« 自作ブラウニー その結果 | Main | 転倒 »

March 18, 2008

ケガと瞬間接着剤

 実は日曜日に、GSX-R250R/SPのあるパーツを加工するのに、カッターナイフを利用していました。
 モデラーなわりに不器用なボクなので、気を付けていても手元が狂ってしまいます。
 いつものことですが、今回はちょっと酷い失敗をしてしまいました。
 指をスパッと切ってしまったのです。長さ1.5cm、深さ1.5mm以上はあろうかというキズです。
 刃は、OLFAの特専黒刃、切れ味が違います(とパッケージには書いてあります)。
 見事に切れたせいか、幸い痛みはありせん。すぐには出血せず、傷口を塞げば、そのままくっついてしまうのではないかと思われるほどでした。
 しかし、現実はそれほど甘くありません。痛みがないのは変わりませんが、やがて、血が流れ出しました。
 凹みました。
 このキズが塞がるまで、手を洗うとき、お風呂に入るとき、パーツクリーナーを使うとき、とにかく液体を使うときには必ず激痛が伴うはずです。ショックでした。
 ところが、そのキズをBONさんに見せびらかしたところ(^^;;、そういうキズには瞬間接着剤がいいよ、と、ボクの指を修理してくれました。
 傷口が開くからくっつかないし、治癒が遅れる、だったら瞬間接着剤で傷口をくっつけておけば治りが早い、という理屈らしいです。
 うん、理にかなってます。
 実際、修理してもらうまでは、指を気にしながら作業をせざるを得ず、どうしても指を曲げてしまうので、傷口が塞がる様子はありません。傷口がかさぶた状になっても、あかぎれのようになって、しばらく痛みを我慢していかなければならないだろうと覚悟したほどです。ところが、瞬間接着剤で修理してもらうと、指を曲げても傷口が開くことはありませんし、水で手を洗ってもしみたり傷口が汚れる心配はありません。
 こ、こいつぁ凄いぜ!
 瞬間接着剤といっても、しばらくするとパリパリっと傷口から剥がれてくるので、特別不安はありませんし、剥がれたら都度塗り直しをすればいいだけです。そんなこんなで一日が経つ頃には、傷口はもう塞がっているといっても大げさではないぐらい癒合していました。指を曲げても開く様子はありませんし、出血もありません。
 まさかこんなに早く治るとは!もちろん、まだ治癒というわけではありませんけど、日常生活の中では、指を深く切ったことを忘れるほどの回復です。
 いや~、素晴らしい。これが知恵というやつなんですね。

 BONさんに塗ってもらった瞬間接着剤は普通のタイプでしたが、いろいろ研究した結果、中粘度型の瞬間接着剤がいいことがわかりました。ある程度粘度がないと、指の上を流れてしまうし、接着剤の肉厚が薄く、耐久性がいまいちですが、中粘度型は傷口に適度に塗れて、垂れることなく、肉厚も十分です。
 これからは、救急箱に瞬間接着剤を常備しようとネタでもなんでもなく真面目に考えた今日この頃です。

 ウソだと思った貴方!!いますぐ指を切って試してみてください。
 本当だということがわかります!!・・・よい子は真似しないようにぃ~


 

|

Comments

Post a comment