« August 2009 | Main | October 2009 »

September 30, 2009

いま気になっているパーツのお話し

 いま気になっているパーツがあります。
 ヤフオクで格安で売られているアレです、アレ(^^;;
 ってなんのことかわかりませんよね。
 そう、それは、ブレーキディスクローターです。
 NSR250R用で、左右セット17800円程度。RGV250ガンマ用だと、左右セットで24800円程度って感じでしょうか?
 ノーブランド(arashi?)の中華製。
 ブレーキだけに、購入にはなかなか勇気のいる商品です。キャリパーがアウターローターをくわえたまま、インナーローターが回り続けるなんて事態が起きたのでは洒落になりません。
 そんな安かろう、悪かろうの中華クォリティだと恐ろしいことになりそうですが、前々回、前回と那須でご一緒させていただいたヌマさんが、人柱として?(^^;;NSR250R/SP用にそのブレーキディスクを購入されたので、現物を見せていただきました。

P1050805

 むむ!
 なかなかの質感。見た感じは、決して悪くありません。
 それもそのはず?、なんでも、OEMで日本車のブレーキディスクを作っているメーカーで生産されているとの噂で、原料もそこそこのものを使用していることです。ホンマかいな?

 いまのところ、GSX-R250R/SPもNSR250R/SEも、新たにブレーキディスクを購入する必要はありませんが、ちょっと欲しくなってしまいます。
 や、やばい。病気が発症しそうです(^^;;あ、ポチッとな症候群っす
 いかん、いかん。
 ここは、がまんがまん~。

 あ、NSR用とRGVガンマ用にどうして値段の差があるのか、詳しいことはわかりませんが、推測するに、NSR用は280φ、RGVガンマ用は290φ(VJ21Aの場合)と、ガンマ用がひとまわり大きく、厚みが、NSR用4mmに対して、ガンマ用5mmと違いがあるからかな、なんて考えています。
 どぉなんでしょうね?

 

| | Comments (9)

September 27, 2009

R1契約

 やってしまいました・・・。
 ちょう自己嫌悪っす。
 100%冷やかしってわけでもないのですが、軽~い気持ちで中古のR1を見に行って、何を血迷ったのか、そのまま契約しちまいました(T_T)

 ん~。
 ヤバいくらいに金銭感覚が麻痺してしまっています。
 まじ、ヤバイです。
 自己破産コースまっしぐら。
 ちょうど1年前に、こんなネタを書いています。
 今日のは昨年とは規模が違いますが、それでもこの時期には何かあるとしか思えません。
 ナスの収穫にはほど遠いですし・・・何がボクにそうさせるのでしょうか?

 いまは節約じゃなくて、ダイエットのために1日一食の生活ですけど、これからは節約のために、2日に一食にするしかなさそうな気がします。
 破産して恥をさらす前に、ブログをたたむことも考えなくては、と、マジで思います。

 ってことで、スポンサー募集ちゅ~。


 

| | Comments (3)

September 26, 2009

GSX-R250R/SP フロントフォーク分解

 サーキット走行をNSR250R/SEにシフトしたからといって、ボクがGSX-R250R/SPを捨てるわけはありません。不要になった部品取り車は処分するにしても、1号機は当然残します。そして、壊れたままで放置し続けるわけもありません。もちろん、修理します。
 現在のGSX-R250R/SPで一番大きな問題は、フロントフォークが曲がっていることです。他にも不具合がないわけではありませんが、走行に差し障りがあるのはフォークだけなので(いや、この程度の曲がりならボクレベルじゃ関係ないという噂もあるわけですけど(^^;;)、これさえ直してしまえば、いつでも出撃可能となります。
 そのフォークをどういう方向で修理するか、いままで悩んでいました。
 曲がったフォークを簡易修正して使うか、きっちり(修正+再メッキ)直して使うか、あるいは、スペアパーツを再メッキして使うか・・・。
 簡易修正が一番安いのですが、一応レーシンゲマシンですし、走行に影響しないレベルであっても、精神衛生上好ましくないので、悩みに悩み抜いた結果、スペアパーツを再メッキして使う方向でいくことにしました。

 これがスペアのSP仕様用フロントフォーク。

P1060051

 KYB製なのに、SHOWAのステッカーがアレなんですけど(^^;;、色つやなどの程度は良好です。
 このフロントフォークを、分解します。
 先日購入したSSTが大活躍!

