« November 2008 | Main | January 2009 »

December 28, 2008

コッチー塾@京葉スピードランド走行

 コッチー塾に行ってきました。
 今回のメンバーは、コッチーとボク、そして、クラブハルクのS選手です。
 先週は暖かかったかわりに、風が凄くて、走りに来ていた人たちは皆ベストタイムの1秒落ちくらいで走っていたそうです。
 今日は風がなくても、時期的に寒すぎてダメだろうと思っていたのですが、ボクの日頃の行いのよさが幸いしたのか、先週ほどではありませんが、寒くて震えながら走るということはなく、気温は10度以上でした。
 走る前から、ベストタイム更新の予感がしてきます。

☆1本目。
 22周走行して、ベストタイムは35秒96。
 え?って感じでした。タイヤが新品だとはいっても、いきなり自己ベストタイムに迫るタイムです。大抵朝一の走行は身体が動かなくてダメなものなんですけど、それほどがんばった感があるわけでもないのにこのタイム。
 なんだか今日は行けそうな気がするぅ~。

☆2本目。
 11周走行して、自己ベストタイムを更新。35秒35!
 いや~、一気でした。こんなに簡単に、35秒前半に入るとは。
 キモは、まず2コーナー。いままでは結構内側を立ち上がっていたのですが、コッチーになおすように指摘された進入のアプローチを試して、大回りすることにした結果、距離は走りますが速度を殺しすぎず立ち上がることが出来るようになったために、早めのシフトアップが可能になり、タイムにも影響しているようです。
 そして、左L字コーナーの走り方なんとなくわかりはじめました。4速で走っていたときは、アクセルをとにかく戻さないように注意していたので、5速で走りはじめてからも同じイメージで走っていたのですが、それがかえってよくなかったようです。進入でいったんアクセルを閉じてからS字に向けてマシン曲げたところ(あるいは曲がるラインが走れるようになって)からアクセルを開けるようにしたところ、最終コーナーまでうまく速度が乗せられるようになりました。
 最終コーナーも、スポンジバリアに張り付くような気がしてためらいながら走っていました。実はそれはまだ直せないのですけど、少しはマシになったようで、5速のまま立ち上がれます。6速へ入れるポイントもわずかに早くなっているのがわかります。
 うぅ~(T_T)感動的ぃ~。

☆3本目。
 12周して、またまた自己ベスト更新。35秒05!!
 あともう少しで34秒台というところまでやってきました!
 一見可愛く見えるけど毒舌なコッチーの彼女(ギズモ似(^^;;ぉぃ)に走行中の変化を訊いてみたところ、無駄がなくなりスムーズになった、とのことでした(^^)うほっ
 コッチーからは毎回「んだよぉ、練習足りねぇ。もっと走れ!」と言われ続けていますが、わずかな練習でも成果が現れてきたようです。

☆4本目。
 25周して、またまた自己ベスト更新。いよいよ34秒93!!!
 34秒台に突入しました。

 自分なりにいろいろ考えながら走っていると、前方にオラオラッとコッチーが走っているのが見えました。
 オラオラオーラでわかります。ボクを待ってくれているのです。
 ちょっと緊張しつつ、コッチーを抜かすと、ボクはあとで「んだよぉ、死ぬほど遅ぇ~」と言われないように、いつもとは違う緊張感で、引き離せないとわかっているコッチーを引き離す意気込みで全開走行に入りました。
 わかりますか?背後霊のように(いや、ボクのスタンドのように?)ピタリと後ろに張り付いたコッチーが(一番前はさりげなくS選手~)。

P1020969

 数周すると、コッチーがボクに仕掛けてくるのがわかりました。
 ボクにはブロックのテクニックはないので、あっという間に抜かれるのはわかっているのですが、そう簡単には抜かせないぞ!てな感じでインをさされてもがんばってみましたが、やはりあっという間に抜かれました(^^;;
 今度は、先行するコッチーがボクのペースよりも若干速いペースで引っ張ってくれようとして、待っていてくれています。これまたボクのがんばりどころです。がんばって追いかけながら、自分との違いを研究する時間です。

P1020933

 実際には、研究どころか、必死でそれどころじゃないんですけど。
 そして出たタイムが34秒93!。
 引っ張ってもらったおかげですが、それでもやりました!


