« January 2009 | Main | March 2009 »

February 28, 2009

いろいろやってました

 Go!ちゃん、連絡ありがとね~(リンク貼ってもよかったのかな?)。
 調布のショップの皆さん、ご覧頂いているそうでありがとうございます!
 ・・・な~んつって(^^;;

 注文してある最後のNSR-Mini、3台の納車日が3月3日なので、今日はガレージの掃除を行いました。
 現在は、NSR250R/SP、apriliaRS250、GSX-R250R/SP、GSX-R250R、NSR-Miniがガレージ内にあります。
 さらに、NSR-Mini3台を保管することは難しくありませんが、ガレージ内での作業は事実上不可能となります。
 こまったもんです。
 活動再開に備えて、NSR-Miniの整備をやっておきたいのですが、場所がなくなってしまいそうです。

 他には、先日購入したがY2S-PLEASURE製06シートカウルの塗装を行いました。
 またしても失敗してしまっていますが、気になるのは最初だけなので、やり直しなどは考えずにガンガン進めて行く予定です。ちなみに、今日は中塗りでした。

 V顔仕様時のVガンマ用ゼッケンプレートの塗装も開始しました。
 ものは、コレ。

P1030355

 FRPではなく、ABS樹脂のようです。

 サスペンションセッティングようのスケールなんかも作ってみたりして。

P1030351

 150mmあると、リアサスペンション周りの計測には長すぎてダメなんですよね。
 そこで、使いやすくするために、サンダーで短くしてみました。
 思いつきで行動したので、0-95mmと、110-150mmなんて中途半端な長さにしてしまいました。
 0-90mm、100-150mmにすべきでした(T_T)

 そんなこんなの一日でした。


 

| | Comments (0)

February 26, 2009

シリーズ エンジン分解 最終回にはドラマがある!

 前回は、M8のナットがないばかりに、クランクケースを分割することができませんでした。
 よぉっく考えてみると、よぉっく考えるまでもなく、ウチから1kmも離れていないところに、DIYショップがあるのを思い出したので、今日は会社帰りにM8のナットを購入し、帰宅しました。
 ナットは、ついいつものこだわりでステンレス製。これが裏目に出ました。
 何も疑うことなく12mmだと思っていたのですが13mmでした(T_T)なにこれ。
 13mmのナットではダメなのですが、1つ25円もしたので、悔しくて悔しくて、結局ディスクサンダーで削り、12mmにしました。ディスクサンダーで削るために、ナットを買ってくることが出来る時間を費やしたので、それがまた悔しくて悔しくて、今日は大荒れですよ、えぇ。

 エンジンの分解てなものは、サービスマニュアルと、SSTを含む工具があれば、誰にでも出来る、そんな感想を持ちかけていましたが、実はそうでもなさそうです。加えて必要なのは、「知恵」です。その知恵が、ボクにはありませんでした(T_T)
 クランクケースの裏側に気を取られ、不幸なことに、サービスマニュアルを読み飛ばしてしまい、クランクの分割に失敗してしまいました。

 バキッっとな。

P1030332

 クランクケースを割っちゃいました(T_T)
 画像をよぉっく見てください。
 クランクケース上部のボルトを抜き忘れていました(T_T)あぁ~最後の最後で~。

 おかけで、クランクケースの分解が大変でした。
 が、余計な時間を掛けて、何とか分割に成功。

P1030335

 これで、エンジン分解、完了です。
 だから何?って言われると困るのですが、ボク的にはちょっとした達成感を味わっています。
 でかくて重いゴミを、小さくてかさばるゴミに変えただけなのかもしれませんけど(^^;;
 っていうか、すでに外したパーツが邪魔になっています。
 ん~、組み立てのお勉強もしたいところですが、ガスケットなどの消耗品を買い集めるだけでも、すごい金額になりそうです。うまく組めれば、予備エンジンとして活躍できるかもしれませんが、失敗したら、それこそ高い勉強代になりそうです。どどど、どないしましょ?
 そんなことを考えていると、やるならクロスミッションで組みたいし。ってことは、SPのエンジンを分解しないといけなくなります。すると、またゴミが増えます。
 むむぅ~。

 取りあえず、シリーズ「エンジン分解」編は終了ってことで、「エンジン組立」編はスポンサーが見つかれば!!

 

| | Comments (9)

February 25, 2009

シリーズ エンジン分解 嗚呼感動のラスト前

 GSX-R250Rのエンジン分解ですが、いよいよ終わりに近づきました。
 今日は、クランクケースの締付けボルトを全部抜き、あとはパカッとケースを割るだけです。
 たったそれだけなのですが、8mmのナットがなくて、ケースを割ることが出来ませんでした。
 8mmのナットを2箇所にセットし、ボルトを締めることによって、ケースを割るのですが、なんとナットが家にありません。
 フランジナットやUナットなら出てくるのですが、ふつ~のナットがないのです(^^;;ま~じ~?
 Uナットをディスクサンダーで削り、薄くしてから、と思ったのですが、1個やったらめんどくさくなりました。
 ってことで、たぶん次回が最終回。さて?

 そうそう、書き忘れていたのですが、10日前に、60万アクセスを突破しました(^^)ドンドンドンパフパフパフ~
 一時期は、検索で当ブログを見つけ、数ページ読んで下さる、といった方が多く、アクセス件数が多くありましたが、一巡してしまったのか、最近はそういう方がたまにしか来て下さらないため、一日当たりのアクセス件数は一時期より少なくなっていますが、逆にお気に入り(MAC風に言うとブックマーク?)に登録して下さっている方が増えており、定期的に巡回下さっているようです。
 ありがとうございます。

 予定では、3月中旬くらいからNSR-Miniで白糸に通おうと思っています。
 いろいろ批判のあるところですが、フレームは新品に交換します。何度も転倒しているので、フロントフォークのインナーチューブも新品に交換する予定です。現在のインナーチューブが曲がっていなくても、です。曲がっていなければ、そのまま予備にすればいいだけですし。
 エンジンの腰上OHは、今からでは間に合わないので、梅雨時にする予定です。
 今年の課題であるサスペンションセッティングですが、気が向いたらシフトアップ製強化リアサスと、リップスのタイプ4を試してみるかもしれません。
 いずれ、梅雨前までには、なんとしても、昨年レベルに持っていけるよう、白糸集中でがんばるつもりです。

 一方、GSX-R250R/SPは梅雨開けくらいまで凍結します。よって、ライフワーク的に参加していたやまなしの耐久レースも、参加しない方向です。やりたい人がいるなら考えますが、ボクの人望では人が集まらないし。
 昨年、骨折したために使えなかったディアブロ、レンスポ、そして、今度出るブリジストンのBT-003STをなぜか注文してしまっているので、今年はタイヤの心配をしなくてもよさそうです。梅雨開け以降は、月1回、トミンに行ければいいなと思っています。
 やまなしは・・・心のキズが癒えているかどうか、それが問題です。

 では!


