« December 2008 | Main | February 2009 »

January 28, 2009

ナイトロン リアサスペンション購入!

 何気なくヤフオクをチェックしていると、程度のよいのナイトロンのリアサスペンションを見つけました。
 別に欲しくもなんともなかったのですが、安いと思えたので、何となく入札。
 違いのわかる人にははオーリンズ以上という評価のナイトロンですが、まだ知らない人が多いのでしょうか?それとも、相場価格より高かったのでしょうか?
 誰とも競り合うことなく、あっけなく落札してしまいました。

P1030145

 ナイトロンの良さはいくつかありますが、そのひとつに、モデファイすることが可能だということです。
 たとえば、GSX-R250R/SP用のナイトロンでも、NSR250R用にすることができます。もちろん、OH代の他に、部品交換を要する場合は、その部品代が加算されますけど。
 今回手に入れたナイトロンは、ウチにあるどのマシンとも車種のものですが、モデファイすることによって、NSR250RやアプリリアRS250用にできるかな、と考えたわけです。
 ボクの見込みでは、間違いなく新品を買うより安くできるはずです。そうでなくては困ります。

 な~んて浮かれていると、手に入れたナイトロンがRACE Seriesではなく、TRACK Seriesであることに気がつきました。
 あちゃ。
 RACEは圧側の減衰が2WAYですが、TRACKは1WAYなんです。
 出品をよぉっくみると・・・よぉっく見なくてもちゃんとTRACK Seriesって書いてありました。
 あ~あ。無駄な買い物しちゃいました。
 やっぱりレーシンゲするのに、TRACK Seriesはねぇ。RACEじゃなきゃぁ。

 GSX-R250R/SP用のナイロトンは転倒などでキズだらけですので、その部品取りにするか、あるいは放流するか、しばらく悩んでみようと思います(T_T)


 

| | Comments (4)

January 27, 2009

PB SWISSTOOLS 6675 タイヤレバー購入

 ご存じでしたか?
 タイヤに肝臓があるって。

 閑話休題

 今年の目標は、今以上に整備のスキルを身につけることです。
 整備をするには、きちんとした工具を手に入れておく必要がありますよね?
 工具があるのとないのとでは作業性が明らかに異なりますから。
 そして、どうせなら、高い安いとは別に、いい工具を手に入れておきたいですよね。
 問題は、いい工具なのか、それほどでもないのか、使ってみなければわからないということなんですけど。
 今年のボクは、いい工具を手に入れるためなら、金に色目は使わないのです!

 今身につけたい整備スキル、それは、タイヤ交換の技術です。
 タイヤチェンジャーを使ったタイヤ交換にはもう慣れました。コツも掴んだつもりです。
 しかし、チェンジャーがなければ、なにも出来ません。
 日本男児たる者、タイヤ交換など朝飯前とは言わないまでも、せめて夜食前にはすませたいでしょう~。
 ってことで、タイヤ交換のために必要なタイヤレバーを購入することにしました。
 いい工具を手に入れるためならお金に糸目は付けないと豪語してみても、やはり無駄なお買い物はしたくありません。
 そこで、タイヤレバーを購入する前にいろいろリサーチしてみました。
 ポイントは、YKTさんからのアドバイスを参考に、グリップ付のタイヤレバーであること、です。

 軽くググって見ると、

☆アストロプロダクツ 1450円 385mm
☆同           1200円 270mm
☆ストレート       612円 300mm 幅28mm 先端2mm
☆同            927円 275mm廃盤
☆KTC          3160円 245mm 幅23mm 先端1mm
☆スナップオン     4200円? 255mm
☆ファクトリーギア   1800円 長さ不明
☆デイトナ        1575円 275mm
☆同           1575円 350mm
☆PB           3675円 280mm 幅16mm 先端1mm

