« September 2008 | Main | November 2008 »

October 28, 2008

NSR-Mini チャンバー発注!

 11月のトミン走行会に備えて、NSR-Miniのチャンバーを発注しました。
 普段のボクは、ノーマルマフラーのM12仕様ですが、チャンバーを付けたSP12仕様とでは、ボクレベルでもトミンでおよそ0.5秒の差が生じるはずです。
 11月の走行会は、おそらく異種格闘技戦(^^;;だと思われるので、少しでも戦闘力を増しておこうと、その走行会のためだけにチャンバーを用意することにしました。
 NSR-Miniの定番チャンバーといえば、N-PLAN、リブラプロ、チャウチャウ、ターゲットあたりだと思いますが、ボクはM12仕様を基本とするなんちゃってミニバイク乗りなので、あまり本格的なチャンバーだと購入が躊躇われてしまいます。
 そこで、上記定番チャンバーの半額近い価格で売られている、Lip'sの「タイプR-8」にすることにしました。
 っていうか、結局値段で転んでいるってことですね(^^;;

 タイプR-8には、スチールボディとステンレスボディとがあります。
 ボクは、NSR250R/SPにもRS250にもステンレスチャンバーを選んでいる男ですので、当然NSR-Miniにもステンレスボディを、と考えたのですが、Lip'sに問い合わせると、ステンレスボディは納期的に走行会に間に合わないみたいです。でもスチールボディなら間に合います、みたいな。さらに、スチールボディに比べると戦闘力も劣るとのこと。
 どうせ1度しか使う予定のないチャンバーです。でも、もしかしたらまた使うかもしれないので、錆びないステンレスを、と思ったのですが、走行会にも間に合わないということだし、タイムにも影響するといわれると、ステンレスボディは諦めて、スチールボディでもいいかな?って思い始めて、スチールボディを発注しちゃいました。

 はい、いかにも平日用のネタって感じですみません(^^;;無いよりマシでしょ?
 チャンバーまで用意して、去年よりも遅かったらイヤだなぁ~。

 

| | Comments (2)

October 26, 2008

NSR-Mini FRPフェンダー補修 昨日の続き

 昨日の続きです。
 今日は天気が悪いので、塗装はやめておこうと、サーフェーサーまでにしておきました。
 400番で足つけして、シリコンオフで油分をふき取って、缶スプレーのプラサフを吹きました。
 プラサフは、テロソンの「いきなりサフ エアゾール」です(写真は省略(^^;;)

P1010823

 エアゾールタイプは、よく振らなきゃダメですね。
 ムラになりました。原因がわかっているので、気にしませんけど。
 フェンダーの表面をチェックしたところ、サンダーを使ったせいで、曲面が角張ったところを発見しました。
 軽く研いでおきます。

P1010824

 今日はここまで。
 ちょっとさぼり過ぎました。
 急がねば!


 

| | Comments (0)

October 25, 2008

NSR-Mini FRPフェンダー補修

 本日のネタ第2弾~。
 タイトルに芸がなくてすみません(^^;;

 タンクカバーのパテ、まだ乾きませんよ。なぜでしょう?
 シートカウルの塗装にも飽きたので、今度はフロントフェンダーの補修をすることにしました。
 フロントフェンダーは、今は亡きjha製です。プレミア付いてますか?

P1010807

 よぉっく見てもらうと、フェンダーのボルト穴のところが欠けています。
 転倒してこうなってしまいました。

P1010808

 一度、カーボンシート(本物)で補修しましたが、ここがウィークポイントなのでしょう。左右とも前のボルト穴のダメージは少ないのですが、リアはすぐに壊れてしまいます。

P1010809

 補修しても、また転倒すれば一発でダメになってしまいそうな気がしますが、せっかく塗装し直すので、ついでに補修することにしてみました。
 実はボクははじめて使うマテリアル、あの有名な「プラリペア」です。

P1010811

 フェンダーのボルトに、剥離剤の変わりにメンソレータムのリップクリームを塗って、フェンダーにセットします。
 そして、プラリペアをニードル法で盛っていきます(画像は割愛しますので、プラリペアの使い方やニードル法がわからない人はググッて見てくださいね~)。
 プラリペアが硬化したところで、ボルトを抜いてみると・・・

P1010812

 こんな感じにです。文学的に表現すると、「カッチカチやぞ!! カッチカチやぞ!!」ってところでしょうか(^^;;
 いや~、プラリペア初体験ですが、これはすごいですね。こんなに硬いとは思いませんでした。
 ついでに、切削性は最悪。硬くて、粘るイメージで、ちょう削り難いです。
 パテ代わりに使うと、あとで後悔することになります。っていうか、後悔しました(T_T)

 余分に盛ったプラリペアを、ある程度リューターで削ってから、ダイヤモンドやすりで整えました。

P1010816

 大変でしたよ。
 それで、飽きてしまったので、またブログを書いているのですけど(^^;;
 切削性がよければ、そのまま整形して、プラサフを塗布って考えでいましたけど、ボクの技術ではとても整形までできそうもないので、これから再度パテを盛って、表面を整えたいと思います。

 

| | Comments (0)

NSR-Mini FRPカウル塗装

 4週間も連続でトミンモーターランドを走行したので、ちょっと一息、NSR-Miniの整備をすることにしました。
 昨年転倒して、以来放置していますが、室内保管なので特に問題はないはずで、曲がったハンドルを交換して、錆びが浮いたチェーンを交換するだけですぐに走れる状態だと思います。
 そんなわけで、外装の塗装からはじめてみることにしました。
 まずシートカウル。こんな状態です。
 簡単なタッチアップで誤魔化せる状況ではありません。
 そこで、カラーリング変更を前提に作業を進めることにしました。
 補修あとにはポリパテが使用されているので、そのまま塗装すると塗料が吸い込まれることが予想されます。
 面倒ですが、ミニサンダーを使い、400番で足つけ作業を行いました。

P1010800

 次にプラサフを吹きます。
 使用したのは、武蔵ホルト「Holtsプラサフスプレーホワイト」です。

P1010805

 隠蔽が・・・弱い(T_T)弱すぎる

P1010801

 むっしゅムラムラ~って感じです。
 仕方がないので、2回目、行きま~す。

P1010802

 さっきよりはマシですが、まだムラが・・・。
 ホイールの時のように、急ぎ働きするつもりでしたが、一気に仕上げても雑になる一方なので、予定を変更し、もう少し手を入れてみることにします。
 シートカウルのプラサフが乾くのを待つ間に、以前途中まで補修を行ったタンクカバーの補修を続けてみることにしました。
 再びグラスファイバーパテを使う気にはならないので、タミヤの光工かパテを使ってみることにしました。