 

| | Comments (3)

February 22, 2009

北海道らぁめん 伝丸 平塚田村店@平塚

 伊勢原に行ったついでに、北海道らぁめん 伝丸 平塚田村店に寄ってみました。

P1030321

 こんなことが書いてありました。

P1030323

 が、チェーン店みたいで、説得力がないというかなんというか。
 行列が出来ているわけでもなく、カウンターに席が空いているにもかかわらず、席に案内されずに、非常に待たされました。
 途中で帰らなかったのが自分でも不思議なくらいです。
 ようやく席に案内され、赤味噌らーめんを注文しました。
 看板は、「北海道らぁめん」ですが、メニューは「らーめん」です。この表記の違いは、なぜなんでしょう?
 ま、いっか(^^;;

 お味の方は、普通でした。
 どこが「究極のらーめん」なのか教えて欲しい気持ちになりましたが、ボクは違いのわからない男なので、もしかしたら究極らーめんなのかもしれません。よくわからないくせに、こんなネタ書いてごめんなさい。
 反省として、ここの究極らーめんは一生自粛しようと思います。
 
 ボク的には、近くにある小林屋の方が好きかな?って感じです。

 

| | Comments (0)

シリーズ エンジン分解

 スズキの純正特殊工具が届きました。
 これがローター外しです。

P1030324_2

 小さい方のネジをクランクにねじ込み、大きな方のボルトをローターに入れ締め込むと、はじめに入れた小さなネジに当たり、さらに締め込むことによってローターが外れるという仕組みです。
 インパクトレンチがあれば、ローターは簡単に外すことができます。
 ほら、出来ました。

P1030329

 今日はさらに、先日外したピストンを洗浄してみました。
 ピストンの参考画像は、こちらをご覧下さい。砂利がのっかってますけど。
 ガスケットリムーバーなどを使えば時間を節約できますが、コストがかかります。お肌にもメチャメチャ優しくないので、お財布にも、お肌にも優しいメタルクリーンαの水溶液を使用しました。
 温めたメタルクリーンα水溶液にピストンを入れ、しばらくしてからナイロンブラシでこすると、ほらこの通り。

P1030328

 意外に効くんですね、メタルクリーンαは。
 臭いも臭くないし、結構おすすめです。ちょっとお肌にチクチクしちゃいますけどね。

 ピストンのキズは、見なかったことにして、今日はここまで(^^;;

 

| | Comments (0)

February 21, 2009

油そば 味の天徳 星ヶ丘店@相模原

 神奈川で油そばを食べようと思っても、お店がなかなか見つかりません。
 検索が下手過ぎるのでしょうか?
 どこかないかなぁ~といつも考えていたのですが、先日、うどん屋 金敷に行ったときに、見つけました。金敷の目と鼻の先に。
 それが、味の天徳 星ヶ丘店です。
 なかなか相模原まで足を運ぶ機会が少ないので、どんなお店なのか、ジモティのユウヤさんに斥候をお願いしておきましたが、ユウヤさんの報告を待つ前に、自ら食べに行って来ました(^^;;ユウヤさん、ごめんなさい。

P1030317

 油そばだけではなく、ラーメンなどもありましたが、はじめてのお店なので、基本?の油そばを注文してみることにしてみました。

P1030320

 おぉ!
 この麺の艶、タレのコク、あっさりとしていながらこの芳醇な味わいはどぉだ!うぅぅぅまぁぁぁいぃぃぃぞぉぉぉぉ!!
 ・・・てなうんちくを語りたいところでしたが、木曜日くらいから風邪をひき、頭痛、咳、鼻づまりなどの諸症状に苛まれておりまして、味がまぁぁぁぁったくわかりませんでした(^^;;

 ま、また今度、出直します・・・。


 

| | Comments (2)

GSX-R250R パワーチェック@ラジカル

 GSX-R250R/SPのパワーチェックに行って来ました!
 あらかじめ言うと、子細は書きません(^^;;大人の事情ってやつで。
 なので、サクサクっと読み飛ばしてください。

 先日、RPMのマフラー「PLUMAGE」をつけてみたのですが、排気漏れしたために、パワーチェックは見送りましたが、今日はやる気満々です。しかも、PLUMAGAと純正改マフラーの性能を比較までしてみようかな、と。
 排気漏れしているPLUMAGEは一旦外さないとなりませんので、外したついでにそのまま純正改マフラーに戻しました。
 理由は2つ。
 一つは、排気漏れの原因はガスケットにあることは疑いようがありません。原因はおそらく、PLUMAGEマフラーに比較して、純正改マフラーの方が、ガスケットを潰す量が大きいのではないか、と推測しました。故に、純正改マフラーにすれば、ガスケットを交換しなくても排気漏れはおこさないだろうと考えたこと。
 もう一つは、エキゾーストパイププレートというパーツ(エキパイとフランジの間のパーツ)が分割式になっているため、その部品がエキパイと一体になっているPLUMAGEに比べて、マフラー交換に時間がかかると予想したからです。あらかじめ純正改マフラーをつけておき、パワーを計測後、PLUMAGEに交換して再度パワーチェックした方が、その逆よりも時間を短縮出来るだろうというわけです。

 今回お邪魔したショップは、平塚の「ラジカル」です。

P1030306

 おそらく、我が家から一番近い、ダイノマシンのあるお店だと思います。
 見た目はバイク屋さんですが、中は「工場」といった感じで、いろんな工作機械が置いてありました。
 きっと、鉄、アルミなど、何でも加工、ワンオフできてしまうんだと思います。

 早速、純正改マフラーでパワーチェックしてもらいます。

P1030307

 周囲に民家が多いため、特別な消音器が用意されていました。

P1030309

 あ、ちゃんと撮影許可は頂いております(^^;;
 パワーチェック中はこんな感じです。

P1030312

P1030311

 排気音がきちんと消音されているので、パワーチェック中はFCRの吸気音の方がでかかったくらいです(^^;;

 そうそう、はじめは純正キャブレターに戻してパワーチェックするつもりでした。
 セッティンゲが中途半端なFCRよりも、純正キャブレターの方がマフラーの特性を把握しやすいと思ったからです。
 しかし、パワーチェックするなら出る数値は大きくしたい、という欲望に負けて(^^;;、FCRでのパワーチェックになりました(条件:FCR28。50mmファンネル。ラムエア無し、直キャブ。純正改マフラー、インナーサイレンサー無し)。

 終了後、お店の方の許可を頂き、場所をお借りしてPLUMAGEマフラーに交換。
 再度パワーチェックしてもらいました(条件:FCR28。50mmファンネル。ラムエア無し、直キャブ。RPM「PUMAGE」マフラー)。
 ガスケットはちゃんと新品を使ったので、当然排気漏れはありません。

 純正キャブも持参していたので、純正キャブでもパワーチェックしてみたかったのですが、長居するとお店に迷惑だと思って、言い出せませんでした(^^;;
 サクサク交換するつもりだったマフラー交換に時間がかかったりして、お店の人にはお昼時にお邪魔して本当にごめんなさいって感じです。

 結果としては、貴重なデータが取れたと思います。
 去年行こうとして行けなかったパワーチェックコンテストに参加していたとすれば、クラス1位だったというところでしょうか。実際、あのときパワーチェックに行っても、MJが濃すぎてダメだったのですけど。

 さて、次の仕様をどう仕様?