☆5本目。
 24周して、35秒98。
 大幅な自己ベスト更新を果たし、緊張の糸が切れてしまいました。
 恥ずかしながら、転倒したくない、無事に帰りたいという気持ちが強くなってしまい、普段おざなりになりかちなラインとか、ステップワークなどを考えながら走りました。うれしいことに、先週までのベストタイムが当たり前のように出せるようになりました。
 そして、ちょっと早めに無事走行終了。

☆総評
 自分ひとりで練習して、これだけのタイムアップが出来たか?と考えたとき、おそらく10回練習に来たとしても、34秒台どころか、35秒台前半にも入っていなかったと思います。それがいまじゃ普通に35秒前半が出せます。
 やはり、自分だけでは気がつかない指摘を受けることが上達への近道だと思いました。
 それでこそのコッチー塾!
 大幅なタイムアップでわかったことは、操作が忙しい、ということです(^^;;
 右のヘアピンから左のヘアピンの間が特に忙しく、シフトミスをたびたびしてしまいました。左コーナーへの姿勢の移動も間に合いません。肉体的、精神的にもかなり消耗しました。それが、これからの課題になりそうです。

 35秒台でのラップと、36秒台でのラップの違いは、タイヤの消耗も違ってくるということがわかりました。
 これが36秒台ラップのタイヤ。ちなみに、トミン1回、京葉3回で、約4時間走行したタイヤです(手前がフロントタイヤ)。

P1020883

 こっちが35秒台ラップのタイヤ。今日おろしたばかりのタイヤ(フロント)です。

P1020936

 一日でこの有様です。
 ミニバイクでの練習の利点は、走行する場所が多いことと、消耗品などがあっても経済的だといままでは思っていたのですが、1回の走行でここまでタイヤが減るとなると、あまり経済的とは言えそうにありません。逆履きしてなんとかもう1回の走行が限界でしょうか?
 いやはや、参りました。


【自分用メモ】
自己ベスト34秒93
F1.8R1.9
F14-R41
トライアル感性50:1


☆おまけ
 先週失敗したクラブハルクのS選手の画像です。

P1020890

P1020891

P1020908

 S選手もベストを更新し、35秒7まで来たようですけど・・・ふっふっふっ(^^;;
 な~んて、タイム的に勝てるウチは勝ち誇っておこうというセコい魂胆なんですけど、実はS選手のマシンはもらいものってことで、状態がそれほどよくないんですよね。タイムに影響するくらいよくない状態です。見かねてチェーンを掃除してあげたくらいです。チェーン、死んでましたけど(^^;;ホイールベアリングも死んでいるみたいで、ボクのマシンなら後輪を手で回すと4~5回転はしますが、S選手のマシンは1回転しないどころか、ホイールが止まる寸前に逆回りしてしまいます、いやマジで。本職の600で凄まじいコストがかかるのでしょうけど、ベアリングはヤバいですよぉ~。


☆おまけ その2
 コッチーにボクのマシンを試乗してもらいました。
 オラ!

P1020937

 オラオラ!

P1020945

 「んだよぉ、フロントフォークの動きがダメ。こんな足じゃ走れねぇ~」、だそうです(T_T)
 はい、前足、見直します(T_T)


☆おまけ その3
 ボク。画面をみていて目が痛くなるのは気のせいでしょうか?

P1020971

P1020934

P1020915

 

| | Comments (2)

December 27, 2008

明日は京葉スピードランド

 な、な、な、なんと!
 明日もコッチー塾で、京葉スピードランドに行って来ます。
 12月ですよ。それも28日ですよ。
 こんな時期にかつてサーキットを走ったことがあるでしょうか?いや、ない!って感じ~みたいぁ~。
 こういうときに限って、転倒しちゃうんですよね。やだなぁやだなぁ。
 でも、行くと決めたらな、準備はしておかなきゃなりませんので、タイヤを注文しておきました。
 ブリジストン・バトラックスBT-601SSミディアムです。ついでにもう1セットほど。

P1020882

 サクサクっと交換して、明日の準備OK!!

 明日はとにかく転倒しないように走ってきたいと思いま~す。


 

| | Comments (0)

December 23, 2008

コンテナガレージお引っ越し

 9月から借りているコンテナガレージを引っ越しすることになりました(別にガレージ用途のコンテナってわけじゃなくて、普通の資材保管用のコンテナなんですけど、ボクがガレージとして使っているだけです。もちろん、承諾を得ていますよ~)。
 棚を作ったり、機能的に使えるようあれこれ手をかけ、すでにバイクやパーツなどもほとんどを搬入してしまっているので、今さら引っ越しは正直きついのですが、大人には大人の事情ってやつがあるので、やむを得ません。
 旧コンテナガレージは、1月中旬までに引き払えばいいので、時間的な余裕はあります。
 新しいコンテナは、コイツです。

P1020870

 あ、後ろの物置は関係ありません(^^;;
 大きさ、広さはほぼ一緒で、出入り口もシャッタータイプです。
 ガレージの他に借りている車両保管スペースは、やや狭くなりますが、大人の事情です。仕方がありません。
 メリットもないわけではありません。
 上の画像を見ていただけるとおわかりの通り、バイクの出し入れがし易いように、不動産屋さんが出入り口に土を盛ってくれました。
 ちなみに、これ↓がいままでのコンテナガレージです。

P1020881

 トランポほど高いわけではありませんが、地面が砂利で踏ん張れないので、湾曲ラダーでは厳しい高さでした。
 その点、新しいコンテナガレージは、うまくすればラダー無しでバイクの搬入ができそうです。
 さらに、トランポから直接バイクをガレージ内に搬入が可能です。