P1010804

 カーコンビニ倶楽部などで、補修時間が短縮されたのも、紫外線硬化型のパテを利用しているからですよね?
 ってことで、硬化スピードに期待してみました。

P1010803

 ・・・遅ぇ。曇りだからでしょうか?まだ硬化しません。
 むぅ。
 こんなことなら端からアルテコ「asse瞬間接着パテSSP-HG」を使うべきでした。
 なぜ使わなかったかというと、購入後、どこかに行ってしまって、探す時間が惜しかったからです(^^;;ぉぃ

 ってことで、作業に飽きた合間に、ブログを書いてみたりして(^^;;

| | Comments (0)

October 21, 2008

またまた動画を編集してみました

 先日、久しぶりにオンボード撮影してみたので、編集してみました。
 どうせなら28秒台の走りを公開したかったのですが、たぶん29秒半ば程度のヘボい動画になっています。
 ま、それが今の実力なんですね(T_T)

 左のコーナーは走っていて自分でわかるほど鈍かったです。
 でも、ビビッてあれが限界でした(T_T)


 

| | Comments (2)

October 20, 2008

動画を編集してみました

 ボクの中には、PCで動画を観るという文化がないため、自らYouTubeを観ることはほとんどありません。観るとすれば、人のブログなどでリンクされている場合がほとんどです。
 そんなわけで、今更ですが、ただエンジンを吹かすだけの短い動画があることを知りました。
 ぼ、ボクにも作れるかも?ってことで、早速撮影して、編集してみたりして。

 う~む。いまいち!
 でも、ま、こんなもんでしょう(^^;;

 説明不要でしょうが、マシンはGSX-R250R/SP。キャブは、京浜FCR28ダウンドラフト、純正エアクリーナーBOX付き(エレメントは抜き)、マフラーは純正マフラーを加工し、汎用サイレンサーを付けたものです。
 この動画を観て、キャブセッティングの濃い、薄いがわかる人はご一報を!

 

| | Comments (8)

October 18, 2008

おかげ様で51万アクセス突破

 いつもアクセスありがとうございます(^^)
 おかげ様で当ブログの累計アクセス件数が51万件を突破しました。
 30万件超えが1月、40万件超えが5月でしたので、ややペースが鈍りましたが、5月に転倒・骨折し、更新が停滞したことが影響しているかと思われます。
 アクセス解析によると、直近の一日あたりの平均アクセス件数は940件程度、内、ユニークアクセスは550件となっています。

 オフシーズンになると、更新頻度が落ちてしまいますが、引き続き宜しくお願いします。

 ・・・半バイクネタとして、無限のPK50、PK90、あるいはPK50M(第一候補)が欲しいな、と思っていますので、格安情報あれば教えて下さい(^^;;

| | Comments (0)

BMC走行会Vol.10参加@トミンモーターランド

 4週連続のトミン走行、その最後は、BMC走行会Vol.10です。
 ほぼ毎回同じ時間に起き、同じ時間に出発しています。もちろんルートも同じ。
 以前は、トランポをがんがん飛ばして走らせていましたが、ここのところは運転をかえて、下道は2000rpm以上は回さず、高速では3000rpm以上は回さないことにしています。結果、トミンまでの往復ではリッター10km以上走るようになりました(あ、1TRの200系ハイエースです)。ただ、この運転は、スポーツランドやまなしに行くときには使えません。下道も中央道もアップダウンがきつくて・・・。
 守谷SAに立ち寄らなかった分、いつもよりは早く7時5分くらいに到着。
 すでに数人到着していました。
 毎回同じなので書くことが少ないのですが、すぐに空気圧を調整して、マシンを降ろして、チェーンに円陣家至高のC.P.O-Rを給油したりしているうちに車検時間になりました。
 車検は無事合格。ただリアホイールのガタを指摘されました。昨日もリアホイールを外したばかりで、把握していましたけど、持病みたいなものなので、特別なにもしていませんでした。
 ボクの持っているリアホイールは、スペアホイールもそうなんですが、ディスタンスカラーがカクカク動くのです。左側のベアリングが緩むのでしょうか? ベアリングを打ち直しても、ホイールを外すと毎回そうなっています。ありがたいことに、対策方法をあれこれ教えていただきました。現在のホイールは、シーズンオフ中に塗装するつもりなので、それを機にいろいろ試してみようと思います(中古ですが普段使っていないスペアのホイールがあと2本ありますし)。
 
 ミーティングが終わり、エンジン始動。
 いつも、FCRで走った次の走行ではプラグが死んでエンジンが掛かりませんが、今日は無事にエンジン始動に成功しました。前回よりも早く、というか、結構普通に掛かりました。加速ポンプは1回使用。いい感じです。

☆1本目。
 コースインして、すぐにFCRのメイン系が以前よりも調子がいいことがわかりました。軽く吹けあがる感じです。
 ただ、スロー系はどうなんだろう?って感じです。多少ギクシャクします。ボクのレベルでは、この症状から、薄い、濃いが判断できないのが苦労してしまいます(T_T)
 タイムは29秒14。1本目だから、と思うことにしました。

 スロー系が濃いのでは?とアドバイスをいただいたので、ちょっと薄くしてみました。
 足回りの変更はせず。

P1010786


☆2本目
 FCRのスロー系は改善されず。回転数を下げすぎると支障ができますが、コーナリングに失敗したとき以外は使わない回転数なので、気にはなりますけど、あまり影響なし。
 タイムは28秒78。

☆インターバル
 逆回りは走行しないので、長い昼休みみたいなものです。
 スロー系を前回走行時のセッティングまで濃く、前足のセッティングも適当にいじってみました。

☆3本目
 28秒98。

☆総評
 4週連続のトミン走行で得たものはありませんでした。練習にもなっていないような。
 きっと骨折の影響があるのだと思います。肉体的にも、精神的にも。
 コーナリング中に上体に必要以上に力を入れてしまい、肘があがっていることに気が付くのですが、わかっていても修正できません。
 バイクの足回りが、ブレーキングしていく姿勢にないことも原因ですが、なにより自分が相当ヘボくなっていることが原因のようです。
 11月にボクが参加できそうなトミン走行会は2つ。その一つは参加確定として、もうひとつに参加するかどうか、現在悩んでいます。
 いずれにしても、11月はGSX-R250R/SPでの走行はやめて、NSR-Miniに乗ろうと思います。
 NSR-Miniでのベストタイムは、ノーマルマフラーで30秒26(チャンバーつけて29秒85)。GSX-R250R/SPと違って、足回りなどは変更せずベストタイムを出した当時のままなので、自分がどの程度ヘボくなったのか、NSR-Miniに乗ればわかるような気がします。
 ミニは転倒したまま放置状態なので、修理しなきゃです。


| | Comments (0)

October 17, 2008

GSX-R250R/SP 走行前整備

 またまた会社をサボり中です。
 ま、連絡こないし、ボクがいなくても大丈夫なんでしょう(^^;;

 課題がないし、なんだかスランプ?中なので、走行会への参加を悩んでしまう今日この頃ですが、一応GSX-R250R/SPの整備をしておくことにしました。
 まず、タイヤのローテーション。つまり、逆履きにする、ってことで。