 

| | Comments (6)

February 18, 2009

ナイトロン セッティング法

 サスペンションへの理解が深まらないなか、さらにナイトロンのセッティング方法へと話しを進めます。
 これも、某誌の記事をテキストに、勉強をかねてまとめてみます。ちなみに元記事はナイトロンの井上さんが書いています。

☆プリセット状態から、伸び側を最弱にする(縮み側はプリセット状態?(^^;;)

☆1クリックずつ伸び側を締めていくと、次第にリアが落ち着いてくる(ブレーキング時や切り返し時のリアの浮き上がりが抑えられ安定感が増す)。ある一線をこえると、切り返しが重たくなったり、乗り心地が悪くなる。その手前で、伸び側決定。

★ナイトロンの縮み側は、高速用が全体のベースライン。低速用がゆっくりダンピングするときのトラクション調整用。

☆縮み側低速用を最強にする(この状態がTRACKシリーズと同一)。縮み側高速用を最弱にする。リアがよく動き、乗り心地はいいが、コーナーの立ち上がりや加速時にリアが腰砕けになる。あるいはふわふわする。高速側を徐々に閉めると、腰砕け感なくなるが、乗り心地が悪くなる(硬くなる)。特に低速時に小さなギャップを拾い不快に思うようになったところから少し戻したところで決定。

☆縮み側低速用を最強から徐々に緩める。低速コーナーで腰砕け感、車体がすぐに低くなる感じがあれば、その手前で決定。

☆わからなくなったら、プリセット状態に、ヽ(∀゜ )ゝ リセット!! ツッチーツッチーツッチーツッチー


 ん~。プリロードはどうすんのかわからないですけど、乗ればわかると信じて、試してみます。
 トガシのリアサスも、上記を参考にやってみよぉ~っと。

  

| | Comments (6)

February 17, 2009

猿だからわからないサスペンションセッティング

 もっと速く走れるようになりたい!、そういった願望は非常に大きく持っていますが、その一方で、ボクの才能では、これ以上速くなることは難しいと思っています。それが現実です。
 必死になれば報われる、力を入れればいい、そういう単純なものではありませんから。
 だからといって、全く諦めているかというと、そうでもありません。
 ボクは、サスペンションセッティングに活路を見出そうと考えています。

 技量があれば、どんなセッティングのバイクでも、そこそこ走らせることができるでしょうが、技量の無いボクは、自分に合ったセッティングとそうではない場合との開きが大きいと思われます。実際、同じバイクで、同じに日に、サスペンションのセッティングを変えてもらっただけでアベレージが1秒近く速くなったこともあるくらいです。
 昨年、トミンでのタイムがベストに遠く及ばなかったのも、サスセットの変更が原因だと思います。そして、ボクには最適なセットを出す能力はありませんでした。
 これからは、やみくもに練習するよりも、考えて、感じて練習する、これです。っていまさらですけど。

 今日のネタは、ネタという自分用のお勉強です。
 雑誌に書いてあったことを簡単にまとめて、覚えるとともに理解度を深めるためのものです。

 それでは・・・。

 ヽ(∀゜ )ゝ セット!! ツッチーツッチーツッチーツッチー

☆前後の車高
 フロントは、突き出し量、リアは車高調で変更可能。
 フロントを下げると、重心は低く、前に移動する。その場合、初期旋回しやすいが、二次旋回しにくく、フロントフォークの縮み量が少なくなる。
 フロントを上げると、重心は高く、後ろに移動する。その場合、初期旋回しにくいが、二次旋回しやすく、フロントフォークの縮み量が多くなる。
 リアも上記におなじ。ただし、リアを上げると、アンチスクワットは増え、リアを下げるとアンチスクワットが減る。

☆全体の姿勢
 全体的に車高を上げると、直進、コーナリング(車体が粘る)ともに安定性が高まる。が、ピッチングが増え、ロールさせにくい。アンチスクワットが増える。
 全体的に車高を下げると、直進、コーナリング(車体の粘りが減る)ともに運動性が高まる。ピッチングは出にくく、ロールさせやすい。アンチスクワットが減る。

☆前後の姿勢
 前傾させると、初期旋回しやすいが、二次旋回しにくく、フロントフォークの縮み量が少なく、リアのストロークは大きくなる。アンチスクワットは増す。
 後傾させると、初期旋回しにくいが、二次旋回しやすく、フロントフォークの縮み量が多くなり、リアのストロークは小さくなる。アンチスクワットは減る。

☆フロントフォークのプリロード
 大きくすると、動き出すまでの荷重が大きくなる。フォークが受け止める最大荷重が増える。フロントの車高が高くなる。初期旋回しにくいが、二次旋回しやすい。
 小さくすると、動き出すまでの荷重が小さくなる。フォークが受け止める最大荷重が減る。フロントの車高が低くなる。初期旋回しやすいが、二次旋回しにくい。

☆フロントフォークの伸び側減衰
 大きくすると、縮んだフォークが伸びるのに時間がかかる。走行中のフロントの車高が下がる。初期旋回しやすいが、二次旋回しにくい。
 小さくすると、縮んだフォークが伸びる時間が短くなる。走行中のフロントの車高が上がる。初期旋回しにくく、二次旋回しやすい。

☆フロントフォークの縮み側減衰
 大きくすると、フォークが縮む時間が長くなる。フロントブレーキでのノーズダイブが減る。走行中のフロントの車高がやや上がる(伸びほど影響しない)。 
 小さくすると、フォークが速く縮む。フロントブレーキでノーズダイブが増す。走行中のフロントの車高がやや下がる(伸びほど影響しない)。 

☆リアサスのプリロード
 大きくすると、動き出すまでの荷重が大きくなる。リアサスが受け止める最大荷重が増える。リアの車高が高くなる。初期旋回しやすいが、二次旋回しにくい。
 小さくすると、動き出すまでの荷重が小さくなる。リアサスが受け止める最大荷重が減る。リアの車高が低くなる。初期旋回しにくいが、二次旋回しやすい。

☆リアサスの伸び側減衰
 大きくすると、縮んだリアサス伸びるのに時間がかかる。そのため 走行中のリアの車高が下がる傾向になり、初期旋回しにくく、二次旋回しやすい。
 小さくすると、縮んだリアサスが伸びる時間が短くなる。そのため、走行中のリアの車高が上がる傾向になり、初期旋回しやすく、二次旋回しにくい。

☆リアサスの縮み側減衰
 大きくすると、リアサスが縮む時間が長くなる。走行中の車高がやや上がる(伸びほど影響しない)。 
 小さくすると、リアサスが速く縮む。走行中の車高がやや下がる(伸びほど影響しない)。 


☆結論
 ようわかりまへん(T_T)


 

| | Comments (2)

February 16, 2009

シリーズ エンジン分解

 会社から帰ってきて、着替えてからすぐに、分解中のGSX-R250Rのエンジンを小脇に抱えて、ライディングサービスBONに行って来ました。
 BONさんにヘルプをお願いせずに分解しきるつもりでしたが、ピストンピンはどうにも抜けそうにないので、BONさんにヘルプをお願いするつもりでした。
 早速、BONさんにお願いすると、
「ピストンピンプーラーあるから自分でやれば?」
 とのことでした。

 はぁ?ぴ、ぴ、ぴ、ピストンピンプーラー?

 そんな道具がこの世にあるなんてご存じでしたか?
 ボクは知りませんでした。はずかしぃ~。
 だって、だって、いままで壊してきてエンジンは、2ストばかりなんだもんだもんだもん(^^;;

 これがピストンピンプーラーです。

P1030291

 ピストンピンにベアリングがないことだって、知りませんでしたよ。
 このSSTを使うと、手を血だらけにしてもピストンピンが抜けなかったことが嘘のように、あっという間にピンを抜くことができました。

P1030292

 ん~。ボクは、エンジンをいじるとか、そういう以前のレベルのようです。
 BONさん、メカのひぐちさんに、エンジンをいじれるようになるための分解だということを言うと、組み立てるのは絶対無理って太鼓判押されちゃいました(^^;;
 カブやモンキーからはじめた方がいいって。いきなり4気筒は無理だって。
 偶然にも、お店においてあったバイカーズステーションを見てると、素人がいきなり4気筒は「非現実」って書いてありました。

 マジ?

