« MR-S リモコンキー電池交換 | Main | 週末は3時間耐久レース! »

June 22, 2008

トランクロックフック購入!for 200系ハイエース

 以前、トランクロックフックの記事を書いたことがあるのですが、ご記憶ございますでしょうか?
 え?忘れちゃいましたか?(^^;;
 そんな方は、まずコチラをクリック!
 はい、記憶も新たにしていただいたところで、もう一度おさらいです。
 要するに、「トランクフックロック」なる商品を見つけ、欲しくて欲しくてどうしようもなくなったボクは、「スクリュージョイント(リングキャッチ)」を代用することを思いつき、実行してみました・・・というわけです。

 が!

 代用のスクリュージョイントでは致命的な欠点がありました。先の記事で、代用品を用いることにどんな問題が生じるのか心配していましたが、身を以て知らされることになり、正規商品「トランクロックフック」を購入するにいたりました。
 こいつだぁ!

P10901341

 さらにどんな商品なのかを詳しく掘り下げると、販売元は(株)ヤマナカ産業で、商品取り扱いは、ライダーにはトランポの加装で有名なオグショーの他にも、白浜マリーナフィールズブランドなどのサーフ系ショップでも取り扱っているようです。
 現在の商品は、リニューアル版となっており、旧商品では黒い液体ゴムのコーティングだったものが、特殊樹脂コーティングとなり、カラーも非常に発色の良いPOPな6色ラインナップとなっているという点です。このリニューアルは、単にファッション性が高まったこと以外にも、後述しますがもっと大きな意味があるのです。
 さて、スクリュージョイント代用による問題点は何か。
 一つに、利便性の問題が挙げられると思います。
 スクリュージョイントの形状が小さいため、ハンガーに掛けたツナギを引っかけようとしたときに、非常に不便な思いをします。ボクのツナギは、セクレテールのオーダー品のため、吊しのツナギを着る人たちが手にすると一様に「軽い!」と驚くほど軽量ですが、それでも、走行後の疲労した身体で、ツナギを吊すために小さなスクリュージョイントの穴と格闘するのは結構うんざりです。だったらもっと大きなスクリュージョイントを使えばいいかというと、そうも行きません。大きなスクリュージョイントは、太すぎて物理的にトランクロックに入らないのです。
 その点、「トランクロックフック」はよく考えられています。ただ商品を眺めているだけでは、ここまで大きく作る必要があるのか、疑問に思ってしまうところですが、実際使ってみると、開口部を大きく取ってあったりと、機能性を考慮した結果だということがわかります。すばらし~。

P10903781

P10903791

 代用品のもう一つの欠点は、「目立たない」ということです。
 先の記事の書いて以来、サーキットでは毎回スクリュージョイントを使っていたボクですが、はじめの一回を除いて、必ずやってしまったのが、スクリュージョイントの存在を忘れてバックドアを締めてしまうということです。
 「ガチン」というイヤ~な音で、スクリュージョイントを外し忘れていたことを思い出すのです。
 お前がバカだからだ!というご意見もあろうかと思います。はい、否定できません。がしかし!!、ボク以外にもきっとやってしまう人はいるはずです。スクリュージョイントは、小さくて、目立たないのですよぉ~。
 スクリュージョイントにちまちま着色するのもバカらしいですし。
 その点、リニューアルされた現行の「トランクフックロック」は適度な大きさとPOPなカラーで目立ちますので、取り外すことを忘れることがありません。
 メーカーさんに確認するのは躊躇われますので、あえて訊くことはありませんけど、リニューアルされたのは、きっとボクみたいなおバカさんが多かったに違いありません。そーだよそーだよ醤油だよ!←期待した人をスカしてみました(^^;;

P10903811

 ということで、今回は「トランクフックロック」の使用レポートをお届けしました。
 代用品で問題なくなんとかなるケースもありますけど、今回ばかりはきちんとした商品を購入した方が正解だという例です。
 トランポ派の皆さまには、オススメの逸品です!!

  

|

Comments

Post a comment