P1060052

 フォークオイルはすごくきれいでした。もしかすると、前のオーナーがOHしたばかりなのかもしれません。
 ただ、インナーチューブには点サビがあり、ボク的にはそのまま使う気にはなれないレベルです。

 道具さえあれば、フロントフォークの分解って簡単なんですね。
 以前のボクは、フロントフォークのOHは神の領域だと思っていましたが、道具さえあれば、それほど難しくありません。もっとも、素人レベルでのOHですけど。
 で、バラバラ。
 
P1060053

 分解する前に、インナーチューブ同士を密着させてみたところ、剃りが確認できたので、点サビだけではなく、曲がりもあると思っていましたが、分解してから改めてインナーチューブを密着させてみたところ、曲がりは確認できませんでした。ラッキー!

 このインナーチューブは、東洋硬化に送って、再メッキしてもらいます。
 ついでに、WPC加工とかしたくなっちゃいますけど、ボクレベルじゃ違いがわからない可能性が高いので、今回は見送ることにします。
 チタンコートも、見た目は格好いいですけど、お値段が・・・。

 あ、そうそう。オイルシール用のシールドライバーはまだ購入していませんでした。
 再メッキが終わり届くまでに、用意しておかなきゃです。


 

| | Comments (0)

NSR250R/SE リアキャリパー アルミピストン化

 基本的に改造(もしくは改良)はしない!と心に誓ったNSR250R/SEですが、あまっている部品があったので、ちょっとイジることにしました。
 定番の、ブレーキキャリパーのアルミピストン化です。
 部品があまっていたのはリアだけなので、フロントブレーキキャリパーはそのままに、リアキャリパーだけの作業となります。
 よく言うことですが、ボクは走行中にリアのブレーキを使うことは100%ありません。そりゃホンマ、実際の話しでんがなまんがな。
 そのため、リアのブレーキなんてなくてもいいくらいで、イジりたいとも思わないのですが、部品があまっていたのでなんとなく作業することにしてみたわけです(^^;;ま、使わないからといって、全部取っ払っちゃうわけにもいきませんし、軽量化にはなるわけですしね。

 これが純正のリアブレーキキャリパー。

P1060040

 GSX-R250R/SPだと、リアホイールを外してキャリパー外し、さらにキャリパーを割らないとピストンの交換ができませんが、NSR250R/SEの場合は、ホイールを外さなくてもキャリパーが外せますし、片押しキャリパーなので、キャリパーを割らなくてもピストンの交換が可能です。
 楽ちんちん(^^)

 ピストンとご対面してビックリ!
 ごっつい錆です。

P1060044

 引きずってなければ関係ないんですけどね~。
 そして、これがアルミピストン!

P1060042

 手に取るだけで、純正ピストンより軽いことがわかります。
 一応ネタにするために、重量も量っておきました。
 まず純正ピストン。

P1060045

 そしてアルミピストン。

P1060046

 純正ピストンが99gでアルミピストンが41gですから、58gの軽量化です。すばらしぃ~。
 もちろん、大きさは同じです。

P1060047

 こんなに軽いなら、フロントキャリパーもアルミピストン化しちゃおうかしら?なんて思ってしまいます。

 突然思いついた作業なので、シール類は交換せず、清掃のみで済ませちゃいました。
 こんなブリーダーや、

P1060049

 こんなパッドピン、

P1060050

を見てしまうと、全部交換してしまいたくなりますけど、我慢我慢です(^^;;
 あとは、洗浄、グリスアップして、ブレーキフリュードを入れて、エア抜きして、完成~。

 なぜかアルミピストンがもう1個あるので、ペンタックスSPも交換しちゃおうかなぁ~。


 

| | Comments (4)

September 24, 2009

祝!80万アクセス!!