 あぁ~、ボクの高き孤高な志は、脆くも崩れ去ったのでした。

 はい、やめやめ。

 

| | Comments (5)

February 15, 2009

シリーズ エンジン分解

 いろいろやりたいことは多いのですが、今日は朝から横浜に行ってきました。
 先日新調した眼鏡のセッティングがいまいちで、眼鏡をしていると数分で頭痛がして、目の奥が痛くなってします。こりゃどうにもならん、と、セッティングがあっているかどうかを確かめるのと同時に、レンズにしわ?があるのを確認してもらうためでもありました。
 結果、効き目の右目よりも左目の方がよく見えるセッティングになっているため、違和感を感じるのだろうとのことで、保証でレンズのセッティングを変更してもらえることになりました。
 レンズのしわは、熱いところに置いたりなど、温度差で生じるとのこと。心当たりがありませんか?なんて疑われましたけど、水曜日に引き取りに行って、会社で使うくらいです。度があまりにもあわないので、クルマでつかわないどころか、クルマの中にも持ち込んでいません。温水でレンズを洗いましたけど、熱湯で洗うわけじゃなし、疑われてプンプンですよ、もう。まぁ、交換してくれたのでよかったですけど。

 横浜からの帰りに、港北のストレートに寄ってみました。
 お店の雰囲気は、アストロプロダクツによく似ていました。
 いま興味がある、100V最強と言われる3馬力のエアコンプレッサーの実物がおいてありました。
 で、でかい!こんなにでかいとは・・・。やはり買うなら日立工機のEC1443の方でしょうか?
 どちらがいいと思いますか?

 他にも寄り道をいっぱいしたので、結局帰宅したの18時。な~んにも出来ません。
 なので、台所で出来るエンジン分解をちょっとだけやってみました。
 ジェネレータロータの取り外しはちょっと保留にして、ウォーターポンプを外しました。またしてもインパクトドライバーが活躍しました。開いててよかった!って感じです(^^;;ぉぃ
 ニュートラルスイッチもサクッと外せて、いよいよシリンダーヘッドカバーです。
 シリンダーヘッドカバーは苦戦しました。固着していて、ビクともしません。引っかかりが少なく、木槌で叩こうにも、叩けるところは1箇所で、前後左右から揺さぶることができません。
 ここはケミカルに頼ろうと、ワコーズのラスペネをガスケットの間に浸透するようたっぷり塗布し、インターバルタイムを置いてから、また木槌で叩く作戦に出ました。
 時間は掛かりましたが作戦成功。シリンダーヘッドカバーを外すことができました。
 カムシャフトは難なく外せました。キズ、かじりはないようです。ラッキー!
 ヘッドを外してからプラグを外すのはしんどいので、プラグを外してから、シリンダーヘッドを外します。
 ヘッドは、木槌で数回叩いて外せました。
 すると、3番、4番ピストンの上に、砂利発見!

P1030288

 GSX-R250Rにお乗りのみなさ~ん。
 不用意にプラグ交換をすると、こうなるんですよぉ~。
 どういうことかというと、通常、サイドスタンドでバイクを止めていますよね。
 つまり、バイクが左に傾いたまま、ということになります。
 その状態で放置すると、3番、4番のプラグホールに水がたまり、プラグの根元が錆びてしまいます。
 他、プラグホールにゴミがたまりやすい状態にもなります。
 そのまま、プラグを抜くと、はい、この通り(T_T)プラグホールのゴミが、シリンダーに落ちるという寸法です。
 このエンジンも、1番、2番のプラグはきれいでしたが、3番、4番のプラグは錆びていました。まさに、典型的なパターンです。
 不動車を買ってきた場合、当然プラグ交換からはじめると思いますが、簡単そうに思えるプラグ交換も実は命懸け、ってことだったりするんですよね。
 整備の行き届いているボクのレーシンゲマシンでさえ、プラグ交換をするときは、必ずプラグホールをパーツクリーナーで洗浄後、エアブローをしてゴミを飛ばしてからにしています。
 つまり、GSX-R250Rの不動車を購入した場合は、エンジンOHを覚悟で買わないとダメってことです。
 3番、4番プラグの錆は非常に多いですから、中古車を買うとき、特にヤフオクなどで買うときは、シリンダーヘッドの側面に、プラグホールの水抜き穴がありますので、そこから錆び汁の流れたあとのあるマシンは要注意、敬遠することを考えてください。

 おぉ!なんてためになるブログだぁ!

 もっと言うと、100%圧縮が抜けていますから、GSX-R250Rの中古は買わない方が無難、ってことになっちゃうんですけどね。
 某ショップが、エンジンOHを謳ってGSX-R250Rを出品していたときも、圧縮圧力を聞くと、ヘッドOHと言っているにもかかわらず、標準値を下回っていました。さすがに、使用限度は上回っていましたが、標準値をクリアしていないなんて・・・。

 閑話休題

 シリンダーを外して確認してみると、錆はありませんでした(^^)
 とはいえ、きれいな状態か、というと、ボクには判断が難しい感じです。現時点錆はありませんが、かつてあったかもしれない?でも段差はない、みたいな。
 今日は、ピストンを外すところまで、と思いましたが、ピストンピンが抜けません。もちろん、スナップリングは外してあります。
 必死になりましたが、抜けません。なぜでしょう?

 お?エンジンに赤いオイルが付着してる・・・なんじゃろう?、と思ったら、必死になり過ぎたせいで、ボクの手の甲が傷つき、流れた血が付着していたものでした。
 血を見るまで、気が付きませんでしたよ。どおりで、痛いはずです(^^;;

P1030289

 痛いので、今日はここまで(T_T)

 

| | Comments (2)

February 14, 2009

シリーズ エンジン分解 SIGNETインパクトドライバーセット購入

 ガレージの掃除に飽きたので、GSX-R250Rのエンジン分解の続きを行いました。
 前回は、クラッチを外したところで、作業を終えました。
 サービスマニュアルを手元に用意していなかったので、プライマリドリブンギアの外し方がわからなかったせいでしたが、マニュアルを見ると、スラストワッシャを外せば、簡単に外せることがわかりました。
 って画像がないと、限界かなぁ~。
 スラストワッシャは、オイルで貼り付いているだけでした。
 構造がわかっていないので、そんなことも見抜けないんですよぉ~。
 それから、順調に、オイルポンプドリブンギア、オイルポンプを外しました。
 ギアシフトシャフトは多少苦戦して、ようやく外せました。
 右に引き抜くだけなのですが、ギアシフト側の汚れをきちんと落としていなかったことが原因で、シールに引っかかってしまったからでした。汚れは落とそうにも固着していたので、ここは力いっぱい引き抜くことで解決しました(^^;;

P1030281

 そして、難関がやってきました。
 ポールリフタ締付けボルトです。
 上下2本で締付けてあります。上のボルトは、六角ボルトなので難なく外すことができましたが、下のボルトが、+のボルトになっています。
 イヤな予感がしてきます。
 どうして+のボルトなんてつかうのでしょう?
 しばらくそのボルトを凝視してみました。・・・ボクの念動力では回りそうにありませんので(^^;;、正攻法でチャレンジです。
 押す力80%!回す力20%!出力全開!!
 右ストレートは、右拳に全体重をのせ、まっすぐ目標をぶちぬくように・・・回すべし回すべし回すべし!!