P1010776

 思うに、ピレリ・ディアブロスーパーコルサSC2は減りがかなり早いです。
 もちろん、サスのセッティングによるところも大きく、一概には言えないと思うのですけど、感覚的には、ボクレベルでドラゴンスーパーコルサプロSC2が8~10時間使えるところを、ディアブロでは4~6時間程度といった感じでしょうか。かなり適当ですけど。
 これが約2時間使用したフロントタイヤです。画像の右が、バイクの右側です。

P1010778

 そいでもって、こっちがリアタイヤです。同じく、画像の右がバイクの右側です。

P1010773_2

 まだまだ姿勢が後ろ下がりなのでしょうか?
 フロントタイヤよりも、リアタイヤの減りが顕著です。
 突きだしてもあまり変わらなかったのですけど・・・。
 その突き出しも、結果がともなわなかったので、元に戻しました。

P1010779

 ついでに、トップブリッジのボルトをステンレスボルトに交換してみたりして(^^;;

P1010780

 もっとブレーキが握れる姿勢にするにはどうすればいいのでしょうか?
 その辺にタイムアップの鍵があるような気がしています。

 FCRのセッティングも変更してみました。
 エンジンを掛けて試すわけではないので、前回よりも調子が悪くなる可能性もあるのですが、濃い、と感じた自分の感性を信じて、メインジェットを1ランク薄めに、エアスクリュをやや薄めにしてみました。もちろん、適当です(^^;;

P1010782

 エンジンブレーキ対策には、アイドリングを上げて対処するつもりですが、クランクケース内圧コントローラーでも購入してみようかなぁ?
 以前も検討したのですけど、レース用が垂直に取り付けしないとダメってことで、やめたんですよね。水平に取り付けできるものなら、ネタ用に購入してみるのですが。

 ってことで、今日の整備は終了~。

 そうそう、の~んびり整備していると、ふと昔のことを思い出しました。
 ボクは250ccばかりを好んで乗っていますけど、実はかつて、大型免許が限定解除と呼ばれていた頃に、二俣川で限定解除しているんです。大型バイクには(今も)興味がなかったのですけど、大型免許を取ってきたアニキに、大型バイクには興味がないから大型免許は必要ない!って言ったところ、アニキから「免許が取れない負け惜しみだ!」って言われて、それが悔しくて、だったら取ってやろうじゃん、ってなきっかけでした。
 大型教習に行って免許を取ると、アニキに何か言われてもイヤだと思いましたし、何よりお金もなかったので、当時乗っていた'91NSR250Rで街乗りを法規走行したりして、練習しました。結果、まぐれでしょうけど、4発で合格できたんです・・・ここまでが前置き(^^;;
 二俣川側の待合室で、自分の順番を待っていると、受験数回の人に、解説してくれる人がいたんですよ。主、って感じで、あの人はここがダメだとか、あそこがダメだとか。で、みんなそれを熱心に聞いていたりするんですけど、その人の解説を聞くと、明らかに何度も受験していることがわかるんですよね。つまり、何度も不合格になっているってことで、みんなはそんな人の解説を熱心に聞いていて大丈夫なんだろうか?って思ったことをふと思い出しました(^^;;なぜいまさらそんなことを思い出しちゃったんでしょ?
 笑い話だから?、それとも、ボクが、新しいマシンに飢えているからでしょうか?
 600ccでも速すぎる、って人、多いと思うのですけど、どうなんでしょう。
 現在の技術を使った350ccくらいのマルチエンジンマシンって、需要はないのでしょうか?
 250ccの40馬力でもいいので、今の技術でもっと軽いバイク、出してくれませんかね?
 排気ガスのことはよくわかりませんけど。


 

| | Comments (3)

October 16, 2008

GSX-R250R/SP スイングアーム購入

 ずっと会社をサボっています。
 今日も、ぼぉっとして過ごしました。
 寝ても寝ても寝たりない、そんな感じです。そのくせ、朝はちょう早起きしてしまい、二度寝できません。
 これってなんでしょう?
 鬱?

 以前ネタにしたかもしれませんが、ついにポチッと購入してしまいました。
 RGV250Γ(VJ22A)のスイングアームです。

P1010772

 転倒時にステップブラケットでつけたであろう打痕が少々気に入りませんが、ホイール、アクスルシャフトなどもセットだったのが購入した決め手でした。これで、打痕がなくて、リアフェンダーが付いていれば言うことなかったのですがそうなると予算をオーバーしてしまいます。ここは、寸法取り用と、自分を言い聞かせます。

 GSX-R250R/SPのスイングアームをRGV250Γ(VJ21A)に付けている人はよくいます。
 そして、RGV250Γ(VJ22A)のスイングアームをRGV250Γ(VJ21A)に付けている人もよくいます。
 上記から、GSX-R250R/SPにもRGV250Γ(VJ22A)のスイングアームが付くと結論したのですが、さてどうなるでしょう?
 車高、ホイールベース、見た目などがどう変わるのか、シーズンオフにあれこれ試してみようと思います。

 

| | Comments (0)

October 12, 2008

MSLサーキット走行会参加@トミンモーターランド

 今回は、MSLゼファーというショップの走行会に参加してきました。

 お世辞にも上級者とはいえないボクは、抜く技術、抜かれる技術ともに自信がないため、トミンモーターランドでは、通常枠よりは走りやすいだろうと思われる走行会に参加しています。とてもじゃありませんが、予約台数30~40台という激戦区で走る自信はないのです。

 おなかの調子が悪いのか、自宅での軽量化に失敗(^^;;
 三連休のせいか、途中立ち寄った常磐道の守谷SAはいつもよりも人が多く、トイレの個室は渋滞中(T_T)並ぶのは諦めました。
 常磐道をおりて、いつも立ち寄るコンビニでもトイレ渋滞(T_T)とても待っていられません。
 幸い、漏らしてしまうぅ~、って感じでもないので、トミンで軽量化!、と思っていたら、トミンではジムカーナの大会が行われるらしく、すごい台数のトランポがいました。そして、個室が一つしかないトミンでは推定30分待ち以上の行列ができる個室状態です。・・・結局、その渋滞はしばらく緩和されることはなく、軽量化を諦めたボクなのでした。

 最近は、走行後にタイヤに空気を適当に入れ、走行日当日に、トランポからマシンをおろす前に、空気圧の調整をしています。冷間時の空気圧で設定しているボクには、トランポの中にマシンがあるウチに調整した方が走行毎の誤差が少ない、というコッチーの教えです。空気圧のわずかな違いは全くわからないボクなので、実はあまり意味がないのですが、コッチーのアドバイスには少し忠実なボクなのでした(^^;;オラオラっとアレなんで