 当ブログのアクセス件数が、80万件を突破しました。
 70万件を突破したときは、こんなことを書いていますが、最近はちょっとモチベーションダウンです。
 現時点では、1日の平均アクセス件数は970件程度ですが、一時は2ヶ月近く1日の平均アクセス件数が1000件を超えていました。この1日1000件以上というのが、一つの目標だったので、それをクリアしたいま、次の目標がないのです。
 正直、100万アクセスは時間の問題です。ペース的に年内には無理でしょうが、いままで通りの件数で推移すれば、いずれ達成は確実であり、目標というほどものではないような気がします。
 だからといって、1日の平均アクセス件数を2000件以上にするのは、一生無理っぽい気がしますし。

 借金の額が天文学的数値になりつつありますし、突然ブログをやめるハメになるより、いまのうちにやめておくのも一つの手段かな、と思っていたりもしますし、くっだらないネタをバンバン書いていきたい、と思っていたりもしますし、まぁ、毎度のことながら、ブレブレです(^^;;

 もし、突然更新しなくなっても、心配しないで下さい。
 そのときは、きっとどこかで元気にやっているはずです。


 

| | Comments (0)

September 23, 2009

次期ガレージ建設予定地

 結局、この連休は、那須に行っただけで、他にはどこにも行きませんでした。
 せっかくNSR250R/SEを手に入れたことですし、そろそろ心のキズも癒えた頃でしょうから、スポーツランドやまなしにも走りに行こうかな、と思う今日この頃ですが、スポーツランドやまなしに限らず、連日の高速道路渋滞のニュースを耳にすると、どうにも走りに行く気になれませんでした。

 というのが今日のイントロダクション(^^;;

 さて、現在ボクは、約12~3坪のコンテナ付き土地を借りて、そこをガレージとして活動しています。
 自宅から多少距離はありますが、水道、電気完備、近くにはコンビニもあって、なかなか快適です。
 贅沢過ぎる、といっても過言ではないくらいです。
 これ以上何を望むか、と、我ながら思うのですが、麻痺、肥大したボクの欲望はとどまることを知らず、さらに偶然が重なることで、ガレージの引っ越しを考えていたりします。
 ボクのレーシンゲ活動に、土地を提供してくださる、という地主の方が現れたのです!
 おぉ!!
 場所は、いまのガレージよりもはるかに遠く、郊外某所となりますが、使える土地は30坪くらいはあるかもしれません。
 現況はこんな感じ。

P1060038

 ここに、いま借りている20フィートコンテナよりも大きなガレージを建設してもいいという許可を頂きました。
 4tユニック車の乗り入れが可能であれば、20フィートコンテナの2段積みなどでお気軽に済ますことが出来るのですが、残念ながら4tユニック車の乗り入れはできません。
 単管パイプや2×4材を使った手作りガレージの建設が費用的にはベストですが、どれだけ時間が掛かるか皆目検討もつかないので、真面目にやるとすると、イナバやヨドのガレージを建てる、というのが現実的でしょうか。費用はアレですが。

 さて、いったいどうなるでしょう?
 自分でもようわかりまへん(^^;;


 

| | Comments (4)

September 19, 2009

FAN TRACK DAY 2009(9月)参加@那須モータースポーツランド

 6月に続いて、那須モータースポーツランドで開催された「FAN TRACK DAY 2009」に参加してきました。
 前回の記事には書き忘れてしまっていますが、ボク単独で参加しているのではなく、「モトガレージ ヨコヤマ」のヨコヤマさんのご厚意で、常連さんたちに混ぜていただいて参加しています。
 ヨコヤマさん、毎回お気遣いいただいてありがとうございます!

 この連休は「シルバーウィーク」って言うのですか?
 知りませんでしたよ(^^;;こういう造語を喜んで使う気にはなれないタイプの人間なので。
 まぁシルバーかカッパーかそんなことには関係なく、連休×高速1000円=大渋滞という公式は明らかなので、金曜日の夜から出発し、どこかのパーキングで車内泊をして現地入りするつもりで、金曜日の夜10時に家を出ました。
 夜なら大丈夫だと思っていましたが、まさかのまさか、夜中?の2時に、東北道宇都宮付近は渋滞でした(T_T)ksg!!
 お金ももったいないですけど、時間も同じくらいもったいないです。料金が安くて渋滞のできる高速道路と、料金が多少高くても渋滞の少ない高速道路、ボクだったら後者を選びます。真面目に、高速道路の値段は以前の値段で十分です。話しが逸れてしまいますが、アクアラインが渋滞するようになったので、京葉スピードランドに行きづらくなりました。ホント、勘弁して欲しいです。