 お~まい~蛾~(T_T)

 いやなに、エンジンがズルっと動いてしまいましてね、なめちゃいましたよ。
 やっぱりな~、こうなる運命なんだと思いましたよ~。
 再度、リカバリ~。しかし、時すでに遅し。ダメみたいです。
 シグネットのドライバーは、グリップ上?が六角になっているので、体重をのせて押しつつ、メガネで回転させることができます。不器用なボクには、体重を乗せながら、右手の握力だけでグリップを回すことは困難ですし、なにより右手首は骨折して以来、手首をひねる動作は苦手です(あ、日常生活には問題ありませんし、ほぼ100%の関節可動域です。)。当然、メガネを利用した回し方で行いましたが、ダメなものはダメ。回し方の他に、エンジンのホールドにも問題があったようです。
 あ~あ。やっちゃった(T_T)

P1030283

 どうしましょ?
 ライディングサービスBONに持ち込めば、きっと1秒で外してもらえると思います。
 でも、ここでBONさんを頼ってしまうと、ボクの今後のメカマンとしての成長の妨げになりそうな気がします。
 よし!
 インパクトドライバーを買っちゃいましょう!
 アストロプロダクツの藤沢店、ど~なっちゃったんでしょうね。
 一時は、HPに移転って掲載されていたのに、今じゃ何も載っていません。
 仕方がないので、電話で在庫確認をして、アストロプロダクツの厚木店まで行って来ました。
 もちろんメーカーはシグネット!

P1030285

 いや~、いままで持っていなかったことが恥ずかしいです。
 東日のトルクレンチを無駄に4本も持っているのに、インパクトドライバーを持っていないなんて。
 問題は、一瞬で解決しました。

P1030286

 持つべきものは、友と財布と、工具ですね!
 右横のカムガイドの締付けボルトも、手では緩みそうにないので、インパクトドライバーでサクッと外しました。
 そして、サービスマニュアルを読み進むと、さらに右、ちょい斜め上のベアリングリテーナの+ネジは、インパクトドライバーで外すように指示がありました。
 もう、早く書いてよ(T_T)

 ベアリングリテーナを外すと、サービスマニュアル通りの手順で行けば、ジェネレーターカバーの取り外しになりますが、一部すでに外れているので、その分手順を省略して、ジェネレータロータを外します。
 ジェネレータロータの締付けボルトを外すには、ロータの回りを止めるSST(特殊工具)が必要になりますが、ここはエアインパクトレンチで外しちゃいました。
 問題は、ロータ本体の取り外しです。ここに、SSTの指示があります。
 SSTの値段は、2500円程度のはず。購入することに問題はありませんが、注文してもBOですぐ来ないことを考えると、悩んでしまいます。スキルの必要な作業ではありませんし、BONさんにお願いするか・・・むぅ。
 M12、P1.25の長めのボルトがあれば代用できそうなんですけど、DIYショップに売っているでしょうか?

 今日の作業はここまでとして、明日、ハンズにでも行って来ます!


 

| | Comments (2)

ガレージ掃除

 出遅れました。
 まさかこんなに暖かい一日になるとは。いや、暑い一日です。
 なんでも気温が25度をこえたという噂。
 2月14日ですよ?
 温暖化万歳!
 冬がなくなるなら、二酸化炭素をばらまき続ける、世の中そんな人もいるかもしれませんね。
 ボクはそんなことしませんが。せいぜいいつもよりも多めにおならをするくらいです(^^;;

 雨だとばかり思っていたので、すっかり寝坊しました。
 GSX-R250R/SPのマフラーを付けなおしたり、リアブレーキキャリパーをアルミピストン化したり、NSR-Miniを一端分解してから組み直すとか、やりたいことは山ほどありましたけど、出遅れたので、ガレージの掃除をするだけにとどまりました。
 残念です(T_T)

P1030279

 そうそう、3台購入したNSR-Miniの最終ロットの納車日が決まりました。
 3月3日だそうです。
 ガレージに全部入りますが、そうすると整備のスペースが無くなってしまいます。
 台所ガレージ、再び・・・という事態になるかもしれません(^^;;


 

| | Comments (2)

February 12, 2009

シリーズ エンジン分解

 芸の無いタイトルでごめんなさい。
 番号をふってもいいのですが、しばらくすると何番なのか忘れてうやむやになりそうなので、同じタイトルを使い回すことにしました。・・・何番か忘れる前に飽きて放置になる可能性も相当高いとも思います。そのときはごめんなさい(^^;;

 今日の作業は、オイルパンを外すことからはじめました。
 手が油まみれになるので、画像は割愛させてもらいますが、オイルパンを外し、エンジンオイルトレーナーを外し、レギュレーターを外すと、エンジンを自立させることが出来ます。これで、作業性が高まるはず!
 そして、エンジンスプロケット、スターティングモーター、シグナルジェネレータカバーを外しました。
 簡単にボルトで固定されているだけなので、外すのが簡単で、なおかつ、分解しているという充実感を味わうためです。うん、余は満足じゃぁ。
 ヘッドを分解して行くにはまだ準備不足なので、次はクラッチ関係をやってみることにしました。
 クラッチカバーが固着していたので、やや苦戦しました。ボクのレーシンゲマシンなら、パカッ!って外れるのですけど、しっかりくっついています。
 今回の分解のテーマは、「壊さない」です。
 いつも、途中で、「キィ~~ッ」っとなって、破壊してしまうので、壁にぶち当たったときは、まず焦らず深呼吸。程良く花粉を摂取したところで、落ち着いて作業を再開です。
 ・・・結局、ショックレスハンマーが部品の山に紛れ込みでてこないので、木片を当て、ハンマーでぶっ叩いてはずしました(^^;;
 クラッチの交換は、何度も自分で行っているので、カバーさえ外せば、ナン@インドは、もとい、難易度は高くありません。サクサクっと分解できます。
 未経験の作業は、カシメてあるクラッチスリーブハブワッシャの取り外しですが、ハブにわずかなキズを付けるだけで、無事外せました。
 今日の作業はここまで。

P1030260

 そうそう、テンショナアジャスターの取付けボルトが折れているのを発見!

P1030261

 ksg!!
 このボルトの取り外しは、自分じゃ出来ないこと決定です(T_T)
 ボクが壊さなくても、元々壊れているなんて。
 他にも、オイルパンに異物が沈んでいました。
 まだ正体は不明ですが、このエンジンが500円で売られた理由は、この異物にありそうです。

 と、ここまで書いてみて・・・むぅ、部品名称を書いても、画像が添付されていないといまいちわかりづらいですよね。詳しい人はどんな部品か頭に浮かぶのかもしれませんが、ボクもあと30秒すればどんな部品か忘れてしまいそうです。
 でもなぁ、作業中は手が油まみれで、とてもデジカメを触れる感じじゃありません。
 今後の課題ですね。


 

| | Comments (0)

February 11, 2009

シリーズ エンジン分解

 ボクは、このブログを読んで下さっている方々から、お金持ちに思われていることが多いようです。
 ボクの無駄遣いっぷりがそう思わせてしまうようですが、事実は違います。無駄遣いはしたことがありません!全部必要なものばかりです!・・・って、いや、そうじゃなくて、実体は、貯金など皆無で、バイクやクルマや他諸々で借金しまくりです。借金の額を聞いて驚くなよ、このヤロー状態です。
 ある人は、ボクの借金の額を聞いてのけ反り、そのままブリッジしてしまったくらいです。もちろん、嘘ですが、そのくらいすごいというものの例えです。
 いま病気をしたり、転倒して大けがしたら、暮らしていけないどころか医療費の捻出もできないことでしょう。
 なぜそこまで刹那的に生きているのか。
 それは、ボクが身体的な問題で、もうすぐバイクに乗れなくなってしまうからです。
 個人的なことなので、あまり詳しく語りたくはありませんが、簡単に言うと、好きなものを食べれば食べるほど、お腹の脂肪が増えていくという難病です。主治医からは、このままの状態だと、あと一ヶ月でツナギを着ることができなくなるだろうとのことでした。ツナギが着れないと、バイクに乗ることができなくなってしまいます。故に、これは、ボクに取っては死の宣告に等しいことです。
 あぁ、どうしましょう。 レーシンゲできなくなるなんて・・・。
 例えバイクに乗ることができなくなっても、バイクに触れていたいと思うのは当然のことでしょう。
 ボクは、レーシンゲできなくなったときのことを考え、今持っていないスキルの獲得を目標にしてみることにしました。
 タイヤ交換は工具を買ったし、あとは実践あるのみ。チェーンの交換も同様です。
 となれば・・・エンジンを自分でいじれるようになる、これしかないでしょう!
 早速、ヤフオクでGSX-R250Rのエンジンをゲットし、エンジンを分解するための環境作りをはじめました。
 場所はもちろん台所!
 数年ぶりにテーブルの上をきれいにしました。

P1030250

 テーブルにシミがあるのは、このテーブルが、食事用兼プラモ作りの作業台だからです。
 一人前のモデラーたるもの、シンナーかけご飯を3杯は平気で食べれるくらいじゃなきゃいけません。でもよい子は真似しないように!
 テーブル向こうに見えるプチプチにくるまれたものは、Vガンマのスイングアームです。台所用のオブジェとして購入しましたが、アバンギャルド過ぎて、まだ未開封のままです。
 テーブルの上には、新聞紙を敷きました。
 これで、エンジンが油をデロデロ漏らしても大丈夫ぃ!