と、こんな感じでしょうか?
 エトスのタイタニウム製タイヤレバーにもちょっと惹かれましたけど、グリップ付ではないので、却下です。

 こうしてみると、いろんなタイプがあることがわかります。
 ボクの素人考えでは、長ければ長いほどテコの原理で非力なボクでもタイヤ交換が楽にできるのでは?と、一番長く、お値段とのバランスも悪くないアストロプロダクツの385mmのタイプを第一候補にしたのですが、norisonさんからコツさえ掴めば長い必要はなく、むしろ長いとホイールを変形させる可能性もあると教えていただきました。
 でも、長さに未練があるボクとしては、次なる候補として、デイトナの350mmを挙げました。
 すると、ももたろーさんから、PBだと先端部分が1mmで使いやすいとの情報が。
 なるほど、参考になります。結構重要そうな情報に思いますが、意外にデータが載っていないタイヤレバーが多いです。なぜなんでしょう?
 としーさんやCB-1さんは、KTCをお使いとのこと。定番ですね!
 ボク的には、KTCはちょっとパスだったりするんですけど。ごめんなさい(T_T)
 KTCの工具は、所有率が多くて、サーキットで貸し借りするとごちゃごちゃになってしまうという難点が。そのため、ボクのメイン工具はKTCからSIGNETに乗り換えたほどです(KTCはそれほど持っていませんでしたけど(^^;;)。
 デイトナは先端の厚みが不明で保留。 
 スナップオンはお値段が高すぎて論外。
 ストレートは先端が2mm厚なので論外。
 KTCは先端が1mmですけど、上記理由で保留。実売2500円程度、入手性もでいいんですけどね~。
 消去法で候補を絞った結果、PBを購入することに決定しました。実売価格は2800円程度。
 PBの工具がどこに売っているのか知らないので、手っ取り早くネットでゲットです。
 これが届いた「PB SWISSTOOLS 6675 タイヤレバー」。

 P1030135

 先端はこんな感じ。確かに、細いい感じ?

P1030137

 ついでに、興和精機のリムプロテクターも購入しておきました。
 これがないと、ホイールがガリガリになるそうです。でも、安いやつはやばいそうです by norisonさん情報。

P1030141

 さてと、あとはビードブレーカーとホイールバランサーをどうするかです。
 はたして、ボクもタイヤ交換できるようになるでしょうか?

 あ、そうそう。
 ご存じでしたか?
 PBのグリップはウ○コの臭いがするって。いや、マジで(^^;;

 

| | Comments (2)

January 25, 2009

ヤマトプロテック 粉末ABC消火器(3型) FM-1000購入

 消火器を買ってみました。
 ヤマトプロテック 粉末ABC消火器(3型) FM-1000です。

P1030134

 妄想段階では、10型の消火器を検討していましたが、実物を見て10型ではデカすぎました。4型でもデカいと思ってしまうほどです。
 実際、3型でいいのかどうかはわかりませんが、備えあれば憂いなし!
 ボクは、タバコを吸いませんが、それでも普段からガソリンを入れた携行缶を扱っているわけで、無くて困っても、あって困るモンじゃありませんよね?
 ガレージ用と、トランポ用の2本を用意したいところですが、ガレージにはトランポで行くわけですから、トランポに1本常備して、有事の際は兼用ということにしました。

 こいつの出番が一生こないことを祈るばかりです。


 

 

| | Comments (0)

January 24, 2009

MR-S 雪道への挑戦

 現在、クルマの愛車・MR-Sのタイヤはスタッドレスタイヤにしてあります。
 車検を通すためだけの仕様だったはずが、時期的に雪が降ることもありえるかもしれないと、そのまま放置しているのですが、せっかくスタッドレスタイヤにしたのだし、と、今日は雪道を求めて、富士の方まで行って来ました。

 途中で、某所にてiQを発見!
 試乗車以外のiQを路上で見つけたのははじめてです。
 小さいのに・・・デカい!

P1030120

 これで4気筒エンジンで、MTがあれば、ボクも真剣に悩むのですけど(過給器がついていれば迷わずゲットかも?!)。

 富士の近くでボクが知っている道といえば、白糸スピードランドに行くのに通い慣れた(というほど通っていませんが)富士山スカイラインです。この時期、富士山スカイラインに近づいたことはありませんが、近づかない理由は雪が積もっているからなので、絶対雪があるはずと、確信を持って行ったところ、ありましたよ、雪が。たっぷりと。
 ウチからそれほど遠くないのに、これほど景色が違うとは!