 前回はGSX-R250R/SPで参加して、自分のヘボさから散々な結果でした。
 その後、GSX-R250R/SPでつまらない転倒をして、すっかりやる気がなくなりNSR250R/SEに乗り換えましたが、この那須だけはリベンジのつもりで、GSX-R250R/SPで走ろうと思っていました。
 ところが、GSX-R250R/SPの修理をどう進めようかと悩んだまま時間が経ってしまい、結果として修理しなかったので(^^;;、エントリー時はGSX-R250R/SPで申し込みましたが、マシンはNSR250R/SEに変更しての参加となりました。

 前回は52秒20ですから、今回は50秒切りが目標です。
 NSRのパワーをもってすれば、直線も長いことですし、楽勝でしょ~、と思っていたのですが・・・。


☆1本目
 コーナーが怖い、怖いっす(T_T)
 怖すぎて、膝を擦ることすらできません(T_T)直線は圧倒的に速いはずなのに、恐ろしく遅いタイムでラップしています。一番速い人のクラスにエントリーしましたが、他の皆さんに申し訳ない状態、文字通り走るパイロンです。
 ごめんなさい(T_T)
 結果は、52秒91。GSX-R250R/SPのタイムに及びませんでした。
 予定では、GSX-R250R/SPのタイムはサクッと上回るはずだったのですが・・・(T_T)こんな~はずじゃぁ~なかぁ~あったよね~

 いままでの経験から、コーナーが怖く感じてしまうときは、タイヤが摩耗してグリップをしていないか、足回りのセッティングが狂っている場合が多いです。
 今回、タイヤが原因であることは、可能性として低いことから、原因は足回りってことで、NSR250R/SPで参加のヌマさんにお話しを聞いてみました。
 すると、やっぱり原因は足回りで、ボクのいまのセットではフニャフニャ過ぎるぽいようです。
 ヌマさんのNSRとは仕様が違いすぎますが、ボクのNSRはリアサスがフニャフニャ動くのに対して、ナイトロンを入れているヌマさんのNSRは、シートを力一杯押しても、ボクの力ではリアサスをストロークさせることができませんでした。メチャメチャかたいみたいです。
 そこで、フロントとリアのイニシャルをそれぞれ締める方向で適当にいじっておきました(^^;;いや、よくわからないので

 昼食は、ケータリングで提供されます。

P1050771

 弁当とは違うのだよ、弁当とは(^^;;ぉぃ


☆2本目
 こ、これがNSRの威力なのかぁ~!
 って感じ?
 足回りをかためた結果、コーナリングでの不安感が解消されました。と、同時に怖いだけだった那須のコースが楽しくなってきました。
 現在のファイナルでは、1コーナーを2速で立ち上がり、次のストレートで6速まで入ります。
 全開で6速までのシフトアップ。気持ちぇ~。GSX-R250R/SPなんて4速までしか入りませんでした。
 ながれいし!NSR!!
 で、2コーナー20Rに進入するのに、ブレーキングしながら一気に2速まで減速!気持ちぇ~。
 早くブレーキングし過ぎて、コーナー進入手前でマシンを止めちゃうんですけどね(^^;;
 そして、15Rの立ち上がりでは、GSX-R250R/SPじゃフガフガフガって前に進みませんが、NSRは普通に加速してくれます。フガフガしないので、挙動が乱れませんし、アクセルワークに気を遣うこともないので、ライディングに集中できるって感じ?
 35Rまでの75R、125Rは、3速で走ると吹けきります。しかし、3速で引っ張ってから4速に入れると、ボクのテクニックでは35R進入で止まれないので、3速からすぐに4速に入れることでなんとなく解決。
 そこから最終コーナーまでのセクションで如何に速度を殺さず走るか、それが重要っぽいですが、ラインがまだわからず、2速ホールドでウロウロ走りながら最終コーナー。
 最終コーナーのイメージは、Slyの2コーナーをさらに難しくした感じ?
 変なラインで不用意にアクセルを開けると、カントがついていないように感じるので、リアのトラクションが抜けて飛んでいく気がします。いまのjhaチャンバーはツキが良すぎるのか、パーシャルからアクセルを少し開けただけでも、ドンと前に出ようとするので、さらに最終コーナーが難しく感じます。
 最終コーナーを2速で立ち上がり、4速までシフトアップして、また1コーナーへ。
 こんな具合です。
 タイムは50秒92。
 50秒は切れませんでしたが、楽しく走れたことがなによりでした。