P1030251

 脳内妄想モードでは、新聞紙をビシッ!ときれいに敷き詰めるつもりでしたが、現実はこんなもんです(^^;;
 テーブルの下にちらりと見えるのは、Vガンマのリア足周り一式の一部です。台所用オブジェその2として、テーブルの下から自己主張しているの図です。
 そして、どっこいしょ!と、テーブルの上にエンジンを置きます。
 オイルパンの底が平らなわけではありませんので、自立できません。

P1030252

 う~む、怪しいエンジンです。
 オイルパンやウォーターポンプが黒く塗られていたりします。
 後期型?は黒いの?
 ウチのはアルミ地肌なんですけど。。。
 よく見ると、フライホイールが割れていました。

P1030255

 ksg!!
 ジェネレーターカバー、ジェネレーターが欠品でそもそもなく、それでフライホイールを下に梱包すれば割れるに決まってるっていうんですよ。ks業者が!!
 いったいいくらしたと思うんですか、このエンジン。
 500円ですよ!!・・・なら、ま、いっか(^^;;

 てなわけで、今日はここまでぇ~。


 

| | Comments (4)

家系総本山 吉村家@横浜

 2年ぶりに眼鏡を新調しました。
 最近、偏頭痛に悩まされていて、きっと眼鏡があわなくなったことが原因に違いないと思ったわけです。 
 前回、前々回は、勤務地の関係で、眼鏡は池袋のクーレンズで購入しましたが、今回は眼鏡を買うためだけに池袋まで行くのが面倒くさかったので、横浜のクーレンズで購入することにしました。
 その帰り、せっかく横浜に来たのだしと、昼食は、すぐ近くにある「家系総本山 吉村家」で食べることにしてみました。

P1030240

 吉村家といえば、いわゆる横浜豚骨醤油ラーメン、そう、家系ラーメンの元祖、文字通りの総本山です。
 このボク、家系ラーメンは大好きですが、吉村家で食べるのは今回がはじめてかも?
 昼食と言っても、お店に到着したのは11時過ぎです。
 11時開店にもかかわらず、お店の前にはすでに約20人が順番待ちをしていました。
 20~30分くらい待ったでしょうか?
 ようやくお店の中に入ることができました。
 注文したのは、チャーシューメンにのりのトッピングです。
 ボクは、バイクもラーメンも同じセッティングです。「固め・濃いめ・多め」、これに限ります(^^;;
 ところが、数年前から胃腸が弱ってきたのでしょうか、「固め・濃いめ・多め」のセッティングを身体が受け付けなくなってきたのです。ま、まだ若いのに(T_T)
 そこで、今回は大人しくセッティングを変更し、固めのみ、他普通で注文しました。
 ジャァ~ン。

P1030234

 ボクは、基本的に家系ラーメンが大好きです。このギトギト、こってりしたラーメンには、たまに猛烈に食べたくなる魔力があります。行列ができるのも、そんな魅力に魅せられた人が多いからなのだと思います。
 さて、総本山味は如何に?

 ・・・え~、いまいちでした(^^;;

 まずくはありませんでした。まずくはありませんが・・・まぁ、これがしょっぱい!ちょうしょっぱい!しょっぱいったらありゃしません。
 濃いめを頼んでいたのなら納得できるのでしょうけど、普通でこれは、ちょっとありえね~って感じでした。
 ウチの近くには、家系ラーメンの直系「まつり家」があるのですけど、はっきり言って、まつり家の方が美味しいと思いました。

 残念!

 まとめると、しょっぱくなければたぶん美味しいかもしれないラーメン。待ち時間がありますが、注文してから出てくるまでは早い。お値段は普通、でした。
 正直、わざわざ横浜に行き、並んで食べるほどでもないかな~。


 

| | Comments (0)

February 09, 2009

NSR-Mini スペシャルクラッチプレート購入

 NSR-Miniのクラッチプレートを買わないか、とお声掛け頂きました。
 なんでも、CMPクラッチを超えた性能を持つクラッチプレートだそうです。
 どちらかというと、NSR-Miniではなく、GSX-R250R/SPの方に欲しいのですが、GSX-R250R/SP用はないという話しなので、物は試しと、そのスペシャルクラッチプレートを購入してみました。

P1030259

 ついで、NSR-Miniの他クラッチ部品、そして、腰上オーバーホール用のパーツも注文しておきました。

P1030257

 スペシャルクラッチプレートと、純正クラッチプレートの重量を量ってみたところ、スペシャルクラッチプレートは純正クラッチプレートの約1/3の重量でした。クラッチ軽量化の恩恵は、レスポンスアップ、トルクの向上、高速の伸びの向上などがあるそうで、それでいながら、持ちもかなりいいそうです。噂では一部のミニモトマシンにも採用されているとかいないとか。
 これは楽しみです。
 ・・・でも、レギュレーションを見てみると、ボクの想定するレースでは、クラッチに純正以外のパーツを使用すると、レギュレーション違反になってしまいます(T_T)なんてこったい。ちょっと残念っす。
 このパーツは、いつかオープンクラス用のマシンを作るときに、使用しようと思います。
 そのときが楽しみです!


  

| | Comments (0)

日本未発売モデル スコーピオン EXO-1000 RPM 購入!

 それはある日突然やってきました。
 「ヘルメットが欲しい病」です。
 ことの発端は、おむすびさんからのメールです。
 「スコーピオンのヘルメットが半額販売中」との情報を下さったのでした。

 現在のヘルメットは、スズキが取り扱っているスコーピオンの「EXO-700VG」のレッドとシルバーで、それを交互に被っています。
 シルバーではすでに2度転倒。ヘルメット本体に外傷がないため、そのまま使用していますが、いざというときのことを考えると、正直ちょっと不安です。
 ミニバイクではとにかくパカパカ転倒するので、ヘルメットの予備はいくつあっても困ることはありません。
 半額なら!と思い、買う気満々でおむすびさんから教えていただいたお店に連絡してみたところ、あら残念。すでに「EXO-700VG」の在庫はありませんでした。
 買い占めようと思っていたのにぃ(^^;;

 それですっかり「ヘルメット欲しい病」にかかってしまったわけですね。
 ふとヤフオクを覗くと、スコーピオンの日本未発売モデル「EXO-1000」というモデルを発見。
 おぉ!こんなのがあったとは!
 公道で使用するには、SGマークの取得がなかったりして、問題があるようですが、スネルM2005を取得しているので、安全性そのものには問題なさそうです。サーキット利用だけならこれで十分でしょう。MFJ公認もありませんが、レースに出るわけではありませんので、それも気になりません。
 ってことで、早速ゲット!(^^;;

 これがスコーピオン「EXO-1000 RPM (RED)」だぁ!