 前回、前々回の走行では、タイム的にダメダメでした。今年は、ミニバイクで練習していませんし、骨折による心理的影響もあるのだと思います。
 そんなわけで、今日はタイムは多少は気にしつつ、FCRのセッティンゲ出しがメインのつもりです。
 早速、キャブレターをノーマルのSPキャブから、FCRに交換しました。

P1010191

P1010193

 久しぶりのFCR取り付けに、かなり苦戦してしまいましたが、それでもなんとか交換を完了し、ミーティングに参加しました。
 事前に、走行5本、ということは知っていましたが、1本の走行時間は気にしていませんでした。どうせ7~8分しか連続して走行できませんし(^^;;
 ちょっと驚いたのですが、この走行会では、時間単位の走行ではなく、1本20周。そして、一度ピットインすると、その走行枠では再度コースインすることは禁止、というルールでした。
 面白いです。
 20周なので、約10分。ボクにはちょうどいいくらいの走行時間です。ピットインすると走れない、ということは、走りたければずっとコース内にいなくてはならないと言うわけで、普通の走行会とは違った緊張感があります。
 ただ・・・FCRにするべきではありませんでした。
 今回のFCRのセッティングは、先日決めた妄想セッティングです。
 どれだけ走れるのか、全くわかっていません。
 しかし、走行時間までにキャブレターを元に戻す時間はもうありません。
 クラスは3クラスあるのですが、20周終わったら次のクラスという感じなので、走行後に交換している時間もなさそうです。
 昼休みまでこのままでがんばるか、でもダメだったら3本台無し。
 1本無駄にして元に戻すか・・・。でも面倒くさい(^^;;ぉぃ
 ってことで、そのままFCRで走ることにしました。

 ボク的にFCRのセッティングで厳しいことは、ジェットニードル(JN)以外はキャブ本体を外さないことには変更できないこと(メインジェット(MJ)はかろうじてできますが)、そして、なにより、失敗するとプラグを4本ダメにしてしまうことです。
 今回は、プラグをダメにしない方法として、パイロットスクリュ(PS)の設定を見直したほか、エンジン始動時に加速ポンプを使用しない、という作戦でいくことにしました。
 それでエンジンが掛かるかどうか、心配なのですが。
 いままで、この作戦が使えなかったのは、セルモーターを回し続けることが困難だったからですが、偶然タイミングよくサブバッテリーを用意したばかりです。これを利用しない手はありません。

P1010194

 セルを始動・・・。
 キュルキュル、キュルキュルと、断続的に回し続けますが、エンジンが掛かる気配がありません。周りの人たちが、何事か?という目でこちらを見ています。恥ずかしい(T_T)
 数分回したでしょうか? いよいよ我慢できなくなって、加速ポンプを利用してみました・・・掛かりません。
 それでも根気よく回していると(^^;;、マフラーからスパパパというような音で掛かる気配が感じられたので、もう1回加速ポンプを作動させて、しばらくして、ようやくエンジンが掛かりました。ふぅ(T_T)
 問題は、次回もエンジン始動ができるかどうかなのですが、とりあえず第一段階クリアです。
 アイドリングが安定しません。戻り側のワイヤーの調整がまずいようですが、もう疲れたので、放置することにしました。
 軽くレーシングしてみると、今日の走行はもう終わったな、と思わせる不調ぶり。
 やはり妄想セッティングではダメだったみたいです。はぁ(T_T)あとは、エンジンが完全に暖まってダメだったら本当にダメだろうって感じです。


☆1本目
 マシンを走らせてみて、驚きました。
 低速からのトルクが純正キャブ並です。いままでのセッティングは、低速トルクはまるでダメだったのです。
 しかも、スムーズです。フガフガしません。
 コーナーでのパーシャルからの開け始めでも、特別神経を使う必要もなくアクセルを開けることができ、しかも、息をついたりすることがありません。
 なんと!
 自分でも驚きました。
 十ン万円出してセッティング情報を買ったことに、一片の悔いな~し!(^^;;
 でもタイムは29秒台半ばでした。FCRでドカーンと加速・・・ってことはありませんでした。


☆2本目
 FCRのセッティングが濃いような気がするのですが、どこが濃いのかわからないので、そのまま走行しました。
 前足の設定をちょっと変えてみました。
 で、28秒台後半がチラっと出ました。
 タイム的には不満足であっても、FCRで28秒台が出たことが収穫です。
 ノーマルキャブ以上ではないにしても、それ以下でもないわけですから。いままでのセッティングでは、ゴミ同然でした。


☆3本目
 前足を試行錯誤。
 あ、ボクがエントリーしたAクラスは、台数が5台。クリア取りまくりです。
 で、本日のベストとなる28秒84。
 不満なタイムであっても、FCRで出たタイムなので、ちょっとうれしかったりします。


☆インターバル
 試行錯誤ってことで、前足を突き出してみることにしました。

P1010267


☆4本目
 乗りやすくなったような気がするけど、ダメダメ。


☆5本目
 さらに適当に変更してみるけど、ダメダメ。


☆6本目、
 本来なら5本で終わりでしたが、時間が余ったようで、6本目を用意してくれました。
 で、ダメダメ。


☆総評
・FCR
 かつてないくらい普通に走れたことが収穫でした。
 始動性を除けば、街乗りならほぼ問題ないレベルです。
 針がよかったのでしょうか?
 ただ、いまのままではノーマルキャブと比較してアドバンテージがありません。
 結局どこが濃いのかわかりませんでしたが、きっと濃いのだと思います。
 次回は、MJを1ランク絞って、エアスクリュ(AS)を気持ち絞ってみようと思います。余裕があればJNのクリップも変えてみる感じで。

・足回り
 もう何をどうすればいいものやら。
 コッチー曰く、コッチーにセッティングを出してもらったときと、タイヤが違うので、足とタイヤがマッチしていないのは当然だってことでした。
 なるほど。であれば、なおさらボクにはどうにもできません。

・タイヤ
 ディアブロの評判はすごくいいみたいですが、どうやらボクには使いこなせないタイヤのようです。
 耐久性もないように思えます。
 約2時間でこの状態。

P1010346

P1010347

P1010348_2


 勢いですでに予備を1セット用意してしまったことが悔やまれます。
 去年出したタイムが出せないウチは、レンスポかドラゴンで十分のような気がします。

 三週連続でトミンに行ってみましたが、結局進歩はみられませんでした。むしろ退化したようです(T_T)
 来週末もトミンを走行する予定ですが、参加するべきかどうか・・・。
 トミンが近ければ迷わず参加するのですが、交通費を考えると、エントリーフィーを無駄にしても交通費が掛からないだけで得した気分になってしまうのです。
 今年は、一度もミニバイクに乗っていません。去年のことを考えると、ミニバイクをメインに練習した方が、上達するんじゃないかと思えます。
 むぅ~。どうしましょ?