☆3本目
 2本目と同様の走りで、少しでも詰めることが出来ればいいなぁ、って感じで走りました。
 途中、全開時にエンジンが吹けなくなり、焼き付きか!?って思いましたが、単なるガス欠で、辛うじてピットイン。どうやら燃費はリッター10km程度のようです。GSX-R250R/SPと同じ燃費でさらにハイパワー。GSX-R250R/SPってなんなんでしょうね?
 大急ぎで混合ガソリンを作って、再びコースイン。
 入りました!49秒台!!
 結果は、49秒77。
 なんとか目標達成です(^^)


 帰りは、皆さんと「芦野温泉」に行って、解散って感じでした。


☆総評
 NSRのパワーで楽々50秒切り、とは行きませんでしたが、那須のコースを楽しめるようになりました。
 6速までシフトアップしてからの2速までの減速は、ヘボいながらも気分はGPレーサーっす(^^;;
 また走りたい!そう思いました。
 ・・・もうちっと気の利いたことを書きたいのですが、今日はここまで(^^;;


☆今日のポチ

P1050778

P1050795

P1050777

P1050781

P1050794


 いじょ!

 

| | Comments (6)

September 13, 2009

yell MFフルカルシウムバッテリー購入

 通勤用マシン、キムコ・スーパー9Sのセルモーターが回らなくなりました。
 理由は、間違いなくバッテリーの劣化でしょう。
 夏から秋へ、ちょっと冷え込みはじめた朝の気温に、いち早く反応したみたいですようです。
 ちょうど一ヶ月前に、再充電し、と同時に、ナノパルサーを接続しておいたのですが、残念ながら時すでに遅かったということでしょうか?
 勝手な想像をすると、ナノパルサーはサルフェーションを除去するのに、バッテリーの持つ電力を消費しています。そして、電圧が12.3~12.4Vになると、自動的に停止するわけなのですけど、弱ったバッテリーだとすぐに12.3V以下になってしまうため、車体に接続したままだと効果を発揮する時間が短くてダメなんじゃないか、ということです。ナノパルサーを接続したバッテリーを単体でフロート充電させれば、効果を持続させることができますが、そうすると毎日通勤に使う度にバッテリーの脱着を行うことになってしまい、手間が掛かりすぎてしまいます。
 ってことで、ナノパルサー自体の効果がないと判断するものではなく、今回のケースには馴染まなかったのだと思うことにしました。
 
 現在使用しているバッテリーは、AEROカルシウムMFバッテリーというもので、サイズは純正標準サイズのYTX5L-BS。ヤフオクで、1個1900円と格安だったので、同時に2個購入し、いままで使ってきました。
 過去の履歴を見ると・・・
 キムコ スーパー9S バッテリー交換
 AEROカルシウムMFバッテリーのその後
 AEROカルシウムMFバッテリーのその後のその後
 AEROカルシウムMFバッテリーのその後のその後のその後
 2個とも、約22ヶ月にして寿命を迎えました。
 平日片道5kmを往復する程度の利用頻度で、ほぼ同条件で使用しているせいか、バッテリーの寿命にばらつきがでなかったのかもしれません。
 1900円のバッテリーですから、これだけ使えれば十分と言えるでしょう。
 信頼性に問題なく、費用対効果も高いと思えることから、今度もまたAEROバッテリーを購入しようと思ったのですが、AEROバッテリーはもう売られていないみたいです。残念!
 ヤフオクでYTX5L-BSの新品バッテリーを検索すると、2000円くらいの輸入ものから10000円オーバーの国産ものと、ピンキリです。
 できれば、AEROバッテリー並のお値段と性能で次のバッテリーも手に入れたいところですが、性能ばかりは使ってみないとわかりません。困りました・・・。値段重視で選んで、スカを掴みたくありませんし・・・。まぁ、2006年、はじめてAEROバッテリーを購入したときは、スカを覚悟で購入したんですけどね(^^;;人は欲張りになるもんですね。