P1030192

P1030193

 スピードメーターをモチーフとしたデザインがなかなかおしゃれです。
 ウチのGSX-R250R/SPもNS-Miniも、210km/hなんて速度は逆立ちしても出ませんが、ま、そんな突っ込みを入れてくる人もいないでしょう(^^;;
 モデル名がRPMなのに、なぜスピードメーターなんだろうかという疑問を持った人もいるかもしれませんが、実はヘルメットの右側のデザインが、タコメーターをモチーフとしてデザインになっているのです。画像は割愛しますけど。
 標準で装備されているシールドはクリアーです。EXO-700VGがクリアとスモークの2枚が標準であることと比べるとちょっと寂しく感じますが、こういうところが、国内モデルと、あちらモデルとの違いかもしれません。

 内装も派手派手です。あちらのセンスならではということでしょうか?

P1030198

 購入前に惹かれたのが、シールドの内側にサングラスが内蔵されているシステムです。
 画像では暗いのでわかりづらいと思いますが・・・

P1030195

 左側面にあるレバーで、サングラスは下げたり上げたりすることが可能です。
 サングラスは、スモークが標準です。オプションで、クリア、ブルー、アンバーなどが選べます。

 その他の面白い機能としては、内装にエアポンプが内蔵されていることでしょうか?

P1030202

 チンガード部分にあるこの赤い部分を押すと、シュポシュポと内装に空気が送り込まれ、内装が顔にジャストフィットする仕組みです。横の小さなボタンは、空気を抜くときに使用します。
 多少のサイズ違いは、このシステムで吸収できそうです。

 ついで、EXO-1000のSolidモデルと、

P1030188

 ヘルメットケースと、

P1030191

 オプションのゴールドミラーシールド、ルビーミラーシールドを買ってみたりして(^^;;

P1030227


 態度は富士山よりでかいけど、頭はアイドル並みに小さいボクは、国内メーカーのヘルメットであればMサイズです。同じ基準で、EXO-700VGではMサイズを購入したボクですが、正直スコーピオンのMサイズは、かなりきついです。あまりのきつさに、10分で頭痛がしてきて、バイクに乗れなくなるほどです、いやマジで。
 使用していくにつれ、次第にマシになりますが、スコーピオンを買うときは、国内メーカーよりも1サイズ上を選んだ方が無難かもしれません。個人差のある話しですが、スコーピオンの場合はそういう選び方が普通のようです。
 そんなわけで、EXO-1000ではLサイズを購入したボクですが、ん~~、頭のホールドがやや弱いような気がしました。普段頭が痛くなるほどのホールドに慣れてしまっているので、そう感じてしまうのか、本当に緩いのでそう感じてしまうのか、おバカなボクにはいまいち判断できませんでしたけど。
 ただ、先述のエアポンプがありますので、空気を最大まで入れるときちんとホールドされます。
 このポンプの耐久性が気になるところですが、ポンプがイカれる前に転倒する方が先でしょう。きっと(T_T)

 期待していたサングラスは、ダメダメでした(T_T)
 サングラスがもっと目深におりてくればいいのですが、視界を中途半端に遮るだけでした。
 前傾姿勢でも、たぶん使い物にならないと思います。
 ヲタッキー心をくすぐる機能だっただけに、ちょう残念です。サングラスは収納できるので、邪魔にはなりませんが、このギミックでの重量増を考えると、レーシンゲ用というより、ツアラー用ヘルメットって立ち位置なのかもしれません。

 気になるお値段ですが、ヤフオクで時間を掛けて狙えば、送料込みでもwebikeでEXO-700VGを買うより安く買える感じです。700ではクリアとスモークの2枚のシールドが付属しますが、1000はクリアーのみ。しかし、サングラス(スピードビューというそうです)がありますので、それで足りる人ならシールドを買い足す必要はありませんので、価格的には同じくらいといえそうです。

 勢いで買ってしまったSolid、黒、Lサイズ、未使用品。
 SGマークはありませんけど、欲しい人はご連絡下さい。お譲りしま~す(^^;;
 円高の今がチャンス?


 

| | Comments (8)

February 08, 2009

うどん屋 金敷@相模原

 CBR250RRを届けた帰り道、相模原を通り抜けるのならついでに、と、「うどん屋 金敷」に寄ってみました。

P1030217

 このお店は、大のうどん好きなユウヤさんおすすめの讃岐うどんのお店です。
 実は今日が2度目。昨年はじめて来たときに、ボクは、讃岐うどんを知りました。いや、実際には、はじめてではなかったのかもしれませんが、讃岐うどんらしい讃岐うどんははじめてだったのだと思います。
 さすがユウヤさんおすすめのお店だけあって、ボクは一発で気に入ってしまいました。以来すっかりうどん好きになったボクは、その後、大阪の「梅田はがくれ」にまで足を運んだほどです(^^;;

 基本的に、ボクの味覚は三段階、「うまい」「普通」「まずい」しかありません。
 今はバイクに乗るために(というよりもツナギを着るために)ダイエットしている関係で、量を食べることはしていませんが、まずくなければ、味よりも量、という性格だからかもしれません。
 なので、味について細かいことは言いません。ていうか、言えません。

 温かいうどんと冷たいうどん、どちらがお好きでしょうか?
 昨年、金敷でうどんを食べるまでのボクは、温かいうどんを選んでいました。汁があるだけ量が多く感じられるから、それだけの理由です。
 しかし、昨年金敷でうどんを食べたあとのボクは、冷たいうどんを選びます。もちろん人それぞれ好みがあるわけですが、ボクは、うどんのコシがより楽しめる冷たいうどんが好きになりました。でも、温かいうどんも大好きです(^^;;どっちやねん

 まず注文したのが、「和風坦々麺」(小)。
 いきなり変化球勝負です。

P1030218

 和風たるゆえんは、鰹節でしょうか?
 胡麻らー油と玉子とじが特長です。
 うどんでも違和感なくいただけました。美味しいです。


 次は「釜玉」(小)。

P1030224

 熱い麺のぶっかけうどん(汁のないうどん)に生玉子をのせたものです。
 ぶっかけうどんは、熱い麺と冷たい麺を選ぶことができますが、釜玉は熱い麺だけです。
 ここに、お好みでだし醤油をかけていただきます。
 うどん好きで、玉子好きの人にはたまらない味です。もちろん、美味しいです!


 締めは「冷やし」(小)。

P1030222

 薬味とだし汁が入ってます。
 やっぱりコシを楽しむなら、冷たいうどんがベスト!!
 美味しいです。


 実は、トッピングに「ちくわ」も頼みました。

P1030226

 こちらもユウヤさんおすすめの品です。
 丸ごと1本!美味しいです。

 「美味しいです」ばかりじゃ芸がないのですが、美味しいものは美味しいのです。
 このお店の欠点を強いてあげると、駐車場が2台分しかないことでしょうか?
 もっとも、すぐ近くにOK牧場、じゃない、OKストアがあったりするので、そちらでお買い物するなら問題ないと思いますけど。

 お店で写真を撮るのはなかなか恥ずかしかったりするんですけど、どうでしょう?バイクネタ以外も続けた方がいいでしょうか?
 以前も試行錯誤して、結局やめちゃったのですけど。
 うまい、普通、まずいの三段階じゃ、書かない方がいいでしょうかね~

 

| | Comments (3)

さらば!2台目のCBR250RR そして、有間ダムへ

 CBR250RRとボク。
 CBR250RRならもっと速く走れるんじゃないかと思い、後期型のCBR250RRを購入。早速スポーツランドやまなしに持って行くも、ぜ~んぜんダメダメで、さらにもう1台、今度は前期型を購入。でも、自分でいじっている時間がないため、前期型のCBR250RRをnorisonさんとユウヤさんに丸投げしてレーサー化してもらい、さて試乗とスポーツランドやまなしにCBR250RRとGSX-R250R/SPを持ち込んだまではよかったのですが、ボクはCBR250RRに乗る前にGSX-R250R/SPで転倒。右手首を骨折してCBR250RRに乗ることなく、先日、レーサー化した前期型CBR250RRを売却し、そしてついに今日、後期型のCBR250RRも売却です・・・て感じ?