 

| | Comments (0)

October 11, 2008

CBR250RRとGSX-R250R/SPのFCR

 さて、昨日予告した通り、FCR編をお届けしたいと思います。
 なんで↑なタイトルになっているかというと、GSX-R250R/SPよりもCBR250RRとした方が、単純にアクセスが増えるからです(^^;;あ、でもちゃんと後で登場しますの、少々お待ちを~(by もう中学生)

 これがGSX-R250Rより外したFCRです。
 バンディット用という噂です。

P1010147

P1010148

 む?
 むむむぅ?
 見慣れた自分の特注FCRと、ちょっと違うようです。いや、違います。
 並べてみると、歴然です。
 上がボクの特注FCR、下がGSX-R250Rから外したバンディット用FCRです。

P1010167

 そう、マウントアダプター(三國でいうところのスピゴット)の口径が違います。
 特注FCRの方が、口径が大きくなっています。
 こっちが、特注FCRで、

P1010175

 こっちがバンディット用FCRです。

P1010173

 画像はピンぼけですけど、違いは明らかですね。
 さすが特注しただけあって、ボクのFCR、ちょっとしたこだわりです・・・って、お~ぃ!
 バンディット用FCRがついていたGSX-R250RとボクのGSX-R250R/SPとでは、吸排気系が異なるので、FCRのセッティングデータは参考程度と考えていましたが、マウントアダプターまで違うとは、ちょっと予想していませんでした。
 これじゃぁもっと参考にならないかも(T_T)
 だからといって、マウントアダプターを付け替えることはできません。こだわりが!特注費用が!!(^^;;
 むぅ~。全く意味のない買い物をしてしまった気分です。
 そして、ふと、ボクのFCRはダウンドラフト(D/D)なのに、バンディット用はホリゾンタル(H/Z)であることに気が付きました。
 こっちが特注FCRで、

P1010177

 こっちがバンディット用です。

P1010178

 バンディット用というので、GSX-R250Rと同じストレートインテークのGJ74Aのものかとばかり思っていましたが、同じバンディット250でも、もしかするとGJ77A用なのかもしれません。
 なるほど!そういうことでしたか。
 GJ77AのFCRは、ビトーにラインアップされてるんですよね。そっかそっか。ボクの特注は決して無駄じゃなかったんですね。
 それにしても、H/Zで油面は大丈夫だったのでしょうか?
 取り外すとき、そんなことまで気にしていませんでした。
 ってことは、さらに参考にならないとか?(T_T)うぅ~

 それでも、せっかくなので、どんなセッティングなのかを確認してみました。
 パイロットスクリュー(PS)はほぼ同じ、スロージェット(SJ)も同じ番数でした。エアスクリュ(AS)は少しボクのセッティングよりも濃いめでした。パワーフィルターだと、ボクのエアクリーナーボックス改よりも吸入量が多いのかな?って思ってメインジェット(MJ)を確認してみると、ボクのセッティングよりかなり薄いです。
 ジェットニードル(JN)は、ま~~たく違うものが使われていました。ボクが一人でセッティンゲしていたのでは、一生たどり着かないだろうJNです。テーパー角や切り上げのことはよくわからないのですけど、ストレート径はボクのよりも濃いめです。ってことは、JN領域で濃くしてある分、MJ領域で薄くなっている、ってことなのでしょうか?
 関連性は少なからずあるという話しですし。・・・まぁ、そもそもこの比較がナンセンスだってことは承知していつのですが、ついついいろいろ考えてしまいます。
 いろいろ考えていると、CBR250RRのFCRセッティングが気になって気になって仕方がありません。
 こうなると、CBR250RR用も比較するしかな~い!ってことで、CBR250RRのFCRを取り外してみることにしました。
 CBR250RRは、今までnorisonさん、ユウヤさんに任せっぱなしだったので、ほぼはじめてイジる感じです。

P1010180

 タンクを外すだけでも、手間取ってしまいました(^^;;
 で、FCRとご対面。

P1010181

 CBR250RRは、ファンネルの直キャブに、エトスのフルエキ仕様です。
 直キャブだからでしょうか、汚いです(^^;;

P1010185

 ついでなので、特注FCRとバンディット用FCRとCBR250RR用FCRを並べて記念撮影をしてみました。

P1010186

 ちゃんと並べろって?
 台所なので、手狭なんですよぉ。
 ガソリン臭くて頭痛がしてきますし。

 ついでなので、CBR用のマウントアダプターを確認!

P1010188

 寸法的には、特注FCRとCBR用が同サイズでした。く、悔しい(^^;;
 バンディット用は、それより直径1.8mmほど小さくなっています。
 ・ ・ ・ チ~ン。面積にして、約11%の差があります。それが同影響するのか・・・。

 気になるジェッティングは、MJがボクのセッティングより大きく、JNはほぼ一緒!!SJは、2ランクほど大きいものでした。MJは、ボクのGSX-R250R/SPがファンネル+ラムエアだっちゃの仕様とほぼ同じです。
 いままでの仕様と、バンディット用、CBR用のセッティングから、ベストなセッティングを占うと・・・MJは今のまま、エンジンの特性の違いがJNのテーパー角に現れると決めつけJNはバンディット用を採用、SJは口径を考慮してバンディット用とCBR用の間・・・こんなんでましたけどぉ~。

 よぉっし!
 明日はトミン走行です。
 足回りのセッティングはとりあえず保留して、FCRのセッティングでカキーンと走ってこようと思います!!

 

| | Comments (4)

ワコーズ F-1 フューエルワン購入

 ワコーズの「F-1 フューエルワン」を購入してみました。

P1010172

 どうですか?
 いつもと違うアングルで撮影してみたのですけど。おかげで、首筋をグキッっとやっちゃいましたよ(^^;;

 別に、某ヤングマシン誌11月号で、燃費向上率7.7%というスカンクのすかしっ屁並にうさんくさい記事を鵜呑みにしたというわけではありません。トランポはともかく、バイクの燃費を考えたことは皆無ですから。燃費なんか気にしたら、GSX-R250R/SPなんて乗れません。たかだか40馬力弱を発生させるのに、リッターあたり10kmしか走らないバイクなんですよ?いったいガソリンはどこへ行ってしまうやら。ボクが寝ている間に、小人さんたちがこっそりガソリンを抜いているんじゃないのか?とまじめに考える今日この頃ですよ、えぇ。
 んじゃ、なぜそんなものを購入したのかというと、容器に記載されている「+ ANTI RUST」の機能が魅力的に思えた訳です。カタログの解説を抜粋しますと「また、燃料の酸化劣化及び燃料タンク内の液相部分・気相部分に発生する錆・腐食を抑制します」とあります。また、パッケージに記載されている特長を抜粋しますと「特殊気化性防錆剤により、燃料接触部、非接触部の金属表面の発錆を防止します」とあります。
 後者の方が、わかりやすいですね。
 つまり、燃料に混ぜておけば、タンク内すべてに防錆効果が期待できる、ということです。
 ウチにある放置バイクにうってつけじゃぁあ~りませんか!
 アプリリアRS250は、生意気に樹脂タンクなので関係ありませんが、NSR250R/SPペンタックスにはもってこい!
 というわけです。

 ところで、よぉっく考えてみると、2本は必要なかったような気がします(^^;;
 ま、MR-Sにもトランポにも使えなくはないので、余ったら(というか絶対余りますので)、NSR以外にも使ってみようと思います。
 そうだ!携行缶のガソリンに混ぜておいても効果がありそうですね!
 ・・・ウチの携行缶は2つがステンレスで1つが樹脂なので関係ありませんけどね(^^;;

 

| | Comments (0)

October 10, 2008

GSX-R250R 現状確認!