P1020886

 これで、雨の日もマシンを濡らすことなくマシンの移動が出来ます!
 すばらしい!
 地面が砂利なので、マシンを地面に降ろしてしまうと、タイヤに砂利がくっついてしまい、ガレージ内もトランポ内も砂利だらけになってしまうのですが、それも回避出来そうです。
 試しに、NSR-Miniを入れてみました。

P1020880

 ミニバイク1台だけだと、広々使えます!
 今は・・・NSR250R/SP、アプリリアRS250、NSR-Mini2台、GSX-R250R/SPとGSX-R250R、CBR250RR2台、他部品多数という状態で、ガレージ内での作業はかなり厳しいです。がんばってますけど。
 やっぱりバイクを減らさないとダメですね。

 さぁて、あと約一ヶ月のうちに、引っ越しを完了させなきゃです。
 面倒くさいなぁ~。

 

| | Comments (0)

December 21, 2008

コッチー塾@京葉スピードランド走行

 またまた行って来ましたコッチー塾。
 今回の参加者は、言うまでもなくコッチーと、ノック選手、C選手、S選手といった顔ぶれです。みなさんCBR600RRを駆る現役選手権ライダーたち。そんな選手権ライダーたちも、シーズンオフはミニバイクで練習するのですから、ミニバイクも侮れないってことですね。ボクもがんばろっと!
 コッチーやノック選手に勝てないのは当然として、白糸では勝つことが出来たC選手もぐんぐん上達して、すでにボクでは太刀打ちできない存在です。さすが筑波0秒台の男!あぁ、白糸のあの日が懐かしい。。。
 ってわけで、いまやC選手にも「死ぬほど遅ぇ~オラオラ」と言われかねないボクとしては、クラブハルクのS選手が今日のライバルです。
 S選手とは前々回のコッチー塾でもご一緒していたのですが、ボクはお腹の事情で余裕がなくて、あまり絡みませんでした。
 聞けば、京葉のベストタイムはボクのコンマ3秒落ちです。どうせあっという間に上達して、太刀打ち出来ない存在になってしまうのでしょうから、勝てるウチに勝っておこう大作戦です。ふっふっふっ。

 12月半ばを過ぎたというに、大げさではなく、半袖でも寒く感じないほど暖かい天気でした。
 寒いとそれだけでめげるので、ラッキーといえばラッキーでしたが、そのかわりすごい強風が吹いていて、コンディションとしてはそれほどよくありませんでした。まぁ、寒くて強風だとボクはアウトなので、まだマシってところでしょうか。
 先日購入した銀ポッシュの効果は如何に?!

☆1本目。
 10周走行して、ベストタイムは36秒92。
 こ、これが銀ポッシュの威力なのかぁ!
 いままで銀ポッシュを使わなかったことを後悔するくらい感動的な走りやすさでした。
 高回転域ではやや回らない気がするものの、ほとんど気になりません。それよりも、低速からトルクが出ているのがいい感じです。すごく扱いやすくなりました。純正CDIよりも自然な感じがするくらいです。
 なんだか今日は行けそうな気がするぅ~。

☆2本目
 10周走行して、ベストタイムは36秒20。
 左L字からS字コーナーを5速で走ってこのタイムです。前回も同じことを試していますが、出せなかったタイムです。ボクが上達しているというよりも、低速トルクが出ただけタイムに影響したということでしょうか。まさしく銀ポッシュの威力です。
 S選手をブチ抜きましたよ(^^)うほっ!

 ここで、ノック選手にボクのマシンに乗ってもらいました。まぁ、足のセッティングを出して欲しいとお願いしたわけです(^^;;
 ノック選手のアドバイスで、フロント、リアともにイニシャルを抜いてみました。

☆3本目
 12周走行して、ベストタイムは36秒00。
 なんだかいままで以上にバイクが曲がります。さすがノック選手!ナイスアドバイスです。
 エンジン特性とハンドリングで乗りやすくなったのか、最終コーナーも5速で立ち上がる練習を始めました。
 ホームストレートでは風にあおられフラフラ、1コーナーから2コーナーにかけての直線は向かい風と、タイムを出すには条件が悪すぎますが、それでも楽しいです。

☆4本目
 14周走行して、ベストタイムは36秒06。
 いままでよりも最終コーナーが難しくなってきました。ボクのでたらめラインでは5速のスピードを殺さないように立ち上がることができません。うまくいきそうなときも、スポンジバリアに突っ込むんじゃないのかと怖くなって減速してしまいます。そうすると、5速ではモへぇ~となってタイムロス。難しぃ~です。

