« KOSO製多機能デジタルLCDメーター RX2N 購入 | Main | 明日は白糸スピードランドに行ってきます! »

April 06, 2009

KOSO製多機能デジタルLCDメーター RX2N メインワイヤー加工

 しばらくは、某ヤフオクで購入したKOSO製多機能デジタルLCDメーター「RX2N」のネタで引っ張りたいと思います。

 さて、これがRX2Nのメインワイヤーです。

P1030611

 カプラーになっている方が、RX2Nの本体と接続する方です。
 一方のばらけている配線が、バイク側、とでもいえばいいのでしょうか?
 配線は色分けされていて、英文解説に色ごとに配線の説明がありますので、英国産の猿よりも英語が出来ないボクでも、十分理解することができます。

 バイク側の配線を、ギボシ端子をつかって接続するのはスマートじゃありません。前に述べたように、ボクは純正メーター用のコネクターを利用し、すっきりいきたいので、RX2Nのメインワイヤーに平型端子をちまちまと取付けました。

P1030614

 安物の電工ペンチを使ったおかげで、仕上がりに不満足です。
 ラジペンを使った方がマシなんじゃないか、って出来になってしまいました。
 やっぱり道具にはある程度凝らないとダメかもしれませんね。
 でも大丈夫。コネクターに突っ込んでしまえば、ほらこの通り。

P1030615

 汚い仕上げも隠れてしまいました(^^)
 このまま純正メーターを外し、そのカプラーに接続すれば、現時点では、タコメーター、スピードメーター、水温計、油温計、時計以外はきちんと動くはずです(^^;;

 え?ほとんど動かないじゃないかって?
 いいんです、これからのネタなんですから。

 ちなみに、時計の機能は、端から使う考えはありません。
 時計のバックアップのために、バッテリーから直で電源を取ることになるのですが、バッテリーの管理上の問題で、そんな無駄なところに余計な電気は使いたくないからです。街乗りバイクならよろこんで利用するんですけど。
 バッテリーのバックアップなしで、メーターの設定を記憶してくれるかどうかは、いまのところ不明です。
 メーターの取付け解説は英文なので、辛うじて意味がわかるのですが、RX2N本体の解説は中国語で、何となくのイメージすら伝わってこないで、不揮発性メモリーみたいなものが存在するのかどうかもわからず、試してみないと詳しいことは判明しそうにありません。
 日本語サイトで、詳しく説明してくれている人がいればいいのですけど・・・。

 

|

Comments

カッコいい!
ZX6Rみたいな感じですね。いいなぁ~カッコです!
完成が楽しみですね!頑張ってください。

Posted by: ジョン19 | April 08, 2009 06:28 PM

どもども(^^)

☆ジョン19さん
いや~、一見格好良く見えるんですけど、タコメーターの針の動きにあわせて、電飾がピコピコ光るみたいなんですよ。
それが、とてもレーシングとは思えないというか、レーシンゲですらないというか。
さらに、メーター表示が水温に切り替えられないところがストリートユースというか。
とかいいつつ、早くつけたいのですが、車体が手元にないので・・・。
エンジン実動の2号機で動かそうにも、こいつはキャブとマフラーが外してあるので、いずれにしてもめんどくさかったりします。
でも早くつけたいですぅ~(^^;;


 

Posted by: のり | April 08, 2009 11:46 PM

Post a comment