« RK GB520TRUチェーン清掃 | Main | V顔計画 »

May 02, 2008

GSX-Rタイプキャリパー + メタリカSpec03

 評判のブレーキパッド・メタリカSpec03を購入した経緯は、コチラに記載しました。
 簡単にいうと、ニッシン異径4ポジションキャリパーの制動力を強化したいと思ったのですが、ボクが探した範囲ではPFC以外に選択肢はなく、どうしてもメタリカSpec03を入れたかったボクは、他車の流用を考えた、というわけです。
 今日は時間があるので、そのメタリカSpec03をGSX-R250R/SPに付ける作業を行いました。
 流用といっても、特に情報があったわけではなく、自分で適当に考えだしたので、一番はじめに気になるのはパッドの形状です。
 現在のデイトナ・ゴールデンパッドを外し、購入してきたメタリカSpec03と比較してみました。
 上が、デイトナでしたがメタリカです。

P10901851

 まずはホッとしました。
 全く同じ形状とまではいきませんが、ほぼ同じです。
 むしろ気になったのは、パッドの厚みです。

P10901881

 右がデイトナで、左がメタリカです。
 デイトナのパッドは1シーズン使用しており、当然摩耗しているわけで、比較的に薄くても当然のはずなのですが、摩材の厚みはほぼ同等でいながら、バックプレートの厚みがメタリカはデイトナのほぼ倍です。
 キャリパーの中にきちんとセットできるのか、ちょっと心配になってきました。
 恐る恐るメタリカをキャリパーにセットしてみると・・・無問題で付けることができました(^^)
 それでは、取付状態での比較です。
 これがメタリカ。

P10901901

 こっちがデイトナ。

P10901911

 ご覧頂いてわかるように、全く同じと言える状態だと思います。
 ただ、パッドの当たり面が異なるようでした。
 こっちがメタリカ。

P10901961

 こっちがデイトナ。

P10902031

 少しわかりづらいかと思いますけど、ディスクローターのドリルホール位置を基準に見てもらうと、メタリカはデイトナに対して約4mmほどくわえる接触幅が浅いようです。
 これを問題視するかどうかです。
 ボクは、問題なしと判断しました。
 メタリカが触れないローターのその部分は、他の接触面と比べてどうやら摩耗が少ないようなのです。
 ピストンから一番離れたところなので、均一に力が加わっていないのでしょうか?(ってそんなことがあり得るのかどうかわかりませんけど)。
 それに、面積にするとわずかなので、Spec03の制動力が接触しない面積分の制動力を補いさらに上回っていればいいのです。きっとそのくらいのことは期待できるでしょう。
 強いて思いつく問題といえば、パッドを他のものに替えたときに、偏摩耗する可能性があるということですが、Spec03が最強であれば、パッドを他の銘柄に変更することはありませんし、そもそもローターは消耗品です。
 そんな細かいことは気にしないぜ~って感じ~みたいなぁ~。

 これでユウヤさんも文句のないブレーキになったはずです。
 早く試してみたいです、そのメタリカSpec03の制動とやらを(^^;;

 ちょっと不安なのが、ブレーキが強力すぎて、フルブレーキしたときに、フローティングピンが飛んで、キャリパーがアウターローターをピタリとくわえたまま、インナーローターとホイールは回り続ける・・・ってことなんですけど、そんなことにはならないですよね?ね?
 ブレーキが効きすぎて扱いきれなくても困るので、ゴールデンパッドは捨てないで取っておくことにします(^^;;

  

|

Comments

Post a comment