☆5本目
 いまのところ、ベストが36秒7というS選手がコースインしたので、追いかけました(^^;;
 来年には勝てない存在になっているはずのS選手だと思うので、今のウチに記念に抜いておこう大作戦(^^;;
 数周ほど様子をみて、左のヘアピンでパスさせていただきました。
 お互いのベストタイムはコンマ3秒ほどしか違いませんから、ボクがS選手を引っ張ってしまい、S選手の調子がよくなることも十分考えられると思ったので、後ろを気にする余裕もなくひたすらがんばりました。
 12周して、自己ベストとなる35秒89!!うほっ!
 S選手はボクの後ろで本日のベストとなる36秒2が出たそうです。
 楽しかったのでもっと走るつもりだったのですが、右ヘアピンの進入で異物を踏み、ビビッてしまい走行終了。
 あとで見に行くと、バーエンドが落ちていました(T_T)でかすぎ!転倒しなくてよかったです。 
 
☆6本目
 タイヤが滑りはじめました。トミン走行から約6時間。暖気を含んで6時間ですので、正味4時間くらいでしょうか?
 いままで滑らなかったところで滑りはじめたので、L字コーナーから最終コーナーまでを5速で走る練習をやめて、速度を落としてラインを考える走りに切り替えました。
 14周して、ベストタイムは36秒30。ノック選手に抜かれたときに、一瞬だけがんばったタイムです。他は37秒台でした。

☆総評
 S選手は、ネタにして申し訳ないです。でも、来年の今頃は、今のボクとC選手のように、立場が入れかわっていると思いますから、もう少しの辛抱です(^^;;それまではせいぜいエラソーにさせていただきます(^^;;ぉぃ
 真面目な話し、最終コーナーで2回も転倒しながら、走り続ける根性に感動っす!

 コッチー、ノック選手、C選手以外の他のみなさんも、今日は強風の影響で通常より0.5秒から1秒はアベレージが下がっていたとのことでした。
 ってことは、強風さえなければ、ボクのタイムももっと・・・?
 そんな仮定の話は置いたにしても、ボクとしての収穫は、いままで4速で走っていた最終コーナーを5速で走ることができるようになったことです。それでいて、ベストタイムを更新できました。
 4速のままでは、タイムを上げることは困難だということがわかっていただけに、ちょっと先が開けた気がします。
 まぁ上達したわけじゃなくて、銀ポッシュのおかげといえばそれまでなんですけど、何にしても練習の成果がでるということは気持ちがいいもんです。
 一方、足回りのセッティングをいまだに自分じゃ出せない、感じることが出来ないという点は、進歩なし、というか、不安材料でしょうか?

 なんにしても、転倒せずに終われてよかったです(^^)


【自分用メモ】
自己ベスト35秒89
F1.8R1.9
F14-R41
トライアル感性50:1


【今日の写真館】
☆アタシ。どこを走っているのでしょうか?(^^;;

P1020660


☆アタシとアタシのスタンド。"オラオラオラオラオラ~~~"

P1020658


☆コッチー。オラ(つーか、こんなところ走れないっす)

P1020669


☆コッチー。プレデターを連想してしまうのはボクだけでしょうか?

P1020667


☆ノック選手。目線の移動が独特でした。

P1020742


☆C選手。フロントタイヤの摩耗が凄いっす。

P1020710


☆S選手。・・・ごめんなさい。全部失敗です(T_T)


 いじょ!

   

| | Comments (0)

December 20, 2008

MR-S 軽量クランクプーリーの効果

 MR-Sが車検から帰ってきました。
 前回の車検には34万円もの費用が掛かってしまったのでかなりビビッていましたけど、車検を任せたスーパーメカニック・ユウヤさん(以下SMY)から、不具合なしとの判断を頂きました。セ~フ!
 ただ、プラグと冷却水、そして、ブレーキフリュードの交換をお願いしておきました(おっと、ミッションオイルの交換をお願いし忘れました(T_T))。
 費用は10万円ポッキリ。ホント、助かりました。ありがとうございます。

 車検ついでに、SMYには軽量クランクプーリーと軽量オルターネータープーリーを取り付けしてもらいました。
 早速試乗してみたところ、違います!!このボクでも違いがわかります。
 アクセルを全開にすると、高回転域で実に軽やかです。すばらしいぃ。
 低回転域も、ゆっくりアクセルを開けていくと、2000rpmを超えたあたりからググっと加速していくんですよぉ~。
 例えて言うなら、軽く過給が掛かっているような感じ、とでもいうのでしょうか。トルクが厚くなっています。
 軽量フライホイール並、と言われる効果に偽りなし、そんな感じです。
 超たのしい~!