P1030129

P1030132

 ちょうど一年前、ほうとうを食べに河口湖近くに行ったとき、途中から雪が積もりはじめて、夏タイヤのMR-Sを運転していたボクはおしっこを3滴ほどちびってしまうほど怖い思いをした記憶があります。
 アクセルを踏んでもクルマのお尻が横に出る、アクセルを戻してもお尻が出る、ブレーキを踏めばただ滑るという具合で、クルマが前に進みながら横に向きはじめたときの恐怖感は、いまでも夢に出てくるほどです。
 それが、このスタッドレスタイヤのすばらしいことといったらありません。
 さすがに、アクセルをパカ開けすると後輪が空回りし始めますが、少しだけ丁寧な運転を心がけているだけで、普通に曲がりますし、普通に止まります。
 まさか雪道をこんなに楽しく走れるとは!

 とはいえ、ボクのことですから、調子をコくといつもロクな事になりません。
 崖から落ちてお星様になる前に、帰ってきました(^^;;

 近日、新五合目までチャレンジしてみようかなぁ~。


 

| | Comments (0)

January 20, 2009

トミンモーターランド走行

 NSR-Miniがあんなことになってしまったので、GSX-R250R/SPを引っ張り出して、行って来ましたトミンモーターランド。
 いつもなら、5時に家を出て7時に着くのですが、今日は6時に出て9時到着でした。
 少し遅れて、ユウヤさんも到着。これが今日のメンバーです。
 路面状況はドライですが、空模様は曇りで、気温は寒いです。
 予約状況を見ると、午前が5台。午後が2台。つまり、午後はボクとユウヤさんの貸切走行みたいなもんです。
 9時15分、ユウヤさんと一緒にライセンスカード発行と走行の手続きを行いました。
 午前の走行枠は、9時半からです。
 しかし、とても寒いし、台数も少ないので、焦って準備することはありません。
 約1時間ほどでしょうか?まったりと暖かいスープなどを飲みながら過ごしました(^^;;
 これぞアウトドアライフの醍醐味ですね!
 ただ、なにもしていないと、かえって寒くなってくるので、いよいよ準備を開始しました。
 といっても、ツナギを着るわけじゃなくて、FCRのメインジェットの交換です。
 現在のジェッティングは、アレなので、濃い目のMJを入れて、11時過ぎにようやく走行開始です。

P1030096

 面倒くさいのでタイヤウォーマーは使いませんでした。
 路面温度が低いせいで、タイヤの温度は上がらず、そのせいでボクのテンションも上がらず、やっとのことで33秒台(^^;;
 気になるメインジェットの感じは、ちゃんと回っていい感じ~。
 そこで、じつはCBR250RRも持っているユウヤさんにGSX-R250R/SPを試乗してもらいました。

P1030071

 メインジェットが少し濃いのか、高回転で伸びない、とアドバイスをもらったので、今度はやや薄くしてみて試乗。
 おぉ!いい感じです。
 お昼も必要以上にまったりした後、ボクとユウヤさんだけの午後の部開始。
 ボクは、走行よりもFCRのセッティングをなんとかしようと思い、エアスクリューをいじってみたり、加速ポンプの吐出量を変えてみたり、ラムエア仕様にしたり、あれこれ試してみました。
 相変わらず違いがわからないので、こんな感じかな?というところで、再びユウヤさんに試乗してもらったところ、CBR250RR+FCRの時のセッティングよりも断然乗りやすいという評価をいただくことが出来ました(^^)
 ユウヤさんはボクのGSX-R250R/SPで28秒後半まで出していました。
 ボクは・・・31秒台で終了。