 今日は10月10日。
 今は亡きウチの親父の誕生日です。
 そんなわけで、今日は会社をサボりました。ところで、サボるの語源が、フランス語のサボタージュってことは皆の知るところだと思うのですが、こうも自然に日本語として利用されていることになにやら不思議なものを感じるのはボクだけでしょうか?
 おっと、脱線。
 会社をサボったからといって、墓参りをするわけではありません。 
 我が身の恥をさらせば、実家に帰ったとしても、墓参りはしませんし、実家にある親父の仏壇に手を合わせることもありません。
 そういったものは、残された人々が勝手に作り出した価値観でしかなくて、死んだ親父は墓の中にいるわけでも、仏壇の中にいるわけでもなく、ボクの胸の中にいるのです(胸というと情緒的でしょうか?もっと正確に言うと、脳の中?)。なので、墓にも仏壇にも興味はありません。・・・仏壇をみると、チーンとりんを打ちたくなるのは、単なる条件反射です(^^;;

 朝、一瞬だけ亡き親父を偲び、今日は先日購入してきたセッティングデータの現状確認を行うことにしました。

 これがセッティングデータ本体です。
 見たとおり、外装がアレですが、マフラーをつければ実働です。マフラーがなくても、エンジンはかかります。

P1010121

P1010122

 シングルシート化はしたくなる気持ちがわかるんですけど、このタンクにはどういう意味があるんでしょうね?
 前のオーナーさんはちょっと訊けませんでした(^^;;
 タンクとシートカウルはゴミ箱行き決定!!
 ちなみに、RFのタンクに、NSRのシートカウルらしいです。


 シングルシートを外すと、タイラップの嵐!
 これぞレーサーっす!

P1010123


 シングルシートを固定するために使用されていたアルミのBOXは、技術のある人が適当に作った感じです。
 こういうものをきれいな溶接で適当に作れるなんて、うらやましいです。

P1010125


 白い外装が違和感ありませんが、少し近づいてみると、おざなり感ヴァリヴァリです。
 タンク外さずにペイントしたのね、って感じ。

P1010124


 タンクを取るときは、面倒なのでフューエルホースをぶった切りしました。
 お馬鹿なので、コック上で切る寸前でしたが、実行する前に気がつきました(^^;;セーフ

P1010126


 プラグコードには、ノロジーホットワイヤーが奢られています。
 テクノロジーからテクを取ったらノロジー・・・
 大昔、こんなネタを書いたことが(^^;;ココココココです

P1010127

 これもゴミ箱行きです。


 キャブはFCRに、K&Nのパワーフィルターです。そして、1番のパワーフィルターとブリーザーパイプがワンオフのキャッチタンクに配管されています。キャッチタンクは、キャブ下の受け皿にもなっているという優れものです。すばらしい!

P1010129

P1010130

P1010131

 ジェットオイラーも見えます。
 オイラも持ってるジェットオイラー!・・・コピーライターになればよかったですか?
 タンクキャップからのガソリンを受けるキャッチタンク、かな?


 チェーンガードは、ワイヤリングとタイラップ、そして、スイングアームフックで共締めされていました。
 ボクのGSX-R250R/SPは、スイングアームにエビナットを埋めているので、処理としてはボクのマシンの方がきれいですね(^^)自画自賛

P1010132


 一方、オイル受け兼アンダーカウルの取り付けは、アルミステーを用いていい感じです。
 ボクのGSX-R250R/SPは、エーモンステーです(T_T)ま、負けたぁ

P1010133


 メーターは外してあって、アルミのメクラ蓋が。水温計は、ホンダ系のメーターでしょうか?純正のものよりは水温が読みとりやすくなっています。

P1010138

 そういえばボクのマシンはコッチーから水温計を何とかしろという指示がオラオラっと出てました(^^;;参考にしてみます


 にもかかわらず、メーターギアはついたまま。

P1010139

 ボクはコレ持ってるもんね!(^^)使う気ないですけど。


 FCRは引き側のワイヤーのみで取り付けられていました。
 負圧でスロットルが張り付かないんでしょうか?
 ボクのFCRは張り付きましたけど。

P1010134


 FCRがフレームと接触しています。バンディット用(GJ74A)って噂です。
 バンディット用があったなんて(T_T)特注したボクの立場は??

P1010135


 と、まぁ、今日はこんなところで終了。

 次回は、FCR編です!

 

| | Comments (2)

October 05, 2008

アイソレーターIS-300購入

 セルスター工業の「アイソレーターIS-330」を購入してみました。

P1010012

 アイソレーターとは、サブ・バッテリー用の車載充電器です、ってパッケージに書いてあります。
 ウチのトランポ・200系ハイエース(実はレジアスエース)を車検に出した際、ユウヤさんからそろそろバッテリーが寿命なので、交換しておいた方がいいとアドバイスをもらったので、交換しておいたのですが、いままで使っていたバッテリーもまだまだ完全にダメってわけじゃなく、捨てるのももったいなくて、とっておきました。そのバッテリーを利用しよう大作戦です。
 接続方法は簡単で、トランポのシガーソケットにこのアイソレーターを接続し、アイソレーターとサブ・バッテリーを接続するだけです。すると、走行中にサブ・バッテリーを充電してくれるというわけです。電気が必要なときは、アイソレーター本体のシガーソケットからサブ・バッテリーの電気を使用できます。バッテリーから直接電気を供給することだって可能です。当然、トランポのバッテリーには負担を掛けないので、なんの気兼ねもなく電気が使えます。別にインバーターを用意すれば、家庭用コンセントも使えちゃいます(波形とか容量の問題なんかはありますけどね)。
 これがアイソレーター本体です。

P1010052

 シガーソケットの他に、陸式ターミナルもついています。
 サブバッテリーとの接続には、ターミナルを用意しなくてはなりませんが、用意していなかったので、シリコンテープで巻き付けておきました(^^;;

P1010051

 これでも十分です。
 あとは、サブバッテリー用のケースを作って、アイソレーターをそこに固定すれば、見栄えもよくなると思います。

 さて、サブ・バッテリーを何に使うかというと・・・なんでしょ?
 別に発電機もありますし・・・と、とりあえず、携帯の充電でもしてみることにします(^^;;


 

| | Comments (0)