 車検から戻ってきたMR-Sは、スタッドレスタイヤ仕様です。

P1020877

P1020878

 すさまじく格好悪いです(^^;;
 こんな姿で走りたくないってマジに思いました。
 なのに、なぜスタッドレス仕様なのかというと、正月休みに雪道に挑戦するからです(^^;;とりあえず、身近な箱根あたりで。
 早く休みにならないかなぁ~。

 

| | Comments (0)

December 14, 2008

NSR-Mini POSHレーシングC.D.Iスーパーバトル購入

 12月21日の日曜日は、またまたコッチー塾で京葉スピードランドに行って来ます。
 前回のコッチー塾で冬眠するはずのボクだったのに、なぜか参加することになっているんですよね(T_T)なぜ?
 理由はともかく、行くことになったのなら、それなりに準備をしておこうと思い、POSHのレーシングC.D.Iスーパーバトル、通称銀ポッシュを購入しました。

P1020632

 聞いた話では、金POSHが高回転型で、銀ポッシュが中低速型、NSR-Mini純正CDIは、金と銀の間くらいの特性とのことです。
 京葉で今よりもショートのファイナルを選択したくなるボクですが、去年ドリブンを1Tショートにして試した感じでは、ちょっとショート過ぎに感じました。ドライブとドリブンスプロケットの組み合わせで、その中間のファイナルも選択できなくはないのですが、チェーンのコマ数が変わりそうで、ちょっと面倒くさそうだったので、CDIで低速よりの出力特性を向上させることにより、ファイナルをショートにしたのと同じような効果を狙ってみよう大作戦です。な~んて去年も同じことを言っているんでけどね。
 ボクの妄想が確かなら、アベレージで0.3秒はアップする・・・と思うのですが、寒くてとてもがんばって走れそうにないので、タイムアップは来年の課題ってことで、取りあえずミニバイクの感覚を忘れないように軽く身体を動かす程度に走ってきたと思います(^^;;
 去年の12月16日には転倒しちゃってますしね。気を付けなきゃです。

 

 

| | Comments (0)

December 13, 2008

GSX-R250R パワーチェック顛末

 すみません、パワーチェックには行きませんでした・・・。

 パワーチェックに出かける前に、サクッとチェーンを張って、サクッとメインジェットを交換して、サクッとファンネルを付ける予定だったのですが・・・。
 7時、忘れ物がないことを確認し、ガレージに向かいました。
 早速チェーン張りを行ったのですが、いつもよりも後輪の抵抗が大きく感じられたので、何度も何度も張り直しました。ん~、チェーンの寿命か?新しいベアリングの組み方が悪いのか、20分もやって、改善できませんでした。
 それでは、メインジェットを交換だ!っと思ってメインジェットを探しましたがありません。家を出るときに指さし確認までしたのの、そのまま忘れてきてしまいました(T_T)オレってバカだぁ~
 仕方がないので、すぐに家まで取りに帰ってロスタイム。でも、まだまだ余裕のつもりでした。
 ところが、メインジェット交換中に、6mmのソケットがコロコロコロっと転がったきり行方不明。どんなに探してもありません。6mmのソケットはそれしか持っていなかったので、文字通り血眼になって探しましたが出てこない!
 アンダーカウルを外そうとしたところ、ボルトの頭をなめてしまい、ボルトをゆるめることができません。バイスグリップは自宅にはあってもガレージにはありません。でももう、取りに帰る時間はなくなってしまいました。
 幸い、ビットアダプターを6mmのソケット代わりメインジェットを交換。
 焦れば焦るほど手がプルプル震えて、ファンネルを付けるのにも時間が掛かってしまい、さてエンジンを掛けようとしたところが、エンジンはうんともすんとも言いません。バッテリーがやばくなってきたので、トランポのサブバッテリーでセルを回し続けるもエンジンの掛かる気配はなく、セルの回りが遅くなり、ジ・エンド。
 自らお誘いして、快くおつき合い下ろうとしてくれたnorisonさん、そして、現地で遊びに来てくださる予定だったジンさんには、本当にご迷惑をお掛けてしてしまいました。すみませんでした。ごめんなさい。

 エンジンが掛からないことがどうしても気になるので、夜になって再チャレンジ。
 プラグを交換しても掛かる気配なし。
 もしかしたら、またしても圧縮が抜けているのでしょうか?
 夜22時をまわり、エンジンを掛けることがはばかられる時間になったので、そこで諦めましたけど、FCRからノーマルキャブに戻してもエンジンが掛からなかったらどうしましょう?
 
 なんだか疲れてきてしまいましたよ・・・。

 

| | Comments (0)

December 12, 2008

GSX-R250R パワーチェック準備

 RGV-Γ250SP(VJ23A)にお乗りのジンさんから、ナップス三鷹東八店でパワーチェックコンテストが開催されているという情報を仕入れました。
 ジンさんのRGV-Γ250SPは、67.5馬力をマークしたそうです。どひゃ~。凄すぎ!
 ボクのGSX-R250R/SPは純正マフラーなので(すでに言い訳(^^;;)、いい成績が残せるわけではないのですが、コンテストと聞くと、なんだか行きたくなってしまうのが男心!(^^;;ぉぃ
 不慣れな都内の下道を走らなきゃいけないのが不安だったり、ナップスでトランポからGSX-R250R/SPを降ろすシーンがすごく恥ずかしく思えてしまったりするのですが、それでも行きたい気持ちが勝ったため、会社から帰ると、少しでもいい成績が残せるように、整備することにしました。