P1030101

 とにかくグリップ感が乏しく、バンクどころか、ブレーキングするだけでも怖いという有様でした。
 冬は、バイクに乗るモンじゃありませんね。
 それとも、この乏しいグリップ感の中で、そこそこ走れるようになっておくと、暖かくなったときに効果が出てくるのでしょうか?
 転倒したばかりのボクには、とてもじゃありませんが、そんな風には思えませんでした。
 でも、楽しかったりしたんですけどね。

 ユウヤさんは、28秒台前半までは出るのですが、目標とした27秒台に届かず、悩んでいたようです。
 ボクからすれば、この路面温度で28秒1で走れるだけすごいと思うのですけど。
 どうにもタイヤが温まらないので、ユウヤさんにボクのウォーマーを提供しました。

P1030116

 ユウヤさんは、タイヤが冷めまでのタイムアタック敢行です。
 結果、27秒94。
 ながれいし!!
 たいしたもんです。

 いい加減寒いので、早めに切り上げて、湯楽の里でのんびり風呂に入って、帰ってきました。
 いや~、平日トミン、なかなかいいですね。
 今年は何回か平日トミンを楽しんでみようと思います。


【SMY写真館】

P1030061

P1030089

P1030063


| | Comments (2)

January 19, 2009

明日はトミンモーターランド

 転倒なんてなんのその!
 明日はトミンモーターランドに行って来ます。
 予定では、NSR-Miniで練習のはずでしたが、転倒の影響でNSR-Miniでの走行は厳しいので、GSX-R250R/SPを持っていくことにします。
 FCR+ファンネルのセッティングでも出そうかな、と。出るものであれば、ですけど。
 そうすれば、きちんとしたパワーチェックネタもお届け出来るわけですしね。

 明日転倒しても、NSR-Miniはすぐ直るし、新車も来るし、ご存じの通りGSX-R250Rの部品取り車は他に7台あるわけです。何度でも復活の呪文を唱えるだけですよ。
 転倒ごときで、ボクはくじけませんよ!

 

| | Comments (0)

January 18, 2009

転倒しました

 転倒しました。
 そして、この有様。

P1030048

 か、神奈川仕様(^^;;
 笑えないけど、笑えてしまいますね~。

 NSR-Miniはご覧のように壊れてしまいましたが、ま、3月には注文済みのNSR-Mini最終ロットが3台届きますし、2月は走行しないので問題なしです。

 いろいろ詳しく書きたいところですが、今日の事は、黒歴史として封印することにします。

 

| | Comments (4)

January 17, 2009

GSX-R250Rコレクション公開

 コンテナガレージの引っ越しが終わりました。
 そこで、ボクの持っているGSX-R250R/SPコレクションを公開しようと思います。
 これが1号機。ご存じメインバイク、GSX-R250R/SP。

P1030033

 これが2号機の予定。GSX-R250R。

P1030034

 そして、GSX-R250R/SP、GSX-R250R、GSX250Sたち。

P1030035

P1030032

 数えてみると、なんと8台。SP4台、STD3台、コブラ1台。
 バカ丸出し?

 引っ越し作業の途中、コッチーから連絡がありました。
 「んだよぉ、明日京葉に行くから来いオラオラ」
 (^^;; 
 そんなわけで、明日は京葉に行くことになりました。
 ボクのレーシンゲ人生初の1月走行です。
 転倒しないことを祈っておいてください。

 

| | Comments (4)

January 15, 2009

冬だ!バイクだ!トミン祭!!