 そこで目に付いたのがyell(エール)MFフルカルシウムバッテリーです。
 カルシウム・・・AEROバッテリーとなんだか似ています。
 む?2007年発売?
 むむ?ヤフオクのIDは違いますが、AEROバッテリーと同じショップで取り扱っているようです。
 ・・・つまり、AEROバッテリーの後継モデル、それがyell?
 きっとそうに違いありません(単なる思いこみですけど)。
 お値段は、2900円。AEROバッテリーよりも1000円お値段が高くなっていますが、それは円高・・・じゃない、鉛高(^^;;が影響しているからでしょうか?
 それでも、国産バッテリーと比較すると、はるかに安いといえるでしょう。
 キムコ・スーパー9Sはそもそも台湾製スクーターですし、もしかしてもしかすると、国産バッテリーよりも相性がいいのかも?
 ・・・と、理由になっていない理由で自分を納得させ、これは行くしか!!(^^;;
 YTX5L-BSは、YTZ7Sと外観のサイズは同じで容量が多いと、ジンさんから得た情報を元に、今回はYTZ7Sを購入してみることにしました。
 お値段はさらに1000円アップの3900円ですが、1000円分の長寿命を勝手に期待しちゃいます。

P1050754

 電解液注入済み、初期充電済みで、しかも1年間走行距離無制限保証付きです。
 初期充電については、届いた段階で、12.6V、約80%充電でしたので、充電しなおしておきました。

P1050757

 AEROバッテリー「YTX5L-BS」とyellバッテリー「YTZ7S」の外寸を比較すると、高さがYTZ7Sの方がやや高かったのですが、スーパー9Sの場合、取り付けには全く問題ありませんでした。

 車体に取り付けて、セルの動作も確認。
 問題なし!

 あとは、このバッテリーの寿命がどの程度なのか、それでは約2年後に結果をお届けしたいと思います!

 

 

 

| | Comments (0)

September 12, 2009

BMC走行会Vol.13参加@トミンモーターランド

 今日はBMC走行会でした。
 午後から雨が降るという天気予報でしたが、午前中の正回り2本が走れれば十分と、NSR-MiniとNSR250R/SEの2台体制で臨みました。
 ところが、予想より早く降り始めました。
 1本目開始10分前くらいから小雨が・・・。
 幸い路面が濡れるほどではありませんでしたので、せめて1本でも走れれば!と思い、コースインしましたが、徐々に雨足が強くなり、ボクは2周目でピットイン。
 1本目、終了です。
 その後、雨が上がり、路面が乾くことを期待し、様子を見ていましたが、土砂降りになった段階で諦めがつきました。
 はい、本日、終了~。
 12時前には、撤収しちゃいました。
 今年は(も?)、なんだかツいてないです。


 

| | Comments (0)

September 06, 2009

NSR250R/SE タイヤを逆履きしてみるの巻

 昨日はNSR-Miniの整備をしたので、今日はNSR250R/SEの整備をしてみようってなもんですよ。
 ふと考えると、ボクはNSR-Miniも観賞用と走行用を持っていて、NSR250Rも観賞用のペンタックスSP、走行用のSEの2台を持っているんですよね。
 ぉぃぉぃ、これじゃぁNSRマニアだよぉ~(^^;;な~んてね。この程度でマニアを名乗ると、本当のマニアにケツの毛むしられちゃいますね(^^;;
 GSX-R250RならSTD、SP、コブラを合わせて10台持っているので、マニアって名乗ってもいいかもしれませんけど・・・。いやいや、GSX-R250Rのマニアは卒業ですよ、えぇ。

 しんさんから譲っていただいたNSR250R/SEは、それこそ歌って踊れるNSRマニア、norisonさん、SMYの手で整備されているので、ボクなんかが手を出すところはありませんが、しんさんが新品のディアブロを履いてトミンを走行、んで、先日ボクが走行。都合2時間弱走行といったところでしょうか?
 ボク的には、GSX-R250R/SPでもディアブロの美味しいところは3時間。軽量とはいえ、トルクの太いNSRではもっと短いかもしれません。
 そこで、タイヤを逆履きにしてみることにしました。
 今年は、ミニバイクで何度かタイヤ交換にチャレンジしていますけど、250ccでははじめてです。
 まず朝一(7:00っす!)で、隣町のDIYショップに行きました。
 2×4材を加工してもらって、タイヤ交換のための台を作りました。

P1050740

 いつかは2×4材を使って、DIYなガレージを作ってみたいボクなので、電動の丸ノコが欲しかったりするのですが、画像のようにカットしてもらっても工賃はたったの260円。丸ノコ購入はもっと大がかりな作業で必要になるまで、我慢です(^^;;
 それを組み立てて、できあがり~。