 詳しくは当ブログのカテゴリー「CBR250RR」でご確認いただくとして、どうやらボクは、CBR250RRとは縁がなかったようですね。ちょっと残念です。
 まぁ、そんなわけで、今日はCBR250RRを新たなオーナーの元へ届けに、埼玉まで行って来ました。
 1台目のCBR250RRは、日光のレース用という話しでしたが、偶然にも、2台目のCBR250RRも日光のレースに出るためのベースマシンとなるようです。さらに偶然なのは、今度のオーナーさんは、りんたまさんのお知り合いということでした。びっくりです。
 他のマシンの売買でも、りんたまさんのお知り合いに遭遇したことがあるので、またしてもりんたまさんの顔の広さに驚かされるました。いや~、悪いことはできませんね。電波出すの、控えなきゃ!

 そのオーナーさんがいい人で、いろいろ世間話をしてきたのですが、非常に有益だったのが、後期型のCBR250RRをフルパワー化する方法を教えてもらえたことでした。
 いくらググってもついにたどり着くことができなかった情報が、CBR250RRを手放すときになってはじめて得られるとは!ホント、縁がなかったようです。
 まぁまたいつか、この情報が役に立つ日が来ることでしょう。その日が楽しみです。

 せっかく埼玉に来たのだし、ちょっと足をのばして、有間ダムに行って来ました。
 なしてダム?と思う人もいるかもしれませんが、まぁそんな些細なことは割愛して、実は昨年もいくつかのダム巡りをしていたりするボクなのでした。
 有間ダムに到着し、ダムを目の当たりにして、ボクは驚きました。
 ありま!
 ってなもんですね(^^;;

P1030208

P1030215

 なんでも、日本一小さな貯水ダムで、 ゲート操作を使用しない自然調節式だそうです。
 放流する際も、約500mの洪水吐トンネルを使用するとのこと。
 へぇ~。ためになったねぇ~、ためになったよぉ~。

P1030216

P1030211

P1030213

 だからなに?って言われると困ってしまうのですが、今年はバイクネタ以外も箸休めにお届けしようと思っているわけで、反響次第では即中止します(^^;;ぉぃ


| | Comments (0)

February 07, 2009

PRM PLUMAGEマフラー装着

 ウチにいた2台のCBR250RRのうち、1台は先日ドナドナしました。
 明日は、いよいよ2台目のCBR250RRをドナドナすることになりました。
 トランポに積んで、埼玉の飯能まで行きます。
 ただ飯能までの往復では芸がないというか、ガソリンがもったいないような気がして、ついでに、ナップス三鷹東八店に立ち寄ることにしました。もちろん、先日のリベンジです。
 トミンに持っていき、そこそこセッティングも出たので、今度こそは大丈夫でしょう!
 とはいえ、普通にパワーチェックしたのでは、いまいち面白みに欠くので、マフラーを純正改マフラーから、RPMのPLUMAGEマフラーに取り替えることにしました。
 PLUMAGEマフラーは、GSX-R250R/SPの部品取り車(こちらも赤黒外装でもSPっす!)についているものを外しました。

P1030175

 この部品取り車は至る所が錆び錆びで、普通なら1分も掛からないような作業でも、数倍の時間が掛かってしまいました(T_T)ボルトの頭が錆で腐食しているため、普通に回らないどころか、ナメちゃって、キィ~って感じです。
 途中何度も諦めかけましたが、ようやく取り外しに成功しました。

P1030176

 錆があったり、キズがあったりしますが、致命的なダメージはなく、十分使用できる程度です。
 早速、本気マシンの方のGSX-R250R/SPに装着しました。
 どぉだぉ!

P1030179

P1030180

P1030181

 早速エンジンを掛けてみると・・・あらやだ(T_T)排気漏れだわ。
 このマフラーは暫定仕様につき、またすぐ戻すことを考えて、ガスケットを使い回ししたのですが、それがよくなかったようです。
 このままパワーチェックに持っていくのは、ちょっと考えられません。ボクのイケてるレーシンゲマシンのエキパイから、バタバタと排気漏れの音がするなんて、恥ずかし過ぎです。
 だからといって、また脱着するのも、面倒です(^^;;ガスケットの予備はちゃんと持っているんですけど。
 ってことで、パワーチェックは、やめやめ~。

 明日ドナドナするCBR250RRを引っ張りだして、バッテリージャンピングして、エンジンを掛けたところ、ちゃんと始動しました!アクセルを煽ると、ちょっとついてこないというか、レスポンスが悪いところを見ると、キャブが若干詰まり気味のようです。
 軽くきれいにしてあげようか悩みましたが、ジャンクが前提でのドナドナなので、やめておきました。
 これが最後の2ショット。

P1030186

 CBR250RRは、いつかまた欲しいバイクですが、たぶんもう手に入れることはなさそうです。
 GSX-R250R/SPとNSR-Miniを維持するだけで限界だということが最近になってようやくわかりました(^^;;
 GSX-R250R/SPをCBR250RRより速くする方向でがんばりたいと思います!


| | Comments (14)

February 03, 2009

Y2S-PLEASURE製06シートカウル購入!

 ウチのNSR-Miniの外装は、フルカウルが今は亡きjha製、シートカウルはY2S-PLEASURE製05シートカウルです。
 ご存じの通り、その05シートカウルは先日バッキリ真っ二つになってしまいました。
 以前バッキリ割れたときは、ZENworksさんに補修してもらいましたが、今回は補修を諦めて、シートカウルを買い直すことにしました。
 あ、そういえば、先日の転倒はボクの中の黒歴史として子細を語っていませんでしたが、以前バッキリ割ったときと同様、京葉スピードランドの左L字コーナーで、おりゃ!ってマシンを倒し込んで転倒しています。
 路面温度の上がらないこの時期に、右回りのコースで、数少ない左コーナーは鬼門ってことですね。
 今回はちゃんとタイヤウォーマーを使ったのですが、ヘルメットのシールドが曇るので、2回ほど続けてピットインし、対策をしている間にタイヤが冷えてしまって、コースインした周にすぐイッてしまったというオチでした(^^;;

 購入するシートカウルは、悩むことなくY2S-PLEASURE製の06シートカウルにしました。オプションの裏蓋ももちろん購入しました。
  コレです。

P1030150

 05シートカウルの裏蓋は、PP製の簡易的なものでしたが、06シートカウルの裏蓋はしっかりFRPで作り込んでありました。

P1030152

 やっべー、格好良すぎ!!

 シートカウルを注文ついでに、06フロントフェンダーも購入しました。

P1030155

P1030154

 こっちもかっこいいです! 
 現在のフロントフェンダーは、フルカウルと同じく今は亡きjha製ですが、取付け部分が割れてしまっていて、自分で補修したりしたのですが、そろそろ限界っぽいので、新調することにしました。
 また色を塗るのがちと面倒くさいですが、冬のうちにがんばってみることにします。

 

| | Comments (2)

« January 2009 | Main | March 2009 »