 1月20日火曜日に、トミンモーターランドに走りに行こうと思います。
 週末のトミンは、とにかくすごい台数が集まる激戦区だという噂です。臆病なボクは、とてもじゃないですが、そんな中で走る勇気はないと、走りやすいだろうと思われる走行会でしか走ったことがありませんでした。
 今年も、トミンにおいては走行会を中心に走行するつもりでいますけど、週末が混むなら平日に行けばいいんだ、と発想を少し変えてみることにしてみた第一弾です(^^;;もっとも冬場は週末もそれほどの台数じゃありませんけど、思い立ったらやってみる派なもんですから
 すでに有給休暇の承認ももらいました。
 週末に、タイヤの準備をして、凍結防止で抜いたヒートブロックを入れれば、走行準備完了です。
 今回の目標は、昨年は久しぶりに乗ったNSR-Miniでタイムがでませんでしたが、その後、コースは違いますが練習してそこそこ走れるようになった気がするので、M12仕様(ノーマルマフラー)で30秒を切ることです。
 M12で30秒が切れたら、SP12仕様(チャンバー)にして、29秒5くらいを狙えたらな、って思っています。
 それが出来たら、NSR-Miniでなしじくリベンジですよ。
 GSX-R250R/SPとNSR-Miniを2台持っていって、FCR+ファンネル仕様にしたGSX-R250R/SPのメインジェットのセッティング出しをしたいという欲もありますけど、陽が出ている時間はそう長くありませんし、今回は諦めることにしました。
 NSR-Miniだけで、がんばります。
 ボク以外の参加者は、ユウヤさんです。ユウヤさんが来るなら、あの人もきっと来てくださるでしょう!
 他にもどなたかご一緒しませんかぁ~。

 1月にサーキット走行なんてかつてやったことのないボクですが、あまり長く乗らないと、また感覚を忘れてしまうんじゃないかという危惧感もあって、ちょっと身体を動かしてこようと思います。

 18日の日曜日に、コッチーやS選手が京葉に行くということらしいので、京葉にも行きたいのですが、ガレージの引っ越し期限が18日なので、ちょっと無理そうです。寒がってばかりいないで、もっとチャキチャキ引っ越し作業を進めておくべきでした。失敗です!

 

| | Comments (0)

January 10, 2009

GSX-R250R/SP パワーチェック

 ナップス三鷹東八店にGSX-R250R/SPのパワーチェックに行って来ました。
 期待を持たせても悪いので、結論から言うと、計測不能でした。
 旧型のスカウターで孫悟空の戦闘力が測定できなかったように、ダイノマシンではGSX-R250R/SPのパワーを測定することができなかった・・・なんてわけではなくて、FCRのメインジェットが薄過ぎてエンジンが回らず、計測できなかったわけです。お粗末さま。
 ここで言い訳コーナ~。
 FCR+ファンネルの仕様ははじめてだったんですよ。FCR+ファンネル+ラムエアだったことはあって、その時のデータを参照し、一応ラムエアはセッティングに影響しないって建前になっているけど、吸気抵抗になっていることとして1ランク濃いめにしておいたわけですよ。ただ、実走行に持っていく時間がないし、不動産屋さんからはガレージでエンジンを吹かしても大丈夫って言われていますけど、さすがに抜け抜けのサイレンサーで16000rpm以上回すのはためらわれるわけで、後輪に負荷を掛けずに回しても意味ないし、そんなこんなでそのまま持っていて、はい、ダメ~~~。って感じ?
 気楽に出かけたもんだから、メインジェット類は一切持っていかず、どうにもなりませんでした。
 ちゃんちゃん。

 当日は、RGV-Γ250SPで67.5馬力を叩きだしDクラスナンバー1となったジンさんがそのスペシャルなΓに乗ってわざわざ来てくださいました。ありがとうございます!
 ナップスの駐輪場で、ジンさんから濃いお話しをお聞かせいただいていたときのことです。
 年の頃なら20代前半。うら若き女性が「写真を撮っていいですか?」とボクに話しかけてきたじゃあ~りませんか。
 え?!いくらボクがブラッド・ピットに似ているからと言って、写真を撮りたいだなんて・・・と、電波を出しまくってしまったところ、写真に撮りたいのはボクのGSX-R250R/SPでした(^^;;ぉぃ
 正直、20年前のバイクですし、なんのバイクと間違えているのだろうと思いましたが、「SPですよね~、珍しいですよね~」なんて言ってましたし、なにより「250R」と言った言葉をボクは聞き逃しませんでした。
 いつも「GSX-R250」と言われて、「GSX-R250R!!」と「R」を強調して言い直していたボクですから、「250R」と聞いた瞬間、「や、やるな!」って感じですよ。
 その子が何に乗っていたかというと、チャコールメタリックのTV250K(ですよね?)のWOLFでした。
 渋い!渋すぎ!!
 な~んてやっているモナカにもう一台、赤/黒のGSX-R250Rがやってきました。
 珍しいなぁ~とジロジロ眺めていると、そのGSX-R250Rは、Gさんのマシンでした。