トミンモーターランド走行 本編

 そんなわけで、いろいろ思うところのあった走行会でしたが、とりあえず走るだけ走ってきました。
 相変わらず進歩はなく、むしろ退化していたりするショボい内容だったりするわけですけど。

☆1本目
 前回参加したBMC走行会の5本目を走ったのと同じサスセッティングで走ることにしました。前回は、クラッチが滑ってしまい、どんな足だったのか、わからなかったからです。
 コースインしてしばらくは、新しくなったクラッチに戸惑い、まともにタイムアタックができませんでした。
 クラッチを交換したことで、今までと同じ操作をすると、急激につながり過ぎてマシンの挙動が乱れてしまうのです。その挙動に、しばらく対処できませんでした。
 ちなみに、ボクのシフトアップの方法は、クラッチは切りますが、アクセルはオフにすることなく、開けっ放しでシフトアップを行います。クラッチを切ることなく、瞬時アクセルを戻してシフトアップする方が速いのか、アクセルを開けたままでクラッチを素早く切ってシフトアップした方が速いのか、実は試したことがありませんが、ボクが後者の操作をする理由は、ギア抜けが恐ろしいからです。
 タイムは、29秒56。フロントタイヤから旋回していく感覚は皆無で、とにかくアンダーが出ます。そのため、1コーナー出口から右ヘアピンにかけて、アクセルを開け切ることができませんでした。
 全身に無駄に力が入りすぎているせいもあると思います。ヘルメットがやや小さいこともあって、無意識に歯を食いしばり過ぎると、我慢できないほどの強烈な頭痛がしてきます。困ったもんです。

P1010032


☆2本目
 前回のベストタイムを出したサスセッティングに戻して走ってみました。
 相変わらず1コーナーから右ヘアピンまでがイメージ通りに走れません。しかし、どこがどう違うのかもわからないまま、タイムは28秒87。
 結局、このタイムが今日のベストタイムになりました。

P1010070


☆インターバル
 先日、クラッチワイヤーにワコーズのラスペネを通したばかりですが、もう流れきってしまったのか、クラッチを握るとワイヤーがギシギシする感じがするので、今度は円陣家至高のC.P.O-Rを使ってみました。
 クラッチレバーを外して、ワイヤーに数滴垂らしてみただけですが、意外に浸透したみたいで、ギシギシ感は皆無に近いと思えるほどなくなりました。クラッチが軽く感じられるほどです。
 ボクのマシンは、クラッチが重たいことから、クラッチワイヤー取り回しの見直しは、比較的プライオリティの高い課題です。先日のクラッチワイヤー購入も、その一環でした(が、発注ミスによりこの問題は先送りすることになってしまいました(T_T))。しかし、C.P.O-Rでしばらくお茶を濁せそうな気がします。


☆3本目
 マシンが曲がらないような気がするのは、マシンの姿勢が後ろ下がりだからだ!、と決めつけて、フロントのイニシャルを抜いてみることにしました。どの程度抜けばいいのかわからないので、とりあえず半回転ほど。
 意識的に状態を伏せ、イケイケで走ってみたものの、タイムは29秒中盤程度でした。
 驚いたことに、フロントの残ストは、1本目、2本目よりも多くなっていました。
 なぜなぜ?前下がりになったはずなのでは??
 むぅ~

P1010058

☆総評
 サスセッティングで、アベレージが0.5秒ちかくも変わってしまうなんて。。。
 ボクが下手すぎるということでしょうか?
 フロントサスも、リアサスも、フルアジャスタブル。しかし、使いこなせません。
 サーキットで練習するよりも、足回りの勉強をした方が、上達への近道なんじゃないかと思え始めました。
 ただ、サスをいじっても、違いを察するほどの感性はないのですけど。

 どなたか、猿でもわかるサスペンションの解説本を教えてください!

 

| | Comments (0)

トミンモーターランド走行

 今日は炎上覚悟で書くネタです。
 ボクに好意的じゃない人は、これ以上先に進むことはご遠慮下さいませ。


 トミンモーターランドで開催された走行会に参加してきました。
 ゲートオープンは8時からですが、ゆとりがないのは苦手なため、7時半到着目安で自宅を出発しました。
 現地に到着したのは7時20分くらい。予定通りです。
 スタッフの方の入場は7時で、遠目に見るとトランスポーターが約10台。ということは、少なくとも10人はスタッフがいる模様です。

 時間通りにゲートオープン。
 8時30分までには、受付と車検を済ませました。
 実は先日のBMC走行会ではシフトミスを連発したのですが、原因が判明しました。
 ステップを固定するボルトが緩んで、シフトペダルにもガタが出ていました。
 リンクの調整までしておきながら、こんなことに気が付かなかったとは不覚です。きちんとボルトを締め直しておきました。

 9時。ライダーズミーティング開始。
 1本目が9時30分からだったので、8時30分からタイヤウォーマーを使ってタイヤを暖めていましたが、発電機の音がミーティングに邪魔だろうと思って、発電機は止めておきました。気遣いのつもりでしたが、隣の隣にいた人は発電機を動かしたままで、全く無駄な気遣いに終わりました。発電機、止めなきゃよかったです。
 ライダーズミーティングは、出席を取ることからはじまりました。
 受付して、車検もしているというのに、この出席を取るという行為に何の意味があるのか、全く不明です。単なる時間の無駄使いとしか思えません。
 その後、主催者の方が注意点などを案内していますが、手元に用意したメモを読みながら進行しているにもかかわらず、ことあるたびに、どこまで読んだかわからなくなる模様。じれったいことこの上ないです。さらに、言い忘れがないかどうかを常連の参加者に訊いてみたりして。いったい何のためのメモなんでしょう?
 スケジュールでは9時30分から走行開始です。すでに走行時間が迫っているにもかかわらず、わかっていながらgdgdeな進行は続きます。実は、毎回そんな調子。ミーティングが時間通りに終わったことはありません。しかも、走行開始時間が過ぎても、きっちり参加者を集めて記念撮影までしてしまいます。
 時間が足りないなら、ミーティング開始時間を早める、とか、進行を簡潔に進める、とか、いくらでもやりようがありそうに思えるのですが、スケジュール通りに進めようとする考えはそもそもないようです。

 ・・・ボクって細かいですか?神経質ですか?
 たまたま何かのアクシデントで遅れるならいいんです。
 ただ、毎回なんですよ。毎回同じことの繰り返しです。
 みんなは平気なんでしょうか?・・・大人なんですね。

 結局、20分遅れで走行開始。
 でも、そんなことも案内されません。一部の人は聞いているのかもしれませんが。
 こちらから訊ねると、9時50分から走行開始、と教えてもらいましたが、9時51分に支度をしても、コースインの指示もなし。スタッフは10人近くいたはずなのに。