 まずは、リアホイールのベアリングの打ち直しです。

P1020575

 いままでとは違った考えに基づいた方法を試してみます。うまくいくと、フリクションロスが低減し、後輪出力がアップするはずです。
 ところが、ガレージにトルクレンチを持っていくのを忘れてしまい、最後までできませんでした。残念。
 アクスルを締め付ける手前までは組み付けたので、やはりフリクションロスを低減させるという意味合いから、チェーンに円陣家至高のC.P.O-Rを汁だくで塗布しておきました。
 フリクションロスで稼げるのはせいぜい1~2馬力程度だと思われるので、普段のエアクリーナーボックス仕様から、直キャブファンネル仕様にすることにしました。もちろんキャブはFLAT-CRキャブです。

P1020589

 吸気系を変更すると、当然ジェッティングも変わりますが、走行して試している時間はないので、いままでのデータから適当に決めることにしました。実際には、ファンネル+ラムエアにしたことはあっても、ファンネルのみにはしたことがないので、セッティングはちょっと自信がありません。スロー系は端から諦めることにしていますし。
 メインジェットをラムエア仕様時よりも1ランクアップさせようかな、と思ったところ、ジェット類を自宅に忘れてきたことに気が付きました。
 ってことで、面倒になったので今日の作業はここまで。

 結果は明日、報告します!

☆なんとなくのぶさん対策

P1020580

  

| | Comments (0)

December 07, 2008

コッチー塾@京葉スピードランド走行

 今週もまた、コッチー塾に参加するために、京葉スピードランドに行ってきました。
 前回はお腹を下してしまって、千葉県は長柄くんだりまで出かけながら、バイクじゃなくて便器に乗りに行ったような有様で、いつもは走行の少ないボクでも、さすがに消化不良です。あ、バイクに乗れずに消化不良でお腹をこわしたわけじゃなくて、消化不良でお腹をこわしてバイクに乗れなかったことが消化不良・・・ってどうでもいいですね、はい(^^;;

 家を出たのは、5時過ぎでした。
 今日の参加者はコッチーとクラブハルクのC選手、そしてこのボクの3人です。早めに家を出たのは、パドックの場所取りでもしておこうかな、と思ったからです。
 ルートはアクアラインを通るリッチコース(^^;;
 6時前に木更津を通過すると、アクアラインのETC割引が利かなくなるという罠がありますが、難なくクリア。
 7時過ぎには京葉スピードランドに到着しました。
 早く着いたぞぉ~と思ったら、C選手がすでに到着していて、場所取りしてくれていました(^^;;ありがとうございます

 かなり冷え込むという天気予報でしたが、実際にはそれほどでもなく、風も強くないので思ったほど寒くありませんでした。とはいえ、当然暖かいわけでもありませんので、今日は11時から15時までの時間を集中的に走ることとし、準備はま~たりと行いました。

 C選手にチェーンのカットを依頼されたので、「かし丸君」を使ってチェーンカットしてみました。
 普段なら、工具のため、そして、チェーンの為に、ピンはサンダーで飛ばしてからカットしますが、サンダーを持参していなかったので、そのままカットしてみました。
 意外に簡単でした。120コマを108コマにカットして、やっぱり106コマにしようということになり、でボクがカットする場所を間違え、再度やり直した関係で、計3回カットしましたが、きちんと使えば10回以上カットしても耐久性はありそうです。ピンをサンダーで飛ばさなくても、かし丸君、行けます!あ、420チェーンですけど。520はようわかりまへん。

 今日の課題は、L字コーナーからS字コーナーまでの区間で5速を使う、です。
 現在のファイナルでは、4速で全開にすることはできるのですが、吹けきったままになってしまうので、速度の伸びが期待できません。ボクの予想では、その乗り方では35秒5程度が限界で、34秒台はあり得ません。
 今日は目先のベストタイム更新は一切考えず、タイムが遅くなってもいいので、5速を使えるようになるための反復練習です。

☆1本目
 約15周して、ベストタイムは37秒2。
 はじめはこれでいいのです。ウォーミングアップですから、こんなもんです。

☆2本目
 約10周して、ベストタイムは36秒7。
 ちょっと焦りはじめました。気持ちも身体もウォーミングアップ済みなので、もう少し出ているはずでした。

☆3本目
 約11周して、ベストタイムは36秒44。端から見ると、流しているようにしか見えないそうです。モサァ~っとしたコーナリング、バンク角も全然ないそうです。
 マ、マジっすか?(T_T)やってる本人、大まじめ~