 ジンさん、Gさん、お疲れさまでした~。


| | Comments (5)

January 04, 2009

コンテナガレージ引っ越しモナカ

 ただいま、コンテナガレージの引っ越しの最中です。
 CBR250RRが1台、NSR-Miniが2台なくなり、コンテナの中が凄く広く感じます。
 今日は、引っ越しを行いつつ、GSX-R250R/SPの整備を行いました。
 昨年、ナップス三鷹東八店で行われているパワーチェックコンテストに行こうと準備しましたが、エンジンが掛からず、参加できませんでした。
 エンジンが掛からなかった理由がわからず、ずっともやもやした気分でいたので、FCRからノーマルキャブに戻してみました。ボクの考えでは、ノーマルに戻せばセル1発始動のはず・・・はず・・・。がしかし、エンジンはうんともすんともいません。ノーマルキャブでエンジンが掛からないとなると絶望的です。
 どうしたもんか・・・やっぱり圧縮がないのか、と諦めかけたそのとき、エンジンが掛からなかった理由がパッと閃きました。
 それが図星で、無事エンジン始動に成功。原因がわかれば、FCRでも問題ないはず!と思い、再度FCRに換装しなおし、エンジン始動を確認できました。ラッキー!

P1020992

 よぉし!リベンジしてきますよ!
 わざわざナップス三鷹東八店まで行く必要はないのかもしれませんが、あえて行って来ます。
 10日にパワーチェックの予約取っちゃったもんね~。

 4ストクォーターマルチのEクラスは、CBR250RRの37馬力、トルク2.0がトップだったようです。
 ふっ。まだまだだね。
 そんな記録、ボクのGSX-R250R/SPでブチぬいちゃる!って某所で豪語してしまったボクでしたが、FCRで40馬力を超えていたときは、ダイシンのレース管だったんですよね。それが、ノーマルマフラーに戻して、数馬力下がってしまっていたことを失念していました。
 ダイシン管は確かに馬力は出たのですけど、7000rpm付近での谷が半端じゃなくて、ノーマル管に戻したのでした。それ以来、リプレイスマフラー不信に陥ってしまい、別に持っているRPM管はJMCA対応ってこともあって、試す気にもならないほどです。
 FCRのセッティングも出せていませんし、エンジンはOHしてから2シーズンも使っていますし、ちょっと自信がなくなってきました(^^;;

 10日にパワーチェックに行って来ますが、結果をブログにアップしなかったときは、なぜアップしないのか、察していただけると幸いです(^^;;

 

| | Comments (4)

ABM製ステンメッシュカラーホース取付!

 A~B~C~は知ってても、それだけ~じゃ困りますぅ~♪
 なにがって?そりゃぁあなた、バイク乗りたる者、ABM社を知らなければ、アントラインのビレットレバーでカスタムを気取ってしまうことになりますから。それじゃぁはっきし言って、まだまだでしょう。
 ボクのレーシンゲ活動のスポンサーABMジャパン(マッドアーブ)様より供給いただいたSyntoビレットレバー(あ、記事はこちらです。その① その② その③)と比較すると、真面目にそう思います。ユーロ安の影響もあって、お値段もそうかわりありませんし、機能的なだけでなく、質感もよくてさらにカラーアルマイトでレバーとアジャスター部分をそれぞれ6色から選択できるわけですから、ボクにとってはアントライオン、その他を選ぶ理由があるかというと、まったくありません。

 さて、このたび、ABMジャパン様より新たにABM社製のブレーキ(油圧クラッチ)用ステンレスメッシュカラーホースをサポートいただくことになりました。
 ボクの所有するGSX-R250R/SP、NSR250R/SP、アプリリアRS250やNSR-Miniは、フロントブレーキにはいずれも他社製品をすでに使用しており(順番にグッドリッチ、スウェッジライン、アールズ、グッドリッチです(^^;;)、いくらサポートいただけるからといって、重複してももったいないので、今回はGSX-R250R/SPのリアブレーキホースをサポートいただくことになりました。

