家には車体込みで200万円以上の費用と投じたアプリリアRS250がありますし、その横には91NSR250R/SPがあります。
 そのボクがGSX-R250R/SPだけで我慢出来るかというとそんなはずはなく、サーキット走行できる2ストマシンを探したとき、ボクが迷わず選ぶマシンがRGV250Γ(VJ21A)です。
 実はNSR250Rがベストだと思っていますが、サーキットでは、プラグを投げるとNSRにあたる、というくらいNSRが多いので、ちょっとひねくれたわけですが、最終SPのVJ23Aはお値段がちょっとしますし、倒立・右二本出しのVJ22Aは問題外ってことで、VJ21Aを実際に買ってしまいました。といっても、ずいぶん前の話しなんですけど。
 ブログでも、ほんの少し触れただけでした。
 見るからに軽量なマシンには、機能美があります。ただ、ライバルNSRに比べると、あまりにも2ストらしく、低速トルクの無さは致命的かもしれません。リア18インチというのも、いまとなってはタイヤ選択で苦労します。
 本当は、サーキット用に仕上げて乗りたかったのですけど、あまりにもバイクが増えすぎたため、泣く泣く束なす事にしました。

P10804521

P10804531

 購入時は、キック一発でエンジン始動でしたが、2ヶ月エンジンを掛けていなかったので、エンジンが掛からなくなってしまいました。
 そこで、今日はエンジンが掛かるように整備しました。な~んて書くと何かしたような感じですが、フロートチャンバーにガソリンが無いためエンジンが掛からないだけで、ガソリンを送り込んだらちゃんとエンジンは掛かりました。
 GSX-R250R/SPと同じ年式なのに、バッテリー付近は樹脂パーツを使い、軽量化してあるようです。ステーもアルミでリベット止めされていたりして、2ストレプリカマシンの気合いを感じます。

P10804551

 GSX-R250R/SPもこういう造りだったら、と思わずにはいられません。GSX-R250R/SPは、一年後輩のCBR250RRと比較しても、見劣りしない気合い十分のマシンなのですが、RGV250Γとは比べものにならないと感じました。VJ21A、手放すには惜しいマシンです。あ~、もったいない(T_T)

 

| | Comments (8)

« December 2007 | Main | February 2008 »