 やや遅れてコースイン。
 タイヤはウォーマーのおかげで滑らない程度には暖まっています。
 さぁて、と気合いを入れようとコースの路面状況を確認しながら奥の右ヘアピンにさしかかると、木の実?が路面一面に落ちていました。実際滑るのかどうかは不明ですが、少なくてもそれを試そうとは思わないほどに、木の実が落ちています。
 スタッフの方はいろいろ準備が大変だったのでしょうけど、コースの確認は行っていない模様です。
 まぁ、数周もすればなくなるだろう、ってことなんでしょうか?
 この走行会、人の集まりが悪く、今年で終了という話しでしたけど、なんだか納得です。
 エントリー受付開始後2~3日でキャンセル待ちが出るBMC走行会では、走行前にスタッフの方が竹箒を持ってコースを歩いている姿がありました。
 姿勢の違い、って奴ですね。
 ・・・いや、今回のスタッフの方がコースをチェックしていないと決めつけるわけではありません。でもねぇ。

 午前中の2本が終わって午後の走行が開始されるというときも、似たような問題がありました。
 走行直前に午後のミーティング開始です。1分前までミーティングをやっていました。
 午後1の走行は逆回りですから、ボクにはそもそも走るつもりなく、害がないと言えばないのですが、少しでも多く走りたいと思っている人も中にはきっといたでしょう。呼び集められて、解散しました、はい、1分でツナギを切れますか?ホント、お気の毒様です(走行時間の延長などがあったかどうかまでは把握していません)。
  
 と、まぁ、そんな感じの走行会でした。

 人の集まりが悪くなったということを聞きました。
 ボクと同じことを感じて去った人も少なからずいるかもしれません。
 来年はもう開催しないという話しですから、何を今更なのかもしれません・・・でも、何も言わずに去る人がいるのなら、何かをいう人間もいていいと思い、書きました。


【追記の追記】2008/10/12
余計な追記を削除。

| | Comments (4)

October 04, 2008

これからの走行予定

 未定・確定を含め、走行予定を公開します。

 10月5日  鉄騎士@トミン
 10月12日 MSL走行会@トミン
 10月18日 BMC走行会@トミン
 11月16日 鉄騎士@トミン

って感じでしょうか?
 いずれもGSX-R250R/SPでの参加予定です。
 CBR250RRは事情があって凍結中。
 NSR-Miniも昨年転倒したまま放置中。

 11月にやまなしで開催される6時間耐久レースは、どうも不参加になりそうです。
 マシンは3台も用意できるのにぃ!きぃ~っ!

 明日の鉄騎士で、先日手に入れたFCRを試してみようと思ったのですけど、残念ながら準備が間に合いませんでした。外すだけ外して、明日現地で付けようかともおもったのですけど、結局面倒くさくなっちゃいました。
 FCRでまともに走れないのもイヤですし。でも、やまなしの走行枠で試すよりも、トミンで試す方がいいんですよね、経済的には。
 12日の走行会で試そうかなぁ?

 FCR関係のネタは、11日あたりにアップできると思います。


 

 
 

| | Comments (0)

GSX-R250R/SP クラッチ交換完了!

 クラッチ交換の続きです。
 あ、棚作りとネタをわけている理由は、後日自分でも参照する可能性があるからです。
 自分でつけているメモは、あまりにも汚い字なので、書いてから5分経つと自分でも読めなくなっちゃうんですよね~(^^;;
 ってことで、クラッチ交換完了!

P1000998

 実は、写真を取り忘れたので、カバーを開けて撮りなおしました(^^;;
 クラッチの摩耗は、黙視で確認することはできませんでした。クラッチプレートに一部焼きが入っていましたけど、それで滑るんでしょうか?
 むぅ~。
 結局、強化クラッチスプリングは使用しませんでした。

 オイルは、タクマイン「匠」10W-30に同エステルンを添加、さらにGRPも添加しておきました。
 廃油を捨てたとき、オイル受け皿のそこにかつて見たことがないほどの金属片が沈殿していました。
 まじ~?
 エンジン、もうすぐ壊れちゃうんでしょうか?
 精神衛生上よくないので、写真には残しませんでしたが、ちょっと気になります。

 さぁて、これで準備完了!
 明日は走行会っす!

 

| | Comments (0)

2×4材を使って棚を作ってみる その4

 棚作りの続きです。
 コンパネだけではどうも強度不足です。コンパネが折れて下に置いてある大切なマシンにキズをつけるなんてことはあってはならないので、補強することにしました。
 本当に補強になっているんだかどうだか、そこんところはよくわからないのですけど(^^;;
 コンパネは置いただけだったので、外してから補強を入れてみました。

P1010003

 補強材の重量で逆にヤバくなるんじゃないかと心配しましたが、そうでもなさそうです。
 あ、棚に脚をつけたくないのは、その下のスペースを殺さないためだったりします、って説明しなくてもわかると思いますが、念のため。
 下の棚が完成したので、上の棚にかかります。

P1010004

 さらに下の棚同様、補強を入れて完成!
 いきなりゴミだらけ(^^;;

P1010010

 超便利っす!
 後は、対面にも棚を作って棚作りはおしまいの予定です。
 あ~楽しぃ~。
 バイクやめて日曜大工を趣味にしちゃおうかなぁ~。

 

| | Comments (2)

October 03, 2008

GSX-R250R/SP まったりクラッチ交換

 昨日オイルを抜いて放置しておいたGSX-R250R/SPのクラッチ交換を途中まで行いました(^^;;
 ボルトを抜くと、クラッチカバーがパカッと取れました。
 街乗りバイクよりは頻繁にクラッチ交換をしているせいでしょうか?
 ガスケットも固着することなく、すんなり取れました。
 ワコーズのガスケットリムーバーと、クソのようなデイトナのスクレーパーを用意しておいたのですが、出番なしです。

P1000997

 で、ここでまた放置(^^;;
 なんだか飽きちゃうんですよね。

 

| | Comments (0)

October 02, 2008

2×4材を使って棚を作ってみる その3

 そろそろマンネリ化しはじめた棚作りですが、ぼちぼちがんばっています。
 棚づくりの下準備をしている最中に、GSX-R250R/SPのエンジンを暖め、オイルを抜いておきました。

P1000992

 このまま土曜日まで放置して、クラッチを交換する予定です。
 F.C.C.の強化クラッチスプリングはどうしましょうね?
 これ以上クラッチが重たくなるのはイヤですし、最近は半クラッチを使用しないので、ノーマルのままでもいいかな?って思い始めました。
 それよりCMPのクラッチプレートが気になる今日この頃です。

 はいはい、棚づくりでした。
 先日作った柱?に、棚を作ります。
 こんな感じです。

P1000993

 その上に、12mm厚のコンパネをのせて完成!

P1000995

 むぅ~。コンパネだけでは、強度が不足するようです。当然ですね(^^;;
 もう少し補強しなくては。。。
 やっぱ丸ノコ、買おうかなぁ?

 あとはその上にも棚をつくって、さらに右側にも同様に棚を2段作って完成!というイメージです。


 

| | Comments (2)

« September 2008 | Main | November 2008 »