 ここでお昼休み。

☆4本目
 約13周して、ベストタイムは36秒38。
 むぅ~。
 
☆5本目
 約12周して、ベストタイムは36秒36。

☆6本目
 約16周して、ベストタイムは35秒92。

☆7本目
 約17周して、ベストタイムは36秒28。

☆8本目
 約16周して、ベストタイムは36秒46。

☆9本目
 約14周して、ベストタイムは36秒24。

☆総評
 結果として、先週よりはマシになったと思います。
 がしか~し、課題はクリアできませんでした。
 6本目で35秒台に入っていますが、課題のコーナーを4速で走るいままでの走り方をして出したタイムです。
 自己ベストは、35秒90ですので、ベストタイムに迫るタイムなのですが、その走りでは先がないので、ちっとも喜べません。
 S字コーナーで速度を乗せ、その速度を活かしたまますり鉢状の最終コーナーをクリアしないとならないと思っているのですが(違いますか?(^^;;)、うまく繋がらないんですよね。全体的に遅いのですが、最終コーナーの立ち上がりの速度の乗せ方が下手過ぎて、タイムを稼ぐところで稼げていない感じです。
 今のボクには、かなり難しいです。
 ま、このボクが、このボクが!!120周近く走ったので、その努力だけも評価したいと思います(^^;;ヘボいところで自画自賛

 そうそう、最後の方で、コッチーがコースからバイクを押して戻ってきました。
 ガス欠?って訊くと、そうだ、とのことでした。
 すかさず言ってやりましたよぉ、何年バイクに乗ってんだオラオラって(^^;;性格悪いかしら?

P1020534

 帰りは、みんなで千葉大勝軒に寄って、ボクはチャーシューメンを食べました。
 大勝軒というとつけ麺(もりそば?)が有名ですが、ボク的には、つけ汁がどんどん冷めていくのがどうしても許せんのですよ。そこで、無難にチャーシューメンを選んだのですけど、出てきてびっくり、すごい麺の量です。改めてメニューを見てみると、「当店の麺は通常の約2倍です。」ですって。納得です。
 なによりも量が多いのが一番!って人にはいいのかもしれませんが、麺がぎっちり入っていて、スープとろくに絡まないので、ボク的にはちっとも美味しく感じませんでした。
 その後、ココスでデザートしました。ココスでデザートといえば、ボクの場合「チョコブラウニーパルフェ」です。
 そして、解散!

 パルフェを食べながらいろいろ話しを訊くと、コーナー前でフラフラとインに寄っていく悪い癖がまた出ていると指摘されました。
 去年、散々コッチーに指摘され、直ったかと思ったのですが、また出てしまっているようです。
 なぜか、12月21日のコッチー塾にも参加することになっているようですので(T_T)、そのときの課題としようと思います。


 

| | Comments (0)

December 05, 2008

トヨタ iQ試乗

 トヨタの新車・iQに試乗してきました!
 MR-Sの車検で、ディーラーに行ったところ、いままで展示のみだったiQを本日登録したとかで、明日からの一般試乗に備えメカマンの方がちょうど試乗から帰ってきたところでした。そこで、無理を言って試乗させてもらいました。

 ネットなどで見ていると、値段が高いとか、リアシートは即天国行きだとか、なぜか否定的な意見が目に付くiQですが、ご存じの方はご存じの通り、ボクは1999年、当時まだ平行輸入車しかなかったMCC・smartを新車で購入した男です(T_T)MR-Sの新車が買える値段で、ですよ。200万円オーバーっすよ、えぇ。
 高い?関係ないね by 柴田恭兵
 リアシートの安全性? そんなの関係ねぇ~ by 小島よしお
 てなもんですよ。

 実車は、意外に大きく見えます。ボクにしてはちょっと残念な点です。
 普通のクルマをスケールダウンしたようなデザインだからでしょうか?
 最近のクルマは、中の広さをアピールしていますが、ボクは狭くていいので、もっとコンパクトに見えるデザインにして欲しいくらいです。でも、実は小さいです。当然ですけど。
 ドアの開閉音は、安物のそれではありません。バン!という感じではなく、バフっって感じ。
 ただ、エア抜きがうまく機能していないのか、適度な重さ、重厚感とは別に、空気が邪魔してドアの締まりが思い感じです。その証拠に、他のドアを開けたり、窓を降ろしてドアをしめると、抵抗感がなくなります。よく乗る知り合いのパッソも空気の抜けが悪いです。最近の傾向なのでしょうか?
 運転席に座ると、外見からの小ささを感じさせることは全くなく、普通のクルマに乗っている気分です。
 コーナリングがどうとか、詳しいことは語れないボクですが、ちゃんと普通に加速しますし、お買い物クルマ+α的な使い方は十分できそうです。CVTの出だしにはちょっと不満がなくもないですが。
 特筆すべきは、その「最小回転半径」。メーカーは、「驚異のフットワーク」とか「体験したことのない小回り」などと表現していますが、その通りです。驚くほどの小回り君です。一般道を試乗せずに、駐車場で20回転くらいクルクル走らせてほしいと思うくらい楽しい小回りがききました。ま、はじめだけなんでしょうが、はじめのこういう感動って大切ですよね?
 いや~、素直に欲しいです。ウチには、大きな物を買うためのお買い物クルマとしてレジアスエースがありますし、小さな物を買うためのお買い物クルマとしてMR-Sがありますので、MR-Sとキャラが被ってしまうのですが、それでも欲しいです。
 まぁ、実際買うとすると、今回試乗した1000ccのCVTじゃなくて、噂される1300ccがMTで登場すれば!って感じですけどね。
 そういえば、エンジンルームを見せてもらうのを忘れていました。
 タービン、あるいは、コンプレッサーが入る隙間があるかどうか、見ておくべきでした(^^;;