 製品の特長としては、Syntoビレットレバーと同様、カラー選択が可能で、自己主張の出来るカスタムが可能であるということです。
 詳しくは、カラーホースのHPをご覧いただければ一目瞭然ですが、ホースは9色、バンジョーとバンジョーボルトは7色から選ぶことが出来るという自由度です。メッシュホースなんてどこも同じ、と思っている方が多いかもしれませんが、どうですか、このホースは。目立ち度抜群ですよ!
 車種ごとのセット販売もありますが、ホースの長さやバンジョーの角度を指定することもできるので、ボクのように世界的な稀少バイク(^^;;に乗っていても困ることはありません。当然、ボクのカラーホースは長さ指定のオーダー品となります。
 納期は通常約4~6週間です。ちょっと長いんじゃないの?と思う人には、1820円の追加料金で、ドイツからのエアメールでの発送依頼が可能です。そうすると、納期が約1~2週間に短縮され、万一2週間以上掛かった場合は、1820円の追加料金は返金してくれるというありがたさです。

 ホント、色数が多くて、カラーヴァリエーションが豊富なので、どの色にするか悩みに悩んでしまいましたが(それがまた楽しいんですよね)、ホースはレッド、バンジョーはガンメタ、バンジョーボルトはゴールドを選びました。
 ありがたいことに、ABMジャパン様がエアメールで発注してくださったので、1週間で手元に届きました。
 届いたカラーホースはコレです!

P1020986

 内緒の話、ゴールドが黄土色に見えるんじゃないかと心配していましたが、ちゃんとゴールドでした(^^)
 
 カラーホース取付け前は、当然ですが、地味です。地味すぎます。

P1020994

 ところが、ABM社ステンレスメッシュカラーホースにすると、ほらこの通り。

P1020996

 違いは明らかです!!
 めっちゃかっこいいです!
 調子に乗って、撮影会~。

P1020995

P1020998

P1020997

P1020999

 見た目も変わりましたが、もちろんタッチも変わりました。
 いままでメッシュホースを入れてもあまりタッチの違いはわかりませんでしたが、このホースは違いが明らかです。実にカッチリした、いい感じです。#2ホースなんじゃないかと思えてしまうほどです。

 今回ご紹介したABM社のステンレスメッシュカラーホースはいかがでしたか?
 この冬の間に、是非カスタムメニューに加えてみてはいかがでしょうか?
 マジおすすめです!!

 ABMジャパン様ぁ~、Peak Evo ディスクローターもサポートしていただけませんかぁ?
 え?結果出せよオラオラ?

 す、すみません(^^;;

 
 

 


| | Comments (0)

January 02, 2009

さらば!CBR250RR

 え~、このたび、CBR250RRより一時撤退をすることになりました。
 GSX-R250R/SPよりも速いはずなんですけど、マシンとしてはあまり魅力を感じなかったというか、愛着がわかなかったというか、まぁ骨折したりなんだりで、2台も購入しておきながら1度しか乗らなかったので、仕方がないんですけど。
 それでも、一応少しは悩んだのですけど、GSX-R250R/SPとNSR-Mini、そして、CBR250RRの3台をレーシンゲスペックで維持し続けるには、費用以上に時間が取れないということに気がついてしまったのです。そこで、どのマシンをドナドナすべきか考えたとき、CBR250RRしかないかな、と。

 善は急げとばかり、早速、2台あるうちの1台を本日売却しました。
 ガレージから1台いなくなっただけで、ガレージ内がとても広く感じられますよぉ~、っと思ったら、ガレージを引っ越し中で、まだパーツもバイクも全部移動させていないので当然でした(^^;;ぉぃ

 勢いで買って、乗らずに手放すのは、今回がはじめてではありません。
 NSR150SPとか、RG200Γとか・・・ちょっと反省です。


 

| | Comments (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »