« April 2008 | Main | June 2008 »

May 25, 2008

CBR250RR バックステップ購入

 何を以て復活というのか、自分自身でも整理できていませんが、復活のための準備は着々と進めています。
 やまなしで乗ることができなかった我がチーム第3のなんちゃってレーサー・CBR250RRのバックステップを購入してみました。ヤフオクでポチッとな、と。
 リアルバランス製です。

P10904891

P10904901

 やまなしでCBR250RRを走らせたコッチー、norisonさん、ユウヤさんから共通して言われたことの一つに、ノーマルステップではバンク角が足りない、という指摘がありました。それでもGSX-R250R/SPよりは速いという事実が非常に悔しいのですが、手を打たないわけにはいきません。
 リアルバランス以外にもいろんなメーカーの製品がありますが、値段とのバランスを最優先選びました。
 バックステップとは名ばかりで、実際には20mmアップするだけなので、アップステップと呼んだ方がよさそうです。CBR250RRに最適なポジションを事前に情報を得ることができませんでしたので、バックさせると荷重が掛けられなくなることを懸念し、他のメーカーにしなかったということも少なからずあります。
 NSR250RやNSR50で売られているステップポジションキットがCBR250RRでもあるといいのですけど・・・。

 骨折から20日経過しました。
 いまだにギプスです。。。


 

| | Comments (2)

May 17, 2008

独歩の湯

 ハイサイドで骨折してしまった右手首を早く治そうと、湯治に行ってきました。湯治といっても、現在はギプス固定中のため、直接温泉に入るわけにはいかないので、足湯です。
 行った先は、湯河原の「独歩の湯」です。

P10904391

 その名の由来は、神心会空手の総帥「愚地独歩(おろちどっぽ)」先生が範馬勇次郎により手痛い敗北を喫した際、湯治に訪れたことから、以来、「独歩の湯」と呼ばれている・・・な~んてことがあるはずなく、はい、由来なんて知りませんし興味もありません(^^;;
 どんなところかというと、9つ泉があって、それぞれで足裏のツボを刺激するって感じです。
 足先20cm程度しか温泉に入りませんが、意外に温まります。
 すべての泉に入りましたが、お目当てはここ。

P10904651

 ゆっくり浸かっていると、みるみるうちに仮骨が形成されていくのが体感できるようです(^^;;ぉぃ
 料金は大人300円。なかなかオッケーなんじゃないでしょうか。

P10904611

 帰り道、真鶴半島に寄り道してみました。
 毎週末のように椿ラインに通っていた頃があったのに、こんなところがあるなんて知りませんでした。

P10904781

 ライディーンは真鶴半島から出撃していたんですね~(^^;;ぉぃ

 

| | Comments (4)

May 16, 2008

祝!40万アクセス!!~そして引き続きスポンサー募集(マジ)

 タイトルの通り、当ブログのアクセス数が40万件を突破しました。
 30万件突破から約130日。この記念すべき日にギプスとは・・・。ちっとも盛り上がりませんね。
 ま、ヘタなので仕方ありません。

 引き続きスポンサー様を大募集しております。
 ケミカル類からワークスマシンまで、その気のある方はご連絡下さいませ!

 

| | Comments (0)

May 12, 2008

見習い卒業

 過去1週間から抽出したデータで、1日当たりの平均アクセス数が1000件を超えたら、「テキスト系ライダー見習い」という肩書きから「見習い」を外そうと思っていたのですが、本日、ついに1日当たりの平均アクセス数が1000件を超えました!
 これで、見習いは卒業です(^^)

 やっぱり、転倒ネタの方がウケがいいみたいで、さらに骨折が決め手だったようです。
 世の中そんなもんなんですね。
 こ、これからも、がんばりま~す(^^;;


 

| | Comments (3)

May 11, 2008

CBR250RR シェイクダウン

 手首がポッキリ・オン・ザ・ロック(元ネタ古すぎ?)となり、先日のQ4合同練習会でのことが書けなくなってしまいましたが、左指だけの北斗神拳で少しだけでも書いておこうと思います。アータタタタタタ、アター。手首が(T_T)
 はいはい、だから誰も同情してくれないんですね(^^;;

 先日相模原から来た怪しい業者に拉致されたCBR250RRですが、実はこの練習会のためのセットアップのために、norisonさんに預けたのでした。2台は1台のために。1台はヤフオク放流のために(^^;;
 事の成り行きはこうです。

 のり:「norisonさん、やれ!」
 norisonさん:「・・・(絶句)」

 男同士、無駄な言葉はいらんのですよ。ガハハ<誰?

 時間があまりなかったので、本来考えていた仕様ではなく、間に合わせ仕様です。
 前期型をベースに、FCR(直キャブ+ファンネル)、エトスのフルエキ、NSR250R(MC21)のスタンダードフロントフォークにブレーキキャリパー、チェーンは520にコンバートしてGB520TRUチェーン、リアショックはノーマルのものをOH時にサーキット走行用に設定変更したものに、タイヤは使い古したスパコルSC2、って感じです。

P10902331

P10902441

 驚いたことに、FCRのセッティンゲはかなり出ているようで、GSX-R250R/SPのそれとは比べものにならないくらいまともでした。♪びっくらこいた、びっくらこい~た~

 ライダーは当然norisonさん。

P10902621

 そして、スペシャルゲストに、オラオラオーラ界の第一人者、オーラバトラー・コッチーです。

P10903321

 norisonさんはGSX-R250R/SPで出したタイムをあっという間に更新しちゃいました。

P10902891

 FCRじゃなくて、ノーマルキャブならもっと速く走れたと思います。
 すごいッス!
 コッチーには足回りのセッティンゲをお願いしちゃいました。

P10903881

 さすがというか、当然というか、不評なマシンながら39秒台にはきっちり入れてました。

 結果、norisonさんのベストタイムは、40秒351。コッチーの出したセッティングでは時間切れで走っていないので、次回は39秒台確実でしょう!
 コッチーは39秒702。新品タイヤで走りたいというてはりました。

 ボク?
 ボクはCBR250RRには乗れなかったので、GSX-R250R/SPで・・・
 マジでぶっ飛ぶ2周前・・・40秒695程度でございます、はい。


 

| | Comments (0)

May 07, 2008

やっぱり折れてました

 オ~レ~オレオレオレ~♪
 ・・・折れてました。いわゆる一つの骨折って奴です(^^;;
 昨晩から痛みで何度も目覚めました。
 気合いだけでは治せないみたいなので、会社を休んで病院へ行ったところ、やっぱり折れていました。
 損傷部位は、手首です。

Bone

 先生曰く、倒れて手を付いたときにありがちな骨折とのこと。手首の骨が上方向にめり込んでいるそうです。
 ハイサイドで飛んで、きりもみ状態で坂道を転がっていったボクに、手を付いているヒマはありません。
 ではなぜだろうと考えてみたところ、アクセルを開けた状態で急激に上方へ吹っ飛ばされた際、その勢いで手首がやられたのだと思い当たりました。きっと間違いないでしょう。なんてこったい。

 幸い外科的な治療は必要ありませんでしたが、徒手整復という名の拷問(フレーム修正)を受けてきました。
 ダラダラ流れる冷や汗を体験したことはありますか?
 泣きたくなるほど痛かったです(T_T)

 

| | Comments (5)

May 06, 2008

転倒しました

 スポーツランドやまなしに行ってきました。

P10902231

 第3コーナー、つまり山の頂上でハイサイド、軽く飛んだのちに、下まできりもみ状態で転がり落ちました。
 スタッフゥ~の方にも「すいぶん飛びましたね」と言われたほどのスーパージャンプだったようです。

P10903201

P10903231

P10903241

 手首を骨折したのではないか、心配です。

 心は、完全に折れました。それも、複雑骨折です。

 もうダメかも。

 

| | Comments (4)

May 05, 2008

V顔計画②

 V顔計画はコチラ

 GSX-R250R/SPに、RGV250Γ(VJ21A)のカウルを移植しよう計画です。
 メーターの取付位置は同じなので、メーターは問題なし。
 フェアリングブレースの取付ピッチも同じなので、問題なし。
 アッパーカウルの取付、問題なし。
 フロントブレーキのマスターシリンダーとカウリングブレースのクリアランスはギリギリですが、取りあえず干渉しませんでした(注:ハンドルストッパー装着)。
 フルボトムしたときに、アッパーカウルとフロントフェンダーが干渉しそうな予感がありますが、そのときはアッパーカウルをカットすれば問題ないでしょう。

 問題は、アンダーカウルでした。
 右側はそれほど問題なく取付できましたが、左側は当然のようにジェネレーターカバーとカウルが干渉しました。
 ジェネレーターの部分だけ、穴明けを試みましたが、グラインダーを使用して、無惨にも失敗(T_T)
 どうせ、アンダーカバー(オイル受け)を付けなきゃなりませんし、この際フルカウルは諦めて、ハーフカウルとすることにしました。
 どのくらいの長さが格好いいでしょう?
 NASAダクトを残そうとすると、左はジェネレーターと干渉しちゃいます。NASAダクト上でカットしれば左は問題ありませんが、右側でカウルを留めているボルト上でカットすることになってしまいます。このボルトはちょっと残したいです。
 ボクにデザインのセンスがあれば、格好良くビシッと決められるのかもしれませんが、あいにくそんなセンスはありません。
 そこで、左右非対称デザインに決定しました(^^;;ぉぃ

P10000241

P10000251

 Vガンマのカウルは、低く構えていてコンパクトなので格好良いのですが、GSX-R250R/SPに付けた場合、ハンドル位置の違いがちょっとみっともないというかなんというか。
 流用なので仕方がないといえばそれまでなんですけど、楽に取り付けできて、格好良く決まるカウルってありませんかね?

 この違和感が、塗装後に解消されればいいのですが。

   

| | Comments (2)

May 03, 2008

V顔計画

 V顔計画・・・もうちょっとマシなネーミングを考えるべきだったでしょうか?
 これでもいろいろ考えていて、「Γ顔計画」、「ガンマ顔計画」、「γ顔計画」、「RGV顔計画」、「顔マ計画」などなど、構想だけでも数年を要したネーミングです。
 「V顔計画」と書いて、「ヴィガンプロジェクト」と読みます、読んで下さい、読めコノヤローって感じ~みたいな~。

 話せば長いことなんですが、要約すると、GSX-R250R/SPは転倒すると(特に左)ジェネレーターカバーが割れる可能性が高く(筑波のピットでアイドリング中にパタッって転けただけで割れちまった歴1回~)、そのためクラッシュプロテクターを装着しているのですが、今度は転倒時にクラッシュプロテクターの出っ張りのおかげでアッパーカウルからずっこけるようになり、転倒するたびにアッパーカウルとカウリングブレースにダメージが及ぶようになってしまいました。それらのパーツは、都度交換しようにもマイナー車の悲しい宿命で、中古部品で調達するのが非常に困難なため、入手性の高い外装とカウリングブレースを流用して装着することにより、転倒してもすぐ、安く直せることができればいいな~、ってことで、白羽の矢が立ったのが、RGV250Γ(VJ21A)の外装だった、というわけです。
 アッパーカウルを「顔」と表現することに抵抗のある人はいませんよね?
 故に「V顔計画」なのです。蛇足ですが、「V」は、「ヴィクトリー」の意味であったり、今後5台のマシンを合体・変形させる改造を行うことを示唆するものでは全くありませんし、額に戦国時代のカブトよろしく角を生やすわけでもありません(ボクの脳内イメージはバトルフィーバーJのバトルフィーバーロボだったりするんですが、あれって見ようによっては巨大な眉毛にみえなくもないんですよね~って本当に蛇足ですね~)。

 カエル顔、とか、ウーパールーパーなんて揶揄されるGSX-R250Rのアッパーカウルデザインですが、ボクは大好きです。いま見ても新しいというか、20年前のバイクでありながら、そのセンスにいまだに時代が追いついていないというか。純正のアッパーカウルや、社外のFRPカウルがいつでも入手できるのであれば、アッパーカウルを交換しようなんて決して思わないのですが、背に腹はかえられません。
 ってことで、朝から計画を実行中。

P10902171

 そう悪くなさそうですよね?

  

| | Comments (0)

May 02, 2008

GSX-Rタイプキャリパー + メタリカSpec03

 評判のブレーキパッド・メタリカSpec03を購入した経緯は、コチラに記載しました。
 簡単にいうと、ニッシン異径4ポジションキャリパーの制動力を強化したいと思ったのですが、ボクが探した範囲ではPFC以外に選択肢はなく、どうしてもメタリカSpec03を入れたかったボクは、他車の流用を考えた、というわけです。
 今日は時間があるので、そのメタリカSpec03をGSX-R250R/SPに付ける作業を行いました。
 流用といっても、特に情報があったわけではなく、自分で適当に考えだしたので、一番はじめに気になるのはパッドの形状です。
 現在のデイトナ・ゴールデンパッドを外し、購入してきたメタリカSpec03と比較してみました。
 上が、デイトナでしたがメタリカです。

P10901851

 まずはホッとしました。
 全く同じ形状とまではいきませんが、ほぼ同じです。
 むしろ気になったのは、パッドの厚みです。

P10901881

 右がデイトナで、左がメタリカです。
 デイトナのパッドは1シーズン使用しており、当然摩耗しているわけで、比較的に薄くても当然のはずなのですが、摩材の厚みはほぼ同等でいながら、バックプレートの厚みがメタリカはデイトナのほぼ倍です。
 キャリパーの中にきちんとセットできるのか、ちょっと心配になってきました。
 恐る恐るメタリカをキャリパーにセットしてみると・・・無問題で付けることができました(^^)
 それでは、取付状態での比較です。
 これがメタリカ。

P10901901

 こっちがデイトナ。

P10901911

 ご覧頂いてわかるように、全く同じと言える状態だと思います。
 ただ、パッドの当たり面が異なるようでした。
 こっちがメタリカ。

P10901961

 こっちがデイトナ。

P10902031

 少しわかりづらいかと思いますけど、ディスクローターのドリルホール位置を基準に見てもらうと、メタリカはデイトナに対して約4mmほどくわえる接触幅が浅いようです。
 これを問題視するかどうかです。
 ボクは、問題なしと判断しました。
 メタリカが触れないローターのその部分は、他の接触面と比べてどうやら摩耗が少ないようなのです。
 ピストンから一番離れたところなので、均一に力が加わっていないのでしょうか?(ってそんなことがあり得るのかどうかわかりませんけど)。
 それに、面積にするとわずかなので、Spec03の制動力が接触しない面積分の制動力を補いさらに上回っていればいいのです。きっとそのくらいのことは期待できるでしょう。
 強いて思いつく問題といえば、パッドを他のものに替えたときに、偏摩耗する可能性があるということですが、Spec03が最強であれば、パッドを他の銘柄に変更することはありませんし、そもそもローターは消耗品です。
 そんな細かいことは気にしないぜ~って感じ~みたいなぁ~。

 これでユウヤさんも文句のないブレーキになったはずです。
 早く試してみたいです、そのメタリカSpec03の制動とやらを(^^;;

 ちょっと不安なのが、ブレーキが強力すぎて、フルブレーキしたときに、フローティングピンが飛んで、キャリパーがアウターローターをピタリとくわえたまま、インナーローターとホイールは回り続ける・・・ってことなんですけど、そんなことにはならないですよね?ね?
 ブレーキが効きすぎて扱いきれなくても困るので、ゴールデンパッドは捨てないで取っておくことにします(^^;;

  

| | Comments (0)

RK GB520TRUチェーン清掃

 先日外したチェーンを清掃しました!
 ・・・こんな細かいことまでネタにするなって怒られちゃいそうですけど、せっかく有給休暇を取ったのに、朝から雨でヒマなんです~(T_T)
 走行毎に給油していたチェーンですが、毎回清掃を行っていたわけではないので、ドロドロです。

P10901611

 動きもGSX-R250R/SPのTRUチェーンに比べるとわかるほど渋いです。
 清掃には、RKのチェーンクリーナーを使用しました。一応シールチェーンということになっているので、パーツクリーナーやガソリンで洗うののさすがにまずいかな、とチェーンをいたわってみることにしました・・・が、チェーンルブがこびりついていて、チェーンクリーナーでは埒があかないので(というか面倒くさいので)、結局パーツクリーナーを使用してしまいました。
 ま、ナイロンシールなので、大丈夫ッしょ!(と自分に言い聞かせるボクなのでした(^^;;)。
 我が家にはパーツクリーナーが4種70本以上在庫してありますが(^^;;、このご時世、パーツクリーナーがとてももったいなく思えたので、ジャブジャブ使うのはやめておきました。

P10901651

 外して清掃してわかったことは、市販のホワイトタイプのチェーンルブではそれほど潤滑できていない、ということです。
 NSR-Miniでもそう思い、いろいろなチェーンルブを試した結果、飛び散るほど緩いチェーンルブじゃないと潤滑効果が薄いことがわかりましたが、TRUチェーンも同様のようです(っていうか、どのチェーンもそうなのかな?)。
 防錆効果はあっても、それ以上のものではないというか、ただ抵抗になっているだけのようです。
 TRUチェーンは超低フリクションのレーシングチェーンですし、それなりに気を遣ってあげないといけないようですね。
 非常に優れたチェーンなので、みんなにオススメしたいところですが、競技専用部品、つまり公道使用不可のチェーンですので、その点はご注意下さいね。とかいいつつ、ボクは街乗り(峠用)で使っていましたけど、メンテには非常に気を遣いました。故に、走行毎の給油だったんですよ~。

 

| | Comments (0)

May 01, 2008

我が家の最新台所事情

 明日、明後日と雨の予報です。
 せっかくのゴールデンウィークが台無しになってしまいます。
 雨じゃ整備すらできなくなりますから。
 そんなわけで、会社から帰ってくると、雨が降る前に、と、慌ててGSX-R250R/SPをドック(というとちょっぴり格好いいかも知れないと思ったりするけど実はただの台所)に収容しました。

P10901581

 こんな我が家の恥画像を公開しちゃってていいのでしょうか?
 現在の台所事情は、アプリリアRS250が1台、NSR250R/SP(MC21)が1台、GSX-R250R/SPが1台、カウル類多数、アプリリアのエンジン2機、NSR250R/SPのエンジン1機、キムコスーパー9Sのエンジン1機、と、CBR250RRの前後ホイール1セットなどなど、そんな構成です。
 絶対どうかしていますよね?
 早く社会復帰しなくては。。。


 

| | Comments (2)

« April 2008 | Main | June 2008 »