« NSR-Mini FRPカウル塗装 | Main | NSR-Mini FRPフェンダー補修 昨日の続き »

October 25, 2008

NSR-Mini FRPフェンダー補修

 本日のネタ第2弾~。
 タイトルに芸がなくてすみません(^^;;

 タンクカバーのパテ、まだ乾きませんよ。なぜでしょう?
 シートカウルの塗装にも飽きたので、今度はフロントフェンダーの補修をすることにしました。
 フロントフェンダーは、今は亡きjha製です。プレミア付いてますか?

P1010807

 よぉっく見てもらうと、フェンダーのボルト穴のところが欠けています。
 転倒してこうなってしまいました。

P1010808

 一度、カーボンシート(本物)で補修しましたが、ここがウィークポイントなのでしょう。左右とも前のボルト穴のダメージは少ないのですが、リアはすぐに壊れてしまいます。

P1010809

 補修しても、また転倒すれば一発でダメになってしまいそうな気がしますが、せっかく塗装し直すので、ついでに補修することにしてみました。
 実はボクははじめて使うマテリアル、あの有名な「プラリペア」です。

P1010811

 フェンダーのボルトに、剥離剤の変わりにメンソレータムのリップクリームを塗って、フェンダーにセットします。
 そして、プラリペアをニードル法で盛っていきます(画像は割愛しますので、プラリペアの使い方やニードル法がわからない人はググッて見てくださいね~)。
 プラリペアが硬化したところで、ボルトを抜いてみると・・・

P1010812

 こんな感じにです。文学的に表現すると、「カッチカチやぞ!! カッチカチやぞ!!」ってところでしょうか(^^;;
 いや~、プラリペア初体験ですが、これはすごいですね。こんなに硬いとは思いませんでした。
 ついでに、切削性は最悪。硬くて、粘るイメージで、ちょう削り難いです。
 パテ代わりに使うと、あとで後悔することになります。っていうか、後悔しました(T_T)

 余分に盛ったプラリペアを、ある程度リューターで削ってから、ダイヤモンドやすりで整えました。

P1010816

 大変でしたよ。
 それで、飽きてしまったので、またブログを書いているのですけど(^^;;
 切削性がよければ、そのまま整形して、プラサフを塗布って考えでいましたけど、ボクの技術ではとても整形までできそうもないので、これから再度パテを盛って、表面を整えたいと思います。

 

|

Comments

Post a comment