P1050741

 し、しまった(T_T)ちょう簡単な算数を間違って、切り欠きの位置がズレてしまいました。
 でもそんなの関係ねぇ~。
 なんとか使えそうです。

P1050742

 ね!ほれこの通り。

 切り欠きの位置だけじゃなくて、なぜか全体の大きさも間違ってしまったようで、ちょっと大きすぎました。
 COBRA(GSX250S)の320φフロントディスクローターにも対応させるつもりでした、330φ以上のディスクにも対応しちゃいます(^^;;ま、いっか。
 ビードが落とせりゃなんでもいいのです。

P1050744

 NSR250R/SEはこんな感じ~。

P1050745

 250ccのタイヤ組み替えははじめての作業でしたけど、ミニバイクよりも簡単でした。
 コツも掴めましたし。
 しか~し、リムプロテクターを使用しなかったので(っていうか、うまく使えない(T_T))、リムがガリガリになってしまいました。
 塗膜がパリパリ剥がれて、そこら辺に散乱してました。
 パリって剥がれるたびに、しんさんごめんさい、しんさんごめんなさい、と唱えながら作業しました。
 ん~、とてもじゃありませんが、ペンタックスのタイヤ交換を自分でやる気になれません。
 もっと数をこなせばきれいに行くのかな?
 むぅ~。

 そういえば、先日買ったホイールバランサーは、家に置き忘れて、ガレージに持ってくるのを忘れたため、バランス取りはせずに組んじゃいました(T_T)せっかく買ったのにぃ~

 一応、これで準備OK!!
 来週の走行もの~んびり気負わず走るつもりです。

 あ、そうそう、タイヤの逆履きを終えたあとは、チャンバー磨きを行いました。

P1050746

 メッキチャンバーみたいですよね。
 一見きれいに見えますけど、こびり付いたカーボンを落とすのに、お値段の高いケミカルを使うのは躊躇われ、結局おざなり仕様です(^^;;

 さ~て、来週は、おっきいNSR、ちっさいNSR、どっちを持っていきましょうね~。

 


| | Comments (6)

September 05, 2009

NSR-Mini 整備

 来週のBMC走行会に行くための準備として、NSR-Miniの整備をしておくことにしました。
 一応、NSR250R/SEとNSR-Miniの2台での走行許可を得ていますし、トランポに2台積むことが出来すが、2台持っていく場合の常として、どちらも中途半端に終わってしまうので、まだ2台持っていくかどうかは決めてません。
 ただ、準備くらいはしておかないと、と思った次第です。

 準備といっても、すでにスペアホイールには新品タイヤを組んでいるので、それに交換し、外したままでいたスロットルと取り付けする程度ですので、時間は掛かりません。

P1050735

 そういえば、NSR-Miniにはずいぶん乗っていないような。
 どうしましょうね?

 と、手抜き日記(^^;;


 

| | Comments (2)

September 03, 2009

ヤマハ スーパーキャブレタークリーナー[原液タイプ]購入

 いままで使っていたボクが使用していたキャブレタークリーナーはこちら。

P1050732

 ヤマハのスーパーキャブレタークリーナー(泡タイプ)でした。
 ヤマハが大嫌いなボクが、なぜかキャブレタークリーナーだけはヤマハ愛用していますが、どうしてそうなったのかは自分自身でも忘れてしまいました(^^;;
 泡タイプなので、結構便利に使っていましたが、キャブレターのドブ漬けには不経済で適当ではありません。
 これからちまちま4連キャブレターのオーバーホールもしてみたいと考えているので、[原液タイプ]というのものを購入してきました。

P1050734

 使い方を確認してみると、ガソリン70:キャブレタークリーナー30の割合で希釈して使用するようです。
 原液そのままで使用すると思っていたので、ちょっと得した気分です。
 お値段は泡タイプの倍ですが、量として考えてみるとリーブナボォ~。
 あとは、手軽に汚れが落ちれば言うことなしです。
 まずは、アプリリアRS250のピストンや、排気バルブのカーボン汚れで効果を試してみようと思います。
 作業性が上がるといいなぁ~。

 あ、今日の画像は、しんさんから教えて頂いた方法で撮影してみました。
 うんうん、背景がボケてます(^^)ピントがイマイチなのは、狭い家の中だからです。というのは言い訳で、安物の三脚を使用したからです。
 この方法をもっと早く知っていれば!!
 これからもう少しマシな三脚を使って、この撮影方法を多用したいと思いま~す。

 ではでは~。


| | Comments (0)

« August 2009 | Main | October 2009 »