 
 

| | Comments (3)

December 04, 2008

MR-S 幌補修

 4月にMR-Sの幌の補修をしたばかりですが、別の場所に穴が開いてしまったので、その補修をしました。
 またしても、以前バスコークを塗って穴を塞いだ場所です。そのときにちゃんと直しておくべきでした。
 運転席の窓ガラス上付近と、

P1020489

 リアガラスの上です。

P1020490

 4月のときの補修では、内側から直したので、今回は外側から補修することにしてみました。
 まず簡単にマスキングします。

P1020491

 画面中央右上の、まだ貫通していない小さな穴には、セメダインスーパーXブラックを塗り込んでおきました。
 マスキングした部分に、同じくセメダインスーパーXブラックを塗り、少し乾かします。

P1020492

 スーパーXだけでは、穴を塞ぎきれないですし、強度もないので、その上からFRP用のサーフェーサーシートを貼ります。

P1020493

 その上からさらにスーパーXブラックを塗って、乾かして完成です。

P1020494

 ちょっとテカッて目立ちますが、これで雨漏りがしのげるなら、やらないよりはマシですよね?

 リアガラス上の穴(というよりも、切れ)は、面積が広く、さらに硬化した幌がめくれあがっているので、めくれあがっている部分を切除して補修をするべきだと思いましたが、こんな状態の幌でも、傷口を広げるのは躊躇われました。はい、チキンなんです、ボク。
 上から押さえ付ける手頃な道具がないので、先ほどと同じ要領で、ちょっと強引に補修してみました。

P1020495

 要は、穴がふさがって、幌の開閉に問題なければいいんですよ。
 さて、耐久性がどれだけあるのか、また今度報告します!

 あ、これが正しい補修の仕方ってわけじゃありません。適当に、思いつくままにやっているだけです。そんなわけですで、真似して不具合があっても責任もてませんよぉ~。
 そこんとこ、よろしくです!

 

| | Comments (0)

December 03, 2008

MR-S 軽量クランクプーリー他購入

 こんなネタを書いてから早2年、またMR-Sの車検の時期がやってきました。
 前回は、2年で約3700kmしか走っていないにもかかわらず、34万円もの費用が掛かってしまいました。
 今回の走行距離は2年で約7400km。ガソリンの高騰の影響で、レジアスエースに比べて燃費のいいMR-Sをお買い物クルマに使った関係で、距離が伸びています。
 車検にいくら掛かるのか、いまからドキドキです。
 タイヤチェックをすると、前輪はまだかろうじて山が残っている状態ですが、リアは丸坊主でした。
 車検ごとにタイヤ交換って、きつくないですか?
 そりゃ、GSX-R250R/SPのタイヤ前後2本よりも、MR-Sのタイヤ4本の方が安いし長持ちしますけど、お買い物クルマの分際で、コスト掛かり過ぎです。困ったもんです。
 タイヤが!タイヤが!と大騒ぎしていたところ、救世主現る!
 norisonさんです。知り合いから、車検のクリアできる程度のMR-S用のSタイヤ付き社外アルミホイール1台分と、スタッドレスタイヤ付き鉄チンホイール1台分を調達して下さいました。あ、ありがとうございます!!
 まだご対面していませんが、車検さえクリアできれば、タイヤの山なんていらないのです!タイヤは滑らせてなんぼですから。・・・と、いつも口の方が滑るボクなんですけど。
 norisonさんが、新品タイヤを購入するよりも安く調達して下さったので、ちょっと気の大きくなったボクは、お買い物クルマの燃費をさらに良くするためのエコグッズを購入することにしました。
 それが、軽量クランクプーリーと、

P1020500

 軽量オルターネータープーリーです。

P1020501

 なんでも、ノーマルに比べて約77%の軽量化ができるそうです。その結果、パワーアップと燃費が向上するとか。
 norisonさん情報によると、軽量フライホイール並に効く!って話しですので、いまからもう楽しみです。
 取り付け作業は、ボクのレジアスエースとMR-Sの整備係、1ZZエンジン仲間のユウヤさんにやってもらいます。
 ボクじゃ違いがわからない可能性もあるので、インプレもユウヤさんにお願いする予定です。

 結果を待てぃ!

 
 

| | Comments (2)

« November 2008 | Main